メルペイ 後払い 設定。 メルカリ│メルペイスマート払いの設定方法を詳しく解説

メルペイ後払い設定のやり方手順【メルカリアプリ】

メルペイ 後払い 設定

メルカリとは、皆さんご存知だとは思いますが、大人気のフリマアプリですね!スマホで簡単に売買する事が出来る事から幅広い年齢層に支持されています。 メルカリの何がすごいかというとクーポンがすごいです。 クーポンってほとんどが「5%off」や「10%off」だと思いますが、メルカリのクーポンはそんなもんではありません。 154円のバームクーヘンが11円になったり、100円のアイスカフェラテが11円になったりします。 常に同じクーポンではなく入れ替わりがありますし、クーポンによってはメルペイで支払わなくても使うことが出来るものもあるので、非常にオススメです。 筆者は、メルカリクーポンからのメルペイ後払いキャンペーンを使ってこの2品を買いました。 これを計算すると、 6. 6円でこの2品を買えました。 以前は、メルカリでの売上金を一度指定口座に振り込まなければ現金化する事は出来ませんでした。 「メルペイ」を利用することで、手数料0円でチャージ・支払いに利用する事が出来るアプリです。 この一連の流れでお金を利用できる点がそのほかのペイメントとの一番の違いであると思います。 銀行に振り込んで現金として使う• メルペイでのお支払いに使う の2つの方法があります。 銀行振込の場合、通常振り込みとお急ぎ振り込みの2種類があります。 通常振り込み 通常振り込みの場合、売上金を銀行に振り込む際に、振り込み手数料が200円ほどかかります。 また、振り込み申請の締め日から数えて4営業日目に振り込まれます。 振り込み申請の締め日は、月曜日です。 しかも、売上金では 180日間の振込申請期限 有効期限 があるので、注意が必要です! それに対して初めにも説明しましたが、メルペイでは上記の振込とは違い 手数料0円・チャージ料0円で利用する事が出来ます。 またメルカリで獲得した売上金は、すぐにポイントに交換する事が出来るので、時間も全くかかりません。 「アプリでかんたん本人確認」をするとさらに良いことが! 「アプリでかんたん本人確認」を行うことで、以下の 2つのメリットを更に享受する事が出来ます。 メルカリでの売上金の有効期限が無くなる• メルカリの売上金がそのままメルペイ残高になる 本人確認を行うことで、売上金の有効期限が無くなるので「いつまでに使い切らなきゃ、交換しなきゃ・・・」という心配をする必要もありませんし、メルカリの売上金を利用する際に「売上金からポイントを購入」というひと手間を省くことが出来ます。 意外と知られてませんが、スマホ決済アプリでセブンイレブンに対応しているのはメルペイだけなんですよ! メルペイのデメリット お買い物時にポイントが付かない メルペイでお買い物をするときには残念ながら、ポイントは付きません。 メルペイのお支払いでは、このようなポイントの取り方をする事は今の所出来ませんので、重複してポイントを獲得したい方には適していないかもしれません。 クレジットカードが使えない メルペイは、「メルカリの売上金」もしくは「銀行口座からのチャージ」のみでの利用になっているのでクレジットカードからの引き落としを行うことは出来ません。 メルペイ後払いを利用する際にも「 登録銀行からの引き落とし」もしくは「 ATMでの振り込み」となっているので、この点は少々不便化もしれません。 これらが主なデメリットになります。 メルペイを利用する バーコード・QRコード支払いの方法• メルカリアプリを開きます。 画面右下あたりにある「メルペイ」ボタンを押します。 画面左「コード払い」を押します。 画面にバーコード・QRコードが表示されますので、「メルペイで!」と伝え、こちらをスキャンしてもらえば完了です。 こちらの方法では、メルカリの売上金があり、お金が入っている場合は特に登録等せずに利用する事が出来ます。 IDで支払う方法• メルカリアプリを開きます。 「メルペイ」を押します。 「売上金・ポイントをお店で使う」を押します。 「設定をはじめる 無料 」を押します。 「次へ」を押します。 