半沢直樹2 ドラマ 無料視聴 7話。 半沢直樹(前回シリーズ) 見逃し動画配信の無料視聴はこちら【1話〜最終回】

半沢直樹 1話の見逃しはこちら!

半沢直樹2 ドラマ 無料視聴 7話

子会社セントラル証券を助けるため(続編へつなげるため)• 片道切符ではなく、子会社で結果を出してから栄転させるため• 大和田派の反発を抑えるため• 半沢を戒めるため• 金融庁の要望に応えないといけなかったため 1. 子会社セントラル証券を助けるため(続編へつなげるため) ドラマ中でも半沢を子会社の東京セントラルへ出向させるという話は度々出てきていました。 子会社の東京セントラル証券はやばい状況にあり、その膿を出して東京セントラル証券を救うために半沢が出向されたのです。 半沢直樹の続編は、東京セントラル証券での話なので、続編につながる意味での出向ということもあります。 片道切符ではなく、子会社で結果を出してから栄転させるため 半沢がよくドラマ内で銀行員は 「失敗したら片道切符の島流しだ」と度々発言していましたが、今回の半沢の出向は片道切符ではありません。 実は 将来的な栄転が約束されている出向なのです。 この根拠は2つ。 頭取は半沢の仕事ぶりを評価している• 原作では上司の内藤から俺が戻してやると約束されている ドラマ半沢直樹の最終回で、大和田の不正を暴いた半沢に頭取は「よくやった」と半沢の仕事ぶりを大きく評価しています。 頭取は半沢の手腕を高く評価していますが、 上司の不正を暴いて上にのし上がったやつというレッテルを貼られるよりは、自分の実績で栄転して上にのしあがったというほうが将来の出世材料になると考えているのでしょう。 頭取は半沢なら子会社に行っても実力で這い上がってくると信じているからこそ、半沢の手腕を評価しているからこそ、子会社の再建を任せることにしたのです。 2つ目の理由として、原作では上司である内藤より出向の辞令が出ています。 そこで内藤は一時的な出向だ、時期を見て俺が戻してやると言っています。 なので、半沢の出向は片道切符の出向ではなく、将来の出世のための出向なのです。 大和田派の反発を抑えるため 大和田(香川照之)は銀行の常務という立場であり、大和田の取り巻きはたくさんいました。 今回大和田の不正を半沢が暴いたことで、大和田派からは反発が出ています。 頭取としては大和田派の反発を抑えるためにも、半沢を出向させたということも考えられます。 半沢を戒めるため 大和田が不正をしたことは事実であり半沢が暴いたことは頭取も評価しているものの、 最終回での大和田の追い詰め方については頭取もやりすぎだと半沢に注意していました。 半沢は取締役会にて大和田を攻め立て、頭取の制止も振り払って、大和田に土下座をさせました。 半沢にとっては目的は達成されたかもしれませんが、頭取は上のものに人前で土下座をさせるとはやりすぎだと感じて、それも出向理由の1つとして挙げられます。 金融庁の要望に応えないといけなかったため 半沢直樹ドラマでは、金融庁の黒崎(片岡愛之助)が金融庁検査での半沢の失礼な態度について何か処分を下すよう、銀行側に要望していました。 これは黒崎が半沢を陥れるために考えた策だったわけですが、銀行としては金融庁からのお達しは受け入れなければなりません。 半沢直樹の出向理由まとめ 以上がドラマの最終回で半沢直樹が出向された理由です。 