パワプロswitch マイライフ 調子。 【パワプロスイッチ】趣味一覧【マイライフ】

【パワプロ2018】マイライフ攻略の進め方と新要素

パワプロswitch マイライフ 調子

Contents• 良かった点 契約更改が一新 これまでの契約更改では上昇幅に制限が設けられていましたが、それが撤廃 撤廃というか上限が900%まで引き上げ されました。 なので 2年目で1億超えも可能となっています。 これは早い段階での結婚などを考えているプレイヤーにとっては嬉しい改変ですね。 そして交渉内容についても、これまでは後出しジャンケンのような感じで相手次第の運要素という部分が強いものでしたが、今作ではそれも一新されています。 シーズン中に交渉材料を獲得できることがあるので、それを持ち出すという感じです。 個人的にこれは好印象。 不満点 常に調子の変動があってテンポが悪い 基本的には体力パラと調子パラを管理しつつ、ケガなどに注意しながら趣味を楽しんだり練習で鍛えたりしていくことになるのですが、ちょっと厄介だと感じたのが 調子の変動です。 というのも、出来事の良し悪しに関わらず 「調子は徐々に上がっていって最高点に到達したら徐々に下がっていく」という仕様になっているので、どんな選手にも絶好調と絶不調の時期が訪れるようになっています。 一旦下降し始めた調子を上昇方向に調整出来たりするのであればまだ良かったのですが、基本的には 「急いで本調子に戻りたければ、一刻も早く絶不調になることを目指す」というカタチになり、私には違和感しかありませんでした。 そしてそれだけならまだ、仕様の変更ということで納得しましょう。 問題は オートプレイにしていてもイチイチ調子が少し上がったり少し下がったりするせいでテンポがメチャクチャ悪いです。 オープン戦なんかの日付が空くときとかモッサリしてます。 これは完全に改悪。 別に常に絶好調にしとけとは言いませんけど、一流選手は体調管理とかスランプにならないって面でも一流だと思うんで、この辺りは少し残念に思いました。 シーズン後半になると能力が低下する Twitterなんかを見ていると、どうやら「バグじゃないか?」とも言われており、わざとそういう仕様にしたのであればキャンプ中などにもそのような説明をするテキストメッセージが流れてもいいような内容なんですが 説明書読めってのじゃ不親切すぎるほどの大幅改変 、 シーズン後半になると能力が落ちます。 例えばホームランを打ちまくって俺tueeeプレイがしたいという人は、たぶん8月後半あたりからガクッと数値が落ちるのではないでしょうか。 しかも普通にプレイしていたんでは、何が起こっているのか気付きにくいという極悪ぶりです。 私は「前半に打ちすぎてしまった分を中盤で現実的な数値に落とし、後半で微調整する」というプレイスタイルを取っていることが多いのですが、ホームランをもう少し打とうと思っても打てず「あれ?なんで打てないんだろう…」としばらく悩んでいました。 そこで、とある方法で能力を確認すると能力が大幅に落ちていることに気付きます。 例えば私のキャラクターは上記画像のような能力で、敵レベルもよわいに設定していますし、ロックオンレベルも2に設定しています。 パワーがBで弾道3なら簡単にホームランが打てるはずなんですよ。 で、実際に5月までにホームラン30本とか打っていたので、9月に入ってから相手の失投でもなかなかホームランが打てなくなる状況に疑問を感じていました。 ホームランが打てたとしても、相手の失投を上手く叩いて地方球場のような狭い球場なら弾丸ライナーでスタンドインするというような感じだったので、少なくとも弾道は絶対に下がっているという確信があったんです。 しかしデータを確認しても変わっておらず…。 違和感を持ってたら似たような人がTwitterなどのSNS上に複数人いました。 そして調べてみたところ…。 なんと 試合中の操作画面で確認できる選手の能力が、弾道1のパワーDにまで落ちていました。 しかもこの能力表示なんですが、デフォルトの設定だとシーズン中の成績表示になっているので、気付かないプレイヤーも相当多いんじゃないかと思います。 どうやらペナントモードで新たに 疲労という概念が導入されているようで「それがマイライフでも適用されてるのでは?」という意見があり、バグなのか仕様なのかは現時点では不明…。 でも仕様だとしたら、これを防ぐ方法を用意するとかもうちょっと劣化具合をマシにしてくれないとシーズンの後半がメチャクチャつまらないので困っています。 最後に 気付いたことがあれば、少しずつ追記していく予定です。

次の

【パワプロSwitch】『マイライフ』彼女や嫁情報一覧! 出会い方・告白・プロポーズ条件など!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

