野沢直子 英語。 野沢直子の娘は格闘家として格闘技に参戦?かわいいCM画像あり

野沢雅子

野沢直子 英語

Sponsored Links 野沢直子の子どもたち(美人娘2人&息子1人)は格闘家やパソコン分解する秀才も! 野沢直子さんはテレビでは見ない日はない程の人気を誇っていた女性芸人でしたが、突如1991年に芸能活動を休止し、渡米。 その後、夫のボブさんと結婚し可愛い子どもたち3人が生まれました! 真珠(しんじゅ)・野沢オークレアー 通称:JuJu(ジュジュ) 生年月日:1993年10月29日 出身:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ 身長:176cm 体重:57kg 職業:総合格闘家(MMA) これがあの野沢直子さんの娘とは! 真珠さんの体つきは本当に格闘家といった感じですが、顔は本当に美人! ちなみに日本では「オークライヤー」と言われることがありますが、野沢家(というか英語読み)では、 「オークレアー」 なのだそう。 でも、ふとした表情が野沢さんの面影があるんですよねぇ。 6歳からすでに空手を習い始めて、20歳の時に始めたボクシングにどハマリし、格闘技が好きになったんだとか。 そして、周囲からはアグレッシブなファイトスタイルが「MMA(総合格闘技)向きだ」と言われたことから、MMAに転向したのだとか。 しかも、当時看護師になるために大学に通っていたのですが中退(もったいなーい!)。 普通のご家庭ならここで、 「せっかく大学に入ったんだから!」 と言われて両親に大反対されるところを、きっと野沢さんご夫婦は戸惑いながらもあたたかく見守ったんでしょうねぇ。 右肘靭帯を断裂したままの出場だったようで、非常に厳しい試合だったことを明かしましたね。 珊瑚さんも驚くほどの美人ですね! 昨年真珠さんがアップしたインスタ画像ですが、珊瑚さんはパパ似っぽいですね。 ばっちりメイクすると、ハリウッド女優のリブ・タイラーにも似てる気がする! 瞳が明るいブルーだし、絶対こうなりそう! 珊瑚さんの年齢は生年月日がはっきりしていないのですが、おそらくお姉さんの真珠さんと2歳くらい下になるかと思います。 ということで、2018年時点で 22歳前後といった感じじゃないかなぁと思います。 日テレの『人生が変わる1分間の深イイ話』で野沢さんファミリーが取り上げられた当時、珊瑚さんは20歳で大学生でした。 そんな珊瑚さん自身も政治学を勉強しつつ、絵を描いて アーティストを目指しているそうです。 これもまた真珠さんの昨年のインスタ画像ですが、海くんのお誕生日だったんでしょうね。 海くんも珊瑚さんと同じく生年月日ははっきりしていませんが、2018年時点でおそらく 17歳前後になると思います。 海くんは非常に勉強熱心で、同じく『深イイ話』に出演の際には(当時海くんは15歳)、 学校で1、2を争う成績の持ち主だと紹介されました。 お子さんたちの成長ぶりから、両親との関係の良さがわかります。 その後、4年ほどのフリーター生活。 このままではいけないと医療事務の資格を取得後、地元のクリニックに就職。 こんな自分が日々生活している中で感じ考えたこと、自分が経験したことで「これは良い!」「これはイマイチ・・・」とみなさんに参考にしていただけそうなことがあれば、きまぐれに綴っていきます。 みなさんに楽しんでいただけるようなブログ運営を目指して頑張っていきたいと思います! どうぞよろしくお願いいたします。

次の

■NOKKO|野沢直子とNOKKO NYの英会話学校で出会う

野沢直子 英語

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態の、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 のざわ まさこ 野沢 雅子 プロフィール 本名 塚田 雅子(つかだ まさこ) (旧姓:野沢) 愛称 マコさん 性別 出生地 ・ 8歳 - 18歳 (現・) 生年月日 1936-10-25 (83歳) 血液型 身長 153 職業 、、 事務所 配偶者 (死別) 公式サイト 声優活動 活動期間 - ジャンル 、、、 女優活動 活動期間 - ジャンル 、、 : 野沢 雅子(のざわ まさこ、 - )は、の、、。 声優としての代表作に『』()、『』(風 大左衛門)、『』(ひろし)、『』()、『』シリーズ(、、)など。 概要 人物 声質は。 声優業の創生期から活躍しており、青二プロダクション創設メンバーの一人でもある。 現在は劇団ムーンライトの主宰・演出も手がけている。 父はの野沢蓼洲(のざわ りょうしゅう)。 叔母はの女優である。 来歴 3歳の時にとして映画デビュー。 父がを描いた作品でに入選、その縁でに移り住み小学3年生から高校卒業までを過ごす。 中学の時に劇団に入り、学校が休みになると東京で女優の仕事を行うという日々を送る。 高校はに在学。 高校生時代は、、、などのスポーツに励む生徒だったという。 高校卒業後、上京し本格的に芝居に打ち込むようになる。 若い頃から交流のあったの談話に拠ると元々は演出志望だった。 また、劇団の経営を支えるため、10代の終わり頃には声優業も始める。 ただし、当時は声の吹き替えは録音ではなく生放送だったため、初仕事が洋画の吹き替えであるのは覚えているが 正確な声優業デビュー作品は本人も覚えておらず不明である。 アニメデビュー作は、『』のゲスト出演。 初主演作は『』(鬼太郎役)となる。 、の分裂騒動の際には、創設メンバーの一人でありながらの設立に関わった。 その後に移籍。 長きに亘って在籍したが、に「」を設立し独立した。 この際、声優活動をしていた当時は野沢との共演も多かったがマネージャーを担当していた。 より青二プロダクションに復帰、同年にオフィス野沢を廃業した。 、第7回「功労賞」を受賞。 、を受賞。 1月31日、の「ドラゴンボール」関連のゲームで主人公・孫悟空の声優として「ひとつのビデオゲームのキャラクターを最も長い期間演じた声優」「ビデオゲームの声優として活動した最も長い期間」の2項目でに認定されたことが明らかになった。 また、同年5月16日には、前年に短編アニメ映画『』で主人公・三平役を演じたことから、第26回のアニメーション部門声優賞を受賞。 、長年の声優活動を通じて児童文化の向上や普及に努め健全育成に貢献してきた実績が認められ、「平成30年度 児童福祉文化賞 特別部門」を受賞。 姿勢 新人時代、当時の環境はまだ録音機材が充実しておらず、収録中のNGは全て最初からの録り直しとなった。 