アジサイ が 文献 に 登場 する 最も 古い 時代 は。 検定

このハウスでトマトを甘くするため土に入れるのは?【お天気検定】 答えグッドモーニング

アジサイ が 文献 に 登場 する 最も 古い 時代 は

意外といろんな仲間がいる 今年も梅雨本番となりました。 梅雨の花といえば、 アジサイですよね。 私たち日本人に身近な園芸植物のほとんどは外国からの導入種ですが、4月には、しました。 アジサイもソメイヨシノと同じく、そうした稀有な例の一つです。 全国にはたくさんのアジサイ愛好家がいますし(そんなこと初めて聞いた、という読者もいるでしょうけれど、本当に多いのです)、愛好家でなくともほとんどの人は、美しいアジサイを見ると、春から夏への季節の変化を実感するでしょう。 アジサイの栽培法に関する書籍もたくさん出版されています。 しかし驚くべきことに、というか、これほど身近な存在であるにもかかわらず、生物学的な立場から見た「アジサイとはなにか」という疑問に応え得る先行文献は、ほとんど存在しません。 愛好家の中には、野山から野生のアジサイを採取し、 自宅の庭に植えて楽しむ人もいます。 鑑賞のために必要となる「見掛けの変異」にもとづいた品種名は膨大につけられているのに、系統的分類は、全くと言っていいほど手付かずのままなのです。 日本の人里でよく見かける「園芸植物としてのアジサイ」は、アジサイ属のごく一部にすぎません。 アジサイ属の中には、園芸アジサイの原種の ヤマアジサイ(ガクアジサイ)やその近縁種のほかに、類縁の遠く離れた、けれども外観はヤマアジサイにそっくりな種(例えば中国の山野で普通に見られる「アスペラ」と呼ばれる一群)なども含まれます。 逆に、見た目が全く異なるので、これまではアジサイとは見做されていなかった、 イワガラミや バイカアマチャや ジョウザンなども、アジサイの仲間です。 中国広西壮族自治区で撮影したヤナギバハナアジサイ もちろん人間の都合とは関係なく、野生のアジサイははるか昔から存在し、現在も山の中に慎ましく生えてきました。 愛好家以外にはほとんど知られることもない植物たちですが、世界には20~100種ほど(研究者ごとに種の数え方が大きく異なる)が分布しています。 私たちが親しんでいる、園芸植物としてのアジサイの由来については、ご存知の方もいるかもしれません。 基となったのは、日本本土に広く分布するヤマアジサイのうち、伊豆諸島周辺地域産の集団です。 興味深いことに、ソメイヨシノのルーツが伊豆諸島周辺地域産のオオシマザクラであることと共通しています。 ただしアジサイの場合、野生-改良-普及が国内で完結しているソメイヨシノとは、成り立ちがかなり異なります。 やがて中国で園芸植物として親しまれるようになり、現地の文化に溶け込んで地位を確立しました。 もちろん中国で栽培されたアジサイは日本にも持ち込まれたと思われますが、あまり注目されることもなく、積極的にアジサイを栽培しようと考えた日本人はほとんどいなかったようです。 18世紀の末、アジサイは中国からヨーロッパに紹介され、そこで積極的な改良がなされて、多様な改良品種が誕生しました。 欧米では、園芸植物は大きくてカラフルで派手であればあるほど好まれます。 そうして日本起源のアジサイは、豪華絢爛に変身して里帰りしたというわけです。 ここで、アジサイの「花」について簡単に説明しておきましょう。 手毬のような形をした、一般にアジサイの「花」とみなされている部分は、花の集まりで「花序」と言います。 それを構成する一つ一つは、花ではありません。 いわゆる一般のアジサイには、花がないのです。 ご存知の読者も多いかもしれませんが、花に見える3~5枚の花弁のようなものは、花の外側のガク片に相当するいわば偽の花で、「装飾花」と呼びます。 小さくて目立たない本物の花の周りに、花粉を媒介する虫を引き付ける目的で、大きくて目立つ偽の花が形成されました。 その部分を人間が改良して強調し、やがて本物の花のない、偽物の花だけを持つ園芸植物のアジサイが出現したわけです。 ただし園芸アジサイにも、野生のアジサイと同様に花序の周りに装飾花、中央部に本物の花の集まり、という構成のものもあって、これらは「ガクアジサイ」と呼ばれています。 ヤマアジサイの一地域集団である伊豆諸島周辺の野生ガクアジサイと一応は同種ですが、園芸種のアジサイとガクアジサイは、もともとはこの野生のガクアジサイに由来する植物です。 アジサイの中央部に集まる小さな本物の花は、正常花(生殖機能がある)、中性花(一つの花の中に雄しべと雌しべが共存する)などと呼ばれます。 生物学的な分類上は、この部分の構造比較がとても重要ですが、園芸植物としてのアジサイにおいては、ほとんど顧みられることがありません。 分類上は全く無意味な「偽の花」である装飾花の色や形を、より魅力的なものにしようと、人間は努力を重ねてきたのです。

