テリーのワンダーランドレトロ がいこつけんし。 オススメモンスター

スカウトに関して|ドラクエモンスターズ テリーのワンダーランド3D攻略

テリーのワンダーランドレトロ がいこつけんし

参戦モンスターの総数は800種類以上!4枠の超Gサイズモンスターが新たに出現! 2013年2月4日から、レアモンスター追加配信中 じげんりゅう、ラーミア、勇車スラリンガル、かみさま、ゴールドマジンガ、フォロボシータ、エッグラ&チキーラ、エリスグールがWi-Fiで配信中。 マックでDS、TSUTAYAでDSでプレゼント対戦を配信 今作にもがあります。 それと、がある中でプレゼント対戦の配信もあります。 「スライムのおへや」新規登録でメタルキングをもらおう PCブラウザゲーム「」に登録・プレイしている人を対象に、 6月下旬頃(予定)にテリーのワンダーランド3Dに「」を配布してくれるとのこと。 このメタルキングは、キャンペーンならではのレアスキルを持っている。 3Dで甦るなつかしのモンスター コハクそう、ビーンファイター、ファーラット、ファンキーバード、ミストウイング、メドーサボール、やたがらす、ロック鳥、ワイバーンなどのなつかしのモンスターの他、80体以上のモンスターがニンテンドー3DSで復活参戦する。 本体同梱版も同時発売 5月31日の発売日には、スライムとメタルスライムがところ狭しと描かれているオリジナルデザインの3DS本体とが、ソフトと同梱になったスペシャルパックも発売される。 ネットショップでは価格が跳ね上がっているが、では現時点では定価で抽選予約できる。 2012年5月31日に発売日が決定! 2012年2月に公式サイトでドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3Dの発売日が決まりました。 が更新されています。

次の

テリーのワンダーランド(GB) 攻略+モンスター配合+他国マスター

テリーのワンダーランドレトロ がいこつけんし

ストーリー 引用: 2人で留守番することになったミレーユとテリー。 いつまでも寝ようとしないテリーをミレーユが叱っていると、タンスから「ワルぼう」と名乗る魔物があらわれ、ミレーユを連れ去ってしまった。 しばらくすると同じタンスから別の魔物があらわれた。 「わたぼう」と名乗るその魔物は、テリーに「ミレーユの代わりにモンスターマスターになって欲しい」と言う。 姉を助けるために、テリーはわたぼうの住むタイジュの国に向かった。 オススメポイント 配合システムが素晴らしい このゲームの最大のポイントは配合システムだと思います。 配合システムとはオスとメスのモンスターを「配合」することで、両親の組み合わせによって新しいモンスターが子供として生まれるというものです。 生まれてきたモンスターは両親の特技や能力値や耐性などを引き継ぎます。 また、配合する後たびに「+値」が増えていきます。 基本的なモンスターの入手方法は野生のものを仲間にする方法と、この「配合」で生み出す方法があります。 配合で生まれてきたモンスターは野生のものよりもより成長しますし、配合でしか入手できないモンスターもいるので、強いモンスターを手に入れるには配合が必須となります。 どのモンスターも強くなる 引用: GBのドラゴンクエストモンスターズシリーズの特徴として、どのモンスターでも最強のステータスにすることができるという特徴があります。 配合を重ねていけば全てのステータスを999にすることができるのです。 また、モンスターには8つの特技を覚えさせることができるのですが、この特技も好きなものを覚えさせることができます。 最強のスライムも育てる事が可能! 引用: つまり、HPが999のはぐれメタルやマダンテを唱えるドラキーなどを育てることができます。 このことはモンスターの個性がなくなるという意見もありますが私は好きなモンスターを育てて戦わせることができるので全然問題ないと感じています。 ただ、全てのモンスターが完全に同じで絵だけが違うというのではなく隠しパラメーターとして存在する耐性はモンスターごとによって違ってきます。 メタルスライムはメラなどの呪文が効かないというようなもののことですね。 育てるモンスターを決めて、覚えさせたい特技を決めるだけでもすごく楽しかった思い出があります。 自分だけの攻略法で進める楽しさ 引用: このゲームでは自分の好きなように攻略していくことができます。 さくさくストーリーを進めるために配合をするのか、育てたいモンスターを生み出すためにいろいろな世界を回ってモンスターを集めるのか。 自分の好きなペースで攻略できるのが良いですね。 私の場合は絶対育てるモンスターがいましたね。 序盤で手に入るモンスターであるアントベアとボスとして登場するゴーレム。 この2匹を配合してグリズリーを作ってました。 グリズリーは成長速度も速くHPとこうげきの伸びが良いので非常に強力でした。 また、特技としてれんぞくこうげきを覚えるのも良いですね。 こちらの特技はばくれつけんに成長します。 ばくれつけんは4回攻撃を行えるという強力な特技ですね。 グリズリーのレベルが上がりにくくなったら物質系のモンスターと配合してキラーマシン作ってました。 また、よく育てていたのはにじくじゃくとゴールデンゴーレムですね。 これらのモンスターは配合のパターンが決まっていたので覚えてよく育ててました。 まとめ 本当に楽しめる作品なのでプレイしたことがない方は一度プレイしてみてほしいです。 プレイしたことがある方ももう一度遊んでみてはいかがでしょうか。 また新たな楽しさを発見できると思います。