そのため、NGを出すと「(申し訳なさで)気を失いそうになった」と回想しており、簡単にNGを出す最近の若手声優に対し「緊張感が足りない」「『NG大賞』なんて、当時の感覚からしたら信じられない」との考えを持っている。 「キャラクターのイメージを壊す」という理由で、テレビの顔出し出演を拒む声優が多い中、アニメ関連に限らず、などにも本人登場で出演することがある。 貰い火で自宅が半焼した際には「仕事に穴を開けるわけにはいかない」と、近所から服を借りてスタジオに行き、火事のことはスタッフ・共演者の誰にも告げずにアフレコに臨んだ。 また、は「体調が悪くても、一言も弱音を口にしない方」と語っている。 長年「一番印象的な役は? 」という質問には、一貫して「どれを選ぶということはできない」と答えていたが、のインタビューでは「『』シリーズの、、、『』(・、)の、『』のの3役だけは欠かせない」と語った。 この3作は全て原作者によって選ばれた役である。 役柄 少年役 洋画を生アフレコでテレビ放送することになったが、時間的に子役を使えず、解決策として「女性の声帯が子供に近いのではないか」という番組プロデューサーの意見でオーディションが行われた結果、野沢が選ばれた。 以降、少年キャラの吹き込み、吹き替えは女性が担当する風潮が定着し、少年役の依頼が多くなった (後に出てきたが『』『』と2度も主役の少年役を務め、今でも神谷とはこの話になると苦笑し話題が絶えないという)。 アニメ『』では孫親子3役をはじめ劇場版・TVスペシャルを含めると計6役を、後にOVA作品『』においても1人4役を演じており、役により声の抑揚、高低、強弱などを全て使い分けている。 女性・老女役 少年役以外では中年女性や老婆役を演じることが多い。 吹き替えでは、『』のや『』の、『』のなど母親役や中性的な雰囲気の女性を担当している。 野沢が思い入れ深い映画はを吹き替えた『』であり、「息遣いが自分と全く一緒でとてもやりやすかった」という。 また、もいやらしくなく演じており、本当に素敵な芝居をする女優だと評していた。 少女役 インタビューなどで「お姫様の役をやってみたい」と度々発言しているが吹き替え・アニメを通し、『』のオズマ姫が、主要キャラクターでは唯一のお姫様役である。 しかし、オズマ姫は少年の姿で登場し、最後に元の少女の姿に戻るという役どころであり、実質的には少年役とも言える。 数少ない少女役として、他には、人形劇『』では、カエルの女の子のケロちゃんを、『』第69話では、牧場の娘・桧山ユリを、『』では、卑怯で気が強い女子高生・飛垣を演じた。 また飛垣の他にもサブキャラクターで女子高生役を演じている。 また、ラジオ番組『』では少年役のほか、少女役も演じている。 ゲゲゲの鬼太郎 作品は何度も音声・映像化されているが、テレビまんが版を含めて、初めての声を担当し、また野沢にとっては初めての主役であった。 放映当時、原作者のの趣味の「墓場の散歩」に触れ、「私もお墓を散歩するのが好きなんです」とコメントしている。 後に出演した『』でも非常に思い入れの深い役として、時には鬼太郎になりきりながら軽快に語っていた。 第3作以降においては、キャストが一新され、鬼太郎役はその度新キャストとなっている。 キャスト変更を当初はがっかりしたが、その後『ドラゴンボール』で孫悟空役に決定した際、当時は、同じ局系列で2作品の主役はできないという不文律があり、この件がなければ孫悟空を演じることができなかったため、「今思うと凄くツイていた」と振り返っている。 新作の『鬼太郎』が放映されると、必ず第1話を見るという。 当時、戸田恵子は大先輩の役を引き継ぐということでプレッシャーを感じていたといい、40周年映画で歴代のキャストが勢揃いした際は「野沢さんが来るからオファーを受けた」と冗談めかして語っている。 8月にNHKにて放送された『』では、短いシーンの登場であるが数年ぶりに鬼太郎の声を演じ、放送の『墓場鬼太郎』で再び主役を担当した。 この際、デザインも性格も以前のものと違う貸本時代の不気味な鬼太郎を見て、怖いもの好きなことから、「可愛い」と思ったという。 本来の鬼太郎に関しては「正義感が強く、普通の可愛い男の子」と考えているという。 12月公開の映画『』では、コラボ企画として作品にゲスト登場する鬼太郎の声を演じた。 2018年4月開始の第6作では、これまでテレビシリーズではが担当して来たの声を担当する。 オーディションで役に決まったことについて野沢は「親子をできるなんて最高に幸せ。 背伸びせず気張らず私なりの父親を演じていこうと思っています」と語っている。 銀河鉄道999 アニメ化の際、キャストのオーディション選考で居合わせていた原作者のが野沢の声を聞いて「この声だ」と、星野鉄郎役に決定した。 ドラゴンボール関連 アニメ化の際、メインキャラクターのキャスティングはほとんどが指名だったため、オーディションで決まったのは野沢と役のだけだった。 選考は役者の名前シールを外したテープを聞いて行われ、当時、声優に詳しくなかった原作者・が野沢の演技を聞いて「悟空だ」と感じたことで決まったという。 後日、鳥山は野沢の著書で「あんなに大活躍している方だとは思わなかった」と述べており、他にも「執筆中、悟空が野沢さんの声でしゃべってくる」「悟空の声は、今では野沢さん以外には考えられない」と語っている。 鳥山に選ばれたことを知った野沢は、作品の世界を描いている原作者に認められたことがとても嬉しく、悟空役は「宝物だ」と思ったという。 それから25年以上経て、映画『』の時に野沢は初めて鳥山本人に確認する。 鳥山は「すぐに決めた」と言い、次に「ギャラ高いでしょ」と聞かれる。 鳥山は、野沢に決めた後も制作陣から他の声優を何人も薦められていたのだという。 「その話は初耳だった」と野沢は語っている。 なお、野沢は『』の絵を見たときから「可愛い絵を書く漫画家さんだなぁ」と鳥山作品を好きになり、『ドラゴンボール』のオーディションで悟空を見たときは「かわいい、絶対やりたい」と臨んだという。 その時点での役柄になりきるため、事前に原作を読まずにアフレコに挑んでいた。 スタジオにいるスタッフや共演者が、原作の先の展開を話そうとすると「野沢さんは読んでいないから」と止めが入っていたという。 また出演者には、野沢に同調する形で、原作を読まずにアフレコに挑むメンバーも多かった。 悟空達の代表的な必殺技を放つシーンの収録では、野沢自身もポーズを取りながらの演技で「スカートだと足が開けなくて気合が入れられないため、いつもスタイルで臨んでいる」とのことである。 フランスでも同作が大ヒットし、現地テレビ局にゲストで招かれ、フランス版の声優と共演する企画があった。 その際、コンマ秒単位でセリフを合わせるアフレコ技術を披露した。 