次の

アジサイ(紫陽花)

アジサイ が 文献 に 登場 する 最も 古い 時代 は

蕎麦切りが誕生した背景と各地への伝播について ソバは、縄文・弥生の時代から食べられてきた穀類のひとつである。 ソバの実()の殻を取り除いて、「剥き実・」としての「粒食」であったり、団子やなどで食べる「粉食」としての時代が長かったが、やがて「麺食」としての食べ方が登場したのが「そば切り」である。 左は直径二尺(60センチ)ほどので、おそらく江戸時代から使い込まれてきた年代物である。 ふだんはヒエやキビ、またはソバ粉や小麦粉、くず米粉などをこねて団子を作り、ハレの日や格別な時にはそば切りやうどんを打った。 ながい生活の年輪と歴史が木肌に刻み込まれている。 1)「そば切り」発祥の年代 そば切り発祥に関する江戸期から昭和時代までの諸説 「そば切り」が、いつ・どこで・どのように誕生したかについては分かっていない。 江戸時代からの説では、十七世紀以降になって甲州か信州のいずれかで生まれ、やがてそれが江戸や各地に伝わったとされている。 これ以外にも、そば切りは江戸時代初期の江戸で始まったとする説も根強かった。 十七世紀以降とする根拠については、享保19年(1734)刊「」巻一に蕎麦切の条があって、そこには二百年遡って書物を調べても蕎麦切に関する文献が出てこなかったと書いているのと、室町中期の通俗辞書で慶長2年(1597)改訂版の「」にも饂飩・などの麺類は出ているが、蕎麦切についての記載がない。 とあって、この二つの書物が論拠とされてきた背景がある。 「庭訓往来()」は、14世紀の後半(南北朝後期〜室町初期)に成立し、江戸初期にかけて多くの注釈本が出され、この時代を代表する国語辞典である。 たしかにこの「庭訓往来」を例にとってみても蕎麦切は登場していない。 「庭訓往来 十月状 返」(江戸前期)の「点心用の食品・菓子」の部分を抜粋すると、「点心者 (ハ)、水繊・温糟・糟鶏・・・・砂糖羊羹・饂飩・饅頭・索麺・碁子麺・巻餅・温餅。 菓子者 (ハ)、柚柑・柑子・橘・熟瓜・・・・・興米・索餅等」とあって、蕎麦切は登場しないのである。 注:点心 朝食と夕食の間に食べる虫休め、正食の前に取る簡単な食物。 菓子(現在の和菓子ではなく、果実や堅菓など)の中に索餅がみられる。 甲州説と信州説については、尾張藩士で国学者のが江戸中期に出した雑録(随筆集)・「」の巻之十三宝永 1704〜11 のなかに、「蕎麦切は甲州よりはじまる、初め(棲雲寺という臨済宗の山号)へ参詣多かりし時、所民参詣の諸人に食を売に米麦の少かりし故、そばをねりてはたことせし、其後うとむを学びて今のそば切とはなりしと信濃人のかたりし。 」としているのが甲州説であり、一方の信州説は彦根藩井伊家の家臣で、松尾芭蕉十哲の一人でもあった森川許六が芭蕉門下の文章を集めて宝永3年(1706)に編纂した俳文集「本朝文選」、後に改題したの中で、「そば切りといふはもと信濃の国より出て 普く国々にもてはやされける」としたという門人の説を紹介している。 これが甲州・信州両説の論拠であるが、双方共にそれ以外に裏付けとなる記録などは見あたらず、単にその当時の伝聞を書きしるしただけのものとの評価に止まっている。 次に、そば切りは江戸時代初期の江戸で始まったとする近年の説をみると下記のごとくである。 「食味の真髄を探る」波多野承五郎著 昭和5年(1929 で、「徳川の初期には、今日の蕎麦はなかったが、寛文年間 1661-72 に初めて二八蕎麦というのが出来た。 それは饂飩の製法に倣って蕎麦粉二分と小麦粉八分の割合で打ったものだから二八蕎麦という名称が出来た・・・」とするものであり、 「食通ものしり読本」多田鉄之助著 昭和52年(1977 新人物往来社では「江戸の初期に、ソバを粉にして水を加えて、こねて作ったソバ切りの発明は、そばの真価を高めました。 ・・・」とある。 注:波多野承五郎(1858年〜1929年)は報知新聞記者、フランス公使館付書記官、朝野新聞社長、三井銀行役員、衆議院議員を歴任。 多田鉄之助 食味評論家 元・時事新報記者「食通ものしり読本」「食通の日本史」「味の日本史」「そば漫筆」など ここまでが、昭和の中頃くらいまでのそば切り発祥に関する場所と時期についての諸説であったが、昭和41年(1966)に国文学者の鈴木棠三氏によって江戸時代初期の「慈性日記」からそば切りの記録が見いだされる。 