お 返事 いただき ありがとう ござい ます。 「ご丁寧にありがとうございます」は嫌味?正しいビジネスメールなら…

「いただきありがとうございました」の例文・「くださり」との違い

お 返事 いただき ありがとう ござい ます

・「早速のご返信ありがとうございました」は挨拶文として使う ・タイトルに「早速のご返信ありがとうございました」は使わない (「Re: 相手から送られてきた件名」が無難です) ということを覚えておいてくださいね。 ビジネスメールの書き方に困ったときの対処法とは? さて、就活を始めたときには、「ビジネスメール」というものに戸惑ったという方も多いのではないでしょうか。 それもそのはず、ビジネスメールはプライベートのやり取りとは違い、いくつもの「決まりごと」に従って書かなければいけないので、慣れるまでに少々時間がかかるからです。 しかし、実は「社会人になってもビジネスメールについて悩んでいる」という方は多いんです。 例文1 日送付いたしました食事会へのご案内に早速のご返信をいただき、誠にありがとうございます。 例文2 この度は早速のご返信恐れ入ります。 例文3 お忙しい中、早速のご返信ありがとうございます。 さて、ご提案いただいたデザイン案ですが、一度社内で検討した後、改めて採用の可否をご連絡させていただきます。 例文4 〇〇大学〇〇学部の鈴木です。 この度は急なお願いにもかかわらず早速のご返信大変ありがとうございます。 【1分でわかる】 早速のご返信の意味やビジネスメールでの使い方と例文、また、敬語表現のまとめ 最後に、「早速のご返信」の意味や使い方のポイントを復習しておきましょう。 【意味】 すぐに手紙やメール返事を送る 【敬語表現】 例文1 先日送付いたしました食事会へのご案内に早速のご返信をいただき、誠にありがとうございます。 例文2 この度は早速のご返信恐れ入ります。 例文3 〇〇大学〇〇学部の鈴木です。 この度は急なお願いにもかかわらず早速のご返信大変ありがとうございます。 ビジネスの場では、メールや文書のやり取りを欠かすことはできません。 そして、その中で相手に感謝の気持ちを表すことができる「早速のご返信」という言葉を使いこなせるようになれば、文字でのコミュニケーションがもっとうまくいくはずですよ。 ぜひ、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

