こぶ とり じいさん あらすじ。 瘤取り爺さん:鬼と山伏と延年の舞:宇治拾遺物語

こぶとりじいさんの読書感想文

こぶ とり じいさん あらすじ

三 (三) 鬼に瘤取らるる事 現代語訳• むかしむかし、右の顔に大きな瘤のある翁がいた• 夏みかんほどの大きさであった• 人の中に交じるまでもないので、薪を採って暮らしており、ある日山へ行った• そのとき風雨がひどくなって帰れず、仕方なく山中で留まることになった• ほかには木こりもいない• 恐ろしいがどうしようもない• 木に空洞が開いていたのでそこへもぐりこみ、目を開いたままかがんでいると、遠くから人の声がたくさんして、がやがやとやって来る音が聞こえてきた• 山の中にたったひとりでいたところに、人のいる感じがしたので少しほっとして外を見てみると、なにやらいろんな連中が、たとえば、赤い肌に青い着物を着た者や、黒い肌に赤い着物とふんどしの姿の者、目がひとつしかない者、口がない者など、なんとも言えない奇妙な者が百人ほどうじゃうじゃ集まって、火を貂の目のようにぎらぎさせて、自分のいる洞の開いた木を前にして輪になった• 気が遠くなりそうである• 親分らしき鬼が一番座に座った• 右と左に二列に並んだ鬼たちは数えきれない• その姿は皆言葉にならない• 酒を飲み、遊んでいる様子は普通の人がするのと変わりがない• ときどき酒をついだりして親分鬼は殊のほか酔っているようであった• 末席から若い鬼が一人立って、盆を頭に載せ、何を言っているのかよくわからないことを言いながら、上座の鬼の前に踊り出て絡んでいるようであった• 上座の鬼が杯を左手に持って笑いくずれている様子は、普通の人のようである• 舞い終えると引っ込んだ• また下座から順に舞う• 下手なのもいれば上手なのもいた• おどろいて見ているとき、親分鬼が• 今夜の酒盛りはいつもよりずっと楽しいわい• できれば、もっとおもしろいのを見たい• などと言っているのを聞くと、翁は• 何かが乗り移ったのか• それとも神仏の意図か• どれどれ、飛び出して舞ってみよう• と思ったが、一度は思い返した• それでもなんとなく鬼どもの叩く拍子が楽げだったので• もうどうにでもなれ、とにかく出て行って舞い、殺されたらそれはそれで仕方がない• と思い、木の洞から、烏帽子を鼻までたらした翁が、腰に斧という木を切るものを差し、親分鬼の前に躍り出た• すると鬼どもは飛び上がり• なんだこれは• と騒ぎ始めた• 翁は、伸び上がり丸まり、舞える限りに体をくねらせ、かけ声を出して、そこいら中を駆け回るように舞った• 偉い鬼たちをはじめ、集まっていた鬼たちはすっかり感動してしまった• 親分鬼は• 長いこと酒盛りをしてきたが、こんなにおもしろい者には一度も会ったことがない• じいさん、これからいつもこの酒盛りに来い• と言った• 言われなくても、また参ります• 今日はあまりに急だったので、納めの舞いをを忘れてしまいました• この次お会いできたら、静かな舞いをお見せしましょう• と言った• 親分鬼は• よく言った• 必ず来るんだぞ• と言った• 上座から三番目に座っていた鬼は• じいさんがそうは言っても、来ないかもしれません• だから、大事なものを奪っておいたほうがよいのでは• と言った• 親分鬼が• そうしよう、そうしよう• と言い• 何を取っておこう• と、みんなで話し合っていると、親分鬼が• じいさんの顔についている瘤を取れ• 瘤は福のものだから、惜しむはずだ• と言ったので、翁は• 目や鼻はかまいませんが、この瘤だけはお許しください• 長い間持っているものを理由もなく取るのは、納得がいきません• と言ったが、親分鬼が• それほど惜しむ物だ• それを取っておくのが一番だ• と言うと、鬼が近づいてきて• では、取るぞ• と言ってもぎ取ったが、少しも痛くない• そして• 必ずこれから遊びに来るんだぞ• と、朝を知らせる鳥の声と共に鬼どもは帰っていった• 翁が顔を手でさすってみると、ずっとついていた瘤がどこにもなく、ふき取ったようにすっかりなくなっていたので、木を切ることも忘れて家に帰った• 妻の嫗が• これはどうなさった• と聞くので、起きたことをしかじかと話した• まあ、おどろいた• と言う• 隣に住む翁は左の頬に大きな瘤があったが、翁の瘤がなくなったのを見て• どうして瘤がなくなったんじゃ• どこの医者に取ってもらいなされた• わしにも教えてくれんかね• この瘤をとりたいんじゃが• と言うので• これは医者に取ってもらったのではなくての、かれこれあって、鬼が取ったんじゃ• と言うと• わしもそのようにして取ろう• と、昨日の出来事を根掘り葉掘り聞くので、教えた• この翁が聞いたとおり、その木の洞に入って待っていると、話に聞いたとおりに鬼どもが現れた• 周囲を囲んで酒を飲み遊び• どれどれ、じいさんは来ているか• と言うので、翁が• ああおそろしい• と思いながらおろおろ出て行くと、鬼どもが• じいさんがここに来てます• と言えば、親分鬼が• こっちへ来い• すぐに舞え• と言うのだが、昨日の翁のように上手ではなく、よろよろ踊ったので• 今度のずうぶん下手だな• ほんとに下手くそだ• その取っておいた瘤を返してやれ• と言うと、末席から鬼が出てきて• 瘤を返してやる• と、もう片方の顔に投げつけると、両方に瘤がついた翁になってしまった• 人を羨んではいけないとか• 公開日 平成二十四年二月十六日 更新日 平成二十四年二月二十二日.