更に、平成5年(1993)には長野市在住の郷土史家・関保男氏が木曽・定勝寺の史料に「振舞 ソハキリ」という記述のあることが発表されて、具体的な史実に基づいて「初期のそば切り」を考えることができるようになったのである。 早い時代のそば切りの記録 史料に登場する「そば切り」の初見で最もは、木曽大桑村須原宿のに残る「」であり、そのなかの天正2年(1574)2月からおこなわれた仏殿修理に伴う書き留め「同(作事之)振舞同音信衆」の中に「徳利一ッ 千淡内」などとともに記された「振舞ソハキリ 金永」という記録である。 この木曽・定勝寺の記録が見いだされるまでは、近江・多賀大社のという社僧(正しくは、尊勝院の住持であり多賀大社別当不動院を兼務)が書き遺したで、19年(1614)2月3日の条で江戸に行った際、というでを振る舞われたと解されてきた日記であった。 上記二つの実例、すなわち木曽の定勝寺と江戸が舞台の慈性日記とは40年であるが、この間にも別のそば切りに関わる二例が登場している。 ひとつは、天正年間に「砂場」についての記述がある。 嘉永2年(1849)刊行と時代は下がるが「日本二千年袖鑒 (そでかがみ)」のなかに天正12年(1584)にそば屋が開店したとある。 時代背景としては、秀吉がほぼ天下を掌握して大坂城の築城を始めたのが天正11年であるから、その翌年の工事現場(資材集積場)付近でのことである。 続いて、尾張一宮にあるは室町時代の開山で、ここには慶長13年(1608)6月21日と記されたという「妙興禅林沙門恵順 覚書」があって蕎麦の調理法が書かれているという。 ただ、この史料は公開されていないために評価は得られていない。 以上で天正と慶長の時代をみてきたが、続いて、元和 1615〜24)のわずか10年間にも二例があってこれらは実録で登場する。 一つは奈良の茶人が書いたであり、さらにもうひとつは京都の公家の日記である。 茶人の松屋は漆屋で、東大寺八幡の神人の身分を持つ家柄であるとともに、わび茶の祖ともいわれる村田珠光の伝統を受け継ぐ名家といわれた。 は久政・久好・久重三代の約120年に及ぶ茶会記である。 「ソハキリ」は、松屋久好(達五人)が元和8年 1622 12月4日に大和郡山・藩主の朝の茶会に招かれ、藩主自らのもてなし(御自身御給仕)を受けた後、家老・山田半右衛門殿にも招かれている。 さらに昼になって予定外であった・奥平金弥殿へもまねかれたとき(茶の湯の後)ヒノウトン 又ソハキリ 肴色々 菓子モチ・クリ・コハウ」などを振る舞われたと記している。 この時の大和郡山藩主は、元和5年 1619 に入封した松平(奥平)忠明であり、家老4人の中に山田半右衛門と奥平金弥がいた。 おそらく家老屋敷(記録に残る五軒屋敷のひとつ)で振舞われたのであろうと考えられる記述である。 特筆すべきは、武将・奥平金弥がにわかに(本文は「不時ニ」)主催した席の後段としてヒノウドンや肴類、菓子モチなどとともにそば切りまでも出すことができたということである。 ( 注:ヒノウトン 京都油小路下立売南、日野屋製のうどん。 湯煮饂飩。 ) 奈良に次いで二年後の京都では、権大納言日野資勝の日記「資勝卿記」のなかで、元和10年(1624)2月14日の条に、「・・大福庵へ参候て 弥陀ヲヲガミ申候也 其後ソハキリヲ振舞被申て 又晩ニ夕飯ヲ振舞被申候也」とあってそば切りを馳走になったことを記している。 (この日野資勝は、江戸でそば切りを振る舞われたと「慈性日記」に書き残した僧・慈性の父である。 そして、この資勝卿記に登場する大福庵は慈性日記にも再三登場する京都の天台宗の寺である。 ) こうしてみると、天正2年(1574)から元和10年(1624)までのわずか50年に、信濃、江戸、大坂、尾張、大和、京都と、わが国の三都を含む六ヶ所の地域でそば切りが作られていたのである。 これらの出来事から推して、すでにそば切りは誕生から相応の期間を経ていたと考えられるのと、もっと広い範囲で行われていたと考えるのが自然であろう。 そば切り誕生の場所や年代はわかっていないが、現在の初見より少なくとも一世紀はさかのぼることができると考えられ、その発祥は十五世紀、遅くても十六世紀初頭には出現していたのではなかろうか。 【】 【】.

