青江 イオン スタイル。 ガブリングステーキ イオンスタイル岡山青江店 (GABLING STEAK)

イオンで会いましょう♫地域の生活に寄り添う「イオンスタイル岡山青江」7月26日グランドオープン!

青江 イオン スタイル

イオンスタイル岡山青江について イオンスタイル岡山青江は、岡山市の中心街の南にあったジャスコ青江店跡地に開業予定の中規模の商業施設です。 イオンモール岡山開業によって解体され更地となっていた現地ですが、イオン系列の商業施設として再生されることになりました。 施設の規模 店舗面積約5,573㎡、駐車場台数270台の規模の、中規模の商業施設となる予定です。 完成・開業時期 2019年7月の開業を予定しています。 イオンスタイル スーパーマーケット• ビーマイル ヘアカラー専門店• 元町珈琲 カフェ• シーエルシー 宝くじ• グリーンボックス 靴• 小柴クリーニング クリーニング その他の店舗についても明らかになり次第、このページに追記予定です。 イオンスタイル岡山青江のバイト求人採用情報 イオンスタイル岡山青江のバイト求人情報は、以下リンク タウンワーク より検索可能です。 岡山市北区・南区周辺のバイト求人はここでも探せる タウンワーク マッハバイト フロム・エーナビ t 面接なし!アプリで完結する で柔軟に働こう! 外観・内観イメージ 外観イメージ イオンスタイル岡山青江は、白と茶色、黒などを基調としたモダンでおしゃれな外観となりそうです。 一部壁面緑化も行われ、ナチュラルな雰囲気の建物となりそうです。 イオンのピンク色のサインがアクセントカラーとして効いています。 画像引用元: 計画概要 用途 商業施設等 店舗面積 約5,573㎡ 駐車場台数 270台 店舗数 調査中 開業時期 2019年7月 イオンスタイル岡山青江の場所・アクセス イオンスタイル岡山青江は、JR岡山駅から南に4kmほど離れた岡山市北区青江エリアにオープン予定です。 車でのアクセスは国道30号線沿いにあり、近隣を国道2号線が通っているので広域から容易にアクセスできそうです。 周辺には岡山赤十字病院や、はるやま岡山青江総本店などの施設があります。 鉄道でアクセスする場合は、宇野みなと線備前西市駅から1. 5〜2kmほど離れているので少々時間がかかりそうです。 岡山の再開発情報 岡山県内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。 2018年12月に岡山駅近くに商業施設イコットニコットが開業しました。 北長瀬駅の目の前に、商業施設ブランチ岡山北長瀬が2019年6月に開業予定です。

次の

「青江西」の時刻表/バス乗換案内/路線図/地図

青江 イオン スタイル

ジャンプできる目次• 「ガブリングステーキ」って、どんな店? 「ガブリングステーキ」はの中にある、ステーキやハンバーグがいただけるお店。 「ここdeデリ」というフードコートの中にあり、お隣にはもありあます。 家族やグループで使いやすいテーブル席と、一人でも気軽に利用できるカウンター席がありました。 小さなお子様用の取り皿やスプーンなども用意されているのが、家族連れにありがたい! スーパーで買ったお弁当なんかを温めれる、電子レンジも用意されています。 お水はセルフサービスになっていました。 「魚魚彩」や「ガブリングステーキ」での飲食以外にも、スーパーで買ったお惣菜やお弁当なんかを、こちらのスペースで食べる事も可能。 ですので、「ガブリングステーキ」を利用する場合は、 先に席の確保をしてから注文に向かいましょう! 注文は「魚魚彩」と「ガブリングステーキ」共通の食券機を利用するシステムです。 購入した食券に番号が書かれているので、お店のパネルに自分の番号が表示されたら受け取りにいきます。 「ガブリングステーキ」の場所・アクセス・駐車場 「ガブリングステーキ」は、北区青江にオープンした「イオンスタイル岡山青江」の中にあります。 住所 : 岡山県岡山市北区青江2-7-11 イオンスタイル岡山青江店 一階• 電話番号 : 086-223-0551 車でのアクセスの場合は、「イオンスタイル岡山青江」の無料駐車場を利用してください。 「ガブリングステーキ」のメニュー 「ガブリングステーキ」はステーキやハンバーグだけじゃなく、「とんかつ」や「カレー」のメニューもありました。 フードコート内にお箸もあるので別に良いんですが、見た目にちょっと違和感があります(笑) コーンポタージュのスープもセットになっていました。 こちらがメインのお肉! お肉は中が少しレアな焼き加減で提供されるので、鉄板で好みの焼き加減に調整していただきます。 肉質は価格なりで特別良いこともないですが、固くて食べれないこともない感じでした。 脂身は少なめなので、赤身好きの方にオススメ! ステーキソースは、醤油が強めでキリッとしたタイプ。 お肉の味がやや淡白なので、あまり付けすぎると肉の味がボヤけるかも。 1200円という価格を考えると、コスパはまずまずといった印象でした。 ステーキと同じく、ライスとスープがセットになっています。 さすがに300gなので、かなり大きなハンバーグでインパクトがありますね! けっこう分厚いので、肉汁がジュワ〜と出てきました。 けっこう肉の味もしっかりしていて、味も量も満足感が高い! ハンバーグのソースは、ポン酢がベース?のようで、酸味がありサッパリと和風な味わい。

