桔梗 石膏。 桔梗石膏

桔梗石膏

桔梗 石膏

桔梗石膏 スポンサード リンク 成分(一般名) : 桔梗石膏 製品例 : コタロー桔梗石膏エキス細粒 ・・ 区分 : 漢方/漢方/漢方製剤 PR 概説 どの腫れや咳に用いる漢方薬です。 作用 【働き】 桔梗石膏(キキョウセッコウ)という方剤です。 扁桃炎や咽頭炎などで、のどが腫れて発赤し、咳をともなうときに適します。 【組成】 漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。 桔梗には痰や膿を排出する働きがあります。 石膏は硫酸カルシウムを主成分とする天然の石で、熱や炎症をひく強い作用があるといわれます。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 桔梗 キキョウ• 石膏 セッコウ 特徴• 葛根湯や小柴胡湯など他の方剤と合わせて用いることが多いです。• 適応証(体質)は、実〜中間証(比較的体力充実)、熱証(炎症)となります。 注意 【診察で】• 持病のある人は医師に伝えておきましょう。• 市販薬も含め服用中の薬を医師に教えてください。 【注意する人】 体の弱っている人や胃腸の弱い「虚証」の人、また、冷えの強い人には向きません。 【使用にあたり】• ふつう、漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。 顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。 むかつくときは、水で飲んでもかまいません。• もし、食欲がなくなったり、吐き気を催すようでしたら、食後でもよいと思います。• 一般的には、症状のひどいときだけ飲むようにします。 長期の服用には適しません。• 効果のないときは、医師と相談してみてください。 証の再判定が必要かもしれません。 【備考】• 漢方は中国で生まれた体系医学です。 その起源は遠く2千年以上もさかのぼります。 そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげました。• 漢方の特徴は、体全体をみるということです。 体全体の調子を整え、病気を治していくのです。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの体の状態や体質をあらわすのが「証(しょう)」という概念です。 このような考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 漢方のよさは、薬そのものよりも、証にもとづき「人をみる」という、その考え方にあるといっても過言でないでしょう。• 病院では、服用が簡単な「エキス剤」が広く使われています。 これは、煎じ薬を濃縮乾燥させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます(一部の専門外来では、生薬のまま調合することも)。 現在、桔梗石膏をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっています。 効能 咳嗽あるいは化膿するもの。 用法 通常、成人1日6.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 漢方薬にも少しは副作用があります。 人によっては、服用時にむかついたり、食欲がなくなるかもしれません。 しだいに慣れることが多いのですが、つらいときは医師と相談してください。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

子どもの声枯れに使える漢方の桔梗湯、効果的な飲み方と飲み合わせ

桔梗 石膏

桔梗石膏(キキョウセッコウ)は咳に効果的な漢方薬です。 ひどい咳が続くと体力まで奪われてしまうので、すぐにでも止めたいですよね。 そんな時に使えるのが桔梗石膏です。 今回は、桔梗石膏の効能と作用・副作用について紹介していきます。 桔梗石膏の効能 桔梗石膏はのどの腫れや咳に対して効能があります。 風邪の諸症状にも効果的に働きます。 扁桃炎や咽頭炎などで、のどが腫れて発赤し、咳をともなうとき等にも適しているのでこのような症状が診られる場合に処方される漢方製剤です。 桔梗石膏の副作用 桔梗石膏は漢方薬なので比較的に副作用な少ないですが、年齢、体重、体質、症状により適宜増減するので過剰摂取には注意が必要です。 事前にどんな副作用があるのか確認してみましょう。 むくみ 顔や手足などむくみを感じることがあります。 食欲不振と胃の不快感 胃の不快感は人それぞれ感じ方が違います。 例えば吐き気や胸やけといった形で表れることもあります。 少しでも異常を感じたら副作用を疑ってみましょう。 下痢 特に理由もないのに下痢が続くようなら使用をやめてください。 症状として表れる副作用はこれだけではありません。 人によって副作用の出方は、変わることがあります。 いつもと体調が違うと感じたら使用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。 桔梗石膏の注意点 妊娠中の人 妊娠中の人に対する薬の使用には未知数の部分があり、どんな症状が出るか分かりません。 かかりつけの医師に相談してみましょう。 持病を持っている人 医師に相談しましょう。 独断での使用は危険なのでやめてください。 ほかの薬を使用している人 薬を購入するときは必ず医師や薬剤師に相談しましょう。 体力が弱っている人 桔梗石膏はどちらかというと体力のある人向けの漢方薬です。 特に胃腸が弱っていたり冷えやすい人にはあまりむいていません。 漢方薬をうまく服用する方法 味や匂いが苦手な人のために漢方薬を飲みやすくする方法を紹介していきます。 香りの強い飲み物に混ぜる 香りの強い紅茶やコーヒーなど飲みものに混ぜると飲みやすく感じる人もいるようです。 スムージーに混ぜる 栄養をとりながら、漢方薬をのむことができます。 スムージーのなかに桔梗石膏を混ぜれば苦みや風味が隠れやすくなりのみやすくなります。 自分好みに味を調整することもできるので色々試してみましょう。 便利アイテムを活用しよう 便利なアイテムを活用することで、桔梗石膏を飲みやすくすることができます。 少しの工夫で無理なく漢方薬服用しましょう。 オブラート オブラートはドラッグストアでも買うことができる気軽なアイテムです。 最近ではイチゴ味といった味付きのものも販売されています。 服用ゼリー 薬を服用するために販売されているゼリーです。 チューブから簡単に出せるようになっていて、漢方薬が持っている苦みや癖をうまく緩和してくれます。 ゼリー状になっているので飲み下しやすく、途中で食道に引っかかりにくいです。 粉末タイプはもちろん、錠剤タイプにも使っていけるので便利に使うことができます。 カプセル 空の状態のカプセルが、ドラッグストアや通販サイトで販売されています。 粉末タイプの漢方薬が苦手な人は、カプセルに入れて飲みやすくしてしまいましょう。 胃の中で溶けるので口の中に嫌な風味が広がらずに済みます。 自分の好きな飲み方をみつけてみましょうね。

