マイクラ バイオーム 種類。 【マイクラ】新しくなった砂漠の村のオシャレな建築物まとめ!

【マイクラ】新しくなった砂漠の村のオシャレな建築物まとめ!

マイクラ バイオーム 種類

マインクラフトのワールドには、草原や砂漠など様々な「バイオーム」が存在しており、バイオームの種類によって生育している植物や天候、出現するモンスターなどが異なっています。 今回はマイクラの全バイオームの種類と特徴について紹介したいと思います。 バイオームとは バイオームとはワールド内の同じ地形が続いている範囲のことで、現実世界で言う「気候帯」のようなものです。 いくつかの種類があり、地形だけでなく空の色や水の色、植物の葉の色や雨の降り方など、様々な要素に影響を与えています。 バイオームの範囲(大きさ)や並び方は不規則で、例えば北に行くほど寒くなるなどということもありません。 また、一つのワールドには同じバイオームがいくつも存在しています。 レアなムーシュルーム島や荒野バイオームなども、ワールド内に複数存在しています。 バイオームの確認方法 自分が今いるバイオームは、F3キーを押すと表示させることができます。 左側、中段よりやや下にBiome: Mesa Plateau Fと表示されています。 この部分は現在プレイヤーがいるバイオームの種類を表していて、移動するとリアルタイムで変化していきます。 ここはなんのバイオームかな?と思ったら、ここを確認してみるといいでしょう。 13からは、バイオームネームではなくバイオームIDが表示されるようになっています。 バイオーム一覧 マインクラフトのバイオームを、画像つきで一覧にまとめてみました。 各バイオームなどの特徴も紹介していきます。 温帯 温帯のバイオームでは草が鮮やかな緑色をしています(タイガや湿地を除く)。 高度た高くなっても、雨が雪に変わることがありません。 草原(Plains 平らな地面が多く、草や花、たまにオークの木が生えているバイオームです。 ブタやウシなど多くの動物がスポーンしやすく、ウマやロバもスポーンします。 村が生成される可能性のあるバイオームです。 ヒマワリ平原(Sunflower Plains) 草原の亜種バイオームで、ヒマワリが群生しています。 黄色の染料を入手しやすいバイオームですが、村は生成されません。 森林(Forest) オークの木とシラカバの木が多く生成されるバイオームです。 木材やリンゴを入手できるため、初期スポーン地点の近くに存在していると助かります。 ただし見晴らしが良くないので、拠点にする場合は周囲の木を伐採して整地しておいたほうがいいでしょう。 花の森(Flower Forest) 森林バイオームの亜種。 色とりどりの花が生育しています。 森のある丘陵(Wooded Hills) 森林バイオームのHills(丘陵)バージョン。 丘の上にオークやシラカバの木が生成されています。 シラカバの森(Birch Forest) オークの木が無く、シラカバの木だけが生成されているバイオーム。 シラカバの森の丘陵(Birch Forest Hills) シラカバの森のHillsバージョン。 丘の上にシラカバの木がたくさん生成されています。 巨大シラカバの森(Tall Birch Forest) 背の高いシラカバが生えているバイオームです。 伐採しづらいですがより多くのシラカバの原木を入手することができます。 巨大シラカバ丘陵(Tall Birch Hills) 丘の上に背の高いシラカバの木が生えているバイオームです。 暗い森(Dark Forest) ダークオークの木で地面が覆われているバイオーム。 所々に巨大キノコが生えています。 森の中は非常に暗く、昼間でもモンスターがスポーンします。 バージョン1. 11からは、森の洋館が生成される可能性あり。 バージョン1. 2までは「覆われた森 Roofed Forest 」と呼ばれていました。 暗い森の丘陵(Dark Forest Hills) 暗い森のHillsバージョン。 丘の上にダークオークの木や巨大キノコが生えています。 湿地 Swamp 浅い湖にスイレンの葉が浮かび、ツタの垂れ下がったオークの木が生えているバイオームです。 湖底からは、粘土の採取も可能。 ヒスイランや、キノコがたくさん生えています。 