次の

瘤取り爺さん:鬼と山伏と延年の舞:宇治拾遺物語

こぶ とり じいさん あらすじ

まずは、あらすじをザクっと言います。 むかしあるところに、頬に大きなこぶを持つけど、気にせず明るく陽気なおじいさんが住んでいました。 ある日、陽気な方のおじいさんが森に芝刈りへ行ったら、鬼たちの宴会に出くわしました。 にぎやかなお囃子を聞いているうちに楽しい気分になってきて、陽気に踊りながら宴会の輪に加わりました。 鬼たちはおじいさんの踊りを気に入って、「明日もまた来い。 で、踊ろうとしますが、根暗オーラを発しているので、鬼たちを楽しませることができませんでした。 さて、この話の教訓は何でしょう? 陽気なじいさんは、こぶを気にせず明るかった。 根暗のじいさんは、こぶを気にしすぎて、感じ悪かった。 コンプレックスを持ったらあかんよ! って話かな? まあ、確かに間違いではないですが、もう少し深堀りしてみます。 ここに出てくる鬼は、はじめ、こぶを「良いもの」と見なしてるんですよね。 返してほしければ、明日も来い!」ってわけでしょ。 急にこぶを「悪いもの」と見なしてるんです。 お笑い芸人はブサイクやデブを武器にしてますよね。 あの人たちは、自分のことをブサイクやデブであることを「おいしい」と思ってるはずです。 要するに自分のことが好きか嫌いか それは、他人にも影響を与える。 つまり、人生はこれがすべてといっても過言ではない。 心理学では、「セルフイメージ」といいます。 セルフイメージを高く持つことが、人を幸せにし、自分も幸せな人生が送れますよ… ってのが、こぶとりじいさんの教訓だと思います。

次の

日本古典文学摘集 宇治拾遺物語 巻第一ノ三 鬼に瘤取らるる事 現代語訳

こぶ とり じいさん あらすじ

内容紹介おやこで楽しむ、むかしばなし! 日本の昔話の中から、名作をセレクト。 内容を子どもに分りやすく再編集いたしました。 お子様とご一緒に、お楽しみ下さい。 あらすじあるところに、右のほっぺに大きなこぶのあるおじいさんが、住んでいました。 そのおじいさんが、いつものように山仕事に出かけると、突然の夕立が。 困ったおじいさんが近くのほら穴に隠れると、うっかり眠ってしまいました。 気づくとあたりはもう真っ暗。 出口を探すと、明かりが見えます。 そこはなんと、鬼の宴会場なのでした。 中では、鬼達が宴会をしています。 すると、おかしら鬼が踊りをみせるようみんなに呼びかけましたので、鬼達がおかしな踊りを見せました。 それを見ていたおじいさんは自分も踊りたくなり、遂に鬼達の目の前に出て面白い踊りを踊りました。 その踊りがとても気に入ったおかしら鬼は、明日もくるように言うと、必ず来るように、こぶを取って持っていってしまいました。 次の日、左にこぶがあるとなりのおじいさんがやってきて、こぶが取れた理由を聞き、おなじように宴会場に向かいました。 鬼達の前で踊ったとなりのおじいさんでしたが、踊りが下手なせいでこぶをつけられてしまい、泣きながら家に帰ったのでした。 【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。 ご了承下さい。

次の