きめ つの や い ば イラスト 簡単。 これなら簡単?結婚式招待状の返信アート(イラスト・シール)集

これなら簡単?結婚式招待状の返信アート(イラスト・シール)集

きめ つの や い ば イラスト 簡単

ツムツムのイラストが上手く描きたい 絵 イラスト が描ける人には、 なぜ、輪郭が描けないのか? なぜ、顔のパーツの配置ができないなか? そもそも、なぜ見ながら描くことができないのか? わかりませんよね? スポンサーリンク それって、イラストが描けない人にとってもわからないんです。 なぜ、見たままに描けないの? 自問自答しても答えが出ない年月を過ごしてきました。 自分では、見て描いてるつもり。 だけど、全然、似ても似つかないツムツムが描きあがるのです。 まるで、絵が描けない芸人のように、、、 写し絵 うつしえ そこで、見て描けないのなら、写し絵で何度も何度も練習しようと考えたのです。 いずれにせよ、練習は必須ですよね! インターネット、パソコン、スマホが活躍する今、写し絵の練習も手軽にできてしまいます。 以前なら、写し絵する元絵も本を購入したり、イラスト集などを利用しなければいけませんでしたが、今は無料でプリンターから出力できちゃうんですよね。 練習が必要な自分には、感謝の気持ちしかありません。 そこで、自分が練習させていただいたツムツムの無料図案を皆さまにもご紹介させていただきます。 独り占めはもったいないですよね! ツムツムイラスト無料図案 この無料図案は、丁寧に描き順も描かれています。 非常にわかりやすい、ツムツムイラストのテキスト図案ですが、それは最終的に。 まずは、描き順も含めて写し絵から始めて下さい。 何度も何度も描いているうちに、手が馴染んできます。 スラスラ動くようになったら、写し絵ではなく、見ながら描いてみる。 見ながら描けるようになったら、真っさらな紙に何もない状態で描いてみて下さい。 かわいいツムツムキャラクターが描けるようになっていますよ! ミッキー・ミニー お馴染みのハピネスツム。 ドナルド・デイジー コロンとまあるいデナデジがかわいい。 ピグレットとイーヨ 色合いがとても綺麗なピグレットとイーヨ、困った顔がなんとも・・。 ベイマックスとティガー ???という組み合わせですが、描きやすいキャラクターを組み合わせてくれているのでしょうね。 スティッチとプルート カラフルな二人(匹?!)、心が和みます。 エイリアンとオラフ 声優が変わって、新たな出発、旬なオラフ!! サリーとマイク モンスターズインクの主役 2人(匹?!)もツムツムには欠かせません。 アリスとダンボ ダンボの耳がとっても魅力的に描かれています。 以下は、塗り絵用に作成されたイラストですが「写し絵」「イラスト」の練習が十分できそうです。 もちろん、子供さんのぬりえとしても活用できますよ!! イラストが上手になるには、とにかく描いて、描いて、そのラインを体で覚えるしかなさそうです。 ・自分が最も好きなイラスト(絵)を描く ・模写する(写し絵も然り!!) ・資料や原案をかならず見る ・省略しようとしない ・自分より上手い人にアドバイスしてもらう ・イラスト(絵)を描くことが好きになる というようなことが、コツなのかも知れません。 無料図案を活用しながら「自分は絶対にツムツムを描く!!」と念じながら、取り組んでみてください。 素晴らしいですね。 スマホアプリゲームから登場したディズニーのキャラクターたちで、ミッキーフレンズはもちろん、「トイ・ストーリー 4」「ファインディング・ニモ」「モンスターズインク」などの映画作品やプリンセスシリーズ、スターウォーズまで幅広いキャラクターが登場していますよね。 皆さんのマイツムはどのキャラクターでしょうか? ゲーム内では定期的(かなり豊富)に楽しいイベントも開催されており、スペシャルアイテムなどを獲得するため、皆さんも攻略法を調べたりしているかと思います。 スマホアプリゲームでいえば、ディズニーツムツムとは別に「ツムツムランド」も話題になってますよね。 バブル(泡)に入ったディズニーキャラクターたちがポヨンポヨンしている姿が可愛すぎる魅力的なゲームです。 世界的に活躍する「ディズニーツムツム」のキャラクターは、ゲームだけではなく様々なグッズ、アイテムとしても人気を得ていて、ハンドメイドのモティーフとしても広く愛されています。 アイロンビーズ、アクアビーズ、デリカビーズ、そして編みぐるみ、フェルトぬいぐるみ、料理に至るまで・・。 世界中で楽しまれるディズニーツムツムの人気は限界を知らないといったところでしょうか?! スポンサーリンク ツムツムのイラストを簡単に描きたい!~無料図案の活用がおすすめを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