半沢直樹の出向の真相は、頭取が半沢の将来と現状を考えて考え抜いた上での結論であり、前向きな出向です。 半沢直樹は色々な要因が重なって出向となったわけですが、 近い将来必ず栄転して、取締役になるなど大きな出世が約束されています。 大和田派の混乱・反発を抑え、頭取に逆らえないようにする• 大和田の銀行員としての手腕を評価している• 行内の派閥争いをなくす切り札に 1. 大和田派の混乱・反発を抑え、頭取に逆らえないようにする 銀行内には大和田派は多数存在します。 今回の不正で大和田が出向となれば大和田派が混乱するのは必須。 また、大和田は今まで頭取失脚をもくろんで色々な不正に加担してきた、頭取にとっては敵のような存在でした。 頭取は大和田を軽い処分で残留させれば、大和田派の混乱や反発を抑えられる+今後大和田は自分には逆らえなくなるため、 頭取として自分の手腕を発揮できると考えたのです。 自分の権力維持のための人事であると考えられます。 大和田の銀行員としての手腕を評価している もう一つの理由が、 頭取が個人的に大和田の銀行員としての手腕を高く評価しているということ。 ドラマ最終回で、頭取が大和田に辞令を下すシーンでも名言されていました。 頭取は大和田を自分の手下として置いておきたいのです。 不正が明らかになったため、今後は大和田は不正など考えずに真面目に業務に専念していくことが考えれます。 しかし現状の東京中央銀行は、旧東京第一銀行(旧T)派閥と旧産業中央銀行(旧S)の派閥争いがあり、ギクシャクしているのが実情。 旧Tの頭取は、取締役の中で唯一旧Sでる大和田を残留させ、自分の手下にすることで、旧Tと旧Sの派閥争いをなくそうとしている意図もくみ取れます。 大和田常務が残留した理由まとめ 大和田常務が出向ではなく、残留した理由は、 頭取の権力維持のため+行内派閥をなくすためです。 個人的に手腕を評価している大和田にワンチャン与えたいという思いもあるかと思われます。 取締役の中で唯一の敵であった大和田を取り込んだ頭取は、この先ますます権力を発揮していくことでしょう。 原作では大和田は出向となっているので、この結末は原作とは違う部分です。 続編に大和田も登場させたいという制作側の意図も含まれているかもしれませんね。 半沢直樹の出向理由と大和田の残留理由まとめ 黒幕は頭取だった!? 半沢直樹の出向理由は、前向きな出向です。 将来出世させるために子会社である東京セントラル証券を任された感じ。 また、やりすぎだった半沢を戒める意味も込められています。 また、大和田の残留理由は、 頭取の権力を維持するため+行内調和のため。 半沢を出向させたのも、大和田常務を残留させたのも、頭取の意向です。 黒幕は頭取なのです。 全ては、銀 行内の調和のため、銀行の経営を安定させるため、自分の権力を維持するため。 頭取としては当たり前のことをしたまでですが、半沢が出向というラストは本当に衝撃でしたね。 今後の続編で、半沢が子会社・東京セントラルからどんな倍返しをしてくれるのか非常に楽しみです。 半沢直樹を見直したいと言う方は、無料で半沢直樹動画を視聴する方法をこちらで解説しています。 私もこちらで実際に見ましたが、1ヶ月以内に見ると本当に無料で見れましたよ! >>> 堺雅人さん出演作品を他にも見たい方は以下の記事でおすすめ作品を紹介しています。 基本はおじさん2人の会話劇でぬるーっとした感じなのですが、その中にちゃんと伏線回収や感動も入れてきて、本当に脚本が秀逸で見事なんです。 