また、のの際、インタビューに答え、着ぐるみの孫悟空と北米版の孫悟空役の声優であると3人でかめはめ波のポーズを披露した。 同シリーズでの前フリである「オッス、オラ悟空!」というセリフは、野沢のによるものである。 本放送以外での悟空の声について 1989年頃、野沢の小学生の姪が、友達に「伯母が悟空の声を担当している」と言ったが、なかなか信じてもらえず声を聞かせてとなったため、野沢に電話を掛け「友達に悟空の声で自己紹介をして欲しい」と頼み込んできた。 普段は仕事以外で悟空の台詞を喋ることは断っていたが、可愛い姪の頼みとあってこれに承諾し、電話に出た友達に「オッス!オラ悟空!よろしくな」と言った。 姪は本当だと証明できて大喜びだったが、野沢にアニメのキャラクターの台詞を頼んではいけないのは親戚内では暗黙の了解となっており、姪はこれを知った母親にひどく叱られたため、以後は同様の出来事はなかったという。 バラエティ番組「」でこの出来事を取り上げた際に「野沢雅子はドラゴンボールがなくても願いを叶えていた」と形容された。 は『ドラゴンボール』放映時、作品の大ファンだった甥の偏食を見かねて、野沢に頼んで孫親子3人から甥へ「野菜を食べて強くなろう」と語りかけるメッセージテープを作成したが、甥は「ヤダ! 」と拒否し、林原は「あんたは悟天君が言っても食べないの!? 」と叱ったという。 また、共演者だったの逝去の際、孫悟空の口調で「オッス、オラ悟空。 おめぇ、どうしたんだよ。 こっちの世界に来いよ。 頼むぜ、みんなを見守ってくれよな。 」と涙ながらに語りかけた。 また、のでの発起人としても務めた際、孫悟空の口調で「オッス、オラ悟空だ。 ブルマ、いっぺぇいっぺぇそっちで、楽しんでくれよな。 」とメッセージを寄せた。 演じ分けについて 悟空の息子の悟飯も演じることを『ドラゴンボールZ』第1話のアフレコ収録当日に知らされ、更には悟天までとは全く考えてもいなかったため非常に驚いたという。 スタッフは「悟空の息子だから野沢さんで」と決めたとのこと。 「3人は一見似ているようだけど育った環境が違う ので、そんなに大変ではないし、絵を見るとすっと役に入れる。 悟空と悟天はやや似ている部分があるが、悟天には親がいることで違いを出している」とのことである。 また成長した悟空に関しては「生々しい大人の男性じゃなくて、世間のことを知らない年齢不詳の感じでやっています」とのこと。 一人が複数のキャラクターを演じる場合、二人目は別録りするのが基本であるが、野沢は台詞が重複する場面以外は、瞬時に切り替えながら通したという(この野沢のテクニックには、当時のスタッフも驚いたという)。 なお、「1度も代役は入れずに、3人を演じきれたことを誇りだ」と語っている。 思い入れが一番強いのは悟空で、特に尻尾が生えているときが好きであり、「悟飯・悟天は父親の悟空の血を継いでいて可愛らしい」と語っている。 劇場版『』では、悟空、悟飯、ターレスの一人三役を演じた。 脚本家のは「野沢を困らせてやろうと、故意に3人の会話を増やしたが、まったく動じることない演技に驚いた」と述べている。 共演者からも「凄かった」「見どころ」と評され、野沢も「役者として最高に幸せです」と述べている。 2人の声優が同時に声を発する合体キャラクターを演じた時も同時収録だった。 役のや役のがそれぞれ画面を見て喋り、野沢が相手の口の動きに合わせて喋っていた。 本人曰く「そういうのは得意」であり、2014年に収録されたのCMではと同時発声で演じた。 お気に入りのシーン、キャラクターなど 野沢自身が印象に残っているシーンは『ドラゴンボール』1作目のアニメオリジナルシーンにて、悟空がスノの家でトイレに行った時、レッドリボン軍にドア越しに銃で撃たれ「いててて! 」と言って出てくる場面を挙げている。 後年でも好きなシーンとして挙げている。 アフレコで特に思い入れがあったシーンとしてがに殺され、悟空が激怒する場面を挙げている。 悟飯のエピソードで好きな話は、アニメオリジナルストーリーである、悟飯とロボットの交流を描いた『ドラゴンボールZ』の9話「ゴメンねロボットさん 砂漠に消えた涙」だという。 キャストが野沢と、ロボット役のと、ナレーションのの3人のみという回は初で、制作サイドでは反対意見も出たが、視聴者からは「感動した」という手紙が多く来たという。 塩屋も印象に残っている話として同じく『ドラゴンボールZ』第9話を挙げている。 悟空以外で好きなキャラクターにを挙げている。 印象については「最初は大魔王と違い、すごく憎たらしくてキザで、なんて嫌な奴だと思っていたが、段々と良い人になっていた」と語っている。 幼い悟飯をピッコロが指導する際に、初代役のと共にピッコロ役のに対して「あまり悟飯ちゃんを苛めないでね」と注意して苦笑させていたが、時にはアフレコでそのシーンを見ていく内に腹が立ち「いい加減にしてくれない!? 子供相手に」と叱責して困らせてしまうこともあった。 また、荘が出産と育児休業でチチ役を降板を余儀なくされた時は残念がっていたが、役で世界観を熟知していたが、代役から後任につながったことで安堵したといわれている。 一方、嫌いなキャラクターは、悪役に徹したおよびだと語っている。 また、が幼い悟飯を痛めつけた場面では「子供になんてことするんだ!」と、本気で腹を立てたという。 フリーザとについては「大人になりきれない部分が残っていて、憎らしいけどカワイイみたいなところがある」とも語っている。 2018年のインタビューでは嫌いなキャラクターは「しいて言えばセル」であり、フリーザは「妙な子供っぽさがあるから好き」と語っている。 他のエピソード 『』(日本テレビ版)では降板したに代わり主人公の声優を務めたが、2013年3月放送『』のインタビューでは同作を白黒作品だったと勘違いしている。 同番組ではアニメ好きの外国人と中川翔子の前で「ぼくドラえもん」とドラえもんの声を演じた。 『』では、どうしてもを演じたいとオーディションに参加。 役に決まりを良く理解するため、時間を見つけてはに行き観察した。 10日間ほど通い詰めてもアライグマの鳴き声を聞くことはできなかったが、直後約に当時放映していたテレビドキュメンタリー番組『』で、偶然にもアライグマが登場して鳴き声を知り、それを参考にした ことを、『』での「野沢 雅子特集」の際に語っている。 また、ラスカルの収録は他の声優陣と別録りだったが、鳴き声を演じる上で他の人の演技を確認するために、初めから収録風景を確認していた(他の声優陣と同じ時刻に集合していた)。 『』の風大左衛門の声をだったに聞かせ、治したことがある。 