ウィッチの小屋が生成されていることがあり、スライムチャンクであるかどうかにかかわらず、夜になるとスライムが自然発生します。 湿地の丘陵(Swamp Hills) 湿地バイオームのHillsバージョンです。 通常の湿地よりも起伏が大きくなっています。 ジャングル(Jungle) 地面のほとんどが覆い尽くされるほど、多くのジャングルの木が生えているバイオームです。 葉が非常に多いため、スペックの低いPCでは近づいただけで読み込みがもたつきます。 なかなか発見できないレアバイオームですが、カカオ豆やスイカが入手可能で、運が良ければヤマネコやオウムと出会うことができます。 弓矢のトラップやお宝チェストのある「ジャングルの寺院」が生成されていることもあります。 ジャングルの丘陵(Jungle Hills) ジャングルバイオームのHillsバージョン。 丘のような地形になっています。 ジャングルの端(Jungle Edge) ジャングルと他のバイオームの境目に生成されるバイオーム。 木がかなり少なく、地面が見えている部分も多いです。 他のバイオームとの境界にいつも生成されるわけではないので、見つけられないことも多いです。 変異したジャングル(Modified Jungle) 大きく盛り上がったような地形のジャングルバイオームです。 ほとんど見つけられません。 変異したジャングルの端(Modified Jungle Edge) 他のバイオームとの境目に生成される、大きく盛り上がったような地形のジャングルです。 キノコ島(Mushroom Fields) 地面が菌糸で覆われ、巨大キノコが生成されているバイオームです。 ムーシュルーム島とも呼ばれます。 島になっているものが多いですが、たまに他のバイオームと地続きになっていることもあります。 ムーシュルーム以外のMobがスポーンしないため、地下の洞窟にもモンスターが出現しません。 なかなか見つけられないレアバイオームです。 キノコ島の海岸(Mushroom Field Shore) キノコ島の海岸です。 キノコ島は丘のような地形が連なっていますが、海岸のあたりは平坦になっています。 川(River) バイオームの境目などに生成される、水ブロックが敷き詰められたバイオーム。 川底からは粘土が採取できます。 バージョン1. 13からはドラウンドや鮭がスポーンし、海草が生えるようになりました。 海岸(Beach) バイオームと海の境目に生成されるバイオームです。 砂が敷き詰められていて浜辺のようになっています。 バージョン1. 13からは、カメがスポーンすることがあります。 乾燥帯 乾燥帯に属するバイオームでは、天候が雨になっても空が暗くなるだけで雨が降りません(天候が雨になるとモンスターはスポーンします)。 砂漠(Desert) 砂に覆われたバイオーム。 枯れ木とサボテンが生えています。 木が生えていないので見晴らしは良いですが、この地域でスポーンするゾンビの80%がハスクとしてスポーンし昼間でも燃えずにプレイヤーを襲ってきます。 たまに生成されている砂漠の寺院には、お宝チェストが(ただし、トラップあり)。 村が生成される可能性のあるバイオームです。 砂漠の丘陵(Desert Hills) 丘のように地面が盛り上がっている砂漠です。 登って周囲を見渡すのに便利。 砂漠の湖(Desert Lakes) 砂漠の中に湖が生成されているバイオームです。 湖の周りにはサトウキビも生えています。 サバンナ(Savanna) 草原よりも黄色っぽい草ブロックに覆われていて、大量の背の高い草とアカシアの木が生成されているバイオームです。 ラマやウマがスポーンします。 村が生成される可能性のあるバイオームです。 サバンナ台地(Savanna Plateau) 台地のような地形になっているサバンナバイオーム。 上部の平らな部分には、よくラマの群れがスポーンしています。 荒廃したサバンナ(Shattered Savanna) ところどころに粗い土が存在し、朽ちたような雰囲気になっているサバンナバイオームです。 荒廃したサバンナ台地(Shattered Savanna Plateau) 大きい起伏のある荒廃したサバンナ台地です。 山の一部が崩れてしまったような地形になっていることもあります。 荒野(Badlands) 赤い砂が敷き詰められたバイオーム。 