次の

桔梗石膏(キキョウセッコウ)ってどんな漢方薬?その効能と副作用とは

桔梗 石膏

中国は新型コロナウイルス対策に、漢方薬を全面的に取り入れています。 新型コロナの患者のうち7万4187人(全体の91. 5%)に漢方薬を使用し、臨床観察の結果、漢方薬の有効率は90%以上に達したそうです。 国家中医薬(漢方薬)局党組織の書記、余艶紅(Yu Yanhong)氏によると、「漢方薬により症状が効果的に緩和することが示された。 漢方薬が軽症や一般的な症状の患者が重症化するのを減らし、治癒率を高め、死亡率を下げることも分かった」 天津中医薬大学の張伯礼校長は、「漢方薬は早期と回復期にかなり効果がある、漢方薬を主とした西洋医学との総合治療を進めた結果、564人の患者は1人も重症化しなかった」と述べた。 中国では新型コロナウイルスの治療に、幅広く漢方薬を取り入れて対策をしているようです。 その結果一定の効果を上げています。 また日本でも、漢方医学の第一人者、金沢大学附属病院漢方医学科 小川 恵子先生が、「COVID-19 感染症に対する漢方治療の考え方」を発表しています。 新型コロナウイルスに特効薬とワクチンがない今、漢方薬を試してみる価値はあるのではないでしょうか。 次に中国で取り入れられている新型コロナウイルスに効果的な漢方について紹介します。 中国で取り入れられている新型コロナウイルスに効果的な漢方について 山東省中医院の薬剤師らが漢方薬を包装している(2020年4月3日撮影)• 前述でご紹介した余氏は、 新型コロナウイルスの有効性が確認できた漢方薬は、金花清感顆粒、連花清瘟カプセル、血必浄注射液、清肺排毒湯、化湿敗毒方、宣肺敗毒方などを始めとする効果的な処方・薬品を選出。 連花清瘟はSARS治療の時期に開発された処方で、主な機能は「清熱解毒、宣肺泄熱」で、軽症及び中度の新型肺炎患者に対して有効だったようです。 次に新型コロナウイルスの有効性が確認できた漢方薬3選についてご紹介します。 新型コロナウイルスの有効性が確認できた漢方薬3選 金花清感 きんかせいかん 顆粒 主な効果 熱と解毒を取り除きます。 喉の痛み、鼻づまり、鼻水、喉の渇き、咳や痰を伴う咳に使用されます。 インフルエンザA H1N1に起因する上記の症状を含むすべての種類のインフルエンザに適用されます。 構成生薬 金銀花、石膏、麻黄、杏仁、黄金、連翹、貝母、知母、牛蒡子、青蒿、薄荷、甘草 連花清瘟 れんかせいおん カプセル 主な効果 「清瘟解毒、宣肺瀉熱」の効果を持ち、感染性の発熱およびそれに伴う症状と、肺の症状(咳・呼吸困難など)を改善します。 構成生薬 麻黄、杏仁、甘草、石膏、連翹、金銀花、板藍根、貫衆、魚腥草、藿香、大黄、紅景天、薄荷 清肺排毒湯 せいはいはいどくとう 主な効果 喫煙などによりダメージを受けた肺や気道の血流に働き、気道組織の潤滑・再生を促す、慢性的な呼吸器疾患や粘り気の強い痰が切りにくい場合に用いられます。 構成生薬 麻黄 、炙甘草 、杏仁 、生石膏 先煎 、 桂枝、澤瀉 、猪苓 、白術 、茯苓 、柴胡 、黄芩 、姜半夏 、生姜 、紫菀 、冬花 、射干 、細辛 、 山薬 、枳実 、陳皮 、藿香 金花清感、連花清瘟、清肺排毒湯は残念ながら、日本で処方することができません。 ですが、日本の医療用漢方製剤に置き換えることにより、同等程度の効果をえることは可能だそうです。 次に、金花清感顆粒、連花清瘟、清肺排毒湯を日本の医療用漢方製剤に置き換えた場合についてご紹介します 新型コロナウイルス 日本の医療用漢方製剤 漢方薬2選について 金花清感顆粒、連花清瘟に代わる日本の医療用漢方製剤について 黄連解毒湯、清上防風湯、荊芥連翹湯、もしくはこれらの組み合わせで代用できます。 黄連解毒湯 体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。 体力がある人で、のぼせ気味、また血圧が高めの人に向いています。 具体的には、のぼせ、ほてり、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、鼻血などの出血、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りなどに適応します。 構成生薬 黄連 オウレン 、黄ごん オウゴン 、黄柏 オウバク 、山梔子 サンシシ の4種類で、いずれも熱や炎症をしずめる寒性の生薬です。 山梔子には、止血作用もあるといわれます。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 清上防風湯 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)という方剤です。 