鬱病 治す。 うつ病とサプリメント

『なかなか治らない難治性のうつ病を治す本』(田島 治):健康ライブラリーイラスト版|講談社BOOK倶楽部

鬱病 治す

3ヵ月や6ヵ月でも最短レベルなのにね。 ガチのうつ病患者が考える治るまでの期間 時間 はどれくらい? 僕の経験や同病の体験談を聞く限り、そんな短期間で治った話を聞いた事がありません。 確かに本当にその短い期間で治ったケースもあるのかも知れません。 多分、あるのでしょう。 しかし、うつ病発症から5年間以上、今は双極性障害 完治しない病気 で元から双極性障害だった可能性はありますが・・・とはいえ未だに闘病し続ける僕から言わせてもらえば、そのケースは 宝くじが当たるくらい最短レベルで病気が治った少数派の幸運な人達なのだと思います。 短期間で治らない人が多数派ならば、それは僕から言わせてもらえば 「ほぼ嘘」です。 ・・・では、実際はどれくらい要するのか? 実際のうつ病体験談として考える 「治るまでの期間 時間 」は前述した通り症状により異なりますが、 最低でも1年は覚悟した方が良いです。 もしかしたら「それは大袈裟では? 」と感じるかも知れません。 しかし、 実はこれでもかなり少なく見積もっています。 僕以外の闘病している方の声を聞けば、もう少し説得力があるかも知れません。 真実のうつ病体験談 そこで実際にうつ病、またはうつ病と思われる僕のYOUTUBEに来て下さる方々のコメントをご覧下さい。 また、診断を受けてはいないものの、 うつ病の自覚症状自体は7年間もあった様です。 ・・・上記のコメントはほんの一部です。 寧ろ、僕の場合はうつ状態、うつ病の闘病期間合わせて2年程のタイミングで担当医に 「治らない病気 寛解はするけど完治はしない です」と告げられたので、ある意味割り切れて過ごす事ができていますが、例えばずっと治る希望を抱いたまま10年前後経過してから同じ様に「完治しない」と告げられるのでは言葉の重みやショックの度合いが違うと思います。 です【体験談】 誤解しないで頂きたいのは、うつ病が治るまでの期間 時間 が 「1ヵ月」「3ヵ月」「半年」・・・この様に言っている人達が嘘吐き! と言っているワケではありません。 きっと、本当の事なのだと思います。 しかし、前述したとおり 「最短」と言っても良いくらいの短期間で治る様な人は残念ながら極僅か。 例えば、実際にうつ病 鬱病 になった人間が噂を聞いて「まぁ半年で治るだろう」と軽く考えてしまい、実際は1年、2年と復職どころか散歩する事もままならず、治る見込みを感じなければ、それはいつか「絶望」に変わる事もあります。 僕が自分の経験や、リスナーの体験談から伝えたいのは多くの人が「長期戦」に持ち込まれている事実です。 無論、早く治るに越した事はありません。 もちろん、短期間で治った方々の話を聞いて希望や励みに感じる部分もあります。 ただ、現実に闘病している人達の多くの療養期間 時間 を考えると 「嘘だと思っておいた方が良い」と言う事です。 半年の期間 時間 では治らないが、うつ病はいつか治る しかし、もう1つ大切な事は 「うつ病は治る」と言う事実もあります。 病状が非常に安定する状態を指す 「寛解」はありますが 「完治」は無いと言われています。 だけど・・・ 「うつ病」なら精神科医・心療内科医も認めていますが、まだ治せるんです。 なので、前述した話を聞いても、決してあきらめないで下さいね。 YOUTUBE配信などを通して明確に「治った」「完治した」と言う話はまだ聞いていませんが、 「寛解した」「仕事が出来る様になった」と言う様な話は何度か聞いた事があります。 もしかしたら、あなたが少数派、尚且つ幸運な方で 3ヵ月や半年で治る事だってあるかも知れないのです。 もし、そうじゃなかったとしても、この記事を見た時点である程度の覚悟はできたハズです。 うつ病は焦らず気楽に過ごす事が非常に大切です。 きっと、今まで頑張り過ぎたからうつ病になったのです。 だから、これからは焦らず、気楽に、ゆっくり心身を休ませる事に集中しましょう。 まとめ それではまとめます。

