アメリカ 出張。 出張・観光ビザ(B

アメリカ出張に必要なもの

アメリカ 出張

海外出張のビザは、2週間以内程度の短期のビジネスもきてきであれば、ビザなしで入国できるのがほとんどです。 また、ビザが必要な国でも観光ビザで入国できるケースが多々あるでしょう。 しかし国によっては、ビジネス目的の海外出張は就労と見なされてビザを必要としますから、事前に渡航先国の在日大使館、またはホームページなどで確認をするのが無難です。 海外出張のビザについては電話またはホームページで情報を集めよう 海外出張でも比較的短期の2週間以内程度であれば、多くの国に観光ビザで入国できます。 しかし、そうではなく、例え短期間でもビジネスでの出張にはビザを必要とする国があります。 詳しいことは渡航先国の在日大使館あるいは領事館に問い合わせが必要で、この場合は電話でもOKです。 また、インターネットのホームページでの確認や情報収集も可能です。 ビザの書類申請や審査には時間がかかるので注意しておこう 海外出張のビザは基本的にビジネストリップですが、観光ビザで代用できる国とそうでない国があります。 そうでない国の場合、短期の出張でも就労ビザを必要とします。 この場合は、観光ビザ取得よりも手続きが長くなることがあります。 これはビザ取得の際に、現地からの招聘状、現地での日程表などの書類を揃えるのと、その審査に時間がかかるからです。 したがって、この場合はビザ発給に要する日数を考えておく必要があります。 海外出張時のビザ申請は在日大使館や領事館で行う 海外出張のビザ申請は、通常の場合渡航先国の在日大使館もしくは領事館の窓口になりますが、事前の通知なしで手続きや規定が変更になることがあります。 したがって海外出張のビザ申請に関する最新情報をあらかじめ確認する必要があります。 就労ビザの場合は、手続きやそれに要する書類の整備が複雑になります。 また、パスポートの残存有効期間に関する条件は渡航先の国により異なります。 ビザ取得に必要となる書類は多いのでよく確認しておく 海外出張のビザを申請して取得するためにはいくつかの書類が必要になります。 それは、パスポート、査証申請書と写真(1~3枚)、会社の推薦状、英文経歴書、無犯罪証明書や健康診断書、戸籍抄本もしくは戸籍謄本、そして予防接種証明書などです。 なお、証明書類などは該当する機関から発行してもらいます。 実際のビザ申請先は渡航先国の在日公館ですが、旅行代理店への代行も可能です。 ビザの発行に厳しい規制を設けている国もあるので気を付ける 海外出張のビザ取得は通常はそれほど難しくはありません。 ただし原則としては、例え短期間でも海外出張は就労と見なされることがあります。 また、ビザを必要としない国でも出張期間が長い場合は、渡航先国の規定適合したビザが必要になります。 ちなみに、最近は国際テロリストおよび不法入国者や不法就労者対策が徹底してきて、ビザの申請・取得に厳しい規制を設けている国が多く、特に就労ビザの取得は厳しくなっています。 海外出張時のビザ取得は期間によって必要になり在日大使館や領事館で行える 海外出張のビザは通常の場合、観光ビザで代用することができますが、最近はご時世もあって各国ともビザの発給条件が厳しくなっているのが実状です。 例え短期間であっても海外出張はビジネスなので、観光ビザは利用できても好ましいとは言えません。 したがって、とりあえずは観光ビザを取得しますが、就労ビザが必要になるケースが増えていますから、ビザ申請・取得に詳しい旅行代理店に代行を依頼することが必要な場合があります。

次の

アメリカ出張! 怖い?

