新幹線 自由 席。 新幹線の自由席とは?指定席との料金差や違い、乗り方まで完全解説!

新幹線のぞみ号の座席とは?自由席や喫煙ルームの位置などを大特集!

新幹線 自由 席

広告 自由席と指定席の価格の違い 自由席と指定席の値段の違いは、原則として閑散期で330円、通常期で530円、繁忙期で730円です。 「のぞみ」「みずほ」の場合は、さらに指定席が210円~640円高くなります。 たとえば、「のぞみ」の東京~新大阪間で指定席と自由席の価格差は、通常期で850円です。 指定席券の値段は閑散期と繁忙期で変化しますが、 自由席券の値段は1年間を通じて同じです。 そのため、自由席と指定席の価格差は、新幹線に乗る日によって異なります。 なお、「 閑散期」とは1月16日〜2月末、6月、9月、11月1日〜12月20日の月〜木(祝日絡み除く)です。 「 繁忙期」とは春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休み期間中です。 通常期はそれ以外です。 自由席と指定席で座席が異なる場合もあり 自由席でも指定席でも、基本的には車両や座席は同じで、2列と3列のシートが通路の左右に並んでいます。 ただし、一部の列車で車両の座席配置が異なり、指定席については2列と2列のシートが通路の左右に並ぶ、ゆったりした配置になっている場合があります。 下の写真はグリーン車ではなく、指定席です。 山陽新幹線で走っています。 自由席と指定席で座席が異なる新幹線列車リスト 自由席と指定席の座席配置が異なる列車は以下の通りです。 山陽新幹線のN700系、700系の8両編成 「みずほ」「ひかり」「ひかりレールスター」「こだま」の4〜8号車の普通車指定席が2列+2列になっています。 山陽新幹線500系の8両編成 「こだま」の6号車の普通車指定席が2列+2列になっています。 九州新幹線N700系の8両編成 「みずほ」「さくら」「つばめ」の4〜8号車の普通車指定席が2+2列になっています。 上越新幹線 E4系の8両または16両編成 「Maxとき」「Maxたにがわ」の1〜3号車、9〜11号車の2階自由席が3列+3列の詰め込み型になっています。

次の

新幹線の運賃・料金が知りたい!指定席と自由席の差額は?

