コープ デリ。 トップ|コープデリ eフレンズ

【コープデリ】食費節約のためコープデリにも加入しました【安い?】

コープ デリ

コープデリとパルシステムを比較しました! このページでは 食材宅配の『 コープデリ』と『 パルシステム』のサービスを徹底的に 比較していきます!コープデリとパルシステムは同じ生協(生活協同組合)ですが、『 違いは何か?』というのはよくある質問です。 コープデリとパルシステムは同じ生協ですが、運営する組合が異なるので、取り扱い商品や価格設定、サービスなども異なります。 (生協なので同じ商品やサービスなどもあります) 同じような食材宅配に見えますが、色々と違いがあるのでポイントを設けて比較していきます!求めているサービスや商品によってどちらの食材宅配サービスを利用すれば自分にとってメリットがあるのか?紹介したいと思います。 それぞれ求めるものによってメリット・デメリットどちらも存在します。 コープデリとパルシステム、どちらの宅配を利用しようか悩んでる方必見の内容なのでぜひ参考にしてください! 利用者数 比較 コープデリ 利用者数 480万人 パルシステム 利用者数 160万人 比較ポイント! コープデリとパルシステムの利用人数を比較しました。 今回は純粋に組合員数を比較しています。 コープデリの方が圧倒的組合員が多いことがわかります。 しかし、この会員全てが宅配を利用しているわけではありません。 店舗でお買い物をしている方、コープ共済を利用している方など全ての組合員さんの数になります。 実際に宅配を利用している方を比べてもコープデリの方が多いと思いますが、コープデリはパルシステムと比べて店舗が多いため実際はこんなに差はないように思います。 どちらの生協も関東では1位・2位を争う人気の食材宅配サービスなので他の宅配サービスに比べると利用者がケタ違いに多いのがわかります。 システム比較 宅配のシステムを比較していきます。 システムとはその生協の『宅配エリア・宅配方法・配送料・初期費用・支払い方法』になります。 同じ生協なのでシステムは同じところもありますが、細かく見ていくと違う部分も!?ぜひ参考にしてください! 宅配エリア 比較 コープデリ 東京・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・長野・新潟(一部地域を除く) パルシステム 東京・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・新潟・神奈川・山梨・静岡・福島(一部地域を除く) 比較ポイント! コープデリとパルシステムの宅配エリアを比較すると、どちらも関東圏内の宅配サービスですが、パルシステムの方が宅配可能エリアが広いことがわかります。 コープデリしか宅配をしていないエリアは『長野』のみです。 パルシステムしか宅配をしていないのは『神奈川・山梨・静岡・福島』になります。 神奈川・山梨・静岡の地域はコープデリの兄弟分のような生協『』があるので、コープデリはこの地域での宅配はおこなっていません。 コープデリもパルシステムも自社便での宅配になります。 (委託もしていますが、お互い専門の委託です)ヤマト宅急便などで宅配をするサービスではありません。 宅配方法 比較 コープデリ 宅配方法:基本週に1度の宅配でルート配送のため決められた曜日・時間に宅配(土日の宅配は不可) 不在時対応:玄関先に留め置きセット パルシステム 宅配方法:基本週に1度の宅配でルート配送のため決められた曜日・時間に宅配(土日の宅配は不可) 不在時対応:玄関先に留め置きセット 比較ポイント! コープデリとパルシステムの宅配方法を比較すると、まったく同じサービスなのがわかります。 これは生協の昔からある宅配方法ですね!生協の基本配達は週に1回の決められた曜日・時間に配達、不在時は玄関先に留め置きセットになります。 (最近ではコープデリもパルシステムも時間が指定できるサービスが登場しています。 これは後の『指定日お届けコープvsパルシステムの指定便』にて説明します) 決められた曜日・時間での宅配で問題なのが、です。 そのマンションに同じ宅配サービスを利用している人がいるのか?管理人さんが常駐でオートロックを開けてくれるのか?など不在時に対応ができるかどうかが鍵になります。 