また、私生活において当時劇団のあったまでの切符を買う際に「高田の馬場だス」と大左衛門の口調で喋ってしまったり、子供の学校ので他の子の親と会話している時に途中で喋り方に気を付けたにも関わらず「そうだス」と言ってしまい、悩んだ末に田舎言葉を混ぜることで地方出身だと思い込ませようとしたなど、『いなかっぺ大将』では役が抜けずに苦労したそうである。 「歌は苦手」とのことだが、主演作の『』や『』、『』では主題歌を担当しており、『ドラゴンボール』『』でもキャラクターソングを歌っている。 「私生活ではかなりおっちょこちょい」とのこと。 『』の出演時には、内線電話と間違えて館内放送のマイクに向かって話してしまった話、リモコンから送信される赤外線を身体に有害なレーザー光線と勘違いしていた話などを披露した。 独身時に劇団仲間と車で移動中にバイク事故を目撃する。 全員が「あのバイクに乗っていた人は死んだ」と思う程の激しい事故だったが、その当該者が後に夫になるだった。 迷惑電話がかかってきたときは、子供の声で「パパ、ママ今いないから分かんない」や、家政婦のふりをして「今、誰もいねぇから分かんねぇんだ」と言うと諦めてくれると言う (3月27日にゲスト出演した『』より)。 映画『ONE PIECE』の主題歌『』でくれはの声で出演したためゲスト参加している。 その曲のオリコンチャート最高位が8位だったため、71歳4ヶ月としてオリコンチャート10位以内の女性最年長記録(当時)であった。 他声優関連 著作で「可愛い後輩」の1人としての名前を挙げている。 は後輩でありながら、野沢に車で送り迎えをされていたことを雑誌の対談で述べている。 気配り上手で気さくな人柄に対し、鶴ひろみは「本当に可愛い人なんです」と語っている。 養成所時代に野沢から指導を受けたは「役者としても女性としても尊敬している」と発言している。 は、まだレギュラー役を持っていない新人時代、アシスタントを務めていたラジオ番組にを伴いゲスト出演してくれた等、現在でも野沢の気配りや親切に恩義を感じている。 『ドラゴンボール』シリーズの収録現場は、キャスト陣やスタッフの雰囲気が非常に和やかで和気藹々としていたことが、多くの人物から語られている。 このことに対し役のは「主演の野沢さんが新人や中堅たちに目を配り、雰囲気作りに努めていたことも要因ではないか」と語っている。 また少年期に『ゲゲゲの鬼太郎』など野沢が出演していた作品を多数見ていたといい、「業界で最も尊敬している人物の一人」であるとも発言している。 少年を演じたは子供役に不安を感じていたが、大人の悟空から子供の悟天を演じる野沢の演技を見て勉強になったという。 また、で野沢と声を合わせたことは「何ものにも代えがたい価値があった」と語っている。 野沢は草尾のことを「親子ほどの年齢差だけど、弟のように可愛い」と発言している。 野沢と同じく親子二役を演じることになったは、野沢の三役を見て気合を入れていたという。 のEクラスを20年近く乗り継いでるが、切っ掛けはに「まこさんは僕らの大切な人だから、丈夫な車に乗らないといけないよ」と言われたことである。 仲の良い声優仲間としては、、池田昌子、、、、内海賢二・夫妻、鶴ひろみ、、、、らの名が挙げられている(著書『ボクは、声優』より)。 出演 太字はメインキャラクター。 テレビドラマ• 第4話(2014年) - の声 ウェブドラマ• (2018年) - 声優N・ナレーター 役 映画• (2011年) - 審査員 役 テレビアニメ 1963年• (有尾人の女王の子供、国際電話局ロボット) 1965年• (鉄野ナベ子)• (プー )• (TBS版)(大原伸一)• (シロ) 1966年• (花村トン吉、カン太)• (サップス10号) 1967年• (ガボ) 1968年• (クローばあや)• (野球少年、よね)• (1968年 - 1969年、 )• (ロック)• (おかみ、お志津)• (まんぞう) 1969年• (ホワイティ)• (ブン吉 他)• (健太 、たこ焼き屋台のおばさん、料理屋「しず江」の女将、上原荘の主婦、バスの中の老婆、良夫、屋台のおかみ、太田 孝、少年)• (進)• (第1作)(トン子)• (第1作)(神様の弟子、デコ〈デコッ八の妹〉、一松、トド松)• ( ゼンちゃん)• (カツオのクラスメイト) 1970年• (宮津友恵、飛垣陵子〈2代目〉、川地絹子)• ( 風大左衛門) 1971年• (桧山牧場の娘ユリ)• (街の子供、大根の母、子供時代の網走)• (1971年 - 1972年、 鬼太郎 )• (B助、不良、虫歯の子供、バカボンの友達 他)• (ハヤト、出来底の妻) 1972年• (フランコ)• (1972年 - 1974年、 ひろし)• (荒井二平 )• (トニオ) 1973年• (1973年 - 1974年、子供、中西誠二)• (母親、少年時代の飛鳥拳、トシオ)• (スコーピオンパンサー)• (キム、マール)• ( 〈2代目〉、ボタ子)• ( えん魔くん )• (ロバート)• (先生)• (オニギリ)• (美土路学 )• (トミさん )• (野ねずみダニー)• (幸太、サブロー、トト) 1974年• (オルガン弾きの少年、ヒェル)• (大原高校の生徒)• (第1作)(ブータ 、カリメロの母チェシラ)• 荒野の少年イサム(クーキー)• ( ポロン)• (サターン、チャック) 1975年• (ホンダラ医院の看護婦、パパのお母さん、ペットを溺愛する主婦、カチカチ山の魔法使い)• ( ガンバ)• (白骨鬼、地虫鬼)• (ウィリー)• (ダントン ) 1976年• (ヨキチ)• (マクレガーの家のおばあさん)• (トム)• (ドウモスカン)• (ロペット、 オレアナ、一木金太、コネクション女医)• (風大左衛門)• ( ハック)• (ルイジ)• ( ピコリーノ) 1977年• ( 、グレタ・サンダーランド、ジュディ・ミッチェル)• (逢瀬半五郎 、鷹也のおばあさん)• (1977年 - 1978年、 上杉鉄兵)• (コバー、サンディ) 1978年• (ヤスタケ)• (1978年 - 1981年、 )• (カーリー)• (元太)• (アララン) 1979年• (少海、バディ)• (トニー)• (猛)• (少年)• ( トンデモネズミ )• (吟遊詩人の息子)• (チコ) 1980年• ( 怪物くん)• ( 三平三平 )• ( トマス・ソーヤー)• (ペーター)• (チビ )• (ミルクの精) 1981年• (1981年 - 1982年、金太郎)• (1981年 - 1982年、 ひろし)• ( 錫石宏、妖婆ホネルバ)• ( ケン太)• (フリート) 1982年• (金太郎)• (ウイリー)• (1982年 - 1983年、 エステバン )• ( 