私の少年 最新話 ネタバレ。 『私の少年』最新話のネタバレ【31話】聡子の本当の願い

弱虫ペダル【最新話597話】の「名前のないエリア」ネタバレや感想!|漫画X

私の少年 最新話 ネタバレ

そんなおりに部署内でのコンペがあるものの、結芽さんの推した作家さんが納得のできる案でなかったことを成川さんに指摘されてしまいます。 成川さんが大事な打ち合わせのある日。 外は大雨、しかし彼の置き傘はデスクに置かれたままでした。 雨に濡れて走る結芽さん。 自分の気持ちを伝えることができた結芽さんに、成川さんも正直な気持ちを打ち明けるのでした。 そして編集部には持ち込みの作家さんが。 濡れた彼女に自分のシャツを着させた成川さんは、傘を受け取り打ち合わせへと向かっていきました。 雨で冷えたはずのカラダなのに、成川さんの匂いや温かさに心の奥まで包まれたような結芽さんは、この気持ちについて表現できずにいます。 家に帰ったあとで、その気持ちについて話す結芽さん、成川さんはずばりと指摘します。 それって俺に触りたいってことなんじゃないのかと… 成川さんのシャツでニオイや気配を感じているのに、会えないもどかしさが情緒的な感情を高めてしまったのだと理解した結芽さんは真っ赤になり照れてしまいます。 だけどそうなのかも…と納得すると、成川さんに誘われ手をつなぐ結芽さん。 成川さんは結芽さんの手を愛おしそうに自分の頬に当て、結芽さんにもっとして欲しいのか聞きますが、結芽さんはそれ以上の気持ちにならずに成川さんはガッカリww あくる日。 結芽さんのところに、夜桜先生から漫画賞の選考作の感想の電話が入ります。 思いっきり自分の感情のまま喋る夜桜先生は、こんな新人はデビューさせられない…と嫌味を言い放ちました。 たった27歳という若さで面白過ぎる内容・有望すぎる投稿者が、ヴォイラが賞を創設以来の特別大賞を受賞するかもしれないと編集部でも話題に。 水緒と名乗る新人は、あまりにも上手すぎる漫画に編集部内では荒しなのでは?と素性を探るものの、データベースからも出てこなかったため持ち込んできたときの様子を聞くとすごい美女だったと。 そんな新人・水緒は結芽さんを担当に逆指名するのです。 プレッシャーを感じる結芽さん。 編集長たちもこのままでいいものかと心配をしています。 水緒との打ち合わせが午後にある結芽さんはプレッシャーを感じており、打ち合わせブース近くにいくとすでに水緒の噂が立っていました。 さらに緊張を感じる結芽さん。 打ち合わせブースに行くも、水緒らしき人が見当たりません。 すると茅野結芽さん…?と、水緒だと自己紹介してきた一人の美少年が… 水緒は結芽さんに説明します。 性別欄がなかったため記載しなかったこと。 持ち込みは姉におねがいしたこと。 本当の年齢は23歳だということ。 結芽さんはなぜ持ち込みをお姉さんにお願いしたのか問うと、男が持ち込んだら作品の判断が変わってしまったり、結芽さんに担当してもらえないかも…と正直に打ち明けます。 結芽さんは彼の見透かすような瞳に物怖じしないよう気持ちを落ち着かせ、改めてデビューの説明をしていきました。 気に障らないように結芽さんは言葉を選びながら水緒に話していきますが、彼は唐突に本物の茅野結芽なのか聞いてきます。 名刺を渡した…と答える結芽さんに、名刺を投げ捨てさらにはデビューしない…と怒って出て行こうとするのです。 一瞬何が起こっているのか分からなく結芽さんですが、こんなにも期待される新人をよそに行かせてしまったら…と焦り呼び止めました。 結芽さんは自分を落ち着かせながら水緒のようなタイプはどう対処すべきかを探り入れながら、彼をブースへと引き戻します。 そしてなぜ自分を指名したのか問うと、素子先生のコミックは結芽さんが担当していたときの方が言葉がきれいだったから…と打ち明けました。 まえに成川さんが言ってくれたことと同じ言葉だと思い出す結芽さん。 水緒は自分は男だから結芽さんが引き出した言葉に憧れて、どうすればそんな風に言葉を紡げるのか教えて欲しいとお願いします。 しかし漫画部署内における劣等感しかない結芽さんの返事は上辺ばかりののもの。 その言葉にイラついた水緒は、思わず立ち上がって不満をぶつけます。 彼の正直な言葉に、結芽さんは少女漫画が嫌い…と白状してしまい、さらには泣きそうになってしまいました。 どうしよう…と思っていると、水緒は結芽さんの漫画が好きだから一緒に漫画を作って欲しいと頭を下げてお願いするのです。 入社して初めて自分の気持ちを口にしてしまった結芽さん。 家に帰っても水緒は男だったと、正直に成川さんに打ち明けられません。 なぜ言いづらくなってしまうのか… 成川さんの黒髪と水緒の金髪を比較する結芽さん。 成川さんに触ってもいいか聞いてみます。 自分の気持ちを話した相手がなぜ成川さんではなかったのだろうか…と感じながら。 あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• 私が恋などしなくても16話の感想 なんだか心をざわつかせるキャラの登場ですね。 23歳で才能豊かな新人。 しかも美キャラ! 少女漫画が嫌いと心の中で感じてしまっている結芽さんですが、どのように劣等感を克服するのかも見所な展開になってきましたね。 自分の言葉を評価してくれる人と出会えたのに素直に受けとれないのも、コンペやら何やらタイミングが悪かったのかなー。 成川さんがこの心内を知らない…というのも今後の展開にドキドキを加速させますね。 触れあっている時はいいけれど、これから水緒との打ち合わせやなんやらで二人の時間が増えていったらどうなっちゃうんでしょう。。 いやー今後も楽しみです。 次回「私が恋などしなくても」17話は、プチコミック9月号(8月7日発売)に掲載です。