この問題はお住まいのマンションによって対応が異なるので、 ・ の資料請求などをしたときにお住まいのマンションの宅配状況を聞いてみることが賢明だと思います。 しかし、利用金額の割引制度に目を向けてみるとけっこう差があることがわかります。 例えば東京での利用の場合コープデリでは6,000円以上の買い物で無料に対して、パルシステムは5,000円以上で162円、12,000円以上で無料となります。 利用金額による割引はお住まいの地域で多少変わるので、自分が利用する地域をチェックしておきましょう! 初期費用 比較 コープデリ 出資金という制度があり、加入する際に500円〜1,000円(地域により異なる)を預ける パルシステム 出資金という制度があり、加入する際に1,000円〜2,000円(地域により異なる)を預ける 比較ポイント! コープデリとパルシステムは生協のため、会員にならないとサービスを利用することができません。 会員になる際に必要になる初期費用が出資金という預け金でコープデリでは500円〜1,000円、パルシステムでは1,000円〜2,000円を預ける必要があります。 コープデリとパルシステムの出資金を比べるとパルシステムの方がやや高いです。 こちらの出資金は入会金とは違い、解約する際は返金される預け金となるため損はありません。 支払い方法 比較 コープデリ 口座引き落とし パルシステム 口座引き落とし・クレジットカード 比較ポイント! コープデリとパルシステムの支払い方法を比較してみると、口座引き落としはどちらも共通の支払い方法ですが、パルシステムではクレジットカードの支払いの選択があり、コープデリにはクレジットカードの支払い方法はありません。 支払い方法の選択はパルシステムの方が優れています。 コープデリにはあとに説明する『』というサービスがあり、こちらのサービスのみの利用に関してはクレジットカードを利用できます。 カタログお届けなしのサービスがある!? コープデリとパルシステムは基本的に配達の際に『カタログ』を配ります。 そのカタログを見て届けてもらう商品を決めてマークシートの注文用紙を配達員に渡すか、インターネット、電話注文をするというのが注文までの流れです。 しかし、ネットで注文するんだから カタログはいらない(不要)という方も多くいます。 そんな声に答えたのがパルシステムの『タベソダ』というアプリで注文するタイプのサービスです。 このサービスはカタログを届けないため配送料が少し安くなり、注文がないときはカタログを配る必要がないため配達員が訪れないというものです。 このサービスはコープデリには今のところなく、パルシステムだけのサービスになります。 ではタベソダをもう少し詳しく紹介します。 アプリに慣れないと注文が大変• 新潟では利用できない といった感じです。 スマホを利用している方はタベソダの方がメリットが多く利用しやすいですが、カタログ注文に慣れているとスマホの方が商品は見にくいので最初は大変かもしれません。 タベソダの場合、注文がないときは配送料がかからないですが、通常配達は注文がなくても基本手数料はかかってしまいます。 注文がない週は配達員が来ないため、注文してないときの気まずさみたいなのがなく、気楽に宅配を楽しむことができるのでこのサービスは有りだと思います! にはなく だけにあるサービスです。 指定日お届けコープvsパルシステムの指定便 コープデリとパルシステムには商品のお届け日時を指定できるサービスがあります!このサービスはどちらの生協も『東京都のみ』のサービスになります。 コープデリは『』パルシステムは『』というサービス名です。 この2つのサービスはどのような違いがあるのか?比較してみました!(詳しく知りたい方はサービス名をクリックしてください) 2つの指定便を比較! 宅配エリア 指定日お届けコープ コープデリとパルシステムでは東京都内だけになりますが、日時を指定できるサービスがあります。 比較をしてみると同じ部分も多いですが違いもあります。 まず、宅配エリアはパルシステムの方が広いです。 コープデリは東京都でも都心部のみのサービスになり、エリアがまだまだ狭いのがデメリットになります。 日時を指定できるサービスなので基本は在宅してもらわないといけないサービスですが、万が一不在のときはコープデリは再配達で対応、パルシステムは留め置きで対応しています。 