猿谷猿丸 ) 1983年• (松野好、少年時代のカバ丸)• (ケンツ・ノートン、クレアの母)• (ベニー)• (立花家に仕える婆や)• (天使) 1984年• (エンドレ)• (ハナタレ)• (マイケル) 1985年• ( ブンブー) 1986年• ( パレー・ハリントン)• (1986年 - 1989年、 ) 1987年• (チコ)• (梅干丸、つくね)• (ママ)• (1987年 - 1988年、 青影 )• (ソウジ鬼) 1988年• (1988年 - 2020年、シチューおばさん〈2代目〉、カメラのパチリくん、海賊ロブスター、ほのおくん〈4代目〉、ワンタクロース)• (チャーハン)• (1988年 - 1989年、 ビリ犬')- 2シリーズ 1989年• ( 四季カケル)• (クマゴロー 他)• ( 日ノ丸四駆郎)• (1989年 - 1996年、 孫悟空、 、バーダック、 、 、 ) 1990年• ( ムサシ )• (ギボ)• ( バーダック、孫悟空)• (やまびこ太郎) 1991年• (マジョババ、カクゾー)• (おばあさん)• ( 小仏珍念) 1992年• 1993年• ( 孫悟飯) 1994年• ( ポンタ)• (オレッタ、ニコル) 1996年• (1996年 - 1997年、 孫悟空、 孫悟飯、 孫悟天、孫悟空Jr. ) 1997年• (1997年 - 1999年、孫悟空)• ドラゴンボールGT 悟空外伝! 勇気の証しは四星球( 孫悟空、 孫悟空Jr. (バァビィー〈ピテカンの祖母〉) 1998年• (悪魔の親分)• (ケンツ・ノートン)• (水島明子、サンチョス、X-ハト)• (ムチッ子マシーン) 1999年• (南條院麗香) 2000年• (坤田友代)• (おハムばあさん、ロコちゃんのおばあちゃん)• (ロゼッタ)• (フクオ)• (家カリ)• (シスターコーン)• (2001年 - 2012年、千間降代、若松芹香)• (2001年 - 2019年、Dr. くれは) 2002年• (ママ・スタウト )• (キャシー)• (テスラ〈エレキテルママ〉)• (キンタ) 2003年• (原始人の少年)• (白庵、黒庵)• (榎本むつ子) 2004年• (恐竜のママ)• (老婆)• (2004年 - 2006年、雪城さなえ)- 2シリーズ• (2004年 - 2005年、プラム、ジャスミンママ) 2005年• (クリン)• (怪魚)• (デュークモン)• (おばあさん) 2006年• (きらりの祖母)• (花乃小路夢子)• (だんごやおばば)• (老婆)• ( イシシ〈代役〉)• (武宮美津子先生)• (エレキテルママ) 2007年• (デュークモン)• ( ガウディ) 2008年• ( 鬼太郎)• (オオカミ)• () 2009年• (ノモ、ドアーズのメンバー、朝見とき枝、お婆さんに間違われたおじいさん、滝川あかねの生まれ育った町に住むおばちゃん)• (丸山春樹)• (2009年 - 2015年、 孫悟空、 孫悟飯、バーダック、 孫悟天)- 2シリーズ• (2009年 - 2010年、キュリー夫人 )- 2シリーズ 2010年• (フランス理事長) 2011年• (オララ)• (えん魔の父)• (第10話予告ナレーション:エリマキトカゲ)• (東京兎)• (藤堂昌江 ) 2012年• (ボニー) 2013年• ( 孫悟空、 孫悟飯、 孫悟天) 2014年• ( 孫悟空)• (ダグ)• ( オババ ) 2015年• (2015年 - 2018年、 孫悟空、 孫悟飯、 孫悟天 、ゴクウブラック ) 2016年• (飛び出し怪人)• (けろちゃん、がめさん) 2017年• (竜族族長) 2018年• (リグリット・ベルスー・カウラウ)• (2018年 - 2020年、 )• (マジカル・マリン )• (野沢雅子)• (アーサーバーシバル)• (ざわ…ボイス〈001〉 ) 2019年• (コピージョー) 2020年• ( アスマお婆ちゃん )• (ナレーション )• (じんのすけ) 劇場アニメ 1967年• 1969年• ( 嵐山隼人 )• 1970年• ( イサム ) 1972年• (ライナー〈エース〉) 1978年• (チュミ) 1979年• ( )• ( ミーシカ) 1980年• (の娘)• がんばれ!! タブチくん!! 初笑い第3弾 あゝツッパリ人生!! (ヤスダの娘) 1981年• ( 怪物くん)• ( 星野鉄郎) 1982年• ( 怪物くん)• ( ヒデ)• ( ひろし) 1983年• (メカマロ) 1984年• ( ガンバ) 1986年• ( ) 1987年• ( )• ( 孫悟空) 1988年• (ママ)• ( 孫悟空)• (山田) 1989年• ( 孫悟空、 ) 1990年• ( 孫悟空、 孫悟飯)• ( 孫悟空、 孫悟飯、ターレス) 1991年• ( ガンバ)• ( 孫悟空、 孫悟飯)• ( 孫悟空、 孫悟飯、バーダック) 1992年• ( 孫悟空、 孫悟飯)• ( 孫悟空、 孫悟飯) 1993年• ( 孫悟空、 孫悟飯)• ( 孫悟空、 孫悟飯) 1994年• ( 孫悟空、 孫悟飯、 )• ( 孫悟空、 孫悟天) 1995年• ( 孫悟空、 孫悟飯、 孫悟天)• ( 孫悟空、 孫悟飯、 孫悟天) 1996年• ( 孫悟空) 1997年• (近眼ネズミ) 1998年• ( 星野鉄郎) 1999年• (ログ)• () 2000年• (せみら) 2001年• ( ギルモン) 2002年• ( ギルモン)• (クルリンパ ) 2005年• ( ラウンド、 雪城さなえ)• ( ムタ、 雪城さなえ) 2006年• ( イシシ〈代役〉) 2007年• (イザベラ先生)• (ノーマ) 2008年• (一期鬼太郎、二期鬼太郎)• (効果音)• (寮母)• ( Dr. くれは) 2010年• ( ブラックノーズ)• 2012年• ( アシュラ)• ( )• ( ハル) 2013年• (きょうりゅうママ )• ( 孫悟空、 孫悟飯、 孫悟天) 2014年• (悪夢獣 ) 2015年• (ツブリ )• ( 孫悟空、 孫悟飯 ) 2016年• ( 三平 ) 2017年• (鬼太郎 )• (なぎさの祖母 ) 2018年• ( ヒスイ )• ( 孫悟空、孫悟天、バーダック) 2019年• (占いおババ ) OVA 1985年• 1990年• (亀篠) 1992年• (ざくろ、建礼門院) 1993年• ( 、 ) 1994年• (主任)• きらめき森のヤンタくん( ヤンタ) 1995年• (イクセル) 2001年• (クッピ、ハルエ)- 企画 ビデオアニメ• ( 鬼太郎) 2003年• (ナレーション) 