テラコッタと色付きテラコッタで大きな丘が生成されており、丘の側面ではダークオークの木材が使われた廃坑の入り口を発見することができます。 バージョン1. 2までは「メサ(Mesa 」と呼ばれていました。 侵食された荒野(Eroded Badlands) 荒野の丘が波によって侵食されたような地形の荒野です。 海との境目で発見することができます。 荒野の高原(Badlands Plateau) 台地のような地形の荒野バイオームです。 上は平坦になっています。 木の生えた荒野の高原(Wooded Badlands Plateau) 上に草ブロックが生成され、オークの木が生い茂る荒野の高原です。 草ブロックやオークの葉は、乾燥して枯れたような色になっています。 変異した荒野の高原(Modified Badlands Plateau) 荒野の高原の亜種バイオーム。 平坦な部分が少なく、盛り上がった土地が削れたような感じになっています。 変異した木の生えた荒野の高原(Modified Wooded Badlands Plateau) 木の生えた荒野の高原の亜種バイオーム。 頂上のオークの森が盛り上がった状態で生成されています。 冷帯 冷帯では、一定の高度を超えると雨が雪になります。 草の色は草原よりも少し青みがかったような感じです。 山岳(Mountains) 高くそびえ立つ山のバイオーム。 ラマがスポーンします。 非常に高い高度まで達する山もあり、一定の高さを超えたところでは雨が雪となり降り積もっています。 このバイオームの洞窟内にはシルバーフィッシュ入りの石が紛れ込んでいるので、注意が必要です。 山の麓(Mountain Edge) 山岳と他のバイオームの境目に生成されるバイオーム。 オークやマツの木が生成されています。 通常のワールドでは生成されないようです。 森のある山(Wooded Mountains) 山頂部にマツやオークの木が生えた山岳バイオーム。 斜面の角度がかなり急になっています。 砂利の山(Gravelly Mountains) 砂利で覆われている山です。 火打石が大量に入手できます。 変異した砂利の山(Modified Gravelly Mountains) 隆起の激しい砂利の山です。 高度も非常に高くなっていることが多いです。 タイガ(Taiga) マツの木が多く生成されているバイオームです。 シダが自生しており、オオカミを発見することができます。 村が生成される可能性のあるバイオームです。 タイガの丘陵(Taiga Hills) タイガバイオームのHillsバージョン。 丘の上にタイガが生育しています。 タイガの山(Taiga Mountains) タイガが山岳状になったバイオーム。 切り立った崖の上にタイガが生成されています。 巨大樹のタイガ(Giant Tree Taiga) 葉が先端にしかついていないタイプのマツの巨木が生えていて、地面には粗い土とポドゾルが生成されているバイオーム。 苔石の塊があちこちに点在しています。 巨大樹のタイガの丘陵(Giant Tree Taiga Hills) 巨大樹のタイガのHillsバージョン。 丘というか山のような地形の上にマツの巨木が生成されています。 巨大マツのタイガ(Giant Spruce Taiga) 幹の低い位置まで葉がついているタイプのマツの巨木が生成されるバイオームです。 巨大マツのタイガの丘陵(Giant Spruce Taiga Hills) 巨大マツのタイガのHillsバージョン。 丘の上にマツの巨木が生成されています。 石の海岸(Stone Shore) 山岳バイオームと海洋バイオームの境目に生成される、岩礁のようなバイオーム。 溶岩や水が流れ出ていることが多々あります。 降雪帯 降雪帯に属するバイオームには雨の代わりに雪が振り、一面真っ白に雪が積もっています。 雪の降るツンドラ(Snowy Tundra) 雪で覆われた、平原バイオーム。 バージョン1. 2までは氷原(Ice Plains)と呼ばれていました。 マツの木が点々と生えていて、イグルーが生成されていることがあります。 この地域でスポーンするスケルトンの80%はストレイとしてスポーンし、鈍化(移動速度低下)の効果のついた矢で攻撃してきます。 ウサギとシロクマ以外の動物がスポーンしないので、サバイバルを始めるには難易度の高いバイオームです。 雪山(Snowy Mountains) 雪の降り積もる山岳バイオームです。 