咳 止まら ない 原因。 夜に咳がひどくなる原因と、咳を止める方法

止まらない咳…ぜん息、感染症、肺がんが原因?:働くオンナの保健室:日経Gooday(グッデイ)

咳 止まら ない 原因

咳は、 「痰(たん)が絡んでいるか否か」「どのくらいの期間、続いているか」によって、その種類が分類されます。 湿性咳嗽は痰(たん)が絡む咳を、乾性咳嗽は痰(たん)が絡まない咳を指します。 湿性咳嗽(しっせいがいそう)・・・痰が絡む咳• 粘膜の塊(半透明でベトベトとした物質)ではありません。 咳が続く期間が3週間未満を「急性咳嗽」、3週間以上8週間未満を「遷延性慢性咳嗽」、8週間以上を「慢性咳嗽」と呼びます。 この分類は、咳の原因を判断するための大切な指標のひとつです。 急性咳嗽(きゅうせいがいそう)・・・3週間未満• 慢性咳嗽(まんせいがいそう)・・・8週間以上 咳の原因になる、代表的な疾患を見ていきましょう。 感染症の中でも、咳が起こりやすい疾患は以下です。 ・風邪 風邪ウイルスに感染して気管が炎症を起こすと、咳が出ます。 風邪による咳は、発症から3週間以内に治まることが多く、急性咳嗽に該当します。 また、痰が絡みやすいのも特徴です。 ・感染後咳嗽(かんせんごがいそう) 風邪をひいた後、咳だけが治まらない状態を「感染後咳嗽」と呼びます。 炎症が治まった後に気管が敏感になることが原因で、咳が止まらなくなります。 感染後咳嗽にかかると咳がしばらく続きますが、ほとんどの場合8週間以内には治まります。 ・百日咳(ひゃくにちぜき) 百日咳は、百日咳菌に感染することで発症する感染症です。 代表的な症状は、 感染から2~3週間後に生じる吐くほどの強い咳こみ・息を吸うときに出る「ヒューという呼吸音」の2つ。 2~3週間を過ぎると強い咳こみはなくなりますが、軽い咳は感染してから8~12週間続きます。 8週間以上咳が続くのであれば、以下のような疾患が疑われます。 ・胃食道逆流症 胃食道逆流症とは、胃酸が逆流して食道の粘膜を傷つける病気です。 胸ヤケや胃のむかつきのほか、咳が長引くのが特徴です。 ・咳ぜん息 咳ぜん息にかかると、特定の条件下で咳が止まらなくなります。 「明け方や夜に咳が出る」「冷たい空気を吸い込むと咳が出る」「運動後に咳が出る」などの症状が特徴です。 「体調不良ではないが、咳だけがいつまでも止まらない」という方は、咳ぜん息が疑われます。 ・アレルギー性咳嗽 「ある季節になると咳が止まらなくなる」「喉のあたりがくすぐったい感じがする」といった症状がある方は、アレルギー性咳嗽にかかっている可能性があります。 花粉などの季節性アレルギーならば時期が過ぎれば咳は治まりますが、ハウスダストなどの住環境が原因の場合は一年を通して続きます。 ・結核、心不全 結核や心不全が原因で咳が出るケースもあります。 発熱と咳だけが続くときは「結核」、長引く咳に合わせて顔や足にむくみがあるときは「心不全」の可能性が疑われます。 ・喫煙による慢性気管支炎 喫煙によって気管支が炎症を起こすと、気管支が刺激を受けるたびに咳が出ます。 禁煙をしない限り、継続的に咳が出続けます。 つまり、症状が出る順番が違ったり、風邪とは異なる症状があったりする場合には、風邪以外の疾患が疑われます。 そのような咳に悩んでいる場合は、早めに医師に相談しましょう。 また、 感染後咳嗽の期間(8週間)が過ぎても咳が続くのであれば、咳ぜん息など治療が必要な疾患にかかっている可能性が高いと言えます。 あまりに咳が長引くのであれば、医師に相談した方が良いかもしれません。 (例)• 百日咳:抗菌薬の処方• 咳ぜん息:気管支拡張薬の処方• アレルギー性の咳:抗ヒスタミン薬の処方• 感染後咳嗽:咳止め、気管支の敏感さを和らげる薬の処方 このように、原因ごとに治療方法はさまざまです。 原因を特定することが何より大切なため、長引く咳や違和感を持つ咳は、早めに医師に相談しましょう。 咳が止まらない場合は、使用しても良いでしょう。 ただし、 市販の咳止めが効くのは、風邪などの感染症が原因の咳に限ります。 他の疾患が原因の咳の場合、症状が改善される可能性が低いということを覚えておきましょう。 完全に咳を抑えるのは難しいのですが、気管の敏感さや炎症が抑えられるので、症状が和らぎやすくなります。 水分補給をする・部屋に加湿器を置く・マスクをつけるなど、ご自身がやりやすい方法で保湿対策をしてください。

次の

【医師が解説】なかなか咳が止まらない!考えられる原因とは?