「設定をはじめる 無料 」を押します。 電話番号認証で、暗証番号を入力したら「認証して完了」を押します。 「電子マネーの情報を追加」を押します。 「次へ」を押します。 これで完了です! これで登録の完了です。 IDでの支払いが可能になります。 引用: 動画での説明がある通り、サイドボタンをダブルタップもしくはホームボタンをダブルタップする事で簡単に支払いをする事が可能になります。 銀行口座の登録方法 メルカリの売上金がない場合、メルペイを利用する為には銀行口座の登録が必要不可欠になります。 銀行口座の登録方法は、• メルカリアプリの「メルペイ」ボタンを押します。 「お支払い用銀行口座の登録」ボタンを押します。 設定の際は、支払い方法を「メルペイ残高」に切り替える必要があります。 「銀行口座を登録する」ボタンを押します。 銀行の選択を行います。 「ok」を押します。 これで完了です!! 各銀行の登録方法に関しましては、銀行によって変わるのでここでは説明を省略していますが、案内に沿って実行していくだけなので簡単にできると思います。 銀行口座からチャージして使う場合には、上記での設定が完了していれば、メルペイ画面に「チャージ 入金 」ボタンがあるので、こちらをタップして金額の選択をするだけで簡単に行うことが出来ます。 実際の本人確認の方法は動画の方が分かり易いと思いますので、下の動画をご確認下さい。 この表記の変更は銀行口座に登録した場合にも同じようになります。 メルペイ後払いとは? メルペイ後払いとは、今月の購入代金を翌月にまとめてお支払いできるサービスです。 メルカリでのお買い物や、メルカリ以外でも全国のメルペイが使えるお店でのお支払いに利用する事が出来ます。 メルペイ後払いのメリット• 何度買い物をしても支払いは月に一度のみ• 支払いはよく月後払いなので、手元にお金がなくても欲しいものをすぐに買える• 後払いの上限金額は変更可能 上記のようなメリットがありますが、決済手数料として300円が必要になります。 利用すると手数料がかかる事は把握をしておきましょう。 清算の流れとしては、• 「お客様番号を発行する」を選択します。 口座振り込みで清算する方法 こちらでの振り込みを選択すればコンビニに行く事なく自動で引き落としをしてくれます。 ご利用月の翌月10日が振替申請日になるので、9日までに口座の設定をする必要があります。 ご利用月の翌月27日に登録した口座から自動的に引き落としが行われます。 始めの方にも書きましたが、銀行振込をする際には手数料がかかりますし、振り込まれるまでの時間もかかります。 僕としてはメルペイでそのまま利用するほうが使い勝手が良いのでオススメです! メルペイを解約する方法 メルペイは解約せずに辞めることが出来ます。 利用を辞めたい場合には、登録した銀行口座と電子マネーを削除することが必要です。 銀行口座を削除する方法• 「メルペイ」ボタンを押します。 下にスクロールして、「メルペイ設定」を押します。 「銀行口座」を選択します。 右上の「編集」ボタンを押します。 メルペイ電子マネーを削除する方法• Walletアプリを起動します。 メルペイ電子マネーを選択して、右上の「…」を押します。 「このカードを削除」を押すと、削除が完了します。 筆者が使ってみて 大体一か月程度利用していますが、総じて「かなり使いやすい」と思います。 というのも、ID登録をしているので財布はおろか、携帯すら開かずに支払いを済ますことが出来ます。 最初は「そこまで楽をしなくても」と思っていましたが、これに慣れるとほかの支払い方法がめんどくさくなるくらい快適です。 デメリットとして、「ポイントが貯まらない」や「クレジットカードで支払いが出来ない」という点を挙げましたが、「ポイントが貯まらない」に関してはメルカリのクーポンとキャンペーンがお得すぎるので特に損をしているような感覚にはなりませんでした。 ただ、後払いの支払いをクレジットカードで行えると更に良いと思うので、今後に期待です。 クーポンやキャンペーンでかなりお得に利用することが出来るメルペイ。 使わない理由はあまりないと筆者は思います。 お得すぎるメルペイをぜひ使ってみてはいかがでしょうか?.