頂上だけでなく全体的に雪で覆われています。 雪の降る砂浜(Snowy Beach) 雪のツンドラバイオームなどと海洋バイオームの境目に生成されるバイオーム。 砂の上に雪が積もっています。 氷樹(Ice Spikes) 氷塊でできた木のようなものが多数そびえ立つバイオーム。 稀に非常に高い樹氷が生成されることもあります。 氷塊はシルクタッチで持ち帰れば溶けない氷(滑るブロック)として使用可能。 雪の降るタイガ(Snowy Taiga) 雪が降るタイガバイオーム。 マツの葉にも雪が積もっています。 このタイガには村は生成されないようです。 雪の降るタイガの丘陵(Snowy Taiga Hills) 丘のような地形の雪の降るタイガバイオームです。 雪の降るタイガの山(Snowy Taiga Mountains) 山岳地形になっている雪の降るタイガバイオームです。 凍った川(Frozen River) 凍った状態の川バイオームです。 表面の氷を破壊すると、下に普通の水ブロックが出てきます。 鮭やドラウンドもスポーンします。 海洋 海に関連するバイオームです。 バージョン1. 13で多くの海の種類が追加されており、各海で水の色が異なっています。 海底は砂利で覆われていて、海底渓谷もよく生成されています。 バイオームの縮小版のような孤島が点々と存在していることも。 バージョン1. 13からは沈没船と海底遺跡が生成されるようになり、イカやイルカ、そして鱈といったMobがスポーンします。 冷たい海(Cold Ocean) 普通の海とほぼ同じような見た目のバイオームです。 普通の海にはスポーンしない鮭がスポーンし、氷山が生成されます。 凍った海(Frozen Ocean) 表面が氷で覆われた海です。 氷の下には鮭の群れが泳いでいることがあります。 ぬるい海(Lukewarm Ocean) 通常の海よりも水の色が明るい海洋バイオームです。 フグや熱帯魚がスポーンします。 暖かい海(Warm Ocean) ぬるい海よりもさらに水の色が明るい海洋バイオームです。 海底にはサンゴ礁が広がっています。 深海(Deep Ocean) より深い海洋バイオーム。 深海系の海洋バイオームには海底神殿が生成されます。 冷たい深海(Deep cold Ocean) 冷たい海の深海バージョンのバイオーム。 鮭が生息しています。 凍った深海(Deep frozen Ocean) 凍った海の深海バージョンのバイオーム。 表面が凍っていない場合もあるようです。 ぬるい深海(Deep Lukewarm Ocean) ぬるい海の深海バージョンです。 暖かい深海(Deep Warm Ocean) 暖かい海の深海バージョン。 このバイオームは自然生成されないようです。 その他のバイオーム マインクラフトには通常世界の他に、ネザーやジ・エンドという異空間が存在しています。 ネザー(nether) 黒曜石のゲートを通ると行くことができる世界。 溶岩の海が広がり、地面はネザーラックで覆われています。 所々に生成されるネザー要塞には、ブレイズやウィザーといった通常世界にはいないモンスターがスポーンします。 ベッドでの睡眠は不可(寝ようとすると爆発します)。 ネザーへ行くためのネザーゲートの作り方は、こちらの記事で詳しく説明しています。 エンドの荒れ地(End Barrens) エンドの離島の端のあたりのバイオーム。 落ちると奈落へ真っ逆さまです。 エンドの内陸部(End Midlands) エンドの離島の内陸部です。 エンドの高地(End Highlands) エンドの離島の中心部です。 コーラスプラントが生えており、エンドシティが生成されている場合もあります。 奈落 地下の岩盤のさらに下の空間。 底にまで落ちるとダメージを受けてゲームオーバーになってしまいます。 上の画像は、ワールドタイプビュッフェで奈落を生成したときのもの。 実際の奈落は真っ暗な空間です。 バイオームID バージョン1. 13からは、一部のバイオームのバイオームネームとバイオームIDが以前のものから変更になっています。 以下の表は、バージョン1. 13のバイオームネーム&IDと、バージョン1. 12のバイオームネーム&IDの比較表です。 13 1. 13になって、よりわかりやすいバイオーム名になったような印象を受けますね。 ということで、マインクラフトの全バイオーム一覧でした。 進捗には「冒険の時間」というバイオームを踏破するミッションがあるので、この記事でバイオームの特徴をよく確認して挑戦してみてください。