顔の熱や炎症をとり、また皮膚病の病因を発散させる働きがあります。 そのような作用から、顔の皮膚病、とくにニキビの治療に適します。 体力のある人で、赤ら顔の人に向く処方です。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 荊芥連翹湯 体の熱や腫れをひき、病因を発散させ、また、血液循環をよくします。 具体的には、蓄膿症や慢性鼻炎、痰がからむ扁桃炎、あるいは、炎症をともなうニキビや湿疹などに適応します。 また、そのような病気になりやすい、いわゆる腺病体質を改善します。 構成生薬 黄ごん オウゴン 、黄柏 オウバク 、黄連 オウレン 、桔梗 キキョウ 、枳実 キジツ 、荊芥 ケイガイ 等、熱や炎症をさますもの、病因を発散させるもの、痰や膿を排出するもの、あるいは血流をよくする生薬などがいろいろと配合されています。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 清肺排毒湯に代わる日本の医療用漢方製剤について 麻杏甘石湯+胃苓湯+小柴胡湯加桔梗石膏を一緒に服用し代用します。 麻杏甘石湯 気管支を広げ、また痰を出しやすくして呼吸を楽にします。 その作用から、ひどい咳や気管支喘息に適応します。 構成生薬 麻黄 マオウ 、杏仁 キョウニン 、甘草 カンゾウ 、石膏 セッコウ の4種類です。 この成分は、西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用を示し、咳やゼイゼイする喘鳴をおさえます。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 胃苓湯 食あたり、お腹のゴロゴロ、下痢、嘔吐、腹痛などを改善します。 構成生薬 厚朴(コウボク)、蒼朮(ソウジュツ)、沢瀉(タクシャ)、猪苓(チョレイ) 陳皮(チンピ)等、胃腸によいもの、あるいは無駄な水分を取り除く生薬がいろいろと配合されています。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 小柴胡湯加桔梗石膏 のどの炎症や痛みをやわらげ、また、そのようになりやすい体質を改善します。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 どの漢方薬も日本で処方可能です、お近くの漢方医もしくは漢方薬局にご相談してみてはいかがでしょうか。 次に、日本で購入可能な新型コロナウイルス予防に効果のある漢方薬をご紹介します。 新型コロナウイルス予防に効果的な漢方薬 予防なので、保険適応できませんが、薬局でも購入できます。 おススメは漢方医もしく漢方薬局処方されたものを服用することですが、薬局でも購入できます。 (生薬の量が少ないので注意してください。 ) 補中益気湯(ホチュウエッキトウ) 動物実験より、補中益気湯はインターフェロン自体の産生を抑制すると報告されています。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 構成生薬 人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、陳皮(チンピ)、大棗(タイソウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、升麻(ショウマ) 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ) 我々のヒト対象の研究では、十全大補湯服用によって NK 細胞機能が改善されることが分かっています。 また、抑制系も活性化されることから、過剰な炎症の予防も予想されます。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 構成生薬 黄耆(オウギ)、桂皮(ケイヒ)、 地黄(ジオウ)、 薬(シャクヤク)、蒼朮(ソウジュツ)川芎(センキュウ)、当帰(トウキ)、人参(ニンジン)、茯苓(ブクリョウ)、 甘草(カンゾウ) 倦怠感はあるが肺炎症状なしの軽症者の場合の漢方薬• 発熱を伴う場合には、黄連解毒湯 + 清上防風湯 + 荊芥連翹湯• 悪寒を伴う場合には、葛根湯、麻黄湯、麻黄附子細辛湯 などなど、実践的な処方が集まっているので、もっと広がって活用できればと考えています。 まとめ まだ抗生物質もワクチンもなかった時代、日本の伝統医学である漢方医学の主要な対象は感染症でした。 しかし漢方薬が重篤な感染症にも有効であるという事実は広くは知られていないと思います。 ですが緊急事態宣言も発出された今だからこそ、漢方の現代医学とは異なった感染症へのアプローチで新型コロナウイルスの対策をすべきではないでしょうか。

次の