どんなときもwifi 固定回線。 【一人暮らし】には固定回線とポケットWiFiどっちがおすすめなのか比較してみた!! | report.interreg4c.eu

どんなときもWiFiのWi

どんなときもwifi 固定回線

節約をする上で、重要な項目の1つに通信費があります。 によると、家計での 年間の通信料金は年間平均10万円なんだとか。 一人あたり、スマホや家の光回線に月8,000円ほど支払っていることになりますね。 スマホの料金は格安SIMであるや、楽天モバイルあたりに乗り換えれば月2,000円未満になりますが、 家の固定回線はなかなか安くできないです。 家の固定回線を節約したくて、モバイルルーターであるWiMAXに変えた事もあったんですが、3日で通信制限がかかったりしてあまり使えませんでした。 今回紹介させていただくは、以下の通り 通信制限もなくて料金も安いので、固定回線の代わりに使えるモバイルルーターと言えます。 安くて早くて使い放題です。 どれだけ使っても通信制限なし どんなときもwifiはどれだけ使っても通信制限がありません。 他のモバイルルーターだと「3日に3GBの制限」だとか、「1ヶ月で7GB」など制限がありますが、どんなときもwifiは どれだけ使っても制限なしです。 によると、 11日間で160GB、1日31GB使っても速度制限にならなかっ たとの事なので、かなりヘビーに使っても問題なさそうです。 これだけ使っても制限がかからないなら、家の光の固定回線の代わりに使っても問題なさそうですね。 価格が安い どんなときもwifiは、どれだけ使っても制限がないのに、月額料金は3,480円とかなり安いです。 他の光の固定回線やWiMAXと料金を比べてみても安い事が分かります。 プラン(無制限) 月額 備考 どんなときもWi-Fi 3,480円 2年縛り WiMAX 無制限プラン 4,380円 3年縛り ドコモ、au、ソフトバンク光 3800円(マンション) 5000円(戸建) 2年縛り WiMAXについては、キャッシュバックを受け取る事によって、実質の月額を下げる事ができますが、 キャッシュバックは受け取るのはだいたい1年後で、しかも手続きがかなりメンドくさいです。 過去に私もWiMAXを利用していたので分かりますが、WiMAXは屋内だと電波が悪かったりするのであまりオススメできません。 ですので、家の固定回線の代わりになって、固定回線より月額が安い「どんなときもWifi」はかなりお得だという事が分かります。 通信速度が安定していて早い どんなときもWifiは通信速度が安定していて、しかも早いです。 どんなときもWIfiはドコモ、au、ソフトバンクの全てのLTE回線を使えるので、スマホが使えるところであればどこでも使えます。 最新技術であるクラウドsimが、自分の現在地で最適な電波を選んでくれます。 このトリプルキャリアを利用したクラウドsimの仕組みによって 建物の中でも、地下でも、田舎でも繋がりやすい電波で安定した通信をしてくれるんですね。 私の知人がどんなときもWifiでオンラインゲームをしていましたが、遅延なくできていたので通信の速度や安定性はかなりのものです。 1日中、youtubeを付けっ放しにしても問題ないようです。 せめて3年目以降は解約金なしにして欲しかったですね… 端末を返却しないと違約金 どんなときもwifiのモバイルルーターはレンタル品のため、ちゃんと返却しないと違約金がかかります。 公式HPのよくある質問にこんな文面がありました。 どんなときもWiFiの端末は新品をレンタルでの貸し出しとさせていただいております。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 解約月の翌月5日までに• 送料はお客様負担で• 返却しないと18,000円 税抜 を請求する場合がある というなかなか厳しい条件が提示されてますね…。 もし契約して物が届いたら箱やケーブルはきちんと保管しておきましょう。 どんなときもwifiが向いている人 以上の情報をまとめると、以下のような方はどんなときもWIfiが向いています。