支払い方法はパルシステムは口座引落しとクレジットカードなので通常配達と一緒ですが、コープデリは指定日お届けコープだけを利用する方はクレジットカードのみの支払い方法になります。 取り扱い商品は生鮮食品をメインに生活に必要な商品などを取り揃え、コープデリでは2,000品目、パルシステムでは1,500品目を用意しています。 どちらのサービスも日時指定ができれば宅配を利用したいという東京にお住まいの方には便利なサービスだと思います! 夕食宅配(デイリーコープ) 比較 コープデリとパルシステムには夕食宅配サービスがあります。 コープデリは『デイリーコープ』というサービスになり、お弁当やミールキットを中心に毎日自宅まで宅配してくれます。 パルシステムにも夕食宅配サービスはありますが、千葉県のみのサービスになり、お弁当だけの宅配サービスになります。 今回はコープデリのデイリーコープを中心に紹介します。 デイリーコープ デイリーコープのようにミールキットやコープデリの200種類以上の商品を毎日宅配してくれるサービスはパルシステムにはありません。 のお弁当宅配は千葉県のみ対応しているのに対して はほぼ全域で対応しています。 夕食宅配の便利さはコープデリの方が優れています。 取り扱い商品 比較 コープデリとパルシステムの取り扱い商品を比較してみました。 コープデリとパルシステムではどんなものが販売されているのか?アイテム数はどれぐらいの扱いがあるかなど比較しています。 カタログは毎週変わります。 カタログは毎週変わります。 比較ポイント! コープデリとパルシステムの取り扱い商品数を比べてみるとコープデリの方が圧倒的に多くの商品を取り扱っています。 コープデリではコープデリの独自ブランドをはじめ、日本生協連合(日生協)の商品、一般メーカーの商品などをバランス良く販売しているのが特徴です。 パルシステムではパルシステムの独自ブランドをはじめ、日本生協連合(日生協)の商品、一般メーカーの商品などを販売していますが、圧倒的にパルシステムの独自ブランドの販売数が多く、一般メーカーの商品などはほぼないため商品数が少ないといったところです。 の方が品数は多いので、スーパー感覚で使えて便利ですが、 は一般メーカーの商品が少なくこだわり商品が多いので、こだわり商品だけがほしいという方はパルシステムの方が便利だと思います。 豆知識!コープデリとパルシステムの取り扱い商品で1つ大きな違いが存在します。 それは『ペットボトルの扱い』です。 実はコープデリには市販品同様、例えば『南アルプスの天然水』『緑茶 伊右衛門』『コカ・コーラ』などペットボトルの宅配もしています。 対して、パルシステムにはペットボトルの扱いは水しかありません。 基本的に飲料は紙パック・またはアルミ缶などになります。 市販の飲料などは扱っていないのが少しデメリットに感じます。 ペットボトルなどの飲料は重くて買い物が大変な商品なので、宅配してもらうとすごく助かる商品です。 商品価格 比較 コープデリとパルシステムで販売されている主な商品の価格を比較してみました。 ただし、同じ商品を取り扱っているわけではないので価格には差が出るケースもあります。 また時期により価格は変動するので目安としてご覧ください。 見て分かる通り、コープデリの方が安い商品もあればパルシステムの方が安い商品もあり、今回比べた結果はどちらもそこまで価格が変わらないということがわかりました。 以前まではパルシステムの方が若干価格は高いかなと思っていたのですが、しっかり比べてみると の価格がけっこう安くなっていて私も少しビックリしました。 それでももっと全体を比べるとメーカー商品などは安いケースもあるので の方が若干安いとは思います。 ミールキット 比較 コープデリとパルシステムのミールキット(料理キット)の比較をしていきます。 ミールキットは忙しい方や共働きのご家庭、子育てママさんなどから絶大な支持を得ている時短に便利な商品なのでどちらの生協でも取り扱いがあります。 各生協のミールキットの特徴や価格・種類などを徹底比較していきます! コープデリのミールキットは毎週35種類前後のメニューの販売をしています。 主菜のみは10分前後、副菜付きで15〜20分ぐらいで誰でも簡単に夕食を作ることができます! コープデリのミールキットは全て冷蔵で届くため賞味期限は配達日含め2日と短いです。 