新幹線 自由 席

東京からの 営業キロ 駅名 東京 品川 新横浜 名古屋 京都 新大阪 新神戸 姫路 岡山 福山 広島 徳山 新山口 小倉 6. 8 品川 170 2,460 860 28. 8 新横浜 500 2,460 860 410 2,460 860 366. 0 名古屋 6,260 4,830 4,100 6,260 4,830 4,100 5,620 4,830 4,100 513. 6 京都 8,210 5,700 4,870 8,210 5,700 4,870 7,880 5,370 4,540 2,590 3,210 2,480 552. 6 新大阪 8,750 5,700 4,870 8,750 5,700 4,870 8,420 5,700 4,870 3,350 3,210 2,480 560 2,460 860 589. 5 新神戸 9,290 5,810 4,870 9,290 5,810 4,870 8,960 5,810 4,870 4,000 4,180 3,340 1,080 2,570 1,730 640 2,460 860 644. 3 姫路 9,830 6,330 5,290 9,830 6,330 5,290 9,610 6,330 5,290 4,750 4,280 3,340 2,270 3,320 2,480 1,490 2,460 1,730 970 2,460 1,730 732. 9 岡山 10,480 6,860 5,820 10,480 6,860 5,820 10,150 6,860 5,820 6,260 5,030 4,090 3,670 4,180 3,340 3,020 3,210 2,480 2,590 3,210 2,480 1,490 2,460 1,730 791. 2 福山 10,800 6,860 5,820 10,800 6,860 5,820 10,800 6,860 5,820 7,020 5,480 4,540 4,750 4,180 3,340 4,000 4,070 3,340 3,670 4,070 3,340 2,590 3,210 2,480 970 2,460 1,730 894. 2 広島 11,660 7,420 6,380 11,660 7,420 6,380 11,340 7,420 6,380 8,420 5,810 4,870 6,480 4,930 4,090 5,620 4,820 4,090 5,400 4,820 4,090 4,430 4,070 3,340 3,020 3,210 2,480 1,940 3,210 2,480 982. 7 徳山 12,310 8,050 6,910 12,310 8,050 6,910 11,990 8,050 6,910 9,610 6,330 5,290 7,560 5,480 4,540 7,020 5,370 4,540 6,480 4,820 4,090 5,940 4,820 4,090 4,430 4,070 3,340 3,350 3,210 2,480 1,660 2,460 1,730 1027. 0 新山口 12,640 8,600 7,460 12,640 8,600 7,460 12,640 8,050 6,910 9,830 6,330 5,290 8,210 5,810 4,870 7,560 5,370 4,540 7,340 5,370 4,540 6,480 4,820 4,090 5,080 4,070 3,340 4,430 4,070 3,340 2,270 3,210 2,480 760 2,460 860 1107. 7 小倉 13,180 9,130 7,990 13,180 9,130 7,990 13,180 8,600 7,460 10,480 6,860 5,820 9,290 5,810 4,870 8,750 5,700 4,870 8,720 5,700 4,870 7,560 5,370 4,540 6,260 4,820 4,090 5,620 4,820 4,090 3,670 4,070 3,340 2,270 3,210 2,480 1,490 2,460 1,730 1174. 9 博多 13,820 9,130 7,990 13,820 9,130 7,990 13,500 9,130 7,990 11,120 7,420 6,380 9,830 6,230 5,290 9,610 5,700 4,870 9,290 5,700 4,870 8,420 5,700 4,870 7,340 5,370 4,540 6,480 4,820 4,090 5,080 4,070 3,340 3,350 3,210 2,480 2,590 3,210 2,480 11,410 2,460 970 東京からの 営業キロ 駅名 東京 品川 新横浜 小田原 熱海 三島 新富士 静岡 掛川 浜松 豊橋 三河安城 名古屋 岐阜羽島 米原 京都 新大阪 新神戸 西明石 姫路 相生 岡山 新倉敷 福山 新尾道 三原 東広島 広島 新岩国 徳山 新山口 厚狭 新下関 小倉 6. 1 新倉敷 10,480 6,340 10,480 6,340 10. 【のぞみ】の指定席と【ひかり/こだま】の指定席または自由席とを乗り継ぐ場合、全乗車区間に対する【ひかり/こだま】の 指定席特急料金額と、【のぞみ】の乗車区間に対する下表の額とを合計したものがこの場合の特急料金になります。 【のぞみ】と【さくら】を乗り継ぐ場合及び新大阪〜博多間で【みずほ】に乗車し、 【ひかり/さくら/こだま】を乗り継いでご利用になる場合も同額となります。 【のぞみ】の自由席と【ひかり/こだま】の指定席とを乗り継ぐ場合、全乗車区間に対する【ひかり/こだま】の指定席特急料金額と同額。 【のぞみ】の自由席と【ひかり/こだま】の指定席とを乗り継ぐ場合、全乗車区間に対する【ひかり/こだま】の自由席特急料金額と同額。 (例)東京〜岡山間を【のぞみ】の指定席に乗車し、岡山駅で【こだま】に乗り換えて新倉敷まで乗車される場合の特急料金(通常期)は、 東京〜新倉敷間に対する【ひかり/こだま】の指定席特急料金額6,340円と東京〜岡山間の上表の額520円との合計金額6,860円になります。 (こどもは合計金額の半額) 駅 名 東 京 品 川 新横浜 名古屋 京 都 新大阪 新神戸 姫 路 岡 山 福 山 広 島 徳 山 新山口 小 倉 品 川 210 新横浜 210 210 名古屋 210 210 210 京 都 310 310 310 210 新大阪 310 310 310 210 210 新神戸 420 420 420 320 320 210 姫 路 520 520 520 420 320 210 210 岡 山 520 520 520 420 320 210 210 210 福 山 520 520 520 420 320 210 210 210 210 広 島 520 520 520 420 320 210 210 210 210 210 徳 山 620 620 620 520 420 310 210 210 210 210 210 新山口 620 620 620 520 420 310 310 210 210 210 210 210 小 倉 620 620 620 520 420 310 310 310 210 210 210 210 210 博 多 --- 620 620 520 420 310 310 310 310 210 210 210 210 210.

次の

新幹線さくら号の座席とは?自由席や喫煙ルームの位置などを大特集!