一路・二路・さっちゃんみんなの役柄に無駄が全くなく、この3人だから見れるドラマでした。 コメディでありながらもちゃんと社会問題を提起している内容なので、考えさせられる部分もあり素晴らしいです。 深夜枠であまり知られていないのが残念なので、もっとたくさんの人に見てもらいたい、隠れた名作だと思います。 \最新話まで無料で一気見/ ・医師・患者・患者家族のそれぞれの立場での心情を丁寧に描く ・松下奈緒と木村佳乃・高畑淳子の演技は圧巻 ・自らの秘密と向き合う2人を見て色々考えさせられる アライブは、抗がん剤治療・がん宣告・手術・民間療法などがんに関わる様々な問題を取り上げ、がん治療という現場のリアルを丁寧に描いています。 それとは別に、がん治療にあたる医師たちも実は秘密を抱えていて、その秘密と向き合いながら必死に生きる様子がすごく心に残る素敵なドラマです。 毎回終盤で予想外の展開となるので、飽きずに続きがとても気になります。 特に薫先生(木村佳乃)は、自身の病気や医療過誤・父親の死など本当に色々な問題を抱えていながら、心先生(松下奈緒)に寄り添う見事な演技をされています。 このドラマで一番心に残ったのは、患者役で出演されている高畑淳子さんです。 高畑さんは1話から9話まで出演され、がん患者でありながらも、がん患者とは思えない強さを秘めた女性を演じています。 他の患者さんを励ましたり、自分が治療をやめる選択をしてからも残りの人生を豊かに生きたいと旅行に出かけたり。。 高畑さんの演技には毎回泣かされ、9話は号泣でした。 2人に1人がガンになる時代、多くの人に見てもらいたいドラマです。 \最新話まで無料で一気見/ ・誰もが犯人になりうる展開 ・ちょっと抜けてる主人公を含むキャストの熱演 ・犯人の日記(ネタバレ編)で今までの伏線全部回収される 心はかなり抜けていて毎回ツッコミどころ満載の主人公ですが 、逆にちょっと抜けているからこそ毎回応援したくなるし、面白いです。 心や父の佐野文吾(鈴木亮平)、また心をそばで支えていく由紀(上野樹里)の演技も圧巻です。 父の事件以来下を向き続けてきた家族の本来の姿、家族の絆が明かされるたびに感動します。 榮倉奈々のお婆さんメイクはかなり面白いので一度は見るべき。 メイクさんが雑なのが残念なところです。 タイムスリップして心が過去を変えようとするも、心が過去を変えると事実も変わってしまう、そんな展開も面白いです。 原作漫画とは犯人が違うという、原作を知っている人も知らない人も楽しめるドラマです。 本編も面白いですが、テセウスの船はParavi限定配信の犯人の日記(ネタバレ編)がめちゃくちゃ面白いです。 今までの謎が全て解けるのでこれは視聴必須ですよ。 このドラマは佐藤健を見るためにあるドラマです。 ヒロインは上白石萌音さんなのですが、美人すぎない・素直な点が滲み出ているのも応援したくなっていいです。 ドSだけど実は優しい、甘いもの好きで高いところが嫌い・嫉妬深いなど、毎回出てくる天堂先生(佐藤健)の一面にキュンとしてしまいます。 最終回はとくに最初からラブラブで、キュンキュンで、盛沢山で、王道の結末で、佐藤健ファンとしては大満足でした(語彙力)。 残念な点は、医療現場でのストーリーであること。 ドジなヒロインは医療現場でやってはいけないミス(使用済みの点滴の針を自分にさす等)を連発するので少しイラっとする部分もあります。