パワプロswitch マイライフ 調子

おすすめ新着記事 どうも、テトラです。 このアイコン、読者の皆さんもよく見ますよね。 調子またはやる気は、サクセスだけではなく試合にも大きな影響を与えるので気にします。 でも、実際、調子がいいとは、どのくらい良いのか、調子が悪いとは、どのくらい悪いのかあんまりしりませよね? 今回は、調子はどれほど影響をあたえるか調べてみました。 調子の種類 調子には、5つの種類があります。 絶好調、好調、普通、不調、絶好調です。 どの調子にあるかにより、 サクセスでの経験点やスタジオでの選手能力に大きな影響を及ぼします。 サクセスでの影響 調子による経験点への影響 調子 やる気 補正として、練習の時の経験点の計算の中に乗算されます。 2です。 絶不調の時はマイナスで乗算されてしまいますので、経験点がかなり減ってしまいます。 絶不調を維持しないように気をつけましょう。 調子によるイベントへの影響 金特イベントのなかには調子 やる気 依存のイベントが多くあります。 露骨に変わってくるイベントもありますので、できる限り調子を落とさないようにしましょう。 そのため、打率や得点などもかなり下がります。 例外として、対エース、対強打者、逆境、闘士、気分屋などは発動します。 選手能力の影響 選手能力への影響は「調子安定」と「調子極端」を持っているか持っていないかによっても変わります。 わかりやすく表にまとめてみました。 独自の調査によるものですので、正しいとは限りませんのでご了承ください。 調子の上げ方 調子が下がってしまった場合の上げ方について紹介します。 ただし、調子が下がるイベントもあるので気をつけましょう。 まとめ 今回は調子についてまとめました。 意外と知らないことも多かったのではないでしょうか? サクセスだけではなく、 スタジオでは特に大きな影響をあたえるので調子MAXドリンクを使うなどして調子を保ちましょう。 調子をうまく調整することにより、もっと深いパワプロライフを楽しみましょう。