【上選択】 タコ イラスト 簡単

きめ つの や い ば イラスト 簡単

炎の描き方のコツ 炎の描き方の流れを簡単に 解説するとこのような感じです。 しかし、多くの初心者は 彩度を コントロールする意識が弱いため 不自然な印象になって しまうことが多いのです。 このようなハイコントラストな 光の設定では明るいゾーンは、 ほぼ白なので彩度が低いのです。 カゲの中は私たちが想像するよりも 実際は鮮やかなのです。 炎の描き方の基本 炎の描き方 今回のモチーフの3色下絵を紹介します。 今回の下絵はコチラです。 明るく鈍い黄色 鮮やかなオレンジ 暗くやや鮮やかな赤紫 の3色です。 それでは実践パートに入っていきましょう。 炎の描き方:実践編 炎の描き方を動画で解説してみました。 動画とあわせてご参照ください。 下絵の裏を鉛筆で真っ黒に塗り、 上からボールペンでなぞって 画面に転写していきます。 この初めに塗る下塗りを インプリマトゥーラといいますが インプリマトゥーラは、 中間トーンよりやや明るめの色を 半透明に塗ると良いでしょう。 今回は中間の明るさがオレンジなので 黄色とオレンジの中間の色を作って ジェルメディウムを混ぜ、 半透明な絵の具を作っていきます。 転写した下絵の周囲を マスキングテープでカバーしていきます。 筆に絵の具を馴染ませていきます。 インプリマトゥーラは早い手の動きで 半透明で均一な塗膜ができるように 下塗りをしていきます。 今回は暗いゾーンが赤紫色なので 赤紫のグレーを作っていきます。 最終的な仕上がりよりも やや明るめやや鈍目に 不透明な絵の具を作り塗っていきます。 モチーフの立体感や光源の位置を 感じながら陰の形を塗っていきます。 初めのうちはこのように明暗の境目付近に 注目してモチーフの形を探るように 塗っていきましょう。 今回は明暗の境目である稜線付近に 現れるモチーフの質感も この段階から再現していきます。 ホイップクリームのくだけた表情や イチゴの表面の細かい凹凸も 感じながら陰の形を塗っていきます。 このようなざらついた質感は 筆に絵の具をあまり付けず、 筆を速く動かすことで 再現していきます。 このような筆のタッチを ドライブラシといいます。 陰の形をぬりながら、このような 質感を表現していくときの重要なのは 全て同じタッチにしない ということです。 同じ陰のゾーンでも モチーフの稜線付近はカサついたタッチで塗り、 背景部分などはマットに平面的に塗る などの工夫をして絵の具の付き方に 差をつけることで質感を感じる絵 になっていきます。 明暗の境目が把握できたら、 大きい平筆で暗い面を塗って いきましょう。 不透明でマットな面を塗る場合は このように複数回塗り重ねると 良いでしょう。 初めは半透明な絵の具でざっくりと塗り 2回目にマットに塗ることで 下絵の鉛筆の線を参考にしながら 陰の中に溶け込んでしまっている モチーフの形を探りながら 暗い形を決めることが出来ます。 今回は不透明な鈍い黄色を 塗っていきます。 下塗りの色よりも明るい色を 作るのがポイントです。 明るいゾーンは初めのうちは全て、 不透明でマットに塗りこむのがポイントです。 この段階である程度自然な光や 立体感を感じるでしょうか? もし感じないようであれば、 塗った色が間違っている可能性が あるので、確認してみましょう。 お次は不透明なベースの上に 黄色の半透明な絵の具を かけていきます。 ジェルメディウムを混ぜて 絵の具の透明感と粘り気を上げて、 半透明な黄色い塗膜を重ねていきます。 明るいゾーンは最終的に彩度が低く なるので、鮮やかになりすぎないように 注意しましょう。 今回も ジェルメディウムを混ぜて絵の具の 透明感と粘り気を上げて、 半透明な塗膜を重ねていきます。 先ほど塗った黄色のゾーンよりも 鮮やかになるように 塗り重ねていきます。 一度塗っただけでは、鮮やかさが 足りないので複数回塗り重ねて、 ちょうど良い鮮やかさになった ところで次の色へ移ります。 今回の絵は明暗のコントラストが 強いので、黒い絵の具も少し混ぜます。 ジェルメディウムを混ぜて絵の具の 透明感と粘り気を上げて、 半透明な塗膜を重ねていきます。 広い面を塗る時は 筆の後が残らないように手を素早く動かし 何度か塗り重ねることで、ムラのない きれいな塗膜を作っていきます。 赤紫のゾーンも先ほどと同様 ちょうど良い鮮やかさになるまで 塗り重ねていきます。 黄色のゾーンより鮮やかで オレンジほど鮮やかではない ちょうど良いラインを目指して 塗り重ねていきます。 このように透明な絵の具を 重ねるときは 鮮やかさを上げながら、 明るさの段階を増やす意識で 塗っていきましょう。 透明色を塗り重ねると、画面は 暗くあざやかになっていきます。 また色相環上では 黄色に近づくほど色は明るく、 青紫色に近づくほど 色は暗くなっていきます。 なので基本的に透明色を重ねて、 絵にモチーフの固有色を 追加していく場合 黄色から青紫に向けて順番に 色を追加していくと良いでしょう。 今塗っている赤は若干黄色が 混ざっています。 ややオレンジ寄りの赤なのです。 モチーフの固有色をいきなり 重ね塗りすると、浮いてしまう ことが多いので 今回の光の色である黄色を混ぜた オレンジ寄りの赤を一旦塗っておくことで 自然な印象に仕上げることが出来ます。 画面を徐々に暗く徐々に 鮮やかにしていくことが 立体的で鮮やかな絵を描く コツなのです。 ベースにオレンジがあるので、 不透明で隠蔽しながら塗っていく 必要があります。 この時もモチーフの固有色を いきなり塗るのではなく モチーフの固有色に若干光の色である 鈍い黄色を混ぜて塗っています。 次はピンク色のロウソクを 塗っていきます。 この時も モチーフの固有色に若干光の色である 鈍い黄色を混ぜて塗っています。 モチーフの固有色を追加するときは その空間の光の色を若干混ぜて、 やや白っぽく塗るのがコツです。 お次は炎の周辺や、白い ホイップクリームの稜線付近に 透明で鮮やかなオレンジを 重ね塗りしていきます。 ピンボケを作る最もシンプルな方法は 色の境界線を見つけて 2つの色をパレットに再現し、 混ぜ合わせて中間色を作って 境界線上に塗るという方法です。 かなり面倒な作業ではありますが これを機械的にやっていくだけで 無限の色を感じるようなピンボケの グラデーションを作ることが出来ます。 画面の隅を暗い赤紫で 塗っていきます。 この絵のように中心に光源があって 周囲が暗闇の設定を描く場合 画面の四隅を暗くすると より自然な光を演できます。 ここからは不透明な絵の具を作って 今あるベースに薄く擦り付けるようにして さらに明るさの段階を増やしていきます。 塗りムラが気になる部分も必要な色を 作って修正していきます。 次にハイライトを白で描きおこします。 最も明るいゾーンがあざやか過ぎるので ほんの少しだけ黄色が混ざった 白を塗っていきます。 このようにハイライトの部分は 基本的にほぼ白なので、 彩度が低いのです。 また、今回のモチーフはイチゴや 溶けたロウソクなど、光沢のある部分 があるので 光源の光が反射しています。 これを細かい点を打つように 再現していきます。 全体の色の雰囲気やキワの表情を 確認し満足が行ったら マスキングテープをはがして完成です。 完成 今回はこのような 仕上がりになりました。 この絵のように暗い空間に ぼんやり光る光源があるような 設定の絵は 全体の色の関係を合わせ、 各モチーフの稜線付近を少し 描写するだけで自然な空間を 描けてしまいます。 また、ホイップクリームやイチゴなどは 形の厳密さは さほど重要ではありません。 人物や動物など形に特徴がある モチーフで練習をし、 疲れてしまった時には 今回のようなモチーフで光や質感を 描写する楽しみを思い出してみるのも 良いかもしれません。