次の

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

お 返事 いただき ありがとう ござい ます

この「ご心配ありがとうございます」という言葉は、相手に心配してくれてありがとうという気持ちを伝えられるものですが、それだけだとちょっと相手を突き放すような表現になります。 この表現を単独で使うとどこかぶっきらぼうで、皮肉っぽい響きになりかねないわけですね。 それを避けるために、この表現の後に「お陰様で、体調も回復してきました」「やっと見通しが立ってきました」など、相手が気遣ってくれている事柄の状況を報告するコメントをつけましょう。 これで端的になりすぎるのを防げますよ。 1つ目のマナーでもご紹介した通り、「ご心配ありがとうございます」という表現は短すぎたり、無表情で言ってしまうと相手にぶっきらぼうな印象を与えてしまい、失礼な表現になってしまいます。 従って、このような表現を特に直接、口語で使用する際はその時している作業の手を止めてしっかり相手の目を見ながら言いましょう。 また、少し微笑むくらいの柔らかい表情で言うのが良いでしょう。 特にビジネスでは忙しい関係で丁寧なコミュニケーションを取るのが難しい場合もありますが、大人として大事なたしなみです。 具体的には、特に目上の人がこちらの時間の都合などを心配してくれて声をかけてくれた際に、「ご心配ありがとうございます。 何とか間に合うと思います」などの形で表現します。 こちらの心配してくれていた目上の人からすると、その気遣いに対して感謝の気持ちが伝わってこないのは礼儀のない振る舞いとなってしまいます。 このような配慮をいただき、心配してくれている場合にはしっかり敬語表現を用いて相手に感謝を伝えましょう。 「ご心配おかけしました」と続けるのも良いですね。 具体的には、例えば自分が風邪を引いていることに対して「風邪、大丈夫ですか?」と聞かれた場合、「ご心配ありがとうござます」または「ご心配いただきありがとうございます」と使います。 ここでも、この表現に続けて「徐々に体調の方も回復してきています」「今は熱も下がって、回復傾向にあります」など、自分の体調の状況を心配してくれた相手に補足して説明できるとよいですね。 こうすることで丁寧さが加わり、しっかり丁寧な敬語表現として活用することができますよ。 1つ目の例と同様、「ご心配おかけしました」と後に続けるのも良いでしょう。 重ねて丁寧な印象を与えられ、好感度もアップしますよ。 相手が事故やけがの状況について「今回は大変でしたね」と声をかけてきてくれた際にその返答として使います。 「ご心配おかけしました」と重ねることもできます。 ただ、自分がその時に見舞われた事故やけがが比較的大きく、精神的ショックも大きい場合、相手に感謝の気持ちを述べるのが遅くなってしまうのはやむを得ないことです。 その時は返事が遅くなってもかまわないので、自分の状況や気持ちの整理がついてから改めて相手に連絡するのがマナーと言えるでしょう。 メール本文の中では例えば、「先のプロジェクトについては貴社からもご心配いただきありがとうございました」などの形で使用します。 「ご心配ありがとうございます」よりも少し丁寧さが増した敬語表現となり、文字通り、相手の心配や配慮に対して感謝の意を伝える表現として使用できます。 続けて相手側の配慮をいただいた件についての進捗状況などを伝えると良いですね。 「ご心配おかけしました」という意味でも使えます。 1つ目の表現よりやや柔らかい表現となり、意味は同じで丁寧に相手の配慮に対して丁寧に感謝を伝えます。 具体的には、「今回の件に関してはご心配くださいましてありがとうございました」などの形で使います。 続けて、「その件に関しましては貴社にもご支援いただきました結果、滞りなく執り行うことができました」などそのことの進捗について相手に伝えると良いでしょう。 このように丁寧に伝えることで相手も自分が心配したことが事なきを得たことが分かって安心しますよね。 いただくと同様、賜るも「もらう」という言葉の謙譲語ですが、賜るの方がよりフォーマルで礼儀正しい響きを持っています。 ビジネス文書などかなり堅い言い回しで書きたい時に活用します。 具体的には、「この度は貴社にもご心配賜り、誠にありがとうございます」などの形で使用します。 意味するところは例文2までと同様、相手の心配や配慮について感謝するという意味です。 自分より上の立場である取引先にメールを送る時などにも活用できますね。 具体的には「お忙しいにも関わらず、ご心配賜りまして誠にありがとうございます」などの形で使います。 3つ目の「ご心配賜り」に「まして」を付け加えてより丁寧にした表現です。 例文3つ目、4つ目のどちらもご心配と賜りの間に「を」を置いて「ご心配を賜り」「ご心配を賜りまして」という形にもできます。 どちらもどちらかというとビジネス文書やメール、パーティーの初めの挨拶などで使われる堅い印象の強い表現となります。 これは、社内外問わずまだそんなに関係が深くない人に対して使える丁寧な表現です。 「心配してくれてありがとう」という意味で丁寧な敬語表現として活用できますね。 具体的には、「この度は私の体調にいついてご心配くださりありがとうございます。 お陰様で、体調の方も回復して参りました。 」などの形で後に表現を続ける形で使用するとより自然で丁寧な表現となります。 皆さんもぜひ使ってみてくださいね。 以下の関連記事では、類似表現の「ご配慮いただきありがとうございます」の意味や使い方、類語表現などを解説しています。 敬語や丁寧語は大人のマナーとして一つでも多く知っておくことが重要です。 この記事の内容と合わせて、こちらもぜひチェックしてビジネスや日常生活にしっかり活かしてみてくださいね。 この表現は特にビジネスで使う表現で、concernとは日本語で言うと「懸念」という意味です。 この表現で、日本語で「ご心配おかけしました」という意味にもなります。 かなり堅い表現となりますので、日常生活では普通使わず、主にビジネスシーンで会話やメール内にて使われます。 英語的に言えば、「気にしてくれてありがとう」くらいのカジュアルな表現となります。 従って、この表現はビジネスシーンでというよりはカジュアルなメールの内容や友達や家族同士で好んで使われる表現となります。 特にビジネスシーンで目上の人に使うとちょっと逆に失礼になりますので気を付けましょう。 1つ目と同様、日本語で「ご心配おかけしました」という意味にもなりますよ。 worryは文字通り、「心配」という意味を持つ英単語です。 ただ、この表現もビジネスで使うと少し外れた響きになってしまいますので、注意しましょう。 家族や友人間で使うのは大丈夫です。 日本語に直訳すると、「それは私にとって大きな意味があります」という意味となり、意訳すると「ご心配ありがとうございます」という意味で使用できます。 「ご心配おかけしました」という意味でも使えます。 この表現は、ビジネスでも友人、家族に向けてでも自分の感謝の心を謙虚に伝える良い英語表現です。 口語はもちろん、ビジネスメールや手紙などでも活用できますから、心配してくれてありがとう、ご心配いただきありがとうという意味を伝えるフレーズとしてぜひ覚えて活用してみてくださいね。 ご心配ありがとうございますの表現を活用してコミュニケーションを楽しもう ご心配おかけしましたなどの類語表現も積極的に使おう この記事では、相手に心配してくれてありがとうという意味を表す「ご心配ありがとうございます」のマナーや使い方、意味、類語、敬語表現やメールでも使える英語例文など盛り沢山の内容でお送りしてきましたが、いかがでしたか?あなたにも明日からビジネスや日常生活で使える表現が一つでも見つかったでしょうか? 特にビジネスシーンでの丁寧語や敬語表現の使用は慣れるまで時間がかかりますし、戸惑うこともあるとは思いますが、ビジネスの実践の場で練習を重ねていけば、きっと使いこなせるようになると思います。 この記事の内容を参考にしてぜひあなたのコミュニケーションの質アップを図ってみてくださいね。 下記の関連記事では、ビジネスメールでもよく使われる表現である「恐縮」という言葉の意味や使い方、類語表現、ビジネス例文をたっぷりご紹介しています。 今回の「ご心配ありがとうございます」の表現とプラスして使用することであなたのビジネススキルも上がること間違いなしです。 ぜひ合わせてチェックしてみてください。