次の

メルペイスマート払い~メルカリ以外の後払い支払い方法や限度額の審査基準

メルペイ 後払い 設定

メルペイスマート払いの初期設定手順 まずは、メルペイスマート払いの初期設定をしましょう。 メルカリアプリを開き、下部「メルペイ」タブの中ほどにあるメルペイスマート払いの「設定して利用限度額を知る」ボタンを押します。 はじめにメルカリスマート払いの紹介が表示されるので、ざっと目を通しておくと理解しやすい。 使った分はすぐに確認でき、翌月にまとめて支払います。 利用上限金額は、審査による上限額の範囲内で自由に設定が可能。 (後述します) メルペイスマート払いを利用するには、メルペイの本人確認(銀行口座登録 or 免許証等で本人確認)を行い、指定された額の範囲内で利用上限金額を設定すればOK。 さっそく設定してみましょう。 本人確認をするには、運転免許証 or 在留カード or 日本のパスポートによる確認、もしくは銀行口座の登録が必要。 ここでは、免許証による本人確認をやってみることにします。 免許証を含む本人確認書類による本人確認の場合、自分と書類を同時にスマートフォンのカメラに写すことで照合を行います。 書類の文字が隠れないように注意しましょう。 「撮影を開始する」でカメラが起動し、本人確認がスタートします。 私も運転免許証でやってみようとしたんですが、アプリの指示の中に「右目をつぶってください」というものがあり、そこでジ・エンド。 認証不可能。 右目だけつぶるって皆できるもんなの?私は左目だけつぶることはできるけど右目だけはできないんですが。。。 メルペイアプリさん、指示が難しすぎませんかね。。。 パスポートでも同様の撮影が求められて自信がなかったので、結局銀行口座の登録で本人確認を済ませることにしました。 私の場合、メルペイスマート払いの枠(上限額)は60,000円でした。 利用頻度が高いユーザーでもこの額が少なめの場合があり、どういった要素でこの額を決定しているかは不明。 クレジットカードと違って年収や勤務先などの情報は登録した覚えがないし、裏で信用情報でもやりとりされているのか、それとも利用の仕方からAIが実際の利用可能額を推測したりでもしてるんでしょうか。 メルカリスマート払いとメルペイの切り替えと使い方 メルペイ利用時にメルペイ残高とスマート払いのどちらを使うかは、「支払い方法」のところで設定します。 矢印のところを押すと切り替え可。 月々の利用上限金額は、「メルペイ設定」の「メルペイスマート払い利用上限金額」で設定します。 私の場合は、審査で決定された上限額60,000円を最大として10,000円刻み(最少額のみ5,000円)で設定可能でした。 あまり利用することはなさそうですが、とりあえず30,000円で設定してみた。 コンビニなどの店舗で支払う際は、アプリ上でメルペイスマート払いを利用する設定にしておきiDで決済すればOK。 私の場合は1月に利用したので、2月中の支払いが必要。 それ以外は手数料が300円かかります。 残高払いの場合、メルペイ残高のほかに銀行口座からの支払いもできるようです。 この方法だと口座振替との違いがよくわかりませんが、どうなんでしょうか。 メルペイに一旦チャージしてそこから払う形、ってことなのかな。 私の場合、メルペイ残高およびポイントを使って支払うので、「ポイントを使用」にチェックを入れてお支払い詳細を確認。 大丈夫そうですね。 「支払う」ボタンを押せばメルペイスマート払いの支払い完了。 今月分の利用可能枠も復活します。 なお、メルペイスマート払いの利用額を翌月末までに支払えない場合、返済が終わるまで利用不可となるほか売上金も自動的に充当されるとのこと。 さらに長期間にわたって精算されない場合、利用制限や利息(損害金)の付与、第三者への債権回収依頼を行うこともあるらしい。 お支払い期限までにご清算いただけなかった場合、ご清算が完了するまでメルペイスマート払いのご利用をお断りするほか、お持ちの売上金を未払い金額に充当いたします。 長期に渡りご清算いただけない場合は、下記の対応を行う可能性がありますことをご了承ください。 未払いのメルペイスマート払い債権、手数料等の回収を第三者に委託することがあります。 年率14. 6%の遅延損害金を請求することがあります。 お電話または書面でご清算のご案内をすることがあります。 ある意味でメルペイスマート払いは借金の一種。 ご利用は計画的に。 支払い先延ばし以上の意味はないので、個人的にはあまり使うことは無さそう。 ただ、ポイント還元キャンペーン等の開催時は別。 メルペイ残高で払えば手数料もかからないし、そういった得する要因があるときにはスマート払いを活用するつもりでいます。 いつも通りメルペイ払いに戻しておけば特にデメリットはないので、今後もメルカリを活用する予定の方はとりあえずスマート払いの設定を済ませておいてもいいかもしれませんね。

次の

メルペイスマート払い(あと払い)徹底解説!【翌月までに支払えばOK】

メルペイ 後払い 設定

まず支払い方法が「メルペイあと払い」に限定されていることだ。 メルペイあと払いは、「メルペイに残高が無くても、商品購入代金を後払い決済ができる」というサービス。 メルカリにおける過去の利用実績などを元に、メルペイが一定額の信用枠を付与、当月の購入代金をまとめて翌月支払えるというもの。 手数料は300円。 ただし、キャンペーン期間中の6月の利用分は、あと払い手数料無料となる。 そして、このあと払いの利用には、「本人確認」が必要となる。 銀行口座登録、もしくはオンラインで完了する本人確認 eKYC のいずれかを行なう必要がある。 切り替え設定 正直な感想を言うと、4月のあと払い開始時には「手数料取られてまで、あと払い使う? 」と思っていた。 というわけで、実際にキャンペーンに参加。 6月14日から19日までの5日間で2,000ポイントの付与を達成した。 実際に使った店舗は以下の通り。 もちろん、メルカリやメルペイが単にユーザーにオトクな体験をしてもらうためだけに、こうしたキャンペーンを展開しているわけではない。 「あと払い」という新たな支払い方法の訴求とともに、「本人確認」を促す狙いがあると思われる。 今後、金融サービスの拡大には、本人確認を前提としたものが増えるはず。 メルペイだけでなく、LINE Payの「」も、同様にeKYCや銀行接続による本人確認を必須とし、送金という機能訴求とあわせて、本人確認を推進していた。 実際、メルペイあと払いでは、個人個人に信用枠を与えるための個別審査を行なうため本人確認が必須。 その手段の一つとして。 新たなサービスの展開のため、そして、メルカリとメルペイをより安心・安全な場所にするための本人確認が推進されているようだ。

次の