次の

【パワプロ2018】施設ごとの食事の一覧と効果【マイライフ】|ゲームエイト

パワプロswitch マイライフ 調子

概要 『』シリーズのモードの一つである「」に登場すると同期の野球選手。 初登場はパワプロ11で、サクセスに於けるの立ち位置。 旧マイライフでは練習中に主人公にボールをぶつけて出会う(最近の作品では普通に寮で出会う事になる)。 一人称は「オイラ」で「~だぜ」という語尾が特徴。 ポジションは旧マイライフでは主人公のポジションによって変わる(投手なら投手、野手なら外野手として登場する)が、昨今のマイライフでは外野手で固定となった(後にサブポジションで三塁手も守れる様に) 一部のイベントは彼が絡むイベントもあり、余り放置しすぎると彼が解雇を受けそれらのイベントが進行できなくなる等のデメリットもある為、普段からある程度仲良くしておきたい所。 初登場のパワプロ11からパワプロ2010(PSP版)までは「朗らかだがお調子者でちょっとウザいところもある友人」といった性格付けで、怪我をした主人公を心配して電話してくれたりチームメイトやゲーム進行における有益な情報を教えてくれることもあれば、時にはパソコンを使って不正をした挙句そのままフェードアウトするということもあった。 しかし仕様変更がなされたパワプロ2012以降では相棒の鑑と言わんばかりの、心優しい性格になった。 具体的に言うと• 主人公が練習や趣味に誘えばどんな時でも笑顔で付き合ってくれる(ゲームシステムの都合上ではあるが、パワプロ2018では 海外試合に出ていても主人公の元(つまり日本)に駆け付けてくれる)• 主人公と彼女候補が良い雰囲気になれば、それを羨ましがりながらも主人公と彼女が恋愛関係に発展するよう協力してくれる。 その一方で主人公が彼女(妻)持ちで合コンを開いて欲しいと頼んだ時は「彼女がいるのに合コンはダメだ」と叱ってくれる• 自身の誕生日プレゼントをねだりつつも、主人公の誕生日は毎年忘れず祝い、プレゼントをくれる(ただし主人公が結婚した場合、その役割は妻となった彼女候補に受け継がれる)。 ちなみに奥居は途中で誕生日の設定が変わっており、旧マイライフでは、新マイライフでは生まれとなっている。 1軍の主人公が活躍したり成功した時は、自身が2軍で燻っていても心から祝ってくれる• から被害に遭っている主人公を 自身の自由な独身生活と引き換えに救ってくれる(ゲームシステム上は 主人公がその彼女候補を奥居に押し付ける形となるが)• 主人公が30歳で独り身の時は 美人の妹(18歳)を紹介してくれる サンキューオック。 能力 旧マイライフ、仕様変更後のマイライフ共に初期ステータスは如何にも「入団間もない新人」と言ったステータス。 旧マイライフ仕様では投手ならスタミナが高めに設定され、野手ならば最初からサブポジションを持つ外野手として、ステータスも平均的に纏まっている。 仕様変更後は、2EEDDDD、青能力も赤能力も無いバランス型の外野手のステータスで固定された。 旧マイライフではマイライフを進めるにつれ彼も少しずつ強くなっていくと、契約更改を乗り越え野球人生を共に走り切った際には彼もチームの主力となっている事もあるかも知れない、と言う存在であったが・・・仕様変更後のマイライフでは(主人公の行動次第だが) とんでもない潜在能力を開花させる事になる。 マイライフの仕様変更と共に、奥居の成長率もすさまじい事に 仕様変更後のマイライフでは奥居を誘って一緒に練習する事も可能となったが、 奥居との練習が両者にとってメリットが非常に大きいモノとなった。 主人公への効果は練習で得られる基礎能力経験値が、満足にレベルの上がっていない練習よりも多く経験値を稼げるため、強化項目をこまめに設定して奥居との練習を繰り返せば効率よく目的の能力を伸ばす事が可能。 そして奥居への効果だが、 何と1回一緒に練習するだけで、奥居のいずれかの能力が1以上上がる。 平均的な水準を持つ初期状態から練習を重ねるだけで、ステータスがめきめきと伸びていくのだ。 集中的に奥居と練習すれば数年で奥居をALLSの、イチローもびっくりのファイブツール揃ったスーパー外野手に育て上げる事も可能。 言い換えれば仕様変更後のマイライフでの奥居の成長は彼との交流による部分が極めて大きい為、過度に練習に誘わなければスーパー外野手へと急激に成長すると言うわけでは無い。 その為現実味のあるステータスに抑えるならば、奥居との練習をある程度控える、と言うのも手ではある。 しかし育成効率の向上及び外野の一角が大きく安定し、チームの戦力強化に大きく繋がる為「とにかく優勝を目指す」、「彼と共にレジェンドを目指す」場合は是非積極的に練習に誘いたい。 プレゼントが可能となった+奥居のサブポジションを決定出来る アップデートによって2017年度版になったパワプロ2016以降では、交友を結んだ選手に本や趣味の道具等をプレゼントする事によって友好度を上げる事が可能となった。 と同時に、本をプレゼントする事で プレゼントした本の内容に応じた青能力を付ける事が可能となった。 このプレゼント効果による強化は当然奥居にも有効。 上記の高い成長率に加え、青能力を付ける事が出来なかったという欠点も解消されたため、奥居を更なるスーパースターに変貌させると言うプレイングも可能。 更に、同作品以降では奥居のサブポジションイベントもプレイヤーの任意で選べる為、チームに不足しているポジションを奥居に守らせるという事も可能。 勿論、主人公が二塁手or遊撃手の場合に奥居を主人公と対のポジションにする事で鉄壁の二遊間を完成させたり、主人公が投手なら奥居のサブポジションを捕手に選び黄金バッテリーを組む、というプレイングも可能となった。 