次の

【通信費の節約】「どんなときもWifi」のメリット・デメリット

どんなときもwifi 固定回線

下記のような場合は、WiFiストア経由でのお申し込みではなくなりますのでご注意下さい。 (出典元:、2019年2月調査) モバイル回線が選ばれる理由としては固定回線を利用する時のプロバイダやルーター選び、工事が面倒なことが挙げられます。 引っ越しシーズンの場合は1ヶ月待たされることもあるため、それであればすぐに使えるPocket WiFiやWiMAXを使おうという人も多いはずです。 また、高速化と低遅延化が進み、データ使い放題になるとみられている5Gが普及すればますますモバイル回線の割合が増えてくるものと思われます。 前回はを検証しましたが、 今回は モバイルWiFiでオンラインゲームを快適にプレイできるのかに焦点を当てて検証してみたいと思います。 必ずしも実効速度を保障するものではありません。 WiFiストアからの申し込みならお得な特典がついてきます。 WiFi選びに迷ったらチェックしてみてください。 オンラインゲームはデータ通信を継続的に行い、通信量も多いことから通信速度と速度制限の面でモバイルWiFiでプレイするには不向きと言われています。 また、時間帯や電波が悪いなど自宅の場所によって通信速度が遅くなるなど安定しないこともモバイルWiFiのウィークポイントでしょう。 「あれ?遅くなった?」「最近ラグが多いな」と思ったら速度制限がかかっていたということもありがちです。 プレイ外においてはアップデートが頻繁にあることもモバイルWiFiがオンラインゲームに向いていない理由でしょう。 例えば、スプラトゥーン2ではブキやステージの追加に加え、ゲームバランスを最適化するためにブキのパラメーターを調整するアップデートも頻繁に配信されました。 プレイ時の通信量に加えてゲームソフトとゲーム機本体のアップデートによる通信量を気にしながらプレイすることになるためこれが結構なストレスに繋がります。 まずはデータ使い放題が特徴の「どんなときもWiFi」でオンラインゲームをプレイしてみました。 PlayStation 4 使用条件• ・場所:自宅• ・時間:日曜日の深夜• ・ゲームの種類:フォートナイト PlayStation 4で通信速度を測ったところ、下りは10Mbps〜20Mbps、上りは1Mbps前後で時間または計測ごとに値にブレがあるため安定しない結果に。 まともにプレイできるのか少し不安でしたが、 マッチングで長時間待たされることもなく、回線が途切れることもなくストレスフリーでプレイできました。 ニンテンドースイッチ 使用条件• ・場所:自宅• ・時間:日曜日の夕方• ・ゲームの種類:スプラトゥーン2(チャレンジマッチ) ニンテンドースイッチで通信速度を計測したところ、下りは0. 4Mbps〜10. 0Mbps、上りは0. 5Mbps〜1. 4Mbpsで高速とは言えない結果でしたが、実際にプレイしてみるとマッチングに多少の時間がかかったものの、 目立ったラグはなく回線が途切れることもなく固定回線と変わらない感じでプレイできました。 ニンテンドースイッチは外に持ち出してプレイできるため、モバイルWiFiやスマートフォンやタブレットのテザリングでオンラインゲームをプレイすることが想定されているのかもしれません。 次にモバイルWiFiルーターの代表格、WiMAXで検証していきます。 PlayStation 4 使用条件• ・場所:自宅• ・時間:日曜日の深夜• ・ゲームの種類:フォートナイト PlayStation 4で通信速度を測ったところ、下りは13Mbps〜27Mbps、上りは1Mbps前後で時間に関わらず安定して速度出ていました。 実際にプレイしてみるとローディングの時間は多少長いかな? と感じる程度でラグはなくプレイが途中で途切れるようなこともなく快適にプレイすることができました。 PlayStation 4の場合はニンテンドースイッチと違って据え置き型で有線LANを標準で搭載しているため、モバイルWiFiでは快適にプレイできないのではないかと思いましたがいい意味で予想が外れました。 ニンテンドースイッチ 使用条件• ・場所:自宅• ・時間:日曜日の夕方• ・ゲームの種類:スプラトゥーン2(チャレンジマッチ) ニンテンドースイッチで通信速度を計測したところ、下りは7. 1Mbps〜 7. 9Mbps、上りは3. 0Mbps〜6. 0MbpsでどんなときもWiFiよりも通信速度が高速かつ時間に関わらず安定していました。 また、サーバーの応答速度(Ping)も8〜32msでどんなときもWiFiの25〜289msよりもいい結果に。 通信速度もPingもどんなときもWiFiを上回るWiMAXですが、より快適に!とはならず、 変わらずラグなしでプレイできました。 ニンテンドースイッチの携帯モードはオンライン含めて非常に優秀です。 モバイルWiFiでオンラインゲームをプレイするまでは1ラグや回線の切断が発生してまともにプレイできないだろうなと思っていましたが、 実際にプレイしてみると一度もストレスを感じることなくスプラトゥーン2もフォートナイトもプレイできました。 最近のオンラインゲームは通信速度が固定回線並みに高速でなくても快適にプレイできるよう通信量が小さくなっているのかもしれません。 そうであればモバイルWiFiでオンラインゲームをプレイするにあたって気にしなければいけないのは通信速度よりも1ヶ月の通信量ということになります。 オンラインゲーム中に継続的に発生する通信量に加えて、ゲームの購入/ダウンロード、ゲームソフトとゲーム機本体のソフトウェアアップデートの際にかかる通信量、ゲーム以外にかかる通信量も含めるとかなりのギガ数になるはず。 そこで速度制限を気にしなくても使える「どんなときもWiFi」と「WiMAX」(3日間・10GBの制限あり)は固定回線の代わりとして最適化だと思います。 WiMAXの詳細ページはこちら。 日々変化する各社情報をできる限り迅速に正確に反映するように努めておりますが、WiFiストアの掲載している情報のご利用に際して、有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等を判断することはご利用者の責任とさせて頂きます。 また、WiFiストアが掲載する情報は、各会社の公表している情報を収集したものであり、閲覧時点での料金単価、サービスその他を保証するものではありません。 以下に掲げる事項ついて、一切保証しないものとします。 ・WiFiストア上で提供されるサービス提供元の情報(本WEBサイト上に表示される、第三者が管理・運営するリンクサイト内に含まれる一切の情報等)に関する、有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等。 ・ご利用者がWiFiストアにおいて提供される情報を利用して第三者と交渉または予約、もしくは契約の申込または締結等を行う場合における当該交渉、予約、契約の申込みの結果及び締結した契約の内容。 ・WiFiストアを通じて入手できる商品、役務、情報等が利用者の希望または期待を満たす適切なものであること。 ・WiFiストアの不具合、エラーまたは障害が生じないこと。