価格はミールキット宅配の中ではかなり安いのでいつでも利用しやすいと思います。 コープデリには先ほど紹介したミールキットだけを毎日宅配してくれる(月曜日〜金曜日)デイリーコープというサービスもあります。 最低週に3回の利用が条件ですが、配送料も無料なのでミールキットだけを宅配してほしいという方には便利なサービスだと思います。 コープデリとパルシステムのミールキットを比べると、コープデリの方がミールキットの種類が少し多いです。 パルシステムは主菜のみ2人前〜3人前のミールキットに対して、コープデリでは主菜のみ、主菜+副菜、主菜+副菜2などが選べて2人前・3人前も選ぶことができます。 価格は主菜のみで比べると の方が若干価格が高いかなという感じです。 おいしさはどちらもおいしいミールキットで商品によって味は異なるのでどちらがいいという比較はできないです。 主菜のみで良ければどちらのミールキットもおいしくて調理時間もわずか10分程度でできるものが多く料理の時短になるので便利ですが、副菜などもほしいということであれば のミールキットがおすすめです。 さらにミールキットは賞味期限が短いのでまとめて購入するのはきついので、週に1回だけでなく週のなかでもう少しミールキットを宅配してほしいという希望があればコープデリのデイリーコープを利用すれば配送料も無料で宅配してくれるのでおすすめです! 乳幼児向け商品(離乳食) 比較 コープデリとパルシステムの乳幼児向け商品(赤ちゃん向け・離乳食など)の比較をしていきます。 どちらの生協にも離乳食作りに便利な商品や、安全性の高い商品などを取り扱っているので子育てママさんや小さいお子様がいる家庭での利用がかなり多いのが特徴です。 コープデリ離乳食 コープデリとパルシステムで取り扱いのある乳幼児向け商品を比較しました。 今回比較した商品はどちらの会社もほんの一部の商品になり、まだまだたくさんの商品が販売されていますが、今回は載せきれなかったので人気のある商品を中心に比較しました。 どちらの生協もたくさんの乳幼児向け商品の販売をしており、粉ミルクやおむつの販売もしています。 毎週の取り扱いでいうと若干コープデリのほうが種類が多いと思います。 価格もそんなに変わりませんが、コープデリの方が若干安いと思います。 パルシステムの離乳食に役立つ商品は独自ブランドのものが多いので、安全性は部分はパルシステムが若干上だと感じます。 にはこのようなアプリはありません。 割引 比較 コープデリとパルシステムの割引制度を比較していきます。 どちらの生協にもお得な割引制度があり、配送料などが最大で無料になります。 割引の種類やどんな条件があるのか?比較するので参考にしてください。 コープデリ割引制度 赤ちゃん割引 東京・埼玉・千葉:母子手帳交付から1歳未満。 割引制度は地域により変わるのでどちらが優れているという比較はできませんが、例えば東京で赤ちゃんがいる場合の割引を比較すると、 は1年間配送料無料なのに対して、 は6ヶ月間配送料無料なのでコープデリの方が長く割引を利用できます。 特典 比較 コープデリとパルシステムの特典を比較していきます。 今回紹介している特典は2018年6月の情報になります。 コープデリの特典 コープデリとパルシステムの特典を比較してみました。 コープデリにはがあります。 資料請求をするとコープデリの人気商品をもらうことができるのでお得です!(商品は時期により異なります) パルシステムはWeb(インターネット)で直接加入をすると3,000円分のクーポンをプレゼントしてくれる特典があります。 Webで加入するメリットはいつでも好きな時間に加入できることや担当者が自宅にきて説明などを聞かなくていいことです。 さらに3,000円分の買い物がタダならこっちのがお得ですね! 時期により、色々特典は変わりますので最新情報は ・ の公式ページにて確認してください! まとめ 食材宅配の『 コープデリ』と『 パルシステム』をポイントごとに 徹底比較しました!同じ生協なので似ている部分もありますが、細かいシステムやサービスなどはだいぶ違うことがわかりました。 どちらの宅配にもメリット・デメリットがあり、利用を検討している方が何を求めているいるかによってどちらが便利で自分に合うのかは変わってきます。 私が思っている2社の感想は.