次の

【全話無料】半沢直樹動画10話無料視聴方法!

半沢直樹2 ドラマ 無料視聴 7話

Contents• — ステラ nogitella ここでは気になる「半沢直樹2続編」のあらすじや、ネタバレ結末を見ていきたいと思います。 今回の原作は池井戸潤さんの「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」いうことで、ほぼ小説と同じように描かれると予想されます。 ですので、原作からドラマではどんな結末になるのか予想して紹介していきますね! 「半沢直樹2続編」あらすじ 東京中央銀行のバンカーだった半沢直樹(堺雅人)は、銀行内での不正の数々を明らかにするも、子会社への出向を命じられるという、衝撃的な最終回を前作で迎えました。 今作では、出向になった東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢直樹に巻き起こる事件が描かれます。 ある日、東京セントラル証券に大きなチャンスが舞い込みます。 それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、東京セントラル証券にとってはかつてない規模の案件でした。 しかし、これが新たな銀行との戦いの始まりとなることを、この時の半沢は知る由もありませんでした。 半沢は、次々に発生するトラブルを乗り越えながら、理不尽な要求をする相手に「倍返し」することが出来るのでしょうか!? 型破りなバンカー半沢の新たな伝説が幕を開けます! 「半沢直樹2続編」ネタバレ結末(予想) 原作の「ロスジェネの逆襲」では、東京セントラル証券に出向した半沢が東京スパイラルのアドバイザーとなり、買収しようとする電脳雑技集団のアドバイザーである東京中央銀行との戦いが描かれています。 半沢は親会社である東京中央銀行や電脳雑技集団の不正を暴き、東京中央銀行営業第二部第一グループ次長へと返り咲きます。 次の「銀翼のイカロス」では、帝国航空の再建を頭取から依頼された半沢が、銀行だけでなく議員や金融庁との戦いが描かれています。 帝国航空の再建を阻止しようとする人間が多く、調べていくと東京中央銀行が合併する前の東京第一銀行時代に、議員の箕部啓治(柄本明)が不正融資を受けて不動産会社に転貸し、土地を買わせて空港を誘致したことで膨大な利益を得ていたことが判明。 その不正に得た4億ものお金が選挙資金として使われていました。 合併前とはいえ東京中央銀行の不祥事となる事実で、箕部は中野渡頭取(北大路欣也)に脅迫します。 しかし、頭取の代わりに半沢が箕部の不正を暴き、頭取は責任を取って辞任したのです。 今作では「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」の2つの原作がドラマで描かれることになります。 前半では、出向先である東京セントラル証券で親会社に対しスカッとした「倍返し」をし、東京中央銀行へと返り咲いてくれるでしょう。 後半では、銀行や政治家や金融庁などの強敵との戦いになりますので、ラストでどれほどの「倍返し」をしてくれるのかが見物になると思います。 前作と同様、ラストは迫力ある論破で絞めてくれるでしょう。 そして本作で一番気になるのは、前作の強敵・大和田常務(香川照之)との絡みですよね。 味方になってくれる可能性もありますが、前作のラストで土下座させられている恨みもあり、今回も半沢の邪魔ばかりするのではないかと予想します。 個人的に期待しているのは、半沢の妻である花(上戸彩)との家族シーンです。 そんな方々のために、ここでは前作の内容をおさらいしていきましょう! 前作「半沢直樹」の原作は? 講談社文庫から、「半沢直樹1 オレたちバブル入行組」と「半沢直樹2 オレたち花のバブル組」が発売されました! 2013年のドラマ「」(主演: さん)の原作です! 来年4月クールの続編もどうぞお楽しみに! — 池井戸潤の事務所です officeikeido 2013年に放送された前作「半沢直樹」では、池井戸潤さんの小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作となって描かれました。 「オレたちバブル入行組」では、融資失敗の責任を上司に押し付けられた半沢が、5億円もの融資全額を取り返そうと奮闘する物語が描かれています。 半沢の名台詞である「倍返し」にはまり、スカッと大逆転するラストに、半沢直樹の虜になってしまった人も多いですよね。 続編となる「オレたち花のバブル組」では、半沢が資金の運用失敗で120億もの損失を生んでしまった融資先の担当となり、様々な敵と策略に立ち向かいながらも再建に向け全力を尽くしていく物語が描かれています。 強敵であった大和田常務を土下座させて、見事な「倍返し」を成し遂げました。 