グラブル 属性攻撃ダウン。 【グラブル】光属性のキャラ評価一覧【グランブルーファンタジー】

闇属性のバフ・デバフ持ちSSRキャラ一覧【スマホ・グラブル攻略】

グラブル 属性攻撃ダウン

はじめに このページは、ゲームシステムに関する情報を扱ったページです。 ゲーム内で説明されていない情報の中には、強くなるため、効率良くゲームを進めるため、上位のコンテンツに挑むために必要なものも数多くあります。 アイテム収集と並行して理解を深めていきましょう。 【お願い】• アビリティ効果は効果UPの有無に関わらず、原則として最終強化時のもの +および++ を掲載してください。 最終強化時の効果が明らかになっていないもののみ、強化前のものを暫定的に掲載してください。 掲載に当たっては可能な限り各キャラ詳細ページのコメントフォームにて検証結果を記載してください。 ゲームバランス調整により各種仕様が変更になる場合があります。 で最新情報の確認をお願いします。 簡単な用語解説• ……用語などの基本事項の確認に。 ……ダメージ計算式の枠関係。 このページで使われている独特のゲーム用語や俗語について• のこと。 デバフと違い攻撃UPの上限は今のところない• のこと。 攻撃DOWN、防御DOWNの下限は50%• 例えば、「片面」と「両面」は共存するので「重複する」。 例えば、「片面バフ」と「片面バフ」は共存できずに効果の低い方が消滅してしまうので「重複しない」。 ちなみに、効果の同じアビリティはどちらを先に使っても互いに上書きされ、効果時間が延長される。 これは「相互上書き」と呼ばれている。 相互上書きが確認できた場合、そのアビリティ同士は効果が同じだとわかるため、アビリティの詳細な効果を検証するときによく使われる。 召喚同士でも上書きされず共存するものが報告されており、召喚・奥義枠にも片面と両面の区分があると思われます。 ごく一部に例外が存在する。 のアビリティ、泡沫夢幻 神楽の構え による防御DOWNの効果解説を参照。 攻撃UP 攻刃枠 系• 武器スキルや召喚石加護の「〜キャラの攻撃力UP」と同じ通常攻刃に加算されるもの。 攻撃UPのみの片面か、攻撃と防御両面付与かだけでは区別ができない事に注意。 複数の特殊強化を同時に付与した場合、上書きもNO EFFECT表示も発生せずバフアイコンは共存する。 しかしダメージ計算では効果量が高い方しか加算されないので注意。 その他系は区分けが多数あり、ほぼすべて共存可能で加算される。 乗算枠は攻刃枠や属性攻撃枠とは独立した別枠のもの。 すべて他の枠と重複可能で乗算される。 ジョブの各種エンチャントバフは参戦者数に応じて効果がアップ。 累積枠は自分自身でのみ上書きでき、効果時間が切れる前に上書きするたびに効果量が増加していく。 汎用アイコンで「ウェポン・アジャスメントで累積可能なA枠」「永続・消去不可のB枠」「その他枠」と、専用アイコンや文言の「固有枠」があり、それぞれ別枠で乗算される。 それ以外の枠はアビリティ・奥義ごとの効果量が加算。 いわゆるブレアサなど。 特定条件の相手に対して1回だけダメージと上限が大幅UP。 攻撃UPは別枠乗算。 条件を満たさない相手への攻撃アビリティでは消費されない。 追い打ち同士 単体・全体・デバフ は重複可能で、倍率が加算される。 反骨同士 単体・全体 は重複せず、倍率を問わず常に後からかけたもので上書きされる。 無条件同士 単体・全体 は重複せず、倍率を問わず常に後からかけたもので上書きされる。 また、追い打ち・反骨を一方的に上書きする。 ごく一部に破壊の導とアイコンが重複するものもあるが、その場合は破壊の導きの倍率が優先される。 アビリティ枠、奥義枠、召喚枠は効果量の高低に関係なく、後から使ったもので上書きされる。 同枠でも別属性の追加ダメージであれば共存する。 自属性追撃枠、弱点属性枠は効果量の高いほうが上書き。 無属性相手に弱点属性追加ダメージ付与を使うと、追加ダメージは自属性となる。 サポアビAはおもに敵の状態に反応、サポアビBは使用者の状態や攻撃回数に反応するタイプ。 武器スキル・サポアビA枠はもっとも効果量が大きい追撃1つのみ発動。 こちらは別属性の追撃でも共存できない。 有利属性での攻撃時、一定確率でダメージが上昇する。 他の全てから独立した乗算枠 対象となるのは通常攻撃、攻撃アビリティ、カウンター、奥義の4つ。 チェインバーストには乗らない。 通常攻撃の判定はターンの開始時に行われ、同一ターン内の連続攻撃・奥義・カウンターには同じ倍率が適用される。 攻撃アビリティは使用する度に判定。 アビリティ・奥義等の別枠の物は共存可能。 発生判定はスキル・アビリティ一個ずつ独立しており、同時に複数発動した場合はダメージ上昇量が合算される。 同じ枠のアビリティ同士では共存不可で上書きまたはNo Effectとなる。 期待値 発生確率 上昇量 アビリティ アビリティ(属性) 特殊強化枠 未検証 全体 ブレイクアサシン3? フェアウェル+……パワーレイズと相互上書き• A枠:B枠以外の和 ゼノコキュ杖、LB、EXLB、アビリティ、召喚石 黄龍の加護、4凸バハ召喚、カグヤ召喚など 、 サポアビ 黒猫道士、アテナ灼熱、シエテなど 、 一部キャラクターの奥義 グレアドラグフォース、ヴァンピィ魅了、レナ魔生花、リヴァイなど。 上書き関係にない限りすべて加算。