次の

コープデリ

コープ デリ

概説 [ ] 首都圏の各都県における加入者数1位の生活協同組合を中心とした組織。 とが事業地域に含まれている。 なお・・はの事業地域であるため、コープデリには参加していない。 沿革 [ ]• (61年)1月 - 茨城・栃木・群馬の北関東3県の10生活協同組合により「生活協同組合連合会北関東協同センター」を設立。 日本初となる県域を越えた事業連帯組織。 (元年)9月25日 - 「都民保険センター」設立。 (平成2年)11月 - 任意団体「東関東コープネットワーク」設立。 (平成3年)• 3月11日 - 「コープサービス」設立。 3月29日 - 「コープ開発」設立。 (平成4年)• 3月 - 生活協同組合連合会コープネット事業連合創立総会を開催。 7月21日 - 設立。 いばらきコープ、とちぎコープ、コープぐんま、ちばコープ、さいたまコープの5生協が参加。 11月 - 店舗システムを共同化し、第1次店舗システム運用を開始(EOS・POS)。 (平成5年)• 4月 - さいたまコープ日配センターの共同利用を開始。 (平成6年)• 2月 - コープネット会計システムの運用を開始。 3月 - 「北関東協同センター」商品部を統合。 (平成7年)• 5月 - 「商品検査センター」を開設。 (平成10年)• 4月 - 生鮮原料共同配送協定を締結。 5月 - 畜産仕入れ管理について全農と提携。 10月 - 日本生活協同組合連合会と桶川新店舗DCの共同利用を開始。 10月 - 生協商品案内紙の紙面を統一化。 (平成11年)6月 - コープとうきょうが加盟。 (6月11日の総代会で、コープネット事業連合への参加を決定 )• (平成12年)• 8月 - 「コープネット農産センター」(ベジテック農産センター)を開設。 9月 - ISO14001の認証を取得。 9月 - 日本生活協同組合連合会と共同開発商品発売を開始。 (平成13年)• 3月 - 「コープ旅行センター」を設立。 10月 - 都民保険センターを存続会社として「コープネット保険センター」を設立し、保険業務を共同化。 (平成14年)• 3月 - 物流生産部を開設。 8月 - コープぐんまとさいたまがPC・日配センターの共同化を開始。 11月 - 美女木農産センターを開設。 (平成15年)• 2月 - 加盟組合の全会員向けにインターネット受注を開始。 3月 - コープとうきょうとシステム事業部統合。 3月 - 美野里物流センターの運営を移管。 10月 - 北関東協同センターを合併。 10月 - 共同購入の石岡青果集品センター・桶川ドライ集品センターを開設。 (平成16年)• 3月 - 桶川要冷集品センター、大宮・川本グロサリー集品センターの運営を移管。 7月 - 「境食肉センター」をコープネットの子会社化。 11月 - 葬祭事業を「コープサービス」へ移管。 (平成17年)• 4月 - 非食品媒体「いろどり生活」を日本生活協同組合連合会へ移管し、名称を「キャロット」へ変更。 6月 - コープながのが加盟。 6月 - 小山新要冷集品センターを開設。 8月 - コープとうきょうの子会社「協栄流通」を子会社化し、コープネットの子会社として物流や配送機能を統一。 8月 - POS・業務システム・MDを完全統合。 9月 - さいたまコープの子会社「コープ開発(現・協同開発)」を子会社化し、コープネットの子会社として全会員生協を対象とした不動産の売買・賃貸借・管理・仲介等を開始。 (平成18年)• 4月 - 柏青果集品センターを開設。 3月22日 - 子会社「コープワーキングサポート」(事業所の営繕・清掃、店舗事業・宅配事業等の業務請負)を設立。 6月 - 商品案内本誌の名称を「ハピ・デリ!」に統一。 12月 - さいたまコープ・コープとうきょうの労働組合が合併し、コープネット労働組合を設立。 (平成19年)• 1月 - シンボルマークを統一(愛称:グリーンバルーン)。 1月 - ユーコープ事業連合と「コープネット・ユーコープ連帯トップ協議会」、「コープネット・ユーコープ連帯協議会」を設置。 3月 - 塩尻青果集品センター。 