次の

【画像あり】全73種バイオーム一覧!レアバイオームを探しに行こう | nishiのマイクラ攻略

マイクラ バイオーム 種類

ドアやフェンス、棒などの重要アイテムの材料となるほか、かまどの燃料としても使われる木材。 冒険のあらゆる場面で必要になります。 今回は、全部で6種類ある木材それぞれの入手方法と、巨木の効率的な伐採方法を紹介します。 木材とは 木材は、木を切ったときに入手できる原木からクラフトできるアイテムです。 木材を材料として使うアイテムも数多くあり、序盤から終盤までずっと使い続けることになります。 苗木を使って植林すれば無限に入手することが可能です。 木材の作り方 木材は原木をクラフトスペースに置くと、作ることができます。 木材のレシピ。 1つの原木から、4つの木材がクラフトできます。 使うのは1マスだけなので、作業台が無くてもOK。 自分で作る他に、廃坑や地下要塞の中、ウィッチの小屋や森の洋館などから入手することもできます。 木材の使い道 木材には、建築資材として、アイテムの材料として、かまどの燃料としての3つの使い道があります。 建築資材 幹の模様が残っている原木と違って、木材はキレイに加工されているような見た目です。 見栄えがいいので、建築材料としてよく使われます。 ただし、火がつくと燃えて消滅してしまうので、近くに溶岩湖がある場合や、家の中で炎を使う場合は注意しましょう。 アイテムの材料 木材は、建築材料として使う以外に、様々なアイテムの材料にもなります。 アイテム 材料 ボタン 木材1個 棒 木材2個 感圧板 木材2個 ボウル 木材3個 ハーフブロック 木材3個 作業台 木材4個 ドア 木材6個 トラップドア 木材6個 階段 木材6個 チェスト 木材8個 ボート 木材5個 木の剣 木材2個と棒1本 木のツルハシ 木材3個と棒2本 木の斧 木材3個と棒2本 木のクワ 木材2個と棒2本 木のシャベル 木材1個と棒2本 フェンス 木材4個と棒2本 フェンスゲート 木材2個と棒4本 看板 木材6個と棒1本 トリップワイヤーフック 木材と棒と鉄インゴット ベッド 木材3個と羊毛3個 音符ブロック 木材8個とレッドストーン ジュークボックス 木材8個とダイヤ ピストン 木材3個と丸石4個とレッドストーンと鉄インゴット 本棚 木材6個と本3冊 盾 木材6個と鉄インゴット 木材のみで作ることができるアイテムも多いですが、例えば階段やハーフブロック、ボートなどは、別々の種類が混ざっているとクラフトすることができないので、注意が必要です。 かまどの燃料 木材は、かまどの燃料としても使うことができます。 燃焼時間は15秒で、原木と同じです。 原木1つからは4つの木材が作れるので、原木のまま燃料に使うのではなく、木材にしてから使えば効率が良くなります。 ただ、15秒というのは、木炭や石炭に比べるとかなり短い燃焼時間です(木炭・石炭の燃焼時間は80秒)。 木材を燃料にして木炭を作ったら、あとは木炭を燃料にして精錬をするようにしたほうがいいでしょう。 全6種類の木材と使用例 木材は、木の種類によって色の違うものが6種あり、好きな色を使い分けられるようになっています。 実際の使用例を交えながら、それぞれの特徴を紹介していきます。 オークの木材 オークの木と、オークの木材、オークの原木。 オークの木は、マインクラフトにある樹木の中で最もオーソドックスな木です。 茶色い幹(原木)からクラフトできるのは、明るい茶色の木材。 他のブロックや景色に馴染みやすい色合いで、建物の壁や床などによく使用されます。 原木を柱にすれば、ログハウスのような建物を作ることができます。 フェンスを作って、ベランダの柵にするのもいいですね。 オークは植林も比較的簡単で数を揃えやすいので、最初の家はオークの木材を使って作るといいと思います。 シラカバの木材 シラカバの木と、シラカバの木材、シラカバの原木。 シラカバの木は、オークの木とならんでよく見かける樹木です。 幹は白く、クラフトできる木材も、オークよりはだいぶ白っぽいです。 レンガの屋根と組み合わせると、海外の建物っぽくなります。 