青葉 真司 生い立ち。 青葉真司実家両親は離婚・兄弟は兄妹!下着泥棒で警察沙汰過去も!?|あんころりんく!!

青葉真司容疑者が転院は京都のどこの病院?リハビリに「どうせ死刑」

青葉 真司 生い立ち

京都市の名門アニメ制作会社「京都アニメーション」で発生した放火事件は、34名が死亡する大惨事となった。 警察が身柄を確保した、さいたま市在住の無職、青葉真司容疑者(41)は全身に火傷を負って意識不明の重体だ。 7月20日には、京都市内の病院からドクターヘリで大阪の大学病院へと移送された。 兄と妹の3人兄弟、不遇な中学高校時代、父親死亡後は家族と疎遠 青葉容疑者の生い立ちについて、社会部記者が語る。 「青葉容疑者は兄と妹の三人きょうだい。 両親が幼少期に離婚したため、父親と暮らしていたのですが、経済的には常に苦しかったようです。 小学生時代は柔道クラブに通うなど活発な面もあったのですが、友達は少なかった。 中学校では暗い印象で、いじめに遭って引きこもりがちだったそうです」 青葉容疑者の中学時代の同級生が回想する。 「(青葉容疑者のことは)まったく覚えていないですね。 事件後の報道で卒業アルバムが出ていて、初めて彼の存在に気が付きました。 卒業の際に撮影する集合写真には写っておらず、青葉容疑者は別で撮られた写真が載っていたから、学校にも来ていなかったのだと思います」 中学卒業後は、埼玉県内の高校の夜間部に通った青葉容疑者。 その後は県非常勤職員、新聞配達員、コンビニ数軒と、職を転々とした。 その間に父親が死亡し、家族とは疎遠になっていったという。 コンビニ強盗以前にも警察沙汰があった 「当時から愛想は良くなかったですね。 ただ、仕事にはマジメに自転車で通っていました」(青葉容疑者の知人) だが、青葉容疑者は2006年春に警察沙汰を起こす。 「窃盗の疑いで、警察が青葉容疑者の自宅に踏み込んだことがありました。 青葉容疑者は部屋の中で寝ていて、そのまま起こされて警察に連行された。 事件の後にアパートの部屋を引き払う際には、それまで離れて暮らしていた母親が家賃補填したそうです」(同前) その後、埼玉県内の人材派遣会社に登録したり、茨城県内の郵便局に勤務した青葉容疑者だが、 2012年6月にコンビニ強盗を起こし、逮捕される。 当時、青葉容疑者が居住していたアパートの管理人はこう証言する。 「必要書類に記入してもらうために留置場に行ったのですが、そのときは髪の毛がボサボサで、耳にかかるくらいに伸びていた。 終始、下を向いていて表情はわからなかったけれど、書類の記入にはおとなしく従ってくれました」 コンビニ強盗事件後、更生保護施設で過ごしたという。 「更生保護施設を退所した後は、埼玉県内のアパートで一人暮らしをしていました。 京都府警も『精神的な疾患があるとの情報を把握している』と発表していましたが、精神科に通院していたとの情報も入ってきています」(前出・社会部記者) 青葉容疑者の回復を待って、警察は取り調べを進めるという。 yahoo. 生い立ちから割り出せば幼少時期の親の離婚がこの犯人をここまで作り上げてしまったのではないか。 育った環境。 もし母親が引き取っていれば又違っただろう。 性質にもよるがここまでの事にはならなかったとも思う。 離婚は昔よりも簡単なことだが、子供が背負う傷や物の考え方が偏りを見せる。 父親が亡くなり一人切り残された人間が生きるには幼き頃こらの力がまず足りていない。 周囲に頼る人もいないと言うとほぼ間違いなく犯罪か自殺しかない。 刑務所でもやはり保護司の力を強化し出所してもつけなければいけない人物だ。 プロなら幾つも見抜けただろう。 何故一人で出したのだろうか。 