2006年• (三谷拓朗)- 国税庁企画 ビデオアニメ 2007年• () 2008年• ( 孫悟空、孫悟飯、孫悟天) 2010年• ( 、 、ターレス)• (Dr. くれは) 2011年• ( バーダック) 2014年• DVD特典映像 Webアニメ• (2018年 - 2020年、 孫悟空、孫悟空:ゼノ、孫悟飯:ゼノ、孫悟天:ゼノ、孫悟飯、ターレス) ゲーム 1993年• (ピグモン) 1997年• (ナレーション)• My Dream 〜On Airが待てなくて〜(占い師) 1998年• (ギルダ) 1999年• (ロペット) 2000年• (ロペット)• (ギルモン)• (Dr. くれは) 2002年• (オレアナ)• (Dr. くれは)• From TV animation ONE PIECE トレジャーウォーズ2 バギーランドへようこそ(実況ナレーション) 2003年• (Dr. くれは) 2004年• (ギルモン、ブラックギルモン) 2005年• (メリーウェザー)• (四次元女帝)• (Dr. くれは)• (Dr. くれは) 2006年• (孫悟空、孫悟飯) 2008年• (一木金太、白骨鬼) 2010年• (メリーウェザー)• (星野鉄郎)• (Dr. くれは) 2011年• (兵站局局長 )• (Dr. くれは) 2012年• (ダッケ)• (2012年 - 2015年、Dr. くれは) - 2作品• (Dr. くれは) 2013年• (ポーシャ・ザニア・ベリファイト )• 世界名作童話 親子で読めるゲーム絵本(西遊記 ) 2014年• ( 孫悟空)• 神話帝国ソウルサークル 2015年• (ギルダ ) 2018年• (おじゃポン、エンゼルおじゃポン )• ( ミライ )• ( レコロ ) 2019年• (津守ヨモギ )• ( 孫悟空)• (鬼太郎)• ブレイドエクスロード(ユオル ) 2020年• ( セピア ) 吹き替え 映画• (イワン)• (クララ伯母さん)• マイルス 〈マーチン・ステファンズ〉)• (子供A)• (花おばさん )• (ブルーノ〈〉)• (エミリー・アップルトン〈〉)• (息子ファンチョ)• (ベス〈〉)• (森の少年)• (ネッド〈ジョシュ・ファデム〉)• (黒人少年A)• (ディナ・バーンズ〈〉)• (ディナ・バーンズ〈ブライス・ダナー〉)• (ディナ・バーンズ〈ブライス・ダナー〉)• (ロン・トンプソン)• (ジェームズ)• (リッチー〈〉)• (ピーター〈〉) テレビドラマ• (ケニー・ベンジャミン)• (バード)• (ウィリス・ジャクソン〈〉)• (ブレイスリー、トミー、ジャニス)• (エスメラルダ (初代)京田尚子と交代で。 〈〉)• (ジョージョー)• (リザ・ロジャース/バーバラ・ムーア)• シーズン3 11 デブラ・サンズ〈〉• (クワイ・チャン・ケイン(少年時代)〈〉)• (ネコタロー〈中国語: 狮王酷宝〉) アニメ• ( プルーデンスおばさん)• (グラン)• CBS FOX発売版 (チャーリー・ブラウン)• ( ダグ・ファニー)(英語音声:)• (ザック)• (ウィリー )• みつばちマーヤの大冒険2 ハニー・ゲーム• (メリーウェザー)• (ソラン)• ( ティム)• (ティモンの母親) 特撮 1967年• (ガムの声) 1977年• ( ガンちゃんの声) 1984年• (少年時代の の声) 2007年• (アルベール・カモミール〈カモ〉の声) ナレーション• ゲスト出演もした。 (2011年12月29日、エンタメクイズ)• (2012年10月7日、コーンドン空の声)• オトナのストレッチマン• 所でナンじゃこりゃ!? 開局50周年特別番組『』(2019年4月 - ) 実写• (ぴょん太くんの声)• DVD• 日本偉人大賞2007 歴史を変えた超エライ人スペシャル(孫悟空の声)• (オジャ魔の声)• ドラゴンボールの玩具各種(孫悟空)• ハッピーセット『ドラゴンボールZ』シリーズ(孫悟空)• (孫悟空)• ドラゴンボールスクラッチ(孫悟空) その他• (茶坊主)• レキシィデータ(エルくん)• (子供)• ライトツナ(ライトツナ缶の声、ナレーター)• マスコットキャラクター「 トトまる」役• ブルーベリー・アイ( 、角谷社長、ボイスロゴ)• 「」(の声)• ザ・カルシウム(トト少年の声)• おじいさんの声(2003年12月10日)• 上述のドラゴンボールのエピソードの解説(2004年6月9日)• 「工事現場の看板に描かれているキャラクター」のオーデションに参加する声優の一人(2006年5月31日)• 「日産ミニ四駆」篇(ナレーター)• (ラジオCM)• 銀河鉄道999CM(星野鉄郎の声)• アニマックススペシャルくじ銀河鉄道999CM(星野鉄郎の声)• ポンパレ(ナレーション)• ガスト春バーグ祭ハンバーグフェア2012(ナレーション)• MRP mach(ナレーション)• (メインの赤ちゃんの声)• 映画『』勝利篇(ナレーション、2015年)• (第66回 2015年12月31日、)(『アニメ紅白』、鬼太郎の声)• (ナレーション、2017年夏、関西ローカル)• 大とろ祭り(ナレーション、2018年夏 、同年12月6日 - 16日)• タッチパネルの声(2018年6月14日 - 9月12日、同年12月6日 - 12月19日、店内放送も担当〈2018年9月12日まで〉)• 新型「おもしろい奴篇」(ナレーション、2018年)• ハーブキャンディ(ナレーション)• (声の出演)• WEBCM 企画 いま、わたしができること 人形劇• (ポリ)• 「たからげた」(太郎)• (けろちゃん、がめさん)• (たぬくん、あなちゃんのお母さん、きつねのおばあちゃん) ラジオ• 『』()(ナタク)• (1993年4月〜1996年3月、東京支社制作)• (制作、ほか)• (1997 - 1998年、)• ラジオドラマ(語り手)• ()(聞き役)• (2016年 - 2018年、・他)• 野沢の雅子さん(2019年4月 - 2020年4月26日 、) パチンコ・パチスロ機ほか• CR怪物くん( 怪物くん)• キャプテンシャーク(ボート)• シリーズ( 疾風)• パチスロ ど根性ガエル( ひろし)• ( 大佐ェ門)• ( えん魔くん)• ( 星野鉄郎)• (平和山) 出版社• 2007年9月号の諜報員(の声、の声、ひろしの声)• チャレンジ2年生(漢字)(えんぴつくん) 本人出演• (1990年12月12日、フジテレビ)• 「アニメの声優ベスト100」ほか• 「野沢雅子特集」• (1996年8月23日、テレビ朝日)• 「あなたの(知っているようで)知らない世界・声優編」ほか• (1999年、フジテレビ)• (2010年8月31日、TBS)• 「ヒーロー声優」(NHK総合、2011年8月22日) - 、とともに出演• 「Rの法則 声優対決〜秋の陣〜」(2012年10月08日放送 )語り役、他役• (2013年4月15日、NHK総合)• ドラゴンボールヒーローズ4周年イベント ブロリー超サイヤ人4爆誕祭(内:2014年10月5日)• (2015年7月10日、NHK総合)• ドラゴンボールで科学する! 