かなり白いので、組み合わせるブロックによっては浮き上がって見えてしまいますが、逆に建物を目立たせたいときはいいかもしれません。 奥の家はシラカバの原木を柱に使い、シラカバの木の階段で屋根を作っています。 上の画像は飼っていたブタに雷が落ちて、ゾンビピッグマンが大量発生した瞬間。 ブタが雷でゾンビピッグマンになるなんて、知らなかった! マツの木材 マツの木、マツの原木、マツの木材。 マツは、タイガバイオームに群生している木です。 原木や木材の模様はオークと同じですが、色が少し暗くなっています。 マツの木材で作った、武器屋。 隣のシラカバの建物と比べると、かなり色が暗いです。 落ち着いた雰囲気が出せそう。 原木を柱にして、壁をマツの木材で作ると、山小屋のような感じの建物になります。 マツのドアは、古びたお城のドアといった感じの見た目。 丸石との相性も抜群です。 アカシアの木材 アカシアは、サバンナバイオームで見られる木です。 灰色がかった幹で、生成できる木材は赤っぽく、茶色というよりはオレンジ色に近い色です。 アカシアの木と、アカシアの原木、アカシアの木材。 結構強烈な色なので、壁や床といった広い面積を埋めるのには、あまり向かないかも。 他の木材と組み合わせて、模様を作ったりするのがいいかもしれません。 マツの木材の一部をアカシアに変えて、床に模様を作成。 ダークオークの木材 ダークオークは、覆われた森バイオームに生えている木です。 その名の通り黒っぽい木で、木材はマツよりもさらに暗い茶色です。 ダークオークの木、原木、木材。 森の洋館では、壁にダークオークの木材が使われています。 カーペットも敷いてあり、高級感のある雰囲気です。 ダークオークのドアも高級な見た目なので、合わせて使うとホテルのような建築物を作れそうです。 ジャングルの木材 ジャングルの木は、ジャングルバイオームに生えている木です。 木材はオークの木よりもやや赤っぽく、アカシアほど赤くはありません。 ジャングルの木、原木、木材。 単体で使用してもいいのですが、他の木材と組み合わせて使うと、変化が出て面白いです。 階段がジャングル、その外側がオーク、その外側がマツです。 6種類の色の比較 6種類を並べてみると、こんな感じになります。 どの木材も、1種類だけを使って建築すると、のっぺりした印象になってしまいます。 原木や、他の種類の木材を組み合わせて、色に変化を与えたほうが、見栄えのいい建物になります。 オークのみで作った家。 マツの原木と、マツの木の階段、ダークオークのフェンスを組み合わせた家。 形は全く同じですが、印象は全然違いますね。 あまり多くの色を使うとうるさくなってしまいますが、3色くらいは入っていたほうが良さそうです。 木材の効率的な採集方法 何かと必要になる木材。 大量に確保するためには、植林するのがてっとり早いです。 特に種類にこだわらないのであれば、シラカバの木を植林するのが簡単。 複雑な設備も必要なく、だいたい3マス間隔くらいで苗木を植えておけば育ってくれて、高くなりすぎないので伐採も簡単です。 植林について詳しくは以下の記事で説明しています。 合わせて読んでみてください。 関連記事: オークの植林をする場合は制限ブロックの設置が少し面倒くさいですが、一回置いてしまえばあとは植えたり切ったりするだけです。 オークの木材は、建築にも使いやすいブロックなので、一つ植林場を作っておくといいと思います。 覆われた森バイオーム 冒険に慣れてきたら、覆われた森バイオームを探してみましょう。 覆われた森バイオームに生えている大量のダークオークを伐採すれば、原木不足が一気に解消できます。 覆われた森バイオーム。 運が良ければ、森の洋館も発見できます。 (森林探検家の地図で探すこともできます) 植林などしなくても、生えている木を切るだけで十分な量の原木を確保することができますが、ダークオークは、植林する木としてもオススメです。 落ちないように、注意しながら切っていきましょう。 登ったり下りたりするのが面倒ですが、一本の巨木から大量の原木が手に入るので、何度もやる必要がありません。 ただし、苗木の入手量が少なくなるので、ドロップした苗木はしっかり回収しておいたほうがいいでしょう。 ということで、木材全6種それぞれの違いと、木材の効率的な集め方の紹介でした。 上手に使い分けて、建築の幅を広げていきましょう!.