銀行のあらゆる不正を暴いた半沢でしたが、まさかの子会社である東京セントラル証券への出向を命じられて幕を閉じました。 前作ではまさかの展開でラストを迎え、続編である「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」が今回のドラマで描かれます。 「半沢直樹2続編」のスタートを前に、半沢直樹シリーズとして新たな文庫本が1~4まで発売されていますので、まだ読んだことがない人はぜひ購入して見て下さいね。 小説を全て読んでおくと、よりドラマの内容が理解できて面白く視聴出来ると思いますよ。 2013年前作「半沢直樹」の内容は? それでは前作「半沢直樹」がどんな内容だったのか、完全ネタバレを紹介していきます。 バブル期に大手都市銀行に入行した半沢直樹(堺雅人)が、銀行の内外に現れる敵と戦いながら奮闘していく物語です。 第1章(1話~5話)「5億円の回収」 東京中央銀行大阪西支店・融資課長の半沢直樹(堺雅人)は、浅野支店長(石丸幹二)の指示で西大阪スチールから5億円もの融資契約を取り付けることになります。 新規融資者にも関わらず無担保での融資だったため、半沢は異議を申し立てますが浅野は受け入れてはくれませんでした。 それから3ヶ月後、西大阪スチールはあっけなく倒産し、 東京中央銀行は5億円もの融資を騙し取られてしまったのです。 浅野支店長は 大和田常務(香川照之)に根回しして、半沢に全責任を負わせようとします。 ハメられたことに気づいた半沢は、バンカーとして生き残るために5億円の融資額全てを取り戻すと宣言しました。 半沢は5億円を回収するために西大阪スチールを調べ始め、同社が 計画倒産であったことを突き止めます。 半沢は不正の証拠を暴くため、西大阪スチールが倒産した影響で連鎖倒産を余儀なくされた竹下金属の社長・竹下清彦 赤井英和 に協力を依頼。 そして、西大阪スチールの東田社長 宇梶剛士 が所有する時価5千万円の別荘の存在を突き止めました。 しかし、東田社長の不正を追っていた 国税局査察部統括官の黒崎(片岡愛之助)に先を越されてしまい、打つ手がなくなった半沢は東田社長の愛人・未樹(壇蜜)に接触。 最初は門前払いだったが、半沢の熱意に心折られた未樹は、 東田社長に隠し資産があることを半沢に密告し、その結果5億円の融資額を回収することに成功したのです。 半沢は5億円の回収と同時に、東田社長に手を貸していた浅野支店長の不正も暴き、その証拠を表に出さない条件として、 東京中央銀行内でも精鋭中の精鋭と言われる営業第二部への異動を希望しました。 第2章(第6話~第10話)「宿敵・大和田常務への倍返し」 半沢が東京中央銀行・営業第二部へ異動してから約1年がたった頃、頭取(北大路欣也)命令で老舗ホテルである伊勢島ホテルの経営再建という、大きな仕事を担っていました。 伊勢島ホテルは東京中央銀行から200億円の融資を受けていましたが、資金運用の失敗で120億もの損失を出していました。 伊勢島ホテルの湯浅社長(駿河太郎)と共に半沢は早期再建に奮闘するも、ホテルの 羽根専務(倍賞美津子)と金融庁検査の主任検査官に任命された黒崎が立ちはだかります。 そして、 湯浅社長と対立する羽根専務の後ろ楯には、半沢が長年恨んできた大和田常務の存在があったのです。 大和田常務は昔、半沢の実家のネジ工場から融資を引き上げ、 父・半沢慎之助(笑福亭鶴瓶)を自殺に追い込んだのです。 そんな大和田常務の策略によって追い詰められる半沢と湯浅社長だったが、アメリカ最大のホテルチェーン「フォスター」の傘下に入るという、老舗にとっては考えられない打開策によって、金融庁検査を乗り切ることに成功します。 その一方、半沢の同期・近藤(滝藤賢一)が、 大和田常務のもう一つの不正に気付きます。 それは、近藤が勤める タミヤ電機から他社へ不正に貸し付けられた3千万円が行方不明になっている「迂回融資事件」でした。 その3千万円の振り込み先が、大和田常務の妻・棚橋貴子(相築あきこ)が経営する会社だったのです。 近藤は大和田常務が不正に関与したという決定的な証拠を手に入れ、半沢はその証拠を使って大和田常務を窮地に追い込むつもりでいました。 しかし、 あと一歩のところで近藤は大和田常務に寝返ってしまい、大和田常務を追い詰めるための一手がなくなってしまったのです。 一方、 金融庁から頭取宛に「金融庁検査における半沢次長の検査受け入れ態度に問題あり」との書面が送られてきたことを半沢は聞かされます。 さらに、大和田常務の不正を明らかにするため行われる取締役会では、同時に半沢が訴える不正問題と処分案も議題に上がることが決定し、半沢は 絶対的に不利な状況に立たされてしまったのです。 一体誰でしょう! 「倍返しだ!」の名台詞がまた聞けるのが楽しみでドラマのスタートが待ち遠しいですね! 以上、「半沢直樹2続編」のあらすじやネタバレ結末、前作のおさらいを紹介しました。