新幹線 自由 席

山陽新幹線の自由席車両 のぞみ 全列車16両編成。 自由席は博多寄りの「1号車〜3号車」。 ひかり、ひかりレールスター 東京発着の列車は16両編成で東海道新幹線のひかりと同じで、博多寄りの「1号車〜5号車」。 山陽新幹線内のみ運行の列車は8両編成。 自由席は博多寄りの「1号車〜3号車」。 みずほ 全列車8両編成。 自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 さくら 8両編成と6両編成があり、いずれも自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 一部列車は「3号車」も指定席。 こだま 16両編成の場合は、自由席は博多寄りの「1号車〜7号車」と新大阪寄りの「13号車〜15号車」。 8両編成の場合は、自由席は博多寄りの「1〜3号車」と新大阪寄りの「7〜8号車」。 一部列車は、「6号車」以外は自由席、または全車自由席。 九州新幹線 みずほ 全列車8両編成。 自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 さくら 8両編成と6両編成があり、いずれも自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 一部列車は「3号車」も指定席。 つばめ 8両編成と6両編成があり、いずれも自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 一部列車は「3号車」も指定席、または「4〜5号車」も自由席、または全車自由席。 広告 東北・北海道・秋田・山形新幹線 はやぶさ、こまち 「はやぶさ」は10両(1号車〜10号車)、「こまち」は7両 11号車〜17号車)。 東京〜盛岡まで連結して運転。 全車指定席で自由席はなし。 「」を購入できれば空いている指定席に座れます。 はやて 「はやて」は10両編成(1号車〜10号車)。 全車指定席で自由席はなし。 「」を購入できれば空いている指定席に座れます。 やまびこ 10両編成が基本。 自由席は東京寄りの「1号車〜5号車」が原則。 一部列車は「1号車〜3号車」のみ自由席。 16両または17両の列車もあり、その場合は盛岡寄り「12号車〜17号車」も自由席。 「つばさ」7両を併結することもあり、その場合の「つばさ」部分の自由席は「16号車〜17号車」。 「やまびこ」の自由席車両は列車によって変更が多いので注意してください。 つばさ 一部列車を除き「つばさ」は、「やまびこ」と連結して東京〜福島を運転。 「つばさ」は「11号車から17号車」の7両編成で、自由席は「16号車〜17号車」。 なすの 10両、16両、17両編成があり。 自由席は「1号車〜8号車」と「12号車〜17号車」。 一部列車は「10号車」も自由席、または「5号車〜8号車」が指定席。 「なすの」の自由席車両は列車によって変更が多いので注意してください。 上越・北陸新幹線 とき、たにがわ 10両編成。 自由席は東京寄りの「1号車〜5号車」。 一部列車は「4号車〜5号車」が指定席。 Maxとき 8両または16両編成。 自由席は「1号車〜3号車」と「9号車〜11号車」が基本。 列車によって自由席車両の変更や増減が多いので注意してください。 Maxたにがわ 8両または16両編成。 8両編成の場合は、自由席は「1〜5号車」が基本。 16両編成の場合は、「1号車〜4号車」と「9号車〜12号車」が基本。 列車によって自由席車両の変更や増減が多いので注意してください。 一部列車はグリーン車除き全車自由席。 かがやき 12両編成。 全車指定席で自由席はなし。 「」を購入できれば空いている指定席に座れます。 はくたか 12両編成。 自由席は東京寄りの「1号車〜4号車」が基本。 一部列車は「4号車」が指定席。 あさま 8両または12両編成。 8両編成の自由席は東京寄りの「1号車〜4号車」が基本。 一部列車は「4号車」が指定席。 12両編成の自由席は東京寄りの「1号車〜5号車」が基本。 つるぎ 12両編成。 自由席は富山寄りの「1号車〜4号車」が基本。 「変動自由席」を上手く狙って空席をゲット! 上記のように、東海道新幹線では自由席車両は固定されていて、列車による変動はほとんどありません。 一方、それ以外の新幹線では、列車によって自由席車両の車両数や号車が頻繁に変更されます。 これは、東海道新幹線はビジネスユース主体なので、指定席旅客数に大きな変化が起きにくいのですが、それ以外の新幹線ではレジャーユースが多いので、旅客数の変化が激しいからです。 レジャーの旅客動向に合わせて指定席数を変化させる必要があるため、自由席の車両数も頻繁に変動します。 一般的に、週末や長期休暇など、レジャー客の多い時期ほど、指定席車両の数が増え、そのぶん自由席が減らされます。 そのため、自由席で空席をゲットするには、この「変動自由席」を上手く使うことです。 たとえば、以下のような経験則があります。 ふだん指定席の車両が自由席になっている場合は空いている• ふだん自由席の車両が指定席になっている場合、その隣の自由席は混んでいる こうした変動自由席を確認して、上手く空席をゲットしましょう。

次の