次の

JE版マイクラ1.16、追加バイオーム&構造物まとめ

マイクラ バイオーム 種類

進捗のミッションの一つに「冒険の時間」というものがあります。 バージョン1. 13からは、このミッションの達成に40種類のバイオーム踏破が必要になりました。 今回は、進捗「冒険の時間」をクリアする方法を紹介したいと思います。 冒険の時間について 冒険の時間は、進捗の冒険タブの中にある、ダイヤのブーツのアイコンのミッションです。 このミッションはマインクラフトのワールドに存在する40種のバイオームに足を踏み入れるというもので、サバイバルでは難易度の高い進捗になっています。 カーソルを合わせると「全ての種類のバイオームを発見する」という達成条件が表示されます。 40種のうちいくつのバイオームを発見しているかという数字です。 (バージョン1. 2までは36種でしたが、バージョン1. 13で4つのバイオームが追加され40種になりました) 前提の進捗 この進捗を達成するには、進捗の中に「冒険」のタブが表示されている必要があります。 地図のアイコンです。 冒険のタブは何らかのMobを倒すか、プレイヤーが倒されるかすると表示されます。 また、冒険の時間の直前には、「良い夢見てね」という進捗があります。 この進捗の達成条件はリスポーン地点を設定することなので、ベッドを作って寝ておきましょう。 クリアに必要なバイオーム40種 バージョン1. 13の時点で、マインクラフトのバイオームは73もの種類があります。 関連記事: これらのバイオームのうち、40種類を発見することが冒険の時間の達成条件です。 その場所に行ってみないとなんのバイオームかはわからないので、外部ツールの使用無しで、かつサバイバルで達成するのはかなり大変です。 冒険の時間を達成するために必要なバイオームのリストは次のとおり。 外部ツールを使ってクリア 外部ツールを使ってバイオームの位置を割り出し、クリエイティブモードで進捗達成を試みてみました。 使用したのはこちらのツールです。 関連記事: バージョン1. 8用のツールなのでバージョン1. 13の全てのバイオームは表示されませんが、例えばタイガ系のバイオームやシラカバ系のバイオームなど、ある程度絞り込むことができます。 サバイバルでは発見が難しいキノコ島や荒野も、このツールを使えば発見は簡単です。 マップと実際のワールドが異なっていることも多々あるので、その場合は他の場所で探してみてください。 バイオームのカウント バイオームのカウントは、そのバイオームに入ったときに行われるようです。 歩いて入る必要はなく、クリエイティブモードで空を飛びながらバイオームに入ってもカウントされます。 ただし、バイオームに入った瞬間にカウント(記録)されないことがありました。 その場合は出たり入ったりを繰り返すか、そのバイオーム内で少し動き回るかするとカウントされました。 F3キーでデバッグ画面を表示して、バイオームを見ながら移動します。 きちんとカウントされているかどうかは、セーブデータ内のファイルで確認することができます。 記録用のファイルは以下の場所にあります。 到達したバイオームのIDと、足を踏み入れた日時が記録されています。 私と同じようにクリエイティブでやってみるという場合は、面倒でもこのファイルでしっかりカウントされていることを確認しながら、各バイオームに移動するようにしましょう。 無事に達成できるとこのように表示されます。 クリエイティブでもなかなか時間がかかります。 一番難しかったのは、凍った深海を見つけることでした。 雪の降るバイオームの近くで発見できるとは限らないので、氷山を目印にひたすら海を飛び続けるしかなかったです。 ようやく見つけた凍った深海。 かなり小さいです。 ということで、進捗「冒険の時間」の達成方法の紹介でした。 バイオームの捜索には時間がかかるので、サバイバルではこの進捗達成だけを目的に行動するとストレスがたまりそうです。 他の冒険のついでくらいに考えておいたほうがいいかもしれないですね。

次の