何故出所後監視がなかったのだろうか。 地域のトラブルも確認できているのだから警察は前科者リストもヤクザリストもある。 それらを活用できなかったのか。 単純に不思議でならない。 活用でき監視はすべき時代。 生きる価値ないとか、生まれて来なければよかったなんて書く人いるけどそりゃないよね。 生まれ育った環境で病む人もいるだろうよ。 病むことを防ぐことをみんなで努力しないといけないんだよ。 ワクチン接種をするように病を未然に防ぐ環境づくりが必要なんだよ!アニメで救われたという人達も救われたからにはなんか病んでたはず。 だから分かるはず。 昨今の事件から感じ取れるメッセージは、「親がいくら高学歴でも、自分が高学歴でも、片親でも、誰かに引き取られても、親が再婚しても、どんなに今が悲しい状況でも、人として誰かに大切にされて、社会で生きて、仕事をして、穏やかに安全に毎日を生きれることが、いかに大切で、感謝すべきで、守られなきゃいけないことか」ってこと こうゆう犯罪者を作ってるのは、育った環境原因が多そう。 この犯人の両親の離婚原因は何?自分達のことだけでなく、子供にちゃんと接していたのか?小中高同級生だった人は、無視したら疎外したり、陰口言ったりいじめたりしたことはなかったのか? 子供達のいじめっていつまでも本当になくならないけど、その結果いじめられた子供が大人になって、事件起こしてる。 いじめた側は大人になって、まじめに働いてる人多々いると思うけど、いじめられた側は人との接し方が上手くできずうつ病を発症し、引きこもりになったりして、社会に適応出来ず、長く働くこともできず、次第にはその原因は周りのせいだと思い無差別に人を殺そうとする。 私は無差別に沢山の人に危害を加える人ってそういう人が多いイメージがします。 悪循環をこじらせて、世の中全体を憎んでいたところに、何かのきっかけで、ターゲットを被害者の方々に絞ったといったところか。 しかしながら、こんなにも問題行動が多い超危険人物が野放し状態で監視もなかった点が恐すぎる。 昔、鉄格子の病院が倫理的に問題になって影をひそめたけど…何て言っていいか、正直必要悪だと思う。 だって身内や大切な人が被害に遭ったら、なんで閉じ込めておかない?なんで生かせておく? 人権なんて言ってられない、「刺し違えたい」ところを抑えて死刑という処分方法を甘んじて受け入れるしかないんだぜ? 至極冗談ではなく、不条理・理不尽な事件が多い昨今の日本では、仇討ち制度が必要だと改めて思う。 精神疾患は受け付けない 例え精神疾患だろうが下見までして行動起こしてる訳やしな 管理人の率直な感想 暗い青春時代ですね。 貧乏は本人のせいじゃないですが、暗くて友達もいない、中学時代にはいじめに遭って引きこもり・・・卒アルの集合写真にも載っておらず、同級生の記憶にも残っていない。 やがて成人し、下着泥棒にコンビニ強盗。 「最悪」をコンプリートしたような人間です。 でも同情なんか一切しません。 テロ殺人犯ですからね。 気になるのは精神疾患の情報。 そうじゃないかとは思っていましたし、そうじゃないと事件時の訳の分からない発言は説明がつかない。 精神疾患があり、精神科への通院歴があると認められれば、仮に回復しても判決と刑罰に大きく影響してくる。 世の中に放たれたところで世間の人は許しませんけどね。 どこかの国で、赤ちゃんを虐待していたベビーシッターが村人に殴る蹴るの暴行を受けていましたが、とてもじゃないけどそんなもんじゃ済まない。 誰が彼の弁護士を務めるのかが気になります。 裁判までこいつの命は持つでしょうか。

次の

青葉真司の生い立ちと職歴が判明!家族と両親は自殺をし、精神疾患持ちの無敵の人だった?