次の

人物リミットボーナス

グラブル 属性攻撃ダウン

はじめに このページは、ゲームシステムに関する情報を扱ったページです。 ゲーム内で説明されていない情報の中には、強くなるため、効率良くゲームを進めるため、上位のコンテンツに挑むために必要なものも数多くあります。 アイテム収集と並行して理解を深めていきましょう。 【お願い】• アビリティ効果は効果UPの有無に関わらず、原則として最終強化時のもの +および++ を掲載してください。 最終強化時の効果が明らかになっていないもののみ、強化前のものを暫定的に掲載してください。 掲載に当たっては可能な限り各キャラ詳細ページのコメントフォームにて検証結果を記載してください。 ゲームバランス調整により各種仕様が変更になる場合があります。 で最新情報の確認をお願いします。 簡単な用語解説• ……用語などの基本事項の確認に。 ……ダメージ計算式の枠関係。 このページで使われている独特のゲーム用語や俗語について• のこと。 デバフと違い攻撃UPの上限は今のところない• のこと。 攻撃DOWN、防御DOWNの下限は50%• 例えば、「片面」と「両面」は共存するので「重複する」。 例えば、「片面バフ」と「片面バフ」は共存できずに効果の低い方が消滅してしまうので「重複しない」。 ちなみに、効果の同じアビリティはどちらを先に使っても互いに上書きされ、効果時間が延長される。 これは「相互上書き」と呼ばれている。 相互上書きが確認できた場合、そのアビリティ同士は効果が同じだとわかるため、アビリティの詳細な効果を検証するときによく使われる。 召喚同士でも上書きされず共存するものが報告されており、召喚・奥義枠にも片面と両面の区分があると思われます。 ごく一部に例外が存在する。 のアビリティ、泡沫夢幻 神楽の構え による防御DOWNの効果解説を参照。 攻撃UP 攻刃枠 系• 武器スキルや召喚石加護の「〜キャラの攻撃力UP」と同じ通常攻刃に加算されるもの。 攻撃UPのみの片面か、攻撃と防御両面付与かだけでは区別ができない事に注意。 複数の特殊強化を同時に付与した場合、上書きもNO EFFECT表示も発生せずバフアイコンは共存する。 しかしダメージ計算では効果量が高い方しか加算されないので注意。 その他系は区分けが多数あり、ほぼすべて共存可能で加算される。 乗算枠は攻刃枠や属性攻撃枠とは独立した別枠のもの。 すべて他の枠と重複可能で乗算される。 ジョブの各種エンチャントバフは参戦者数に応じて効果がアップ。 累積枠は自分自身でのみ上書きでき、効果時間が切れる前に上書きするたびに効果量が増加していく。 汎用アイコンで「ウェポン・アジャスメントで累積可能なA枠」「永続・消去不可のB枠」「その他枠」と、専用アイコンや文言の「固有枠」があり、それぞれ別枠で乗算される。 それ以外の枠はアビリティ・奥義ごとの効果量が加算。 いわゆるブレアサなど。 特定条件の相手に対して1回だけダメージと上限が大幅UP。 攻撃UPは別枠乗算。 条件を満たさない相手への攻撃アビリティでは消費されない。 追い打ち同士 単体・全体・デバフ は重複可能で、倍率が加算される。 反骨同士 単体・全体 は重複せず、倍率を問わず常に後からかけたもので上書きされる。 無条件同士 単体・全体 は重複せず、倍率を問わず常に後からかけたもので上書きされる。 また、追い打ち・反骨を一方的に上書きする。 ごく一部に破壊の導とアイコンが重複するものもあるが、その場合は破壊の導きの倍率が優先される。 アビリティ枠、奥義枠、召喚枠は効果量の高低に関係なく、後から使ったもので上書きされる。 同枠でも別属性の追加ダメージであれば共存する。 自属性追撃枠、弱点属性枠は効果量の高いほうが上書き。 無属性相手に弱点属性追加ダメージ付与を使うと、追加ダメージは自属性となる。 サポアビAはおもに敵の状態に反応、サポアビBは使用者の状態や攻撃回数に反応するタイプ。 武器スキル・サポアビA枠はもっとも効果量が大きい追撃1つのみ発動。 こちらは別属性の追撃でも共存できない。 有利属性での攻撃時、一定確率でダメージが上昇する。 他の全てから独立した乗算枠 対象となるのは通常攻撃、攻撃アビリティ、カウンター、奥義の4つ。 チェインバーストには乗らない。 通常攻撃の判定はターンの開始時に行われ、同一ターン内の連続攻撃・奥義・カウンターには同じ倍率が適用される。 攻撃アビリティは使用する度に判定。 アビリティ・奥義等の別枠の物は共存可能。 発生判定はスキル・アビリティ一個ずつ独立しており、同時に複数発動した場合はダメージ上昇量が合算される。 同じ枠のアビリティ同士では共存不可で上書きまたはNo Effectとなる。 期待値 発生確率 上昇量 アビリティ アビリティ(属性) 特殊強化枠 未検証 全体 ブレイクアサシン3? フェアウェル+……パワーレイズと相互上書き• A枠:B枠以外の和 ゼノコキュ杖、LB、EXLB、アビリティ、召喚石 黄龍の加護、4凸バハ召喚、カグヤ召喚など 、 サポアビ 黒猫道士、アテナ灼熱、シエテなど 、 一部キャラクターの奥義 グレアドラグフォース、ヴァンピィ魅了、レナ魔生花、リヴァイなど。 上書き関係にない限りすべて加算。