次の

うつ病が治るまでの期間(時間)はどれくらい?半年は嘘!【体験談】|うつしるべ

鬱病 治す

うつ病 眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。 うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。 脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。 そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。 薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。 早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談すること、そしてゆっくり休養をとることが大切です。 「うつ病」とは うつ病は増えている? 日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。 さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。 「うつ病が増えている」の背景には、• うつ病についての認識が広がって受診する機会が増えている• 社会・経済的など環境の影響で抑うつ状態になる人が増えている• うつ病の診断基準の解釈が広がっている など、様々な理由が考えられます。 「うつ病」にはいろいろある 「憂うつな気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態がほぼ一日中あってそれが長い期間続く、というのはうつ病の代表的な症状です。 こうした症状が見られた場合、うつ病と診断されることが多いのですが、本当は、これだけで診断がついたことにはなりません。 大うつ病と呼ばれるタイプのうつ病には一定の診断基準があり、参考になります。 他に性格や環境、あるいはほかの病気やこれまで服用していた薬が関係していることもあります。 また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合はうつ病でなく双極性障害(躁うつ病)であると考えられますのでそういう経験がなかったかの確認も必要です。 統合失調症などほかの精神疾患が背景にあって、抑うつ状態はその症状のひとつであった、という場合もあります。 このような症状を万が一うつ病と診断されたら、本当の疾患が見逃されせっかくの早期発見・早期治療のチャンスをのがしてしまうことになってしまいます。 正しいうつ病の診断は、うつ病のどのタイプなのか、ほかの精神疾患である可能性はないか、などを確認することまで含まれるのです。 治療法にもいろいろある うつ病の治療法は、一人ひとり違います。 典型的なうつ病ならば薬物療法の効果が期待できます。 性格や環境の影響が強い場合は精神療法的アプローチや時には環境の整備が必要になります。 ほかの病気や薬が原因の場合は病気の治療や薬を変えることを考えなくてはなりません。 休職についても、休養が必要な場合とむしろ仕事を続けた方がいい場合もあってこの点でも方針はひとつではありません。 うつ病とひとくくりに考えて治療をうけるのではなく、うつ病にはいろいろあって、治療法もひとつではないことを知っておくことが大切です。 自分のうつ病と、ほかの人のうつ病は違うものであり、治療法も一人ひとり違っていて当たり前なのです。 それは、どのくらい続いていますか? うつ病と診断するめやすとして、次のような症状のうちいくつかが2週間以上ずっと続く、というものがあります。 ひとつひとつの症状は誰もが感じるような気分ですが、それが一日中ほぼ絶え間なく感じられ、長い期間続くようであれば、もしかしたらうつ病のサインかもしれません。 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)• 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない• 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める• イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない• 悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる• 思考力が落ちる• 死にたくなる 周りからみてわかるサインもあります うつ病では、自分が感じる気分の変化だけでなく、周囲からみてわかる変化もあります。 