青葉 真司 生い立ち

Contents• 京アニ放火事件犯人・青葉真司の現在状況は? 2019年7月18日、京都市伏見区の「京都アニメーション」で発生した放火による大規模火災の死者は34名。 平成以降最悪の火災事故となってしまいました。 警察が身柄を確保した、さいたま市在住の青葉真司容疑者(41・無職)も全身に火傷を負い、意識不明の重体だそうです。 7月20日には、より高度な治療を受けるためにドクターヘリで、京都市内の病院から大阪の大学病院へと移送されました。 青葉真司容疑者の生い立ちや実家の家族はどのようで、どんな人物だったのか? 「週刊文春」の取材記事をもとに、まとめていきます。 青葉真司の生い立ち・実家の家族構成・両親・兄弟? 社会部記者の証言によりますと、青葉容疑者は 京都府警も『精神的な疾患があるとの情報を把握している』と発表していましたが、精神科に通院していたとの情報も入ってきています。 と、社会部記者は話しています。 最近も精神科に通院していたのでしょうか。 更生施設の「清心寮」は、刑務所出所後に帰る所がない人が自主的に、最大半年間入れる施設だそうですが… さいたま市アパートでも隣人と度々トラブルがあったようですし、精神的疾患を克服するのは難しかったようですね。 取返しのつかない事件を犯してしまった青葉真司容疑者ですが、回復をしてしっかり供述することが、せめてもの最低限の義務でしょう。 自分の罪の計り知れない大きさを認識し、人の心をもって償ってもらいたいです。

次の

青葉真司の顔画像特定!国籍や生い立ちは?自宅は何処?京都アニメーション放火犯!