次の

【公式】どんなときもWiFi

どんなときもwifi 固定回線

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「 どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「」です。 どんなときもWiFiと比べて デメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。 どんなときもWiFiを契約していた人も ほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。 月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。 どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。 在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で 入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。 このページの目次• 無線中継機機能(Wi-Fi中継機機能)も搭載しています。 4GHz、5GHzの両方の周波数に対応しており高性能ですが値段が安いのでコスパはとても良いです。 無線中継機機能(Wi-Fi中継機機能)も搭載しています。 BUFFALOのものよりもコンパクトなサイズになっていますが性能はほぼ同じです。 4GHz、5GHzの両方の周波数に対応しており高性能ですが値段が安いのでコスパはとても良いです。 複数台のパソコン(PC)やゲーム機などを有線LAN接続でインターネットに接続したい場合は、Amazonや家電量販店で売っているスイッチングハブを使うことで複数台のパソコン(PC)やゲーム機を同時に有線LANでインターネット接続をすることができます。 2台以上のパソコンを有線LANケーブルで接続したい場合は、家電量販店やAmazonなどで1000円〜2000円ほどで購入できる「スイッチングハブ」を間に挟むことでスイッチングハブのポートの台数だけ同時にインターネットに接続することができます。 NETGEAR スイッチングハブ 5ポート: こちらのスイッチングハブは少し高価なものですがこらくいの値段で永久保証で1000Mbps(1Gbps)まで対応しているスイッチングハブが購入できます。 有線LANでしか使えない、デスクトップPCやテレビ、プリンター、ゲーム機もインターネットに繋げられるようになるので固定インターネット回線と全く同じように使えます。 また、スイッチングハブを使うと同時に複数台の端末を同時にネットワークに接続したり、ホームネットワークを構築したり、インターネットに接続できるようになります。 また、無線中継機機能(Wi-Fi中継機機能)を使うとWi-Fiが届く距離を伸ばしたり電波を強くすることもできるのでなにと便利に使えます。 コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「 どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「」です。 どんなときもWiFiと比べて デメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。 どんなときもWiFiを契約していた人も ほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。 月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。 どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。 このサイトは家電量販店のヨドバシカメラのWi-Fi担当の伊集院が「 Wi-Fi選びに失敗するひとをなくしたい!」「 性能とコスパが一番良い長く使えるWi-Fiを選んでほしい」という想いのと『全身全霊で』悪い部分も包み隠さず情報発信しているサイトです。 2020年現在は「 どんなときもWiFi以外を選んだら絶対損をします!」データ容量制限や厳しい速度制限があるWiMAXやポケットWi-Fiを選ぶと大損です!コスパナンバー1の絶対に後悔しないどんなときもWiFiにしてよかった!と思っていただけるよう全力で情報発信しています。 少しでもあなたのお役にたれてばとてもうれしく思います。 よかったら『シェア』してくれると嬉しく思います。

次の