6月 - 市民生協にいがた(現・コープにいがた)が加盟。 7月 - 「コープ開発」を「協同開発」に社名変更。 10月 - コープながのが「コープネット保険センター」に参加。 (平成20年)• 1月 - 「ユーコープ事業連合」との事業連合方針を解消。 2月 - ちばコープが「コープネット保険センター」に参加。 4月 - 品質保証本部を設置。 10月 - 食品安全マネジメントシステムを構築し、運用を開始。 (平成21年)• - 新潟青果集品センターを開設。 2月 - コープにいがたが「コープネット保険センター」に参加。 3月 - 「コープ旅行センター」が廃業し、日本生活協同組合連合会・旅行部へ事業を移管。 6月22日 - 印西冷凍センターを開設し 、美野里物流センターの物流業務を印西冷凍センターと小山要冷集品センターへ移管。 10月 - 「境食肉センター」を「コープネットフーズ」に社名変更。 10月21日 - 所沢・桶川の生鮮センターも統合し、水産・畜産のPCセンターを開設。 (平成22年)• 1月 - 野田グロサリー集品センターを開設し、コープネットグループの店舗物流と商品在庫保管センターの機能を統一。 7月 - 野田グロサリー集品センターを宅配事業のグロサリー商品の集品を担う物流センターとして稼働し、ちばコープの袖ヶ浦食品集品センター・白井生活用品集品センターの物流業務を移管。 - 「夕食宅配」事業を開始• 12月 - 旧桶川日配センターを改修し、ミンチなどを製造する「桶川IQF センター」を開設。 (平成23年)• 9月 - 高齢者向け媒体「いきいきくらす」の発行を開始。 9月 - コープとうきょうで「夕食宅配」事業を開始。 10月 - さいたまコープで「夕食宅配」事業を開始。 (平成24年)• 3月 - いばらきコープで「夕食宅配」事業を開始。 加盟生協 [ ]• (本部:埼玉県・組合員数:約241万人)• 2013年(25年)に・・の3生協が合併して発足 (存続法人はさいたまコープ )。 (本部:茨城県・組合員数:約22万人)• (本部:栃木県・組合員数:約19万人)• (本部:群馬県・組合員数:約20万人)• (本部:長野県・組合員数:約20万人)• (本部:新潟県・組合員数:約6万人) 脚注 [ ]• 日本経済新聞社. 2013年2月11日• アド・バンクセンター. 2012年8月5日• 日本食糧新聞社. 1999年6月9日• アド・バンクセンター. 2009年7月5日• アド・バンクセンター. 2010年10月5日• アド・バンクセンター. 2013年4月5日• 伊藤哲朗 2013年3月25日. 日本食糧新聞社• アド・バンクセンター. 2012年12月5日 関連項目 [ ]• - ・・を事業エリアとする生活協同組合連合会。 外部リンク [ ]•

次の

コープデリガス

コープ デリ

コープデリミールキットは野菜もたっぷり! 料理に合わせたカラフルな野菜が食卓を彩ります。 炒めた材料に混ぜるだけの調味ダレが付いているので、 普段おうちでは作らないような味付けも作ることができます。 料理が不慣れなお父さんやお子さんにも簡単!• コープデリミールキットは1商品につき約2〜3人前の量が入っていて、家族で食べきれるサイズになっています。 使い残しがないから、「つい食材を多く買って余らせてしまった…」なんてことがなくなります。 「毎日の夕飯のおかず」から「忙しい日の夕飯のおかず」まで、月~金のうち3日以上からお届けしますのでご都合に合わせてご利用できます。 配達日や注文内容の変更はパソコンやスマホから簡単にできとても便利です。 冷蔵商品なので 解凍の手間がなくすぐに調理できます。 ご不在の場合は、保冷容器に入れて、ご指定の場所へお届けしますので、安心してご利用ください。 工場や産地の点検、商品検査を厳しい基準で実施し、生産から流通までのプロセスを徹底管理しています。 1人用・1食あたり 本体 580円(税込 626. 4円) 管理栄養士がカロリーや塩分を管理し、栄養バランスを考えた、食事の仕度を軽減したい方に便利なおかずです。 