青葉 真司 生い立ち

青葉容疑者の生い立ちについて、社会部記者が語る。 「青葉容疑者は兄と妹の三人きょうだい。 両親が幼少期に離婚したため、父親と暮らしていたのですが、経済的には常に苦しかったようです。 小学生時代は柔道クラブに通うなど活発な面もあったのですが、友達は少なかった。 中学校では暗い印象で、いじめに遭って引きこもりがちだったそうです」 青葉容疑者の中学時代の同級生が回想する。 「(青葉容疑者のことは)まったく覚えていないですね。 事件後の報道で卒業アルバムが出ていて、初めて彼の存在に気が付きました。 卒業の際に撮影する集合写真には写っておらず、青葉容疑者は別で撮られた写真が載っていたから、学校にも来ていなかったのだと思います」 中学卒業後は、埼玉県内の高校の夜間部に通った青葉容疑者。 その後は県非常勤職員、新聞配達員、コンビニ数軒と、職を転々とした。 その間に父親が死亡し、家族とは疎遠になっていったという。 コンビニ強盗以前にも警察沙汰があった 「当時から愛想は良くなかったですね。 ただ、仕事にはマジメに自転車で通っていました」(青葉容疑者の知人) だが、青葉容疑者は2006年春に警察沙汰を起こす。 「窃盗の疑いで、警察が青葉容疑者の自宅に踏み込んだことがありました。 青葉容疑者は部屋の中で寝ていて、そのまま起こされて警察に連行された。 事件の後にアパートの部屋を引き払う際には、それまで離れて暮らしていた母親が家賃補填したそうです」(同前) その後、埼玉県内の人材派遣会社に登録したり、茨城県内の郵便局に勤務した青葉容疑者だが、 2012年6月にコンビニ強盗を起こし、逮捕される。 当時、青葉容疑者が居住していたアパートの管理人はこう証言する。 「必要書類に記入してもらうために留置場に行ったのですが、そのときは髪の毛がボサボサで、耳にかかるくらいに伸びていた。 終始、下を向いていて表情はわからなかったけれど、書類の記入にはおとなしく従ってくれました」 コンビニ強盗事件後、更生保護施設で過ごしたという。 「更生保護施設を退所した後は、埼玉県内のアパートで一人暮らしをしていました。 京都府警も『精神的な疾患があるとの情報を把握している』と発表していましたが、精神科に通院していたとの情報も入ってきています」(前出・社会部記者) 青葉容疑者の回復を待って、警察は取り調べを進めるという。 まぁ、生い立ちだけを見れば、彼にも同情に値する部分はありましたがね。 父親は市議会議員の運転手をやっていた背が高くてハンサムだったけど、金と女にだらしのない父親の再婚相手の子供として生まれて、父親に愛想を尽かした母親が出ていき、幼少期の両親の離婚によって、不本意な形で母親や兄妹と離ればなれにされて、父親との暮らしは、彼が定職に就いておらずブラブラしていたせいで貧乏でいつも金に困っていて、表面上は明るく振る舞いながらも片親という複雑な家庭環境から心に闇を抱えるようになりました。 元々、父親には彼女とは別に妻と6人の子供(青葉真司にとっては異母兄弟)がいましたが、本業の農業だけではやっていけなくて、幼稚園のバスの運転手など副業をして収入を得ていましたが、そこの幼稚園の保育士と不倫関係に陥り、彼女と逃げる形で、勝手に土地を売って妻子を路頭に迷わせても、素知らぬふりをするなどとんでもないろくでなしでした。 その不倫相手の保育士こそが、青葉真司の母親でありました。 しかし、そんな男の結婚生活が長続きするはずもなく、青葉真司を含む3人の子供を儲けましたが、母親は愛想を尽かして家に子供を置いて出て行ってしまったのであります。 父親はその後も生活態度を改めることはなく、親らしい事を何一つしようとせず、女をとっかえひっかえしてヒモになったり、フィリピン人の女性と不倫関係に陥って刃傷沙汰になったりと、トラブルが絶えないろくでなしでした。 家賃も滞納してアパートを追い出されるあたりも親子二代で同じことをしています。 そして、子供から大人へと移り変わっていく思春期に入り、ただでさえ両親がいても情緒不安定になりやすい難しくデリケートな年頃に母親の愛情を求めても、得られなかった事から、社会の集団に上手く溶け込めず、クラスでも暗く存在感がないので、顔も覚えて貰えず、転校するほどのいじめにも遭い、引きこもるようになった事も大きいでしょう。 それでも、父親が生きていた頃は彼も決して愛想は良くありませんでしたが、昼間は働きながら高校の夜学部に通うなど真面目に頑張っていました。 しかし、高校を卒業後に父親が生活苦から自殺に追い込まれ(これは完全な素行不良だった父親の自業自得の結末でしたが)、容疑者の心の最後の一線も壊れてしまい、下着泥棒に始まり、コンビニ強盗、近隣の住民とのトラブルを再三起こし、極めつけは今回の大惨事でした。 一言で言えば、彼の人生は不遇なもので、青春時代も暗く悲惨なものでした。 