周りの人が「いつもと違う」こんな変化に気づいたら、もしかしたら本人はうつ状態で苦しんでいるのかもしれません。 表情が暗い• 涙もろくなった• 反応が遅い• 落ち着かない• 飲酒量が増える 体に出るサインもあります 抑うつ状態に気づく前に、体に変化が現れることもあります。 食欲がない• 体がだるい• 疲れやすい• 性欲がない• 頭痛や肩こり• 胃の不快感• 便秘がち• めまい• 口が渇く これはあくまでも目安です。 おかしいかな?あてはまるかな?と思ったらまずは専門家に相談しましょう。 専門家のいるところは総合病院の精神科や心療内科、もしくは精神科専門のクリニックなどですが、どこに行けばいいかわからない時は自分のことをよく知っているかかりつけの医師に相談したり、地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用するなどしましょう。 インターネットや本などで一方的な情報を集めて自己診断することは正しい診療をうける機会を遅らせるだけでお勧めできない方法です。 最近使われているうつ病の診断基準はとてもわかりやすく、うつ病かどうかの診断は簡単にやろうと思えばできるようにみえます。 しかし、本当にうつ病なのか、うつ病のどのタイプなのか、などの正確な診断は専門医がきちんと判断しないとなかなかわかりにくいのです。 うつ病の治療法 多彩な治療法 うつ状態をおこす原因がはっきりしているときは、その原因を取り除くことが検討されます。 たとえば体の病気が原因である場合はその治療を行い、薬の影響が考えられる場合は可能であれば薬の中止、それができない場合は別の薬への変更がはかられます。 性格的にストレスなどの影響を受けやすい人は精神療法的なアプローチが効果的です。 こうしたうつ病でも、うつ状態が重症であれば抗うつ薬による治療も平行して行われます。 うつ病と判断された場合には一般に抗うつ薬による治療が行なわれます。 ただし、典型的なうつ病でも軽症の場合は薬の効果がそれほど期待できないこともあるので、薬物療法が絶対であるというわけではありません。 自分には本当に薬が必要かどうかを主治医に確認しながら治療を受けるようにしましょう。 薬もいろいろある 抗うつ薬といわれるものだけでもSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)といったものから三環系抗うつ薬などいくつかのグループがあり、抗うつ薬の他にも、症状に合わせて抗不安薬や睡眠導入剤なども使われます。 また、躁状態や軽躁状態を経験したことがある人の場合はうつ病でなく躁うつ病(双極性障害)と診断され、気分安定薬が使われます。 どの薬が効くかは治療を受ける人一人ひとりで異なり、また同じ人でも病気がどの段階かによって違ってきます。 薬の飲み方 薬物治療では、まず主治医に処方された薬の効果と副作用についてきちんと説明してもらいます。 また、処方された量と回数をきちんと守ることが大切です。 症状がそれほど重くないと感じる、副作用が心配、などの理由から自分で量や回数を勝手に減らすと、主治医は十分な効果が得られないと判断して薬の量を増す、もしくは別の薬に変えるなどの対応を考えることになってしまいます。 副作用など気になることがあれば、一人で判断しないで主治医に相談して解決方法を考えましょう。 こうした主治医への働きかけは信頼関係をはぐくむことにもつながります。 治療の不安や疑問は主治医に相談しましょう 治療を進めるうえで不安や悩みを持ったら、主治医に相談しましょう。 何でも相談できる関係を主治医ともつことはうつ病治療の第一歩です。 主治医が治療上の不安や疑問にこたえてくれない、話をするのが面倒な様子をみせる、というような場合は、ほかの専門家の意見を聞くことも考えます。 これをセカンドオピニオンといいます。 複数の専門家の意見を聞くことが納得のいく医療を受ける手だてになることもあるのです。