次の

【明日私は誰かの彼女4巻〜最新話】ネタバレあらすじ・彩とジェンダーレス男子

私の少年 最新話 ネタバレ

そんなおりに部署内でのコンペがあるものの、結芽さんの推した作家さんが納得のできる案でなかったことを成川さんに指摘されてしまいます。 成川さんが大事な打ち合わせのある日。 外は大雨、しかし彼の置き傘はデスクに置かれたままでした。 雨に濡れて走る結芽さん。 自分の気持ちを伝えることができた結芽さんに、成川さんも正直な気持ちを打ち明けるのでした。 そして編集部には持ち込みの作家さんが。 濡れた彼女に自分のシャツを着させた成川さんは、傘を受け取り打ち合わせへと向かっていきました。 雨で冷えたはずのカラダなのに、成川さんの匂いや温かさに心の奥まで包まれたような結芽さんは、この気持ちについて表現できずにいます。 家に帰ったあとで、その気持ちについて話す結芽さん、成川さんはずばりと指摘します。 それって俺に触りたいってことなんじゃないのかと… 成川さんのシャツでニオイや気配を感じているのに、会えないもどかしさが情緒的な感情を高めてしまったのだと理解した結芽さんは真っ赤になり照れてしまいます。 だけどそうなのかも…と納得すると、成川さんに誘われ手をつなぐ結芽さん。 成川さんは結芽さんの手を愛おしそうに自分の頬に当て、結芽さんにもっとして欲しいのか聞きますが、結芽さんはそれ以上の気持ちにならずに成川さんはガッカリww あくる日。 結芽さんのところに、夜桜先生から漫画賞の選考作の感想の電話が入ります。 思いっきり自分の感情のまま喋る夜桜先生は、こんな新人はデビューさせられない…と嫌味を言い放ちました。 たった27歳という若さで面白過ぎる内容・有望すぎる投稿者が、ヴォイラが賞を創設以来の特別大賞を受賞するかもしれないと編集部でも話題に。 水緒と名乗る新人は、あまりにも上手すぎる漫画に編集部内では荒しなのでは?と素性を探るものの、データベースからも出てこなかったため持ち込んできたときの様子を聞くとすごい美女だったと。 そんな新人・水緒は結芽さんを担当に逆指名するのです。 プレッシャーを感じる結芽さん。 編集長たちもこのままでいいものかと心配をしています。 水緒との打ち合わせが午後にある結芽さんはプレッシャーを感じており、打ち合わせブース近くにいくとすでに水緒の噂が立っていました。 さらに緊張を感じる結芽さん。 打ち合わせブースに行くも、水緒らしき人が見当たりません。 すると茅野結芽さん…?と、水緒だと自己紹介してきた一人の美少年が… 水緒は結芽さんに説明します。 性別欄がなかったため記載しなかったこと。 持ち込みは姉におねがいしたこと。 本当の年齢は23歳だということ。 結芽さんはなぜ持ち込みをお姉さんにお願いしたのか問うと、男が持ち込んだら作品の判断が変わってしまったり、結芽さんに担当してもらえないかも…と正直に打ち明けます。 結芽さんは彼の見透かすような瞳に物怖じしないよう気持ちを落ち着かせ、改めてデビューの説明をしていきました。 気に障らないように結芽さんは言葉を選びながら水緒に話していきますが、彼は唐突に本物の茅野結芽なのか聞いてきます。 名刺を渡した…と答える結芽さんに、名刺を投げ捨てさらにはデビューしない…と怒って出て行こうとするのです。 一瞬何が起こっているのか分からなく結芽さんですが、こんなにも期待される新人をよそに行かせてしまったら…と焦り呼び止めました。 結芽さんは自分を落ち着かせながら水緒のようなタイプはどう対処すべきかを探り入れながら、彼をブースへと引き戻します。 そしてなぜ自分を指名したのか問うと、素子先生のコミックは結芽さんが担当していたときの方が言葉がきれいだったから…と打ち明けました。 まえに成川さんが言ってくれたことと同じ言葉だと思い出す結芽さん。 水緒は自分は男だから結芽さんが引き出した言葉に憧れて、どうすればそんな風に言葉を紡げるのか教えて欲しいとお願いします。 しかし漫画部署内における劣等感しかない結芽さんの返事は上辺ばかりののもの。 その言葉にイラついた水緒は、思わず立ち上がって不満をぶつけます。 彼の正直な言葉に、結芽さんは少女漫画が嫌い…と白状してしまい、さらには泣きそうになってしまいました。 どうしよう…と思っていると、水緒は結芽さんの漫画が好きだから一緒に漫画を作って欲しいと頭を下げてお願いするのです。 入社して初めて自分の気持ちを口にしてしまった結芽さん。 家に帰っても水緒は男だったと、正直に成川さんに打ち明けられません。 なぜ言いづらくなってしまうのか… 成川さんの黒髪と水緒の金髪を比較する結芽さん。 成川さんに触ってもいいか聞いてみます。 自分の気持ちを話した相手がなぜ成川さんではなかったのだろうか…と感じながら。 あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• 私が恋などしなくても16話の感想 なんだか心をざわつかせるキャラの登場ですね。 23歳で才能豊かな新人。 しかも美キャラ! 少女漫画が嫌いと心の中で感じてしまっている結芽さんですが、どのように劣等感を克服するのかも見所な展開になってきましたね。 自分の言葉を評価してくれる人と出会えたのに素直に受けとれないのも、コンペやら何やらタイミングが悪かったのかなー。 成川さんがこの心内を知らない…というのも今後の展開にドキドキを加速させますね。 触れあっている時はいいけれど、これから水緒との打ち合わせやなんやらで二人の時間が増えていったらどうなっちゃうんでしょう。。 いやー今後も楽しみです。 次回「私が恋などしなくても」17話は、プチコミック9月号(8月7日発売)に掲載です。