次の

テリーのワンダーランド(GB) 攻略+モンスター配合+他国マスター

テリーのワンダーランドレトロ がいこつけんし

ゴールデンゴーレム その配合の容易さと恵まれた能力値で、通常プレイでは魔王系を過去にした、パーフェクトゴーレム。 初出現のドラクエ5では、ゴールド稼ぎでお世話になったプレーヤーも多いのではないだろうか? 本作では、他国マスター出現の仕組みや、レベル合計値での出現モンスターテーブルを知っておけば、簡単に配合相手を揃えられるので、序盤からの作成も可能。 序盤から終盤まで、パーティーのエースとして活躍してくれて、配合を繰り返していけば、簡単に能力がカンストする。 ゴールデンゴーレムの良さは、系統最高位クラスのモンスターにもかかわらず、レベルアップが致命的に遅いわけではない点。 鳥系などの早熟モンスターと比べると見劣りしてしまうが、それでも十分に序盤から機能させられる、成長速度だ。 配合方法は、他国マスターから奪った溶岩魔人と氷河魔人を組み合わせるのが一般的だが、1体目に限り、氷河魔人はお見合いで調達するという方法もある。 ロック鳥 鳥系のレアモンスターだが、配合方法さえ知ってしまえば、材料の調達も容易なので簡単に作れてしまう。 HPが凄まじいスピードで成長し、パーティーの壁役と回復役を同時にこなしてくれる。 序盤は、攻撃力のみ成長が鈍いが、後半で巻き返しを見せて、最終的にはそれなりの数値になる。 配合方法は、メダルおじさんのサンダーバードに、序盤ボスで仲間になるゴーレム。 もしくは、配合が容易で比較的強いヘルコンドルに、ゴーレムを掛け合わせる方法がおすすめ。 ヘルコンドル経由なら、ベホマラー+グランドクロスを覚え、攻守共に隙のないモンスターに。 ヘルコンドルの配合に必要なネジまき鳥を作成の際には、さまよう鎧や呪いのランプを意識的に経由させると、さらに研ぎ澄まされる。 ちなみに、スカイドラゴンは神龍の素材として貴重なモンスター。 また、13枚以上渡して初プレゼントが済んだ後に、近くのメタルスライムと会話すると旅の扉を開放してくれる。 13枚で貰えるサンダーバードは、序盤で手に入れることができれば、非常に強力なモンスター。 能力値が高く、成長が早いので、かなりの活躍を見込めるだろう。 【13枚】サンダーバードのタマゴ 【18枚】パオームのタマゴ 【25枚】デンタザウルスのタマゴ 【30枚】はぐれメタルのタマゴ 図書室の書庫への道は、司書さんが塞いでいるが、モンスターを100種類以上仲間にしていると通してくれる。 Fクラスに勝利すると今まで口をきいてくれなかった王妃が話してくれるようになる。 珍しいモンスターを見せてほしいと頼まれ、王妃のお題に応える度にアイテムを貰える。 後半のハードルが異常に高い割には、パッとしないアイテムばかりがプレゼントになっている。 謎の闘技場で出現するモンスターは、味方のレベル合計に応じて決定し、肉を使うことでモンスターを勧誘することも可能。 ちなみに、味方のレベルに応じて相手モンスターが決定するので、謎の闘技場を利用し続ければ、いずれレベルカンストを目指せる。 謎の闘技場で出現するモンスターは、他国マスターが使用するモンスターのラインナップと似ているが、微妙に違う点があり、最高クラスでもメタルキングが出現せずに、はぐれメタル止まり。 また、謎の闘技場は、3戦勝ち抜く毎に賞品が貰え、もう1度挑戦するかどうかを選べる。 「はい」を選び続けることでアイテム欄が埋まるまで挑戦でき、前半戦の賞品は肉や杖など戦闘中に消費できるアイテムが主体のため手に入れるたびに消費で延々と続けられるが、後半戦の賞品は本が主体のため、いずれはアイテム欄が一杯になってしまう。 その後も何度でも闘うことができるので覚えておこう。 いっきにモンスター収集が加速できるので有効に活用したい。 また、同じく売り出されたばかりの銀の竪琴もレベル上げの際に役立つ。 クリア後すぐに防衛可能だが、モンスターが育っていない場合は、まず勝てない。 また、倒しても再度挑戦することができる。 モンスター配合表 各種族の基本配合 相手(横) ベース(縦) スライム ドラゴン 獣 鳥 植物 虫 悪魔 ゾンビ 物質 スライム ドラゴスライム ぶちスライム はねスライム スライムツリー スライムつむり スライムナイト バブルスライム ボックススライム ドラゴン ドラゴンキッズ ガメゴン プテラノドン フーセンドラゴン フェアリードラゴン リザードマン ポイズンリザード ソードドラゴン 獣 ベロゴン アルミラージ キャットフライ ファーラット ミノーン グリズリー スカルガルー かまいたち 鳥 ピッキー キメラ あばれうしどり はなカワセミ ダックカイト デッドペッカー デスフラッター ミストウイング 植物 マッドプラント かりゅうそう はなまどう ふゆうじゅ サボテンボール ガップリン マタンゴ コハクそう 虫 おおなめくじ キャタピラー せみもぐら じんめんちょう とうちゅうかそう おおみみず リップス はさみくわがた 悪魔 ピクシー メドーサボール グレムリン ベビーサタン ダークアイ おおめだま スカルライダー ヘルビースト ゾンビ ゴースト エビルスピリッツ アニマルゾンビ やたがらす マミー ダーククラブ しりょうのきし シャドー 物質 おどるほうせき エビルワンド おばけキャンドル ネジまきどり トーテムキラー とげぼうず あくまのカガミ さまようよろい.

次の