エクセル メモ 印刷。 エクセルの付箋機能ってなに?セルに付けるメモ機能や印刷方法を解説!

エクセル コメントやメモを印刷する

エクセル メモ 印刷

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つエクセルの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「コメントの印刷」についてです。 エクセルのコメントは通常の場合、セルにカーソルを乗せないと表示されませんが、常に表示された状態にすることや、そのまま印刷もできることを知っていますか?「コメントって何?」というエクセル初心者の方にも分かりやすくご説明します。 なお、ここではエクセル2010を用いて解説します。 2010 エクセルのコメントを印刷すると、会議資料を活性化させることができる たとえば、エクセルで会議に使用する資料を作成するとき。 必要な表をレイアウトしたページで、特に注目して欲しい部分や一言付け加えたい部分にコメントを印刷すれば、見る人の目を引くことができます。 資料に付箋をつける感覚で使うことができます。 また、コメントは元のデータを乱すことなく付けられることも利点です。 データの作成者に「ここをこう直してください」など、訂正指示などを伝えるときに役立ちます。 エクセルでコメントを挿入する方法 最初に、エクセルでコメントを挿入する方法を見てみましょう。 いくつかありますが、一番簡単なものをご紹介します。 たとえば会議で使用するシート内の情報に、自分なりの考察を付け加えたいとします。 会議で注目してほしいセルの上で右クリックをする。 出てきたメニューの中から「コメントの挿入 M 」をクリックする。 コメント入力欄が出てくるので必要事項を書き込み、Enterを押して確定する。 以上です。 とても簡単ですね。 ちなみにコメントがついたセルは右上の角に小さな赤い印がつきます。 この印のついたセルの上にポインターを置くと、コメントが表示されます。 エクセルのコメントを常に表示する、または非表示にして隠す方法 通常の設定だと、コメントはポインターを置いたときだけ表示される「非表示状態」なのですが、常に表示された状態で会議を進めれば見落としのない 情報共有ができるようになります。 以上で、コメントは常に表示された状態になります。 常に表示されていれば、見落とされる心配がなく、確実に着目ポイントを共有することができますね。 そして常に表示された状態になっているコメントを非表示にしたい場合は、同様に右クリックして出てきたメニューの中の「コメントを表示しない H 」をクリックすれば元の状態に戻ります。 エクセルのコメントを印刷する方法 それでは、エクセルのコメントを印刷する方法をご紹介します。 印刷したいコメントを、常に表示された状態にします。 ちなみにコメントはクリック&ドラッグで移動できるので、重要な資料にかからないよう邪魔にならないところに動かしておきましょう。 作業画面上部の「ページ レイアウト」タブをクリックし、「ページ設定」の右端にある小さな印をクリックします。 「ページ設定」というウインドウが出てくるので「シート」タブをクリックする。 それぞれの印刷イメージは、下の画像を参考にしてください。 なお、まだ印刷しない場合は「OK」ボタンを押してください。 ワードではよく利用されるコメント機能。 エクセルでも活用すれば、とても便利な機能です。