アメリカ 出張

2)短期観光ビザ(B-2) 対象: ・短期観光を目的に渡米する旅行者 ・友人や親族の訪問、治療、同窓会や社交、奉仕活動など娯楽や休養を目的とする渡航者 ・ビザ免除プログラムを利用できない渡航者 ビザなしで渡米できない方) ビザの有効期限: 1回の入国のみ〜最大10年 (申請者の経歴や渡米目的に基づき、アメリカ大使館領事の自由裁量で決定される) * ビザの有効期間と滞在期間は同じではありません。 米国入国時に米移民局の入国審査官が滞在期間を決定します。 その他: ・Bビザで入国した渡航者に対する最長延長期間は6ヶ月です。 【B-2ビザの申請には次の証明が必要となります】 ・米国外に強いつながりがある居住地があること ・渡米は短期間であり、予定終了後は帰国すること ・米国滞在中の十分な資金があること 出張(商用)・観光ビザの現状 このビザは取得が容易だと誤解されがちですが、1986年より日本国籍者に対して90日以内の観光・出張であればビザが免除される 「ビザ・ウェーバー・プログラム(ビザ免除プログラム)」が適用されているため、B-1/B-2ビザを申請するには90日以上滞在しなければ ならない明確な理由が必要となり、決して取得の容易なビザという訳ではありません。 期間延長も不可能ではありませんが目的が明確でなければ困難です。 米国内で収入を得ることができない上、就業および製作的作業行為も認められていません。 しかし、これらの定義(商用、就業、作業かの区別)があいまいで、入国時の移民審査官によって判断されるため、 このビザを取得していても入国拒否に遭う可能性が高いので入国時に注意が必要です。 ご相談事例• オンライン申請書DS-160フォーム• 米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート• 2 インチ x 2 インチ 5cmx5cm の写真1枚• 面接予約確認書• 本国とのつながりを示す書類: 例)在職証明、家族との結び付き、家の所有権など。 予定している旅行に関する旅程表• 十分な資金の証明: 例)収入、納税、財産、事業所有権、資産の証拠書類。 上記は2015年11月時点の情報です。 必要書類は随時変更される場合がございますので、申請時には最新情報を必ずご確認ください。 日本国籍以外の方 ・外国人登録証および在留カードのコピー:登録証の両面 ・家族のパスポート:同行するか否かにかかわらず、また家族がビザ申請をしない場合も必要 領事は各申請者の具体的な意志、家族の状況、自国での長期的な展望や将来の見込みなどを含めて様々な角度 から検討します。 各事例が個々に審査されますので、補足書類は個人の背景や状況によって異なります。 重要: 決して不正な書類を提出しないでください。 *虚偽記載もしくは不実記載をされると、ビザ申請資格を永久に失うことになります。 *英語以外の書類には翻訳が必要です。 ビザ申請サービス案内.

次の

サラリーマンは海外出張を最大限活用するべし_アメリカ海外出張記録

アメリカ 出張

前歴者のアメリカ入国審査について 現在お付き合いしている彼が昨年国内で逮捕され(窃盗)、不起訴で釈放されました。 過去に起こした犯罪は皆無です。 未払いのもの(数百円)をお店の外に持って出てしまい、無実であることを説明をしたものの、警察の方と口論になってしまった模様です。 この度、彼がアメリカへ出張へ行くことになったのですが、ビザ取得ではなく、ESTAを利用するとのことです。 予定されている出張ではビザ申請をする時間がなく、ESTAで入国するか、会社に何かしらの理由をつけ出張時期を延期するか考えたらしいです。 結果、前歴者はESTAに該当しないことは承知しつつ、諸々の調査の結果、入国ができる可能性が高いということで、ESTAを選択するとのこと。 私としては、日米間は犯罪者引渡し条約を結んでいるので、指紋の共有化等がされている場合は、彼は入国拒否されるのではないかと心配しています。 ですが、一方で、そういった情報共有は国際手配等の重い犯罪だけなのかも・・・とも思っています。 会社命令の出張を延期することも難しいでしょうし、わざわざ自分から「前歴があります」と生真面目にアメリカ側へ申し出るのもどうなのかなと思い質問させていただきました。 (勿論本来はそうすべきであることは彼も私もわかっております。 ) ESTAで何事もなく、入国できればそれにこしたことはありません。 過去に同様の環境でアメリカへ入国した方、またこの件にお詳しい方がいらっしゃれば是非回答願います。

次の