次の

きめ つの や い ば イラスト 簡単

きめ つの や い ば イラスト 簡単

比較的簡単でマネできるのは? 初めて招待状返信アートをする方でも、比較的簡単にマネできるのが「シール」「マスキングテープ」を使った方法。 どんな装飾をすれば良いかといったセンスは必要ですが技術的には簡単。 イラストが苦手な方にもオススメです。 シール・マスキングテープアート 最近は100円ショップなどで様々なシールやマスキングテープが購入できます。 先輩たちの作品を参考にアイデアを考えてみてはいかがでしょう。 画像:マスキングテープアート 「欠席」の文字を花&葉のマスキングテープで消した作品。 シンプルで素敵なシールアートです。 返信はがきアート&イラストの描き方 招待状返信アートをやってみたいと思った皆さん。 初めての場合は何をどうして良いかわかりませんよね。 初めて返信はがきを装飾する場合の流れ・描き方を紹介します。 レイアウト・デザインを考える シールやマスキングテープを貼る位置やイラストの配置を考えます。 届いた招待状の返信はがきが、縦書きなのか横書きなのかでデザイン&レイアウトをしっかり決めましょう。 イラストを描くのであれば何を描くのかキャラクターを決め、どのようなデザインにするか全体的なイメージを考えます。 道具の準備 レイアウトやデザインが決まったら必要な道具を準備します。 シール装飾であればイメージにあったシール・マスキングテープなどを準備します。 イラストを描くのであれば色鉛筆などの文具やイラストの元ネタといった必要なものを準備しましょう。 練習&下書き 届いた返信はがきをいきなり装飾するのは避けます。 万が一失敗したら大変です。 シール装飾であれば別のはがきや同じサイズの紙を準備し、本番さながらに装飾してみましょう。 事前に完成イメージがわかります。 イラストの場合も別のはがきに鉛筆で下書きをしてイメージを作ってから、本番の返信はがきに下書きをすると良いでしょう。 下書きには鉛筆で薄く下書きする方法と、お手本を上からなぞって跡をつける方法があります。 作品作り 練習したはがきや本番のはがきへの下書きをもとに作品を完成させましょう。 新郎新婦を祝福する気持ちを忘れずに丁寧に仕上げます。 参考動画:招待状返信アートの描き方.

次の