家庭の献立をお手本にし、和洋中さまざまな料理、ジャンルを織り交ぜ、旬の素材を組み合わせたメニューです。 少量のおかずをつくるのが大変な方にオススメです。 5日利用 4日利用 3日利用 1食当り換算 参考価格 1人用 2,900円 2,320円 1,740円 580円 (税込 3,132円) (税込 2,505. 6円) (税込 1,879. 2円) (税込 626. 4円) 2人用 5,560円 4,448円 3,336円 556円 (税込 6,004. 8円) (税込 4,803. 84円) (税込 3,602. 88円) (税込 600. 48円) 3人用 8,340円 6,672円 5,004円 556円 (税込 9,007. 2円) (税込 7,205. 76円) (税込 5,404. 32円) (税込 600. 1人用・1食あたり 本体 690円(税込 745. 2円) 管理栄養士がカロリーや塩分を管理し、栄養バランスを考えた、多品種でボリューム感のあるおかずです。 肉・魚・卵などメイン食材を組み合わせ、調理方法を工夫した献立です。 活動的に過ごしている方にオススメです。 5日利用 4日利用 3日利用 1食当り換算 参考価格 1人用 3,450円 2,760円 2,070円 690円 (税込 3,726円) (税込 2,980. 8円) (税込 2,235. 6円) (税込 745. 2円) 2人用 6,660円 5,328円 3,996円 666円 (税込 7,192. 8円) (税込 5,754. 24円) (税込 4,315. 68円) (税込 719. 28円) 3人用 9,990円 7,992円 5,994円 666円 (税込 10,789. 2円) (税込 8,631. 36円) (税込 6,473. 52円) (税込 719. 1人用・1食あたり 本体 535円(税込 577. 8円) 管理栄養士がカロリーや塩分を管理し、栄養バランスを考えた、ご高齢者のからだにやさしいお弁当です。 家庭の味・手作りの味を追求しているので、おいしく頂けます。 野菜、海藻類を積極的に取り入れたメニューで、ごはんと5種類のお惣菜を、毎日日替わりでお届け致します。 カロリーや生活習慣が気になる方にもオススメです。 5日利用 4日利用 3日利用 1食当り換算 参考価格 1人用 2,675円 2,140円 1,605円 535円 (税込 2,889円) (税込 2,311. 2円) (税込 1,733. 4円) (税込 577. 8円) 2人用 5,110円 4,088円 3,066円 511円 (税込 5,518. 8円) (税込 4,415. 04円) (税込 3,311. 28円) (税込 551. 88円) 3人用 7,665円 6,132円 4,599円 511円 (税込 8,278. 2円) (税込 6,622. 56円) (税込 4,966. 92円) (税込 551. 1人用・1食あたり 本体 625円(税込 675円) 管理栄養士がカロリーや塩分を管理し、栄養バランスを考えた、ボリューム感のあるおかずです。 「しっかりとした食感」「しっかりとした味付け」「しっかりとした食べ応え」 舞菜おかずに比べ、主菜にボリュームがあり、しっかりとした食感で、ごはんに合う味付けです。 5日利用 4日利用 3日利用 1食当り換算 参考価格 1人用 3,125円 2,500円 1,875円 625円 (税込 3,375円) (税込 2,700円) (税込 2,025円) (税込 675円) 2人用 6,010円 4,808円 3,606円 601円 (税込 6,490. 8円) (税込 5,192. 64円) (税込 3,894. 48円) (税込 649. 08円) 3人用 9,015円 7,212円 5,409円 601円 (税込 9,736. 2円) (税込 7,788. 96円) (税込 5,841. 72円) (税込 649. 生野菜サラダ 全品1袋 本体 98円(税込 105. お届け後は冷蔵庫で保管してください。 コープデリミールキット・舞菜・エネルギー塩分調整食と一緒にご利用ください。

次の