次の

検定

アジサイ が 文献 に 登場 する 最も 古い 時代 は

意外といろんな仲間がいる 今年も梅雨本番となりました。 梅雨の花といえば、 アジサイですよね。 私たち日本人に身近な園芸植物のほとんどは外国からの導入種ですが、4月には、しました。 アジサイもソメイヨシノと同じく、そうした稀有な例の一つです。 全国にはたくさんのアジサイ愛好家がいますし(そんなこと初めて聞いた、という読者もいるでしょうけれど、本当に多いのです)、愛好家でなくともほとんどの人は、美しいアジサイを見ると、春から夏への季節の変化を実感するでしょう。 アジサイの栽培法に関する書籍もたくさん出版されています。 しかし驚くべきことに、というか、これほど身近な存在であるにもかかわらず、生物学的な立場から見た「アジサイとはなにか」という疑問に応え得る先行文献は、ほとんど存在しません。 愛好家の中には、野山から野生のアジサイを採取し、 自宅の庭に植えて楽しむ人もいます。 鑑賞のために必要となる「見掛けの変異」にもとづいた品種名は膨大につけられているのに、系統的分類は、全くと言っていいほど手付かずのままなのです。 日本の人里でよく見かける「園芸植物としてのアジサイ」は、アジサイ属のごく一部にすぎません。 アジサイ属の中には、園芸アジサイの原種の ヤマアジサイ(ガクアジサイ)やその近縁種のほかに、類縁の遠く離れた、けれども外観はヤマアジサイにそっくりな種(例えば中国の山野で普通に見られる「アスペラ」と呼ばれる一群)なども含まれます。 逆に、見た目が全く異なるので、これまではアジサイとは見做されていなかった、 イワガラミや バイカアマチャや ジョウザンなども、アジサイの仲間です。 中国広西壮族自治区で撮影したヤナギバハナアジサイ もちろん人間の都合とは関係なく、野生のアジサイははるか昔から存在し、現在も山の中に慎ましく生えてきました。 愛好家以外にはほとんど知られることもない植物たちですが、世界には20~100種ほど(研究者ごとに種の数え方が大きく異なる)が分布しています。 私たちが親しんでいる、園芸植物としてのアジサイの由来については、ご存知の方もいるかもしれません。 基となったのは、日本本土に広く分布するヤマアジサイのうち、伊豆諸島周辺地域産の集団です。 興味深いことに、ソメイヨシノのルーツが伊豆諸島周辺地域産のオオシマザクラであることと共通しています。 ただしアジサイの場合、野生-改良-普及が国内で完結しているソメイヨシノとは、成り立ちがかなり異なります。 やがて中国で園芸植物として親しまれるようになり、現地の文化に溶け込んで地位を確立しました。 もちろん中国で栽培されたアジサイは日本にも持ち込まれたと思われますが、あまり注目されることもなく、積極的にアジサイを栽培しようと考えた日本人はほとんどいなかったようです。 18世紀の末、アジサイは中国からヨーロッパに紹介され、そこで積極的な改良がなされて、多様な改良品種が誕生しました。 欧米では、園芸植物は大きくてカラフルで派手であればあるほど好まれます。 そうして日本起源のアジサイは、豪華絢爛に変身して里帰りしたというわけです。 ここで、アジサイの「花」について簡単に説明しておきましょう。 手毬のような形をした、一般にアジサイの「花」とみなされている部分は、花の集まりで「花序」と言います。 それを構成する一つ一つは、花ではありません。 いわゆる一般のアジサイには、花がないのです。 ご存知の読者も多いかもしれませんが、花に見える3~5枚の花弁のようなものは、花の外側のガク片に相当するいわば偽の花で、「装飾花」と呼びます。 小さくて目立たない本物の花の周りに、花粉を媒介する虫を引き付ける目的で、大きくて目立つ偽の花が形成されました。 その部分を人間が改良して強調し、やがて本物の花のない、偽物の花だけを持つ園芸植物のアジサイが出現したわけです。 ただし園芸アジサイにも、野生のアジサイと同様に花序の周りに装飾花、中央部に本物の花の集まり、という構成のものもあって、これらは「ガクアジサイ」と呼ばれています。 ヤマアジサイの一地域集団である伊豆諸島周辺の野生ガクアジサイと一応は同種ですが、園芸種のアジサイとガクアジサイは、もともとはこの野生のガクアジサイに由来する植物です。 アジサイの中央部に集まる小さな本物の花は、正常花(生殖機能がある)、中性花(一つの花の中に雄しべと雌しべが共存する)などと呼ばれます。 生物学的な分類上は、この部分の構造比較がとても重要ですが、園芸植物としてのアジサイにおいては、ほとんど顧みられることがありません。 分類上は全く無意味な「偽の花」である装飾花の色や形を、より魅力的なものにしようと、人間は努力を重ねてきたのです。

次の