次の

「青江西」の時刻表/バス乗換案内/路線図/地図

青江 イオン スタイル

昨日から岡山。 梅雨明けして、蒸し暑い。 と、夏を楽しもうと思ったら、 もう、台風6号来襲。 日本は地震列島、梅雨列島、 そして台風列島だ。 朝から岡山市北区青江へ。 岡山駅からタクシーで15分ほど。 便利な便利な、 イオンスタイル岡山青江。 今日、グランドオープン。 1000人の顧客が期待に胸を膨らませて、 オープン前に並んでくれた。 8時40分からセレモニー。 井出武美イオンリテール㈱社長が、 まず開店のお礼と挨拶。 大森雅夫岡山市長。 ずらり揃ってテープカットの準備OK。 テープカット。 できました。 カットされたテープ。 9時きっかりにオープン。 続々と顧客が入ってくる。 この瞬間は何度経験しても、 感動する。 あっという間に、 ワンフロア売場面積2326坪の店は、 顧客でいっぱいになる。 テープカット直後の岡﨑双一さん。 イオンリテール会長。 岡﨑さんは新入社員のときの、 最初の配属店舗が、 この旧ジャスコ岡山店だった。 特別の思い入れがある。 1976年にジャスコ岡山店として開業、 その後、イオン岡山店となり、 いま、イオンスタイル岡山青江へ。 井出社長ともおめでとうの握手。 井出さんも2014年から2年間、 ㈱山陽マルナカの社長として、 この岡山に赴任していた。 だから土地勘はあるし、 これまた思い入れがある。 そして前田尚平店長。 昨年の秋、ヨーロッパ研修に参加して、 凄い勉強ぶりだった。 私も特別のアドバイスをした。 それがこのイオンスタイルに表現された。 私も、うれしかった。 経営企画本部長の間渕和人さん 中 、 経営企画本部広報部長の吉田和弘さん。 お二人もアメリカ研修で、 私の講義を受けてくれている。 青果部門にはこの人が出張った。 千葉泰彦さん。 商品企画本部農産商品部長。 千葉さんとも一昨年、 アメリカへご一緒した。 それから林孝穂さんは、 果実カテゴリーバイヤー。 昨年、アメリカ研修に参加。 私が売場を歩いていたら、 真っ先にやってきてくれた。 売場を歩くと、イオンの社員が、 次々に声をかけてくれる。 10時半から、井出社長と 前田店長の記者会見。 地元のテレビ局がやってきていて、 注目度の高さがわかる。 イオンスタイル岡山青江が 地域にどう貢献していくのか。 テレビアナウンサーから、 そんな質問が飛んだ。 イオンスタイル岡山青江は 月刊商人舎8月号で詳細に報告しよう。 午後まで岡山青江にいて、 じっくりと観察した。 その後、タクシーで駅に直結する、 イオンスタイル岡山へ。 その途中、 イトーヨーカ堂岡山店の跡地。 解体され、更地になっている。 イオンモールの出現に、 リニューアルして対抗したが、 それもむなしく撤退。 そしてイオンモール岡山。 2014年12月5日オープン。 月刊商人舎2015年2月号で特集した。 7層吹き抜けのホールを中心とした、 山陽随一のショッピングセンター。 1階には高島屋が食品を展開。 その高島屋が提起しているのが、 フランスの「フォション」。 食品ブティック。 核店舗はイオンスタイル岡山。 4フロアで全面展開。 食品売場は1階でフルライン構成。 青果部門側の入り口。 駅と反対の入り口から入ると鮮魚部門。 土用丑の日の全面展開。 惣菜部門側の出入り口。 食品売場は安定している。 イオンスタイル1階に隣接して、 ラ・ドロゲリア。 イタリア商材を物販して、 パスタなどのメニューも提供し、 イートインできる。 尖がったイタリアンフード専門店。 イオン期待の直営店舗。 さらにイオンリカーは、 ワインのショットバーを備えて、 力が入っている。 その隣にグラム・ビューティーク。 イオン直営のドラッグストア。 「美と健康」を提供するという謳い文句。 2階はファッション。 もっと華やかな「夏」の演出が欲しい。 3階は住関連部門。 ホームコーディも展開する。 ここももっともっと、 ポップアップな売場にしたい。 4階はキッズ売場で、 こちらも安定的に集客している。 このイオンモール岡山で、 井出社長や間渕本部長に遭遇。 イオンの幹部の皆さんも、 岡山青江から岡山駅前へのルートを辿る。 岡山はイオンの牙城となってきた。 総合スーパーはイオンリテール、 スーパーマーケットは山陽マルナカ。 地元で迎え撃つのが、 天満屋ストアや大黒天物産。 広島からイズミ、ハローズ、 エブリイも進出して、 激しい競争が展開される。 誰が一番、岡山のマーケットを知るのか。 そして誰が一番、市場対応するのか。 これからが競争の本番だ。 日本はこれから台風の本番だ。 〈結城義晴〉 コメントする メールアドレスが公開されることはありません。 (スパム対策)• 625• 409• 110• 624• 445• 994• 1021•

次の