家族 旧マイライフでは「まりん」、仕様変更後のマイライフでは「亜美」と言う妹がいる。 また、仕様変更後(パワプロ2012以降)では奥居も結婚することがある。 奥居まりん 『パワプロ11超決定版』に彼女候補として登場。 現状、歴代でも「決定版限定」のマイライフ彼女として登場した唯一のキャラクターとなっている。 誕生日は。 初期年齢は16歳で、高卒入団で最速で出会うことが前提とすれば、奥居の2歳下の妹、亜美の10歳上の姉ということになる。 球場で売り子をやっており、野手の時はホームランを打つ、投手の場合はホームランを打たれた時に知り合う事が可能。 但し、まりんは無断で売り子をやっており、主人公との交際が奥居に発覚した場合は会う事を禁止されてしまう。 ここから関係を進展させる為には奥居と釣りに行き、奥居に覚悟を伝える必要がある。 前述通り、奥居が解雇されているとここからの進展が不可能となる為、まりんを彼女にしたい場合は奥居と仲良くしておきたい所。 また、まりんと婚約した場合は奥居の登録名と音声も「アニキ」に変更される為一度は見ておきたい。 奥居亜美 プロとしての経験が浅い頃に奥居に電話をした際に女の子が出る事があるが、彼女が亜美。 30歳以上になった時に独身の場合、奥居から紹介される事がありそこから交際を進めていく事で彼女にする事が出来る。 彼女として登場する際は初期年齢18歳、誕生日は。 典型的なお兄ちゃんっ子であり、主人公を支えつつもいつまで経っても落ち着かないお兄ちゃんを心配する良い子。 ちなみに奥居曰くまりんは既に既婚者であるらしい。 亜美にもまりんにも嫁がれ、さみしい心境にもなりつつも奥居はちゃんと主人公達を応援してくれる。 姉のまりんは大きな目と癖毛のが特徴の美少女で、こちらも兄とは全く顔が似ていなかったが(成長後の亜美ともあまり似ていないが)、意外と彼女も子供の頃は兄と似ていたのだろうか? 奥居の結婚について 奥居の結婚までの過程だが、当初は彼が婚約を決める条件として「 主人公が彼女候補の好感度をわざと下げて1度破局させる」、「 奥居に連絡して別れた彼女候補を紹介して2人の仲を取り持つ」という手順が必要になる。 彼女候補と別れた後に奥居へ電話すると「好きな人が出来た。 その相手から主人公とは友達と聞いたんだけど、どうか仲を取り持ってほしい」と相談される。 要するに奥居に元カノを押し付ける、言い換えればならぬ である。 奥居と元彼女をくっつけてあげればその年のシーズンオフに2人が結婚式を挙げるが、元カノは 何かをうったえるような目で主人公をチラチラ見つめるという、主人公と元彼女の間に気まずい空気が流れることになる。 本命の彼女候補がいる場合で奥居との間に「相棒」を発動させたい場合は、 奥居に捧げる為の本命ではない彼女候補と1度恋人となってわざと破局し、奥居に紹介した後に本命の彼女候補と付き合うという非常に気まずい気持ちになるプレイが必要。 この過程を経て奥居が結婚すると主人公と奥居の間に「相棒」が発動。 効果は主人公と奥居がスタメンの時、奥居の打撃能力(ミート・パワー・走力)が1段階上がる(例えばミートCならミートBに)というもの。 先述の奥居のスーパー選手化と合わせチームの勝利に貢献してくれるので、発動して損は無い能力であるのだが… 先述の通り、奥居は主人公と元彼女が恋愛関係になっていたことを知らないのが唯一の救いであると共に、詳しい事情を知らない奥居が自分の元カノと結婚出来て喜んでくれている姿に罪悪感を感じるプレイヤーも。 奥居からすれば主人公への後ろめたさなく純粋に「(自分と元彼女の友人として)仲を取り持ってくれ」と頼み込んでおり、先述の心優しい性格も相まり尚更である… ちなみに近年の作品では主人公が彼女候補と破局せずストレートに結婚した場合でも、数年後に奥居もランダムで別の彼女候補と結婚式を挙げるイベントが発生することがある。 この場合「相棒」は得られないが、主人公と奥居の結婚相手の間に気まずい空気が流れることは無く、主人公も終始笑顔で奥居達を祝福することになる。 奥居の幸せを祈りたいが、気まずさは感じたくないという場合は本命の彼女と早期に結婚し、その後に訪れる奥居の吉報を気長に待ちたい所。 余談 トレードやFA権の行使により、所属チームを変更できる主人公と違い、仕様変更後のマイライフでの奥居はFA権を取得しても行使せず、トレードに出されることも無い為主人公がチームを出ていく事が無い限り奥居と敵同士になる事は無い。 その為主人公が投手の場合、しっかり鍛え上げレジェンドクラスの選手へと成長を遂げた奥居と戦う為にはこちらからチームを出ていく事が必要となる。 思い入れが出てきたらこういったプレイングもありだろう。 また、嘗てダウンロードコンテンツで配信されていたパワプロスタジアムでは以下のコメントで彼が収録されていた。 「野球人生でのライバル。 彼と競ったマイライフはかけがえのない思い出。 」 野球人生を彼と共に、互いに偉大な選手として駆け抜けられるかはプレイヤー次第だ。 レアリティはSR、属性はファイト属性。 マイライフ投稿動画等での彼の扱いは、旧マイライフ等では主人公の助言役を務めている場合もあれば、何かと散々な扱いを受けていたりもする(但し後者の場合は奥居が散々なやらかしをしてしまっている場合も多いが)ケースが多い。 仕様変更後のマイライフでは奥居のステータスの成長を敢えて抑え、あくまで動画主人公を主体に据え狂言回しやツッコミ役に回る場合もあれば、最初からの良き相棒として共に活躍したり、レジェンドクラスの選手まで育った場合は 投手の主人公と日本シリーズの頂点を賭けて対決すると言う動画も。 関連タグ :サクセスに於ける相棒ポジションはこちら。 関連記事 親記事.

次の