夏休み!! 摩訶不思議スペシャル(2015年7月19日、)• 「アニメーションに生命を吹き込む! 素晴らしき「声優」の世界! 」(2015年7月30日、カンテレ)• 趣味どきっ! 「一声入魂! アニメ声優塾」(2015年、NHK Eテレ) - 第1回講師• 今宵こんな片隅で( 2018年2月 55、56ゲスト)• (2018年3月3日、フジテレビ)• (2018年8月17日、フジテレビ)• 公開直前! 「ドラゴンボール超 ブロリー」超研究(2018年12月13日、フジテレビ)• (2019年12月31日、NHK総合) - の応援ゲスト ドラマCD• (ペン太郎)• (メルセラ)• (ミス・ヴァージン) その他コンテンツ• トランプVSヒラリー名言集 〜ニコニコで決める米大統領選〜( )• 『ボクは、声優。 』(オプトコミュニケーションズ、1995年)• 『声優界一刀両断! 悟空とスネ夫の辛口トーク』 肝付兼太、菅野哲夫共著(、1998年) 脚注 注釈• ただし例外として、番組開始時のみ世界観をつかむために単行本の1巻だけ購読したので、ある程度の展開は事前に内容を知っていた。 悟空=山奥で一人暮らしの野生児、悟飯=両親が健在で、教育熱心な母により優等生、悟天=悟飯より自由で、父は知らないがお兄ちゃん子な甘えん坊• 「野ざわ…雅子」名義• 『』『』(1993年)、『』『』『』『』『』『』(1994年)、『』『』(1995年)、『』『』(1996年)、『』(1997年)、『』(2003年)、『』『』『』(2004年)、『』『』『』(2005年)、『』『』『』(2006年)、『』『』『』(2007年)、『』『』『』(2008年)、『』『』『』(2009年)、『』『』『』『』(2010年)、『』(2011年)、『アルティメットミッション』(2013年)、『アルティメットミッション2』(2014年)、『』『』(2015年)、『』『』『』(2016年)、『アルティメットミッションX』(2017年)、『』(2018年)、『』(2019年)、『』(2020年)• 『』(2012年)、『』(2015年) 出典• 『TVアニメ大全科part2』、1979年、197頁。 goo人名事典. 2020年5月24日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン. 2019年9月20日閲覧。 アニメイトタイムズ. 2019年6月16日閲覧。 2020年5月24日閲覧。 2013年6月13日閲覧。 [ ]• 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』〈別冊〉、1979年10月30日、97頁。 安藤隆啓『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』株式会社、2019年、6頁• バオバブ・シンガーズのメンバーとしても参加している。 声優アワード. 2013年3月1日閲覧。 MANTANWEB 2017年1月31日. 2017年1月31日閲覧。 マイナビニュース. 2017年5月16日. 2019年4月8日閲覧。 ,児童健全育成推進財団,2018年4月2日• 『』にゲスト出演した際の発言より。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2017年9月13日. 2017年9月13日閲覧。 林原めぐみ『明日があるさ SWEET TIME EXPRESS』、2002年。 編「泣き虫悟飯ヒーローへの道「ドラゴンボールZ」」『 1989年9月号』、平成元年(1989年)9月10日、雑誌01577-9、47頁。 『日本TVアニメーション全史』(2014年12月30日、発行)201ページ。 」『ジャンプ・アニメコミックス・ジュニア ドラゴンボールGT パーフェクトファイルNo. 2』集英社〈ジャンプ・コミックス セレクション〉、1997年12月17日、、85-86頁。 ドラゴンボール超. 2018年3月31日閲覧。 『テレビアニメ完全ガイドDragonball 天下一伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉100頁。 アニメイトタイムズ 2018年1月15日. 2018年1月15日閲覧。 ねとらぼ 2018年1月16日. 2018年1月16日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。 『埼玉新聞』1969年12月5日付ほか• 『読売新聞』1971年4月29日付• 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。 『』1972年3月20日付朝刊、テレビ欄。 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月4日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月14日閲覧。 東映アニメーション. 2016年8月3日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月9日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月1日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。 『テレビアニメ完全ガイド DRAGON BALL Z 孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、218頁。 『テレビアニメ完全ガイド DRAGON BALL Z 孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、223頁。 ぴえろ公式サイト. 2016年6月6日閲覧。 ラブひな. テレビ東京. 2016年10月27日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。 