アンドロイドお姉さん。 リアル過ぎるCG女子高生Sayaのモデルは高山沙織(アンドロイドお姉さん)?

未来のロボットカフェ「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」をアンドロイドのSAORIさんが体験

アンドロイドお姉さん

元々モデルとして活動 YouTubeを始める前からモデルとして活動していたSAORIさん。 友人に「似ている」と言われたことをキッカケに、3DCGで描かれた女子高生キャラクター「Saya」のコスプレをアップしたところ「リアルSayaだ」と超拡散され一気に注目されるようになりました。 sayaちゃんコスプレ。 どうですか?似てますか?? — アンドロイドのお姉さん SAORI saotvos 本当にどっちが人間なのか分からないです!(笑) SAORIさんがアンドロイドお姉さんになるきっかけとなったのは、2017年に行われた東京ゲームショーでのこのパフォーマンス。 Detroit: Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)というビデオゲームのPRでアンドロイド役のオファー依頼が来たそうです。 大学卒業してすぐにモデル事務所に所属となったので社会人経験がなかった為、ビジネス関連の本を読んで勉強をしているそうです。 努力家ですね! TwitterでのSAORIさんは大阪出身ということもあってか、とっても人間味あるツイートをしていて個人的になんだか好感度が上がっちゃいます。 (笑) 律儀にポッキー買ったのに粉々やないか!! — アンドロイドのお姉さん SAORI saotvos そしてアンドロイドのお姉さんとして活動することが増え、2019年9月にYouTubeチャンネル「アンドロイドガール」を開設。 チャンネル登録者数は3. 6万人越えまで達成しました。 そのチャンネルでとにかくバズったのは「【下北沢】アンドロイドとフリーハグしてもらってみた【Android Girl 】」という動画。 すぐに周りに人だかりができ、みんな恐る恐るハグしにきます。 凄いのがハグをした人も「どっち?分からない!」と叫んでいました。 肌や体温は絶対に人間なのに動きが圧倒的にアンドロイドだから「分からない」んでしょうね。 本当に人間なのか?アンドロイドなのか?と世界中で話題となっていたのですが、2020年3月に突然チャンネルを閉鎖しました。 それに伴い、最初にバズった「フリーハグ動画」も視聴ができなくなってしまいました…。 映画や舞台に、活動の幅をどんどん広げていってほしい! ここ最近はテレビやラジオにも出演されているので、これからもっと目にする機会が増えそうですね。 アンドロイドのときはクールなのに普段はなかなかぶっ飛びキャラなギャップも面白いです!そんなSAORIさんのキャラや高い演技力を生かしてアンドロイド役として映画や舞台にも出演してほしいな〜と思います。 バラエティ番組もいけそう! 今は新型コロナウイルスの影響でお仕事依頼が落ち着いてしまっているそうですが、その分YouTube動画更新を頑張ってくれているので応援したいです。

次の

アンドロイド役 苦労の真相は?モデル高山沙織さんの動画はこちら!