次の

「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」への返信(返事)の仕方

お 返事 いただき ありがとう ござい ます

目次です。 「ありがとうございます。 」「ありがとうございました。 」への返信(返事)の仕方について 「ありがとうございます。 」「ありがとうございました。 」への返信(返事)の仕方としては、様々だ。 なぜなら、シチュエーションにもよるからである。 一般的にみて「ありがとうございます。 」「ありがとうございました。 」とは、お礼なので、その返答として代表的な言葉を下記で紹介する。 これを「ありがとうございます。 」「ありがとうございました。 」への返信(返事)に使用すればいいと思う。 例:仕事、上司、目上の人、謙遜、初対面の人 「どういたしまして」 「恐れ入ります」 「恐縮です」 「とんでもございません。 お役に立てればうれしいです」 「とんでもないです」 「こちらこそ、お役にたてて、うれしいです」 「嬉しいお言葉、痛み入ります」 「こちらこそありがとうございます」 「どうというわけでもありません」 「気になさらないでください」 「お気になさらないでください」 「どうかお気になさらないでください」 「そのことでしたらお気になさらずに」 「喜んでいただけて幸いです」 「お役に立てて嬉しいです」 「お役に立てれば幸いです」 「お役に立てて良かったです」 「いえいえ、とんでもないです。 至りませんで」 「他にもお手伝いできることがあれば、お申し付けください」 「光栄です!」 「こちら(私)こそいい勉強になりました。 ありがとうございました」 「いえ、いえ・・」 「いえ、どういたしまして」 「また何かありましたら声掛けてください」 「また何かありましたらご連絡ください」 「参考になれば幸いです」 「ご丁寧にありがとうございます」 「ついでですから」 「こんどおごってください!」 「うれしいこと言ってくれますね」 「褒められて、鼻高々です」 「承知しました」 「承知いたしました」 例:友達・ライバル(敵対する相手) 「また何かあったら言ってね」 「また何かあったら遠慮なく聞いてね」 「気にしないでいいよ」 「頑張れよ!」 「また相談乗るよ!」 「こんどおごれよ!」 「その言葉忘れんなっ」 「そんなことは知らん」 このように「ありがとうございます、ありがとうございました」へのお礼への返答としては様々である。 なので、上司や初対面の人、目上の人に返信(返事)する場合には、丁寧に答えつつ、友達などには、くだけた言い方で返信(返答)した方がいいようだ。 ちなみに、私は「ありがとうございます。 」「ありがとうございました。 」の返信(返事)を貰ったら、 「いえ、私は当たり前のことをしただけで、特別なことをしたわけではありません」 と謙遜してみようと思う。

次の