次の

半沢直樹 動画配信1話〜最終回をフル無料視聴【前回シリーズ】|メイのドラマライフ

半沢直樹2 ドラマ 無料視聴 7話

スマホに動画をダウンロードして視聴できます。 登録も1〜2分でできるほど超簡単! 見逃し動画を配信するParavi詳細 Paravi(パラビ)は現在放送中のドラマはじめ、バラエティーや他では配信していない情報番組など放送直後から見逃し配信しています。 本来は定額1,017円(税込)の有料サービスですが、 無料体験期間が用意されており、その期間を利用して1話から最終回まで無料で見ることができます。 配信されている動画は無料の「放題作品」と有料の「レンタル作品」があり、 お試し期間中も見放題対象の作品はどれだけ見ても無料です。 【Paraviで配信中の人気動画】 連続ドラマ• 知らなくていいコト• トップナイフ 天才外科医の条件• グランメゾン東京• 4分間のマリーゴールド• G線上のあなたと私• ノーサイドゲーム• Heaven?~ご苦楽レストラン~• 凪のお暇• インハンド• 集団左遷• わたし、定時で帰ります。 グッドワイフ• 初めて恋をした日に読む話• アンアチュラル• 逃げるが恥だが役に立つ• 大恋愛〜僕を忘れる君と• 義母と娘のブルース• 下町ロケット• 孤独のグルメ(シリーズ全作品) バラエティー番組• 水曜日のダウンタウン• 恋んトス• モヤモヤさま〜ず2• マツコの知らない世界• 最近では「新しい王様」などオリジナル作品も人気です。 ほかにもたくさん!Paraviのメリット• スマホに見たい 動画をダウンロードできます• 「 ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」など ビジネス動画はNO. 「水曜日のダウンタウン」「恋んトス」など 人気バラエティー動画も独占配信中• 毎月500円分のポイントで有料作品が無料に• パソコン、スマホ、タブレット、テレビから動画の視聴が可能• 家族内で7つアカウントが分けられる 無料体験だけで解約したい方へ 【解約手順も簡単】 動画を配信するParaviの登録手順や解約方法など、詳しくは の記事をご覧ください。 放送後1週間以内は、TVerなどで見逃し配信 ドラマオンエア後、1週間限定で 最新話を 無料視聴できます。 大手銀行に勤める銀行員の闘いを描く。 バブル崩壊後、東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢(堺雅人)は、ある会社から5億円の融資契約を取るように命じられる。 半沢はこの会社に疑念を抱くが、上司が勝手に融資を進めてしまう。 その後、東田が海外に5千万円の物件を購入していたことが判明。 一方、国税局の黒崎(片岡愛之助)らも東田の行方を追っていた。 だが、東田を見つけ出せず、半沢は重要書類を自宅に隠すという暴挙に出る。 二人の間に裏取引があったと確信した半沢(堺雅人)は、銀行員としてのプライドを懸け、反撃を開始することに。 半沢が偽名で送り付けた盗撮写真にうろたえた浅野は、東田に報告する。 一方、半沢は父・慎之助(笑福亭鶴瓶)の死の真実を花(上戸彩)に打ち明ける。 花は半沢の内に秘めた思いを知る。 翌日、国税局による東田家の家宅捜索が始まる。 行内の評判も良く、順風満帆かと思われた。 そんな中、半沢の父親を自殺に追い込む原因となった大和田(香川照之)と会うことに。 半沢は、実家のネジ工場の話を持ち出すが、大和田に覚えがないと知り、憎悪を募らせる。 検査局の主任検査官として現れた黒崎(愛之助)は、「損失をどう補填するのか、確実な案を出さなければホテルは不良取引と見なす」と言い渡す。 半沢は、何としてでも穴埋めする方法を見つけ出すよう部下に命じる。 だが、ホテル再建に必須であるシステム開発会社の破綻は確実視され、苦境は変わらない。 そんな中、大和田は内藤(吉田鋼太郎)を呼び出し、半沢の更迭を命じる。 しかし、内藤は「不当人事」とし、大和田に反論する。 そんな中、半沢(堺雅人)は、近藤(滝藤賢一)にタミヤ電機社長・田宮(前川泰之)の証言を取ってくるよう託す。 中野渡は、次の取締役会で議題とすることを約束する。 だが、報告書には近藤(滝藤賢一)が得たという田宮社長(前川泰之)の証言はなかった。 一方、渡真利(及川光博)は近藤が出向を解かれ銀行に戻ることを知る。 先ずは、堺雅人扮する半沢直樹の演出ですが、キレがあり銀行の上層部に対しての立ち振る舞いが堂々としている演技は、我々社会人の憧れとも言えます。 前半部は、小木曽次長の裁量臨店での不正を暴いたシーンは、スカッとした点と、最終話の大和田常務に「土下座しろ」のシーンは、鬼気迫る演出で見どころと言えます。 そして、その大和田常務を演じた香川照之が、いろいろと細かい言葉や顔芸が笑え、半沢に対して後半で「やれるもんならやってみな」という名ゼリフも生み出されました。 全体ののストーリーとしても、社会の闇を浮き彫りにさせ、反撃するというもので、見ごたえとリアリティを兼ね備えた、非常に面白い作品です。

次の