「クリスマスSPECIAL! 〜サイレント・イブ〜」(2000年)、「春スペシャル 〜キミサクラチルナカレ!! 〜」(2001年)• KING OF BANDIT JING. アニプレックス. 2017年3月26日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月6日閲覧。 金曜ロードショー. 2016年5月2日閲覧。 TVアニメ『ピンポン』公式サイト. 2014年2月27日閲覧。 マイナビニュース. 2015年6月28日閲覧。 ドラゴンボール超. 東映アニメーション. 2015年6月15日閲覧。 ドラゴンボール超. 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。 コミックナタリー. 2018年4月12日閲覧。 コミックナタリー 2020年3月31日. 2020年3月31日閲覧。 デジモンアドベンチャー:. 東映アニメーション. 2020年3月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。 「映画ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマルアドベンチャー〜」公式サイト. 2019年2月8日閲覧。 映画『かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』. 2013年9月27日閲覧。 毎日新聞. 2014年2月9日閲覧。 映画「GAMBA ガンバと仲間たち」公式サイト. 2015年7月17日閲覧。 劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』. 2014年12月7日閲覧。 SPICE. 2016年6月15日. 2019年4月8日閲覧。 映画「きみの声をとどけたい」公式サイト. 2017年5月26日閲覧。 MANTANWEB. 2018年4月9日閲覧。 『天気の子』映画パンフレット スタッフロールページより• の人物を参照。 2011年8月5日閲覧。 プレコミュ. 2013年8月9日閲覧。 子供に安心して与えられるゲームシリーズ 世界名作童話 親子で読めるゲーム絵本. 2014年1月20日閲覧。 2014年3月5日閲覧。 『ポポロクロイス牧場物語』公式サイト. 2015年2月16日閲覧。 GAME Watch 2017年12月1日. 2018年5月24日閲覧。 ファミ通. com. 2018年4月25日閲覧。 スターオーシャン:アナムネシス Twin Eclipse 公式サイト. 2018年7月18日閲覧。 2019年1月24日閲覧。 『ブレイドエクスロード』事前登録サイト. 2018年9月21日閲覧。 ラクガキ キングダム 公式サイト. 2019年8月14日閲覧。 アニメイトTV. 2014年10月8日閲覧。 映画ナタリー. 2016年6月30日閲覧。 シネマコリア 2012年6月27日. 2017年3月27日閲覧。 2015年9月16日. 2015年9月16日閲覧。 はまナビ 2018年6月14日. 2018年6月20日閲覧。 オートックワン 2018年9月29日. 2018年9月30日閲覧。 エキサイトニュース 2019年7月23日. 2019年8月30日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2020年3月2日. 2020年4月2日閲覧。 FM OSAKA. 2016年10月28日閲覧。 2020年4月26日放送分を以て一旦休止。 ただし、番組は終了したわけではなく、2020年7月よりもネット局に含む形で放送を再開する予定。 エキサイトニュース 2019年12月31日. 2020年1月1日閲覧。 ニコニコニュース. 2016年11月8日閲覧。 外部リンク• ジュニア.

次の

真珠野沢オークレアの彼氏や父親、グラビアについて!野沢直子の娘は日本語が下手?【RIZIN】

野沢直子 英語

野沢直子のプロフィール 生年月日 1963年3月29日 54歳 出身地 東京都 血液型 B型 身長 158cm 最終学歴 東京農業大学第一高等学校 活動時期 1983年 — 1991年(渡米前) 祖父は作家 陸直次郎 叔父は声優・演出家 野沢那智 いとこは俳優 野沢聡 父は東京ホースレーシング創業者 アメリカでの芸人活動をするため渡米 その時に知り合ったアメリカ人と結婚 長女は総合格闘家のJuju Auclair(真珠オークライヤー) 東京農業大学第一高等学校在学時に、所ジョージが司会を担当していた素人参加番組『ドバドバ大爆弾』に出演。 それがきっかけで芸能界デビュー スポンサーリンク 劇団テアトル・エコーに入団するも合わないためすぐに退団 叔父の那智が吉本興業の木村政雄に野沢を紹介したことがきっかけで吉本興業に入社する 同年代のダウンタウン、ウッチャンナンチャン、清水ミチコと共演したコント番組『夢で逢えたら』(フジテレビ系)などの人気番組に出演しブレイクする。 1991年3月、日本での芸能活動休止を宣言し渡米する。 バンド仲間で知り合ったフランス系アメリカ人のギタリストのボブ・リンプ・オークライヤーと結婚 吉本の同期はダウンタウン 同期メンバーには同期 ダウンタウン トミーズ ハイヒール 前田政二 内場勝則 清水ミチコ 象さんのポット などがいる。 ダウンタウンの浜田雅功さんの奥さんは小川菜摘さん 彼女との仲の良さは有名で 「出稼ぎ中は浜田家で生活していた」 野沢直子と小川菜摘の不仲説 毎年、出稼ぎになると小川菜摘は空港まで、野沢直子を迎えに行き再会のハグをして、そのまま浜田家で1月半過ごすというのが 2014年まで続いていたという。 そして、野沢が帰国した時に開催になる「女芸人会」が 新人の女芸人界では、一つの登竜門だという。 その4本柱が小川菜摘、野沢直子、清水ミチコ、KABAちゃん 4人に嫌われないようにすることが女芸人の中では必須だとか しかし、2015年からその女芸人会に小川菜摘さんが来なくなった。 日本での滞在も浜田家ではなくなったとか。 2017年の女芸人会には小川さんは参加したそう すっかり、元に戻ってはいないようだが、元々は大親友 そのうち戻るかもしれない。 金スマでタイの妹は初対面 健康食品の会社を経営した野沢さんのお父さん、 お父さんがなくなった2年前、日本に帰ると弟からメールが入っていた。 「もう一人いた」 「おやじの子供が」 「姉貴の妹で、俺の姉貴」 お父さんの愛人さんナパポンさん65歳とまず会う。

次の