アンドロイドお姉さん

海外AIトレンドマーケター AI姉さん 國本知里・チェルシー 大手外資ソフトウェアSAPに新卒入社後、買収したクラウド事業の新規営業。 外資マーケティングプラットフォームでアジア事業開発を経て、現在急成長AIスタートアップにて事業開発マネジャー。 「AI姉さん」としてTwitterでの海外AI事情やトレンド発信、講演、執筆等を行っている 皆さん、こんにちは。 AI姉さんこと、チェルシーです。 新型コロナウイルスの影響で、リモートワーク・在宅ワーク等が増え、働き方が変容した人も多いのではないでしょうか。 働き方改革を推進したのは、昨今の人事施策ではなく、ウイルスであったとも言えるでしょう。 外出自粛や、対人接触をできるだけ避けることが推奨される中、コミュニケーションAIの活用が期待されています。 今後、より一層テクノロジーやAIとの共存・協働も加速していく中で、今回は「コミュニケーションAI」の観点から未来がどのように変わっていくのか、世界の取組み事例の紹介も含めてお伝えしていきます。 あたかも人間かのように会話ができるコミュニケーションAIの事例は、ここ数年の間にメディアで取り上げられることが多くなりました。 特に話題となっているコミュニケーションAIのグローバル事例を3点紹介します。 日本でも活用が進むAIアナウンサー 2020年2月、テレビ朝日のAIアナウンサー・花里ゆいながデビューし、話題になりました。 この裏で動いているのはNTTテクノクロス株式会社の音声合成ソフトウェア『FutureVoice Crayon』です。 深層学習(DNN)を活用し、感情を込めた少量の音声から、より人に近い、肉声感のある感情表現を可能にした音声合成が使われています。 また、GAN技術の活用で、実在しない声も生成することが出来るようになっています。 発話情報(読み・書き)を出力することもできるため、CGによる唇や身体の動きと発話タイミングを同期させている点もポイントです。 今まで不自然だった音声合成・唇の動きなどが合わさることで、かなり人間に近いレベルにまで達しています。 実はニュース配信に携わる企業は各社ともAIアナウンサー開発に意欲的に取り組んでおり、2018年にはNHKから「ニュースのヨミ子」が。 他にもTBS「いらすとやキャスター」、日本テレビ「アオイエリカ」、共同通信デジタル「沢村碧」などが登場しています。 今年デビューした花里ゆいなの表現がより自然になったことからも、この1~2年で機械学習・深層学習の能力が向上してきていることを実感できますね。 NHK: TBS: 日本テレビ: 共同通信デジタル: 日本のほか、中国でも2018年に新華社通信からAIアナウンサーが生まれています。 自然に話すことができるだけでなく、まばたきなどの工夫で、人間そっくりと思えるほどの技術を展開しています。 また、ウィル・スミスとのデート動画も非常に興味深く、ウィル・スミス主演の映画『アイ, ロボット』でAIロボットを破壊したことをソフィアが質問。 ウィル・スミスが「ロボットは好きだよ」とフォローしつつ「きれいだよ」と褒め、そしてキスを迫ろうとした場面では「お友達でいましょう」と会話しました。 ウィル・スミスが「ロボットが好きな音楽は何? それはヘビーメタルだね」と聞くと、「私はほとんどシリコンとプラスチック、炭素繊維でできています」と返答。 ジョークへの回答は難しい場面も見せています。 ソフィアはコミュニケーション技術だけでなく、ハードを含めた開発をしており、表情を見て感情が読み取れるように会話していく姿はまさに人間のようですね。 『NEON』の実体はリアルな外観と動作を併せ持つビデオチャットボットであり、動きはCGであると言われていますが、まさに人間と区別がつかないほどの仕上がりになっています。 『NEON』はスマートアシスタント・アンドロイドのさらに上をいき、本物の人間と同じように会話し、振る舞うような設計をされています。 実装においては「Core R3」と呼ばれる「Reality・Realtime・Responsive」と、知性・学習・感情・記憶を担当する「Spectra」という技術が用いられています。 『NEON』はあらゆる知識を蓄えているわけではなく、人間と同じように学習していく点がポイントで、完璧ではないものの、人間らしさを開発の肝にしています。 人間にどこまで似せるか?不気味の谷 このようなコミュニケーションAIを目にして「気持ち悪い」という感情を抱く人もゼロではないかと思います。 なぜなら コミュニケーションAIには「不気味の谷現 象」が存在するからです。 これはロボット工学者の森政弘氏が初めて唱えた現象で、人間は、ロボットが人間に似はじめると好意的な反応と示すものの、あるポイントに達すると肯定的な感情が減少していくという現象です。 実際に、この仮説をカリフォルニア大学サンフランシスコ校の心理学者が研究・発表もしています。 実はこのポイントが今後エンジニアが開発を進めていくにあたっても重要で、 「人間に似せすぎると気持ち悪くなる」という感情的反応を組み込まなければなりません。 精度が良すぎても、似せすぎても受け入れられない。 その開発の難しさがコミュニケーションAIにはあります。 また本日紹介したように、今後このような、人間に非常に似たコミュニケーションAIがさらに発達していきます。 アナウンサー、店舗の接客、銀行窓口など、あらゆる業界に展開されることも間違いないでしょう。 そのとき、次なる論点が「ロボットへの代替」、「ロボットとの協働」そして「ロボットを活用し、人間を拡張すること」です。 エンジニアのキャリアを考える上でも、コミュニケーションAIがどのように自分と関わってくるのか、未来を予測しながら向き合っていくことが必須になってくるでしょう。