次の

【グラブル】3種類(片面/両面/属性)の攻防デバフ効果の解説【初心者向け】

グラブル 属性攻撃ダウン

敵の攻撃力・防御力と連続攻撃率、敵の弱体化耐性をダウンさせることができる• 味方全員の風属性攻撃力をアップさせることができる• 最終上限解放後は、アビリティを使用する度に自分を強化できる• ただし、防御力が低い 味方を支援しつつ敵の弱体化もできるミュオン。 特に弱体化耐性をダウンさせることができるので、自分だけでなく味方のデバフの命中率もアップさせることができるのでかなり頼りになります。 最終上限解放後は、アビリティを使うたびに自分の連続攻撃確率や奥義威力が強化されるので、さらに強力に。 防御力が低く、他のキャラよりもかなり撃たれ弱いというデメリットはありますが、それ以上に使い勝手が良いので初心者でも使えます。 グラブルでおすすめの光属性SRキャラ ヴェリトール• 主人公の属性と同じ属性になる• 通常攻撃は全くできないが奥義は強い• 1ターンに召喚石を2回使える 奥義が強力なルリア。 通常攻撃は全くできないため、味方を強化するアビリティを使って奥義ゲージを溜めていきます。 奥義は火力がかなり高いので、周回するときにいると便利。 また、ルリアがパーティーにいると召喚石を1ターンに2回使うことができます。 ただし、グランorジータが倒れると一緒に倒れるがデメリット。 グラブルでおすすめのSRキャラまとめ SRキャラだからといって、SSRよりも弱いとは限りません。 SSRよりもSRの誰かを入れた方が良い場面もあります。 この記事で何か編成に役立っててもらえば幸いです! 以上、 おすすめのSRキャラ15人の紹介でした!.

次の