加賀 賢三。 編集長・満若より富樫渉さんからf/22へのご批判に対する応答 — f/22

性的シーン強要か「やるまで終わらねぇぞ」——出演者が暴露で上映が中止に。『童貞。をプロデュース』舞台挨拶騒動を吉田豪らが語る

加賀 賢三

キャスト [ ]• 公開 [ ] 2007年8月25日、でレイト・ショー公開された。 当初は2週間限定の公開を予定していたが、3日間で400人以上の動員を記録したことから、上映期間の延長が決定した。 同年9月26日時点で、本作の動員は2,500人を超えており、シネマ・ロサでのレイト・ショー作品としての新記録を樹立した。 その後、全国の劇場で拡大公開された。 2013年3月26日、第5回で特別上映された。 毎年の夏、池袋シネマ・ロサにおいて本作の定期上映が行われていた。 騒動 [ ] 公開10周年記念舞台挨拶での騒動と出演者への性行為強要 [ ] 2017年8月25日、公開10周年を記念した上映の舞台挨拶において、出演者の加賀賢三は、本作における性行為が強要されたものであったと述べた。 本作は当初、8月25日から31日まで上映する予定であったが、この騒動を受けて、26日以降の上映は中止となった。 同月31日、監督のと配給会社の社長のは連名で声明を発表し、加賀の発言内容を否定した。 2019年12月5日、の取材 に応じた加賀は、強要が行われた当時の状況や、その前後に交わされた松江を含む関係者とのやり取りについて詳細を語り、2017年8月に松江・直井が連名で発表した声明 に対する反論を行った。 また本件について「限りなく黒に近いグレーも白とされてしまうし、とんでもない嘘がまかり通ってしまう。 そういうことを、『童貞。 をプロデュース』で改めて知りました」と述べている。 上記のによるインタビューの公開で本件は再度注目を集め、2019年12月13日、配給ののホームページにて、監督の松江哲明と配給会社代表の直井卓俊による謝罪文が掲載された。 謝罪文では、監督のは撮影を強引に進めた部分があったことを認めた上で「加賀さんの気持ちを無視して、作品の完成、展開を優先してしまったことを、深く反省しています。 申し訳ありませんでした」と直筆で綴り 、同ページにて、 配給会社代表のも「上記を受けまして、2017年8月31日に松江監督と本作品の配給である弊社の連名で出した公式声明において、事実と異なる内容を発信してしまっていたことを厳粛に受け止め、心よりお詫び申し上げます。 」との文章を掲載し謝罪した。 脚注 [ ]• CINEMA TOPICS ONLINE 2007年8月30日. 2019年12月6日閲覧。 CINEMA TOPICS ONLINE 2007年9月26日. 2019年12月6日閲覧。 CINRA. NET 2007年11月21日. 2019年12月6日閲覧。 com 2013年3月27日. 2019年12月6日閲覧。 長谷川亮 2013年3月27日. シネマトゥデイ. 2019年12月6日閲覧。 com 2017年7月19日. 2019年12月6日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年12月6日閲覧。 ORICON NEWS 2017年9月6日. 2019年12月6日閲覧。 ガジェット通信 GetNews 2019年12月5日. 2019年12月21日閲覧。 2019年12月15日閲覧。 藤本洋輔 2019年12月5日. ガジェット通信. 2019年12月6日閲覧。 SPOTTED PRODUCTIONS 2019年12月13日. 2019年12月13日閲覧。 2020年2月16日閲覧。 ねとらぼ. 2020年2月16日閲覧。 関連文献 [ ]• 「童貞。 をプロデュース 松江哲明 [監督] インタビュー」『』2007年9月上旬号、 71-72頁。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