次の

ウェザーロイド Airi

アンドロイドお姉さん

アンドロイド役 苦労の真相は?モデル高山沙織さんの動画はこちら! コレはスゴイ。 出身地は大阪府 趣味は旅行 特技は料理だそうです。 主にアンドロイド役でCMなどにも出ることが多いみたいですね。 下の動画のミューズのCMもなんだかアンドロイドっぽい表情や動きをしていますからね。 アンドロイドとしての活動は2017年から東京ゲームショウで行ったのが最初みたいですね。 ミューズメン ムービー「飲み会」編 より アンドロイド美女で有名な、高山沙織さんをキャスティングさせて頂いたCM公開中です。 不気味の谷までもどる研究。 動画では、ロボットなどを本物の人間に似せようとすると、ある段階で気持ち悪く見えてしまう「不気味の谷」現象を再現している。 高山さんが4月に投稿した動画は「 不気味の谷までもどる研究」と題したもの。 アンドロイドになりきった高山さんが笑みを浮かべて手を振るという数十秒のムービーだ。 固い表情やぎこちない動きに、ネット上では「すごい」「一部、機械化している?」などの声が上がった。 これまで「3DCGっぽい」「リアルだ」と評価されることが多かった高山さんだが、今回は意識して不気味の谷を再現したと話す。 特に力を入れたのは目線や顔の動きで、前方を真っすぐ見つめながら首だけを水平に動かすなど、人間離れした動きを心掛けたという。 目のハイライトを消すためにカラコンも着用。 髪形やコスチュームは、日本テレビのアンドロイドアナウンサー「アオイエリカ」を意識したそうだ。 高山さんの投稿へのリプライをみると、ファンからは「ゆっくりしたうなずきがあると、より人工物に見えるかも」というアドバイスや、「最後のカメラ目線は『人』に感じた」などのダメ出しもある。 高山さんは、今回の動画以外にもアンドロイドを演じた写真・動画をTwitterやInstagramに投稿。 SNS上の反応を参考に演技に磨きをかけ、「投稿しながら(アンドロイドに)似せる方法をアップデートしている」という。 こうした日々の積み重ねもあってか、高山さんが企業のプロモーション動画でアンドロイド役を演じる際は、撮影現場の監督やメイクアップアーティストから意見を求められるようにもなった。 「メイクさんからは(光沢がない)マットメイクにすべきかどうか、監督からは手の動きや表情について意見を求められた。 指導も特になく、演技を任せてもらえるようになった」と高山さんは笑う。 yahoo. 彼女の仕事はこれからアンドロイドが増えて来る時代ですからもっと活躍していきそうな気がしますね。 それにしてもよく研究されているようで、ここまでやっているアンドロイド役の人は彼女一人だけのような気がします! 特に不気味の谷までもどる研究がすごいです。 たしかにアンドロイドってふとした時に無機質というかなんだか恐怖感が押し寄せてくる良いな不気味な感じがありますよね。 あの動画を見たら誰もがアンドロイドだ!と言うでしょうね。 僕は何回見てもアンドロイドにしか見えないですww スポンサーリンク アンドロイド役 苦労の真相を知ったネットの声.

次の