咳 止まら ない 原因

咳がなかなか止まらない場合は、早めに医療機関を受診しましょう 人間の体には、異物を排除して体を守ろうとするはたらきがあります。 「咳」もそのひとつ。 咳が出るのは、異物から肺や気管、気管支を守るためなのです。 異物とは、ほこりや煙などのほか、目には見えない細菌やウイルスなどがあります。 また高齢者に多い、飲食物が気道に入ってしまう誤嚥も異物の侵入なので、激しい咳で排出しようとするのです。 タバコの煙で咳き込む人を見ることがありますが、これはタバコの煙が人体にとって異物であることの証明といえるでしょう。 鼻や口から異物が気道に入り込むと、通常は気道の粘膜にある繊毛という組織がはたらいて、気道から喉・食道を通して胃の中へ送り込みます。 しかし異物が大きかったり、刺激の強い性質のものだったり、あるいは抵抗力が落ちて繊毛のはたらきが鈍くなっていると、反射的に咳をして外へ追い出そうとするわけです。 咳症状から考えられる病気……風邪・気管支炎・咳喘息など などでも咳はよくある症状なので、私たちは咳が数日治まらなくてもあまり気にしません。 しかし、咳が長引くようなら要注意です。 長引く咳は隠れた病気の症状かもしれないからです。 咳が続いても3週間未満で治まれば、たいていの場合は風邪や、急性気管支炎と判断されます。 急性気管支炎は、気管支が急に炎症を起こしたもので、ほとんどは風邪が引き金となって起こりますが、マイコプラズマや細菌感染によるケースもあります。 発熱や頭痛、食欲不振を伴うことが多く、激しい咳による胸の痛みが出ることもあります。 3週間以上も咳が続く場合、まず疑われるのが「(せきぜんそく)」です。 症状は一般的な喘息(気管支喘息)に似ていますが、喘息にみられるヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難はありません。 激しい咳で胸が痛くなったり、嘔吐や失神したりすることもあります。 放っておくと気管支喘息に進行する危険性が高く、咳が慢性化している人の40%近くが咳喘息患者だというデータもあります。 40歳以上の喫煙者の場合、「肺の生活習慣病」と呼ばれるの危険性があります。 階段の昇り降りや坂道を登っているときに息切れがするようなら、「年のせい」よりも「肺のせい」を疑ったほうがいいでしょう。 慢性閉塞性肺疾患の怖いところは、自覚症状がなくても病気が進行していることで、ひとたび発症するとなかなか完治できないといわれています。 慢性閉塞性肺疾患の原因はタバコなので、予防には早期の禁煙またはタバコを吸わないが望ましいです。 近年、患者数が増えている肺結核にも注意が必要です。 高齢者だけでなく若年者でも感染が見られます。 初期は、咳と痰、発熱など風邪と同じ症状なので、肺結核だと気づかないことが少なくありません。 肺結核は人から人へ感染するので、早めの対応が重要です。 中高年での咳では、同じく早期発見が第一なのが、日本人の死因の中でもトップの病気である肺がんです。 主な症状は、咳、息切れ、体重減少、痰、血痰(血の混じった痰)、胸の痛みなど。 咳が続くときは、肺がんを疑ってみることも必要かもしれません。 ほかにも、咳が特徴的な病気はたくさんあります。 たとえば、「」は、アトピー素因のある人がエアコン、たばこの煙(受動喫煙)、会話(電話)、運動、精神的緊張などで咳が続く病気です。 細菌性の病気では、「」や「」があります。 子どもの場合は「心因性咳嗽」「気道異物」といったケースもあります。 病気以外の可能性も? 環境による刺激が原因の咳 病気以外にも、生活環境から受ける刺激も咳の原因になります。 自動車の排気ガス、工場の排煙、工事現場で発生する粉塵、喫煙と受動喫煙もそうです。 一日中咳がとまらなければ、体力を激しく消耗し、抵抗力も落ちてしまいます。 また強い咳で肋骨を折ることさえあります。 体力のない子どもや高齢者などには非常につらい状況なので、咳が長引きそうなときは、早めに医療機関を受診してください。 また、マイコプラズマ、百日咳などの感染症による咳である場合は、感染拡大の可能性もありますので、マスクなどの咳エチケットを行い、医療機関で病原体を特定し、治療を行ったほうが良い場合にもあります。 ただ、多くのウイルス感染には、特効薬がないのが特徴です。 【関連記事】•

次の

夜に咳がひどくなる原因と、咳を止める方法

咳 止まら ない 原因

Sponsored Link 逆流性食道炎とは? 逆流性食道炎とは胃液が食道に逆流することで現れる症状のことです。 本来は食道と胃の間の筋肉が収縮していて逆流することはありません。 しかし 1,加齢による胃や食道の筋力の衰え 2,脂肪分の摂りすぎが胃や食道の筋力を弱化 3,姿勢が悪いと胃が圧迫されて胃液が逆流しやすい などの原因によって逆流性食道炎が発症します。 逆流性食道炎の症状 胸焼け、ゲップがよく出る。 喉に違和感。 咳が出る。 お腹に膨満感。 これらの症状があれば逆流性食道炎の疑いありです。 逆流性食道炎の診断 心当たりがあったら病院を受診しましょう。 必ず内視鏡検査をするという病院もありますが、他に重大な病気の症状等が疑われない限り患者の症状を訊いて病名を診断しているようです。 逆流性食道炎の治療 治療は主に投薬治療になります。 胃酸を抑える薬。 消化管運動亢進薬。 制酸剤などが処方されます。 逆流性食道炎にならない生活習慣 避けるべき食べ物 高脂肪食(揚げ物) 柑橘系ジュース 玉ねぎ 炭酸飲料 香辛料 アルコール コーヒー 餅 あんこ 饅頭 喫煙 食べ過ぎに注意 食べてすぐ横にならない 姿勢を良くする お腹をベルトで締めすぎない 肥満に注意 上半身を少し高めに寝る。 油はオリーブオイルにする 咳が止まらないのは胃酸が原因のまとめ 胃酸(逆流性食道炎)が原因で咳や歯が溶けるなどの思いがけない症状が出ることがわかりました。 気をつけなければいけない生活習慣を見ると思い当たることばかり。 高齢になることが逆流性食道炎の原因になるなら誰にでもリスクが有るということです。 できることから始めてみましょうね。

次の