『童貞。をプロデュース』上映中止騒動の経緯が明らかに

加賀 賢三

これだけ聞くと変態が舞台に上がって事件を起こしていると、とらえるでしょうが実はこの映画に対する恨みによる行動だったのです。 そもそもこの男とは誰なのか?? なんとこの映画に出演していた加賀賢三さんという方なのです。 加賀賢三 プロフィール 今年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭では新作2本を上映させていただきます。 最初に行った時は、先輩たちから「みんな大麻とフリーセックスをしている映画祭」と聞いて割と信じていたのですが、もう4回目なので騙されません。 釣具を持参する予定なので付近の釣り場を知る方、ご教示ください。 — 賀々贒三(加賀賢三) catme05 生年月日:1982年11月? 年齢:34歳 出身:新潟県 この方現在は松江哲明監督と同じ映画監督をされています。 映画「童貞。 をプロデュース」に出演していた加賀賢三さんは、 この映画の中で性行為の強要があったと訴えているのです。 実際に映画の中でセクシー女優が加賀賢三さんのアレをくわえるシーンがあったのです。 このシーンについては加賀賢三さんは知らされていなかったようで当時、あまりのショックから精神的苦痛受けるのです。 しかし当時の関係性から見ても加賀賢三さんは出演者、松江哲明さんが監督という上下関係にあったことから強くは言えなかったのでしょう。 そのため第一回ガンダーラ映画祭用の映画であったためこの映画祭だけでの上映は承諾したそうです。 その後については松江哲明監督からこう言われていたそうです。 「もし他で上映するようなことになるなら、その時には必ずまた相談するから」 しかし、報告があるのは事後でさらにはDVD化する話まで出てしまい加賀賢三さんの不満は増すばかりです。 結局DVD化されると告知がありましたがその後消滅しています。 何らかの形で阻止したんだろうと思われます。 Ads By Google 今回の舞台挨拶も加賀賢三さんには連絡がなかったにも関わらずポスターには、加賀賢三さんが書いたとされるサインまで。 わざわざ「加賀さんのサインもありますね。 」と触れていただいているのですが、これはぼくが書いたサインじゃないのです…(というか偶然にも梅ちゃんのサインと同じ筆跡!)。 関係者から一方的に連絡を途絶されてしまっていたので、正直なところ、当時は上映していたことすら知りませんでした。 — 加賀賢三 catme05 この件に関しては、さすがに怒りが収まらず今回の騒動になったのではないかと思われます。 映画「童貞。 をプロデュース」はドキュメンタリー作品(演出を加えることなくありのままに記録された素材映像を編集してまとめた映像作品)としながらも 実際にはフィクションであることを出演者らが暴露しています。 梅ちゃん(出演者)の嘔吐物は、松江監督がローションとスポーツドリンクを混ぜて吐かせた偽物だとか性行為の強要があったなどなど・・・。 ただいまだ事実確認がされていないので証拠が必要になるわけですが、加賀賢三さんは前代未聞の ちん事が起こったあの時こんなことを言っています。 「撮影中に交わした会話の素材を僕は持っている。 」 「YouTubeに編集してあげてもいい。 」 さんは深く傷ついて、10年間松江監督を恨んできたのでしょうね。 謝るべきでしょう。 彼が納得するまで。 そうじゃないと2人ともこのまま沈みそう 監督に謝罪の気持ちがあればいいね。 日本人なら謝れるよ日本人ならば! — Nana なな shelly5858 今後この騒動に終止符を打つことができるのか?? 8月25日 金 『童貞。 Ads By Google.

次の

加賀賢三プロフィール年齢は?舞台挨拶で珍事!ブログから恨みが!

加賀 賢三

舞台に上がる白Tシャツの男性。 いきなりパンツを脱ぎ去り、黒Tシャツの男性に 「しゃぶれよ」と襲い掛かった。 ここだけを切り取ると、この白Tの男はド変態にしか映らないだろうw でも、この珍事の背景を見ていくと、印象も違って来ると思います。 まず『童〇。 をプロデュース』という作品は10年前に黒Tの男性・松江哲明氏が作り上げたドキュメンタリー作品だそうだ。 今回の舞台挨拶は、『童〇。 をプロデュース』10周年記念上映会で行われた。 そして、問題の白Tの男性・加賀賢三は同作に出演していたDTの方のようだ。 なぜ加賀賢三氏は松江哲明氏にブチギレ、しゃぶらせようとしたのか 正直、加賀賢三氏の一方的な言い分しか解らなかったので、それが真実かどうかはわからないです。 それを踏まえた上で書いていこうと思う。 この舞台挨拶で起きた珍事の発端は10年前の『童〇。 をプロデュース』にあるようだ。 その作品の中で、スケベな女優が無理やり加賀賢三氏のアレをしゃぶるシーンがあるようだ。 予告編だけみたけど、そのシーンがあって 「聞いてないよーーーー!」みたいに加賀賢三氏が叫んでいた。 どうやら本当に相談なしにしゃぶらせたようだ。 彼にとって、これがトラウマになってしまったのか、かなりの精神的苦痛を与えられてしまったという。 人によっちゃ、羨ましいとか思う人もいるかもしれないが、DTとはピュアハートの持ち主も少なくはないのだ。 んで、なんで10年前の事を今さらブチギレてるって思うじゃん? どうやら今回の上映会の話を加賀賢三氏に一切の許可をとってなかったようなのだ。 DVD化もして、こうやって上映会でも晒され、その上、一銭も貰ってないと、氏は言う。 もちろん上映会に来たお客さんはお金を支払っているのだ。 確かにコレは加賀賢三氏が怒るのも無理はないかもしれない。 松江哲明氏はお金を払う意思はあるみたいな事をいっていたけど、連絡したしてないの水掛け論。 どうも松江哲明氏の歯切れが悪い。 この場で語ることはしないといい、これでは加賀賢三氏の言い分に反論の余地なしと捉えられても仕方ない気もする。 加賀賢三氏は、松江哲明氏を許すためにケンカをしにきたという。 つまり、ここでしゃぶれば、10年前の事も、今の事も全て水に流そうというのだ。 しかし、しゃぶれと言われて大衆の面前でしゃぶれるはずもなくw 頑なに拒み続ける松江哲明氏。 結局収拾がつかず、数日間に渡って上映会をやる予定が、頓挫する結末を迎えたようだ。 加賀賢三氏も、この作品を見たDTも、中には傷ついた人もいるらしい。 まぁ・・・なんというか、この2人の関係修復は難しいのかもね。 それにしても、一人で上映会に乗り込んで、パンツを下ろした加賀賢三の勇気には賞賛の声があがった。 彼は10年前の松江哲明の裏の声なる証拠も握っているようで、それを動画にしてyoutubeに上げることを、ファンは望んでいるようだ。 それで真実が明るみになり、正義がどちらにあるのかハッキリするなら、 やる価値はあるかもしれませんね。 ちなみに自分が同じ目にあったら、ここまでのテンションで怒れはしないかもだなw 自分は、そこまでピュアではなさそうだw アーカイブ• 102• 116•

次の