次の

私の正しいお兄ちゃん【16話】最新話のネタバレと感想!最終回 家族

私の少年 最新話 ネタバレ

『私の少年』は高野ひと深先生の作品でヤングマガジンにて連載中です。 『私の少年』前話(34話)のあらすじは・・・ 真修は無事高校に進学し、たまに新宿駅のカフェで聡子と一緒に勉強をするようになる。 そんな真修を菜緒は毎週水曜日にこっそり待っているのだが、真修はモテるらしく女子生徒から2ショットを撮って欲しいと頼まれる。 インスタにアップされたその写真の女子の顔にはスタンプが押されているが、菜緒曰く恋している顔を誰かに見られたくないからだそうだ…。 しかしある日真修から菜緒に声をかけると、彼女は赤面した顔を髪と手で隠す。 …その時、真修は菜緒が自分に恋をしているんだと気付いた…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 遼一はバタバタしている。 VRゲームのイベントに行くつもりのようだ…。 真修は自分が菜緒より聡子の方が気になるという事を考えていた。 それから真修はそのイベントがヨネサスのものだと聞き、聡子のいる会社だと思い出す…。 父は聡子の事があるから知らせなかったのだろうが、なぜかその場で真修も来てもいいと言う。 そこで父と椎川が再会する。 そして真修とも…。 父は真修に頭を下げさせる。 その時、真修は父がここに来るのを許したのは自分と聡子の一件などもう取るに足らぬ事だと思っているからだと気付いた。 今高校1年生だと聞き、子供は一瞬で育つのだなと彼は言う…。 ついでに真修が結構モテるだろうという事も。 それから、会社の近くで真修を見た事も言う。 もしこれを父に言ったら今度はタダじゃすまないと言われる。 が、二人で勉強しているだけなので言ってもいいと真修は言う。 女だからと侮ったなら、真修が被害に遭うかもね……と。 だが真修は聡子は『その気』なんてないと言う。 そして、その事を真修に言う。 真修は確かに好きだが、同時によく分からないと言う。 椎川は自分も聡子と2人で勉強をしていたと言う。 学校が一緒だったからだろうか…。 そして、聡子が足を叩きながら単語を覚える癖など、今も聡子に癖があるのか言及する。 「ずっと聡子さんのこと見張ってたんですね」 盲点である。 うちの父も受験前だから遼一の事を凄く見張るようになっていると言う…。 だから、椎川は告げる。 が、真修はショックのまま固まっている。 しばらくしてようやく動けるようになる真修。 椎川は真修に上手く伝えられなかったが、最後に本当は聡子を女として思っているんだろう…? と言う。 それを認めさえすれば、真修の恋は終焉を迎える…。 真修はこう答えた。 椎川は真修の回答に笑いが止まらない。 しかし、同時に聡子が椎川自身を好きだったのか問われた事を思い出す。 知るかよ、イライラする…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 椎川は真修が聡子と再び会っているのを看破したようですね。 そして真修に彼女を諦めさせるために、自分が彼女と付き合っていたと明かします。 が、自身も真修の回答にイラつかされましたね。 本当は椎川も聡子を好きだったのでしょうか。 婚約者がいたはずですが……。 イライラするという事は多分好きだったという事でしょうね。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 ショックを受けていたくらいですから、これから聡子との付き合い方が少し変化するのかもしれませんね。 果たして次話以降はどうなるのでしょうか? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の