次の

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 012632

エクセル メモ 印刷

エクセルでコメントやメモを残したいときがあります。 コメントを残すことで、他の人にお知らせしたり次に見たとき忘れないようにしたりできます。 そこで、エクセルのコメント機能やメモ機能の使い方について紹介していきます。 エクセルのコメント機能やメモ機能とは エクセルには以下のようなコメント機能があります。 この記事では、このコメント機能について「印刷、表示非表示、削除、コピー」を中心にお伝えしていきます。 ただ、コメント機能の使い方についてお知らせする前に、一つ注意があります。 Office365のエクセルにはコメント機能やメモ機能の2つがある それは、Office365で使用できるエクセルには、コメントとメモの2つの機能があることです。 これまでエクセルを使ってきた人になじみがあるのが、以下のコメント機能です。 しかしOffice365では、上記の機能は「コメント」ではなく「メモ」に変わりました。 そして、Office365のエクセルでは「コメント」として以下の機能が追加になったのです。 したがって、Office365で使用できるエクセルには、コメント機能とメモ機能があります。 以下でその違いについてまとめました。 少なくとも、Office2013とOffice365のエクセルを調査したところ、変更されていることを確認できています。 それでは、これからコメント機能について「印刷、表示非表示、削除、コピー」を詳しくお伝えしていきます。 エクセルでコメントを設定する方法 Office365ではメモ エクセルでコメント機能を設定する方法について解説します。 なお説明はOffice365で行っていますので、画像では「メモ」と表示されています。 しかし、お使いのOfficeのバージョンがOffice365ではない場合は、「メモ」を「コメント」と読み替えてください。 設定は以下ののステップで行います。 そこで、常に表示しておく方法について解説します。 これは、表示と非表示を切り替える操作を行います。 なお説明はOffice365で行っていますので、画像では「メモ」と表示されています。 しかし、お使いのOfficeのバージョンがOffice365ではない場合は、「メモ」を「コメント」と読み替えてください。 以下のステップで操作します。 エクセルでコメントを削除する方法 エクセル上のコメントを削除したいことがあります。 そこで、エクセルのコメントを削除する方法について解説します。 なお説明はOffice365で行っていますので、画像では「メモ」と表示されています。 しかし、お使いのOfficeのバージョンがOffice365ではない場合は、「メモ」を「コメント」と読み替えてください。 設定は以下ののステップで行います。 そこで、エクセルのコメントだけをコピーして他のセルに反映させる方法について解説します。 なお説明はOffice365で行っていますので、画像では「メモ」と表示されています。 しかし、お使いのOfficeのバージョンがOffice365ではない場合は、「メモ」を「コメント」と読み替えてください。 設定は以下ののステップで行います。 そこで、ショートカットキーを使ってエクセルにコメントをする方法について解説します。 なお説明はOffice365で行っていますので、画像では「メモ」と表示されています。 しかし、お使いのOfficeのバージョンがOffice365ではない場合は、「メモ」を「コメント」と読み替えてください。 設定は以下のステップで行います。 また、エクセルマクロは他にも作業を効率化することが可能です。 以下の記事でまとめていますので、合わせて読んでみてください。 Office365のエクセルの機能「コメント」を設定する方法 これはOffice365に存在する機能です。 Office365のエクセル機能「コメント」とは、以下のようにスレッドを立ててメッセージをやりとりできる機能です。 ただし、Office365でしか使えない可能性があります。 お使いのエクセルが、以下のようにコメントとメモの2つが用意されていれば、以下で紹介する機能を使うことができます。 以下で使い方についてお伝えしていきます。 ここで紹介した内容を使えば、コメント機能で困ることはないはずです。 ぜひコメント機能やメモ機能を使って、作業を効率化してみてください。 作業効率化のためのお勧め記事 作業効率化できるようになるために役立つ記事は以下で紹介しています。 個人スキルを高める 仕事で使える個人スキルを高めるのに役立つ記事は以下です。 仕事効率化に必要な考え方 仕事の効率化を目指すときのポイントは、以下の記事で解説しています。 ぜひ合わせて読んでみてください。 エクセルを使った仕事の自動化や仕組み化を行う 業務自動化(エクセルマクロVBA)に関連する情報は、こちらの記事で解説しています。 ぜひ合わせて読んでみてください。 gene320.

次の

エクセルで吹き出しの作り方(文字を入れる方法や印刷について)|Office Hack

エクセル メモ 印刷

この記事の目次• コメントを表示したまま印刷するやり方 それでは始めていきましょう! 「校閲」タブをクリックして移動する 最初に 「校閲」タブをクリックして 移動しましょう。 「すべてのコメントの表示」ボタンをクリックする 「校閲」タブをクリックしたら 「すべてのコメントの表示」ボタンを クリックします。 「すべてのコメントの表示」ボタンを クリックするとコメントがワークシート上に 表示されます。 「ページレイアウト」タブをクリックして移動する ワークシート上にコメントが表示されたら 「ページレイアウト」タブをクリックしましょう。 「ページ設定」グループ右下にあるアイコンをクリックする 「ページレイアウト」タブをクリックしたら 「ページ設定」グループ右下のアイコンを クリックします。 「シート」タブをクリックして移動する 「ページ設定」グループ右下のアイコンを クリックしたら、「ページ設定」が 表示されます。 「ページ設定」の中に 「シート」タブを クリックしましょう。 「コメント」欄で「画面表示イメージ」をクリックする 「シート」タブをクリックしたら そのタブ内にある 「コメント」項目が 「なし」になっている状態です。 右側にある下矢印をクリックして 一覧が表示されます。 その一覧の中から 「画面表示イメージ」を クリックしてください。 「印刷プレビュー」ボタンをクリックする 「コメント」項目で「画面表示イメージ」を クリックしたら、下部の 「印刷プレビュー」 ボタンをクリックしましょう。 プレビューを見たら「印刷」ボタンをクリックする 「印刷プレビュー」ボタンをクリックしたら 印刷画面が表示され右側に印刷プレビューが あります。 印刷プレビューでコメント表示されているか 確認して、左側の上部にある 「印刷」ボタン をクリックしてください。 「印刷」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックして確定する 「印刷」ボタンをクリックすると 「印刷」ウィンドウが表示されます。 そのウィンドウ内の 「OK」ボタンを クリックして印刷しましょう。 そうすると、コメントを表示して 印刷することができます。 まとめ• 「校閲」タブをクリックして移動する• 「すべてのコメントの表示」ボタンをクリックする• 「ページレイアウト」タブをクリックして移動する• 「ページ設定」グループ右下にあるアイコンをクリックする• 「シート」タブをクリックして移動する• 「コメント」欄で「画面表示イメージ」をクリックする• 「印刷プレビュー」ボタンをクリックする• プレビューを見たら「印刷」ボタンをクリックする• 「印刷」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックして印刷する お疲れ様でした。 コメントを表示したまま印刷することは できましたでしょうか? 連絡事項として印刷したい時も この機能を使えばできますね。 あなたの作業が止めることなく 進められることを心より応援しております。

次の