両親の離婚や、家庭の貧困は彼のせいではありませんが、下着泥棒を期にトラブルを起こしまくった件以降は彼の弱さが原因で、彼に非があります。 青葉真司に限らず、僕達人間は業の深い弱い生き物で、本来なら心を強く持たなければならない辛く苦しい時に限って、どういうわけか、更なる悪事に走ってしまい苦しみのスパイラルに陥っていく傾向があるのです。 人間には108もの煩悩があり、それによって日頃から苦しめられています。 仏教では、青葉容疑者の人生のような、この負のスパイラルに陥っていく過程を『惑業苦』と言います。 『惑』は、欲や怒りによって心が乱れ迷っている状態。 『業』は、迷いから生ずる更なる悪い行い。 『苦』は、その悪い行いによって生まれた更なる苦しみの事を言います。 私たちも、職場の人間関係のストレスや、将来への不安など、質は違えど日々様々な苦しみの中で生きています。 青葉容疑者のような盗みや殺人など犯罪を起こす人をみると、まるで自分とは違う世界にいる悪者のように見えますが、そんな人たちも最初のきっかけは小さな苦しみだったのでしょう。 ただでさえ、彼は生まれた時から泥沼に片足を突っ込んだ状態でしたから。 ちょっとした苦しみから惑業苦のスパイラルに陥ってしまいやすいのが僕たち人間。 そんな私たちだからこそ、相談相手や身の回りの環境といった「縁」を適切に選ぶことが大切です。 仕事や人間関係、恋愛など、うまく行かずに苦しんでいることは耐えない私たち。 惑業苦のスパイラルにはまってしまいそうなときは、自分のことを本心から心配してくれる人は誰なのか、冷静に考えたいものです。 苦しいときこそ、ふと立ち止まって正しい「縁」を選ぶことが大切なのですね。 一番悪いのは、言うまでもなく父親で子供たちにした事はれっきとしたネグレクト、即ち育児放棄でしたが、そういう事をしてしまう親も多くは子供の頃に、その親から同じことをされた経験があるのです。 多分、父親も奔放な行動の裏には、決して満たされない心の隙間を、そういった刹那的な快楽で埋めようとしていたのかもしれません。 今回、小説さえ投稿した事もないのに、一方的に個人的な思い込みから恨みを募らせて、何の落ち度もない京都アニメーションに放火し、多くの人々の命を奪い、会社も資料やデータもダメにした彼は、放火した直後に逃げた事から心中するつもりは更々なかったようですが、唯一の誤算はバラまいたガソリンが自分の衣類にもかかってしまい、自分まで重篤状態になる大火傷を負ってしまった事でしょう。 まさに自業自得・因果応報の一言に尽きます。 おそらくガソリンの危険性や特性をよく理解していなかったのでしょう。 本人なりに、これまでの人生で苦しいなりに最初は真面目に頑張って来たものの、一向に報われる気配はなく、それどころかなぜか不幸ばかりがつづき、何をやっても人生が上手くいかない事に苛立ちや不満を募らせ、劣等感の塊になってしまったのだと思います。 最初の転落のきっかけとなった下着泥棒も、年頃になってごく普通に異性に興味を持ち始め、彼女や恋人が欲しくなり、自分なりに行動を起こそうとは思ったのでしょうが、如何せん小学生の時から母親と暮らした経験がないので、女性とどう接したらいいのか分からず、性欲や煩悩が抑えられなくなって、あのような事をしたのだと思います。 この辺りは、スケコマシだった父親とは正反対でした。 その件で、住んでいたアパートを追い出されるまでは、コンビニでアルバイトをしながら、家賃も滞納せずに真面目にコツコツと働いて生きていたようですが、それ以降は父親と同じように家賃も滞納するようになり、いじめられたトラウマや社会に対する不満不平から荒れ始め、壁や自前のパソコンを叩き壊したり、周辺の住民とトラブルになるなど問題行動ばかり起こすようになりました。 まるで、彼の中で眠っていたダメ人間だった父親の血が目覚めてしまったようでした。 女性自身のインタビューで元刑事は、青葉真司の人物像について、恐ろしいくらいに視野が狭く、ストレス耐性が低いと的確な指摘をしていました。 また、刑務所に収監されてからも暴れ出すなど危険人物で、懲罰房で机を振り回してキレだすなど、刑務所仲間からもヤバい奴だと危険視されていました。 そんな彼でも小説の執筆という唯一の趣味が安らぎとなっていましたが、何のきっかけか統合失調症に似た被害妄想と、過去の悲惨な生い立ちからくるコンプレックスから、今回のような大事件を起こしてしまいました。 とにかく、もうやってしまった事は仕方がありませんし、火災で失われた人命や資料は返ってきません。 まずは彼の容体が回復するのを待ってから逮捕し、真実を洗いざらい吐かせて法の下に厳正な裁きを受けさせましょう。 精神疾患だからといって無罪になるとは限りません。 死刑になっても、この犯人とその父親は来世で大いに苦しむ事になるでしょうね。 また、加害者家族もこの先、日陰者として死ぬまで辛い思いをするのでしょう。

次の