次の

うつ病を治す特効薬

鬱病 治す

うつ病になる原因 うつ病にサプリメントが効くかどうかは、うつ病の仕組みを理解する必要があります。 うつ病は、様々な原因から、脳内のの働きが鈍くなり、その結果としてやる気がなくなったり、漠然と悲しくなるなど、身体・精神両面に大きな影響が出ると考えられている精神疾病です。 うつ病と栄養素の関係について うつ病の原因の一つとして考えられているのが、という神経伝達物質の不足や機能の低下ですが、そもそもセロトニンが不足する原因を辿るといろいろなことが見えてきます。 体内でセロトニンを生成するには、その原料として、という必須アミノ酸が必要であり、トリプトファンは、肉類や穀類など、タンパク質を豊富に含む食材に含まれています。 参考: 以下のような理由からトリプトファンが不足すると、その結果セロトニンも不足することで、うつ病になりやすくなることが考えられます。 極端に偏った食生活をしている• ダイエットなどにより、栄養素が不足している• 忙しくて食事をあまり取れない• 好き嫌いが多い• ビタミン・ミネラルの摂取不足• トリプトファンやそれ以外にも健康を維持するために必要な栄養素が慢性的に不足することで、うつ病と密接な関わりのあるセロトニンが不足し、その結果うつ病になる、という流れが考えられます。 バランスよく食事を取ることが、肉体のみならず、精神にとってもどれだけ重要か、が分かります。 サプリメントの役割 慢性的に不足する栄養素を補給するのに、サプリメントは手軽で効率的な手段です。 食品であるサプリメントには、基本的には病気の治療薬のように、『 病気を治す効果』はありません。 また、何らかの効果・効能を表示することは、一部の特定保健用食品と機能性表示食品を除き、日本国内では薬機法により 禁止・制限されています。 トクホと機能性表示食品 近年では、 特定保健用食品(いわゆるトクホ)など、一部認可を受けた食品・飲料については、保健用途における効能(例えば『脂肪が減少する』など)を表示することが可能になりました。 また、食品表示法の改正により、食品のが開始されたことで、サプリメントも法律に則った手順を踏めば、限られた範囲で機能性を表示することが認められるようになりました。 しかし、様々なサプリメントの通販サイトなどを見ると、効果効能をはっきりとは記載していないものの、それらの効果を暗示するような文章や、利用者の口コミなどを掲載するなどして、直接的な表現にならないよう工夫を凝らして販売している商品がほとんどです。 こうした際どい表現での商品販売は、薬機法に抵触するとして販売者が摘発されるような事態に至るケースもあります。 より詳しくは『』をご覧ください。 サプリメントの効果についての考え方 では、 うつ病のサプリメントについて話を戻してみましょう。 うつ病の症状を治す、または改善・解消する事が期待されるサプリメントに「 効果がある」、という根拠は、以下のような考え方から導き出されます。 うつ病の原因の一つとして考えられるのは、 1. うつ病が治ることが期待できるかも? という流れが一般的なセロトニンのサプリに対する考え方です。 確かに、トリプトファンのような必須アミノ酸が不足するような食生活をしている人には、を摂取すれば、セロトニンを増やすことができる可能性があり、うつの症状に何らかの改善が見られる可能性もゼロではありません。 尚、近年の研究では、トリプトファンを単独で摂取しても、脳内へのトリプトファンの吸収率は決して高くない、という報告もあり、 炭水化物などと一緒に摂取するほうが良いとも言われていますので、やはり、単独で摂取するよりも、栄養のバランスを考慮して摂取するほうが効果が出やすいのかもしれません。 うつ病のサプリの種類 うつ病関連のサプリとして通販などで販売されているもの多くはとして販売されているケースが多く、中でも有名な成分や原料は、 『 トリプトファン』 『 』 『 』 『 』 などの名前が付いているものが多いです。 その他にも、、イチョウ葉エキス、DHA、EPA、蜂の子、大麦醗酵酵母などの種類が人気です。 こうしたサプリは、ネット通販などで手軽に手に入れることができますので、気になるものがあれば、ネットで検索してみて下さい。 ただし、同じような名前でも、販売元によってそれぞれ成分や配合量などが異なる場合があるため、購入する前によく内容を比較してから購入することをお勧めします。 サプリだけでうつ病は治せない サプリ自体は治療薬ではなく栄養補助を目的とした『 食品』ですので、何らかの効果が保証されたものではありません。 サプリで、『 うつ病が治る』とか『 うつ症状が改善する』などといった、期待される効果が実感できるかどうかには個人差があるということを理解する必要があります。 そもそも、うつ症状が現れる原因の一つとして考えられるのは『』ですが、セロトニンが不足してしまう根本的な原因には、食生活だけでなく、生活習慣の乱れ、職場や学校、家庭などに が存在している可能性があるなど、複合的な原因が疑われます。 根本的な原因を解消せずに、 薬やサプリだけに頼るやり方では、うつ病を治すことはほぼ 不可能です。 セロトニンが不足に至った原因に目を向けて、サプリの摂取だけでなく、運動や規則正しい生活、太陽光に当たる、など、ために様々なことを心がける必要があります。 サプリだけに頼らず、生活全般を見直す方向で考えるほうが良いでしょう。 ただ、実際『 生活全般の見直し』と言っても、家族や職場でのストレスが原因の場合などは、一人で考えても、二の足を踏んでしまうことが多いと思います。 そんなときは一人で悩まず、まずは専門の医師に相談してみてください。 また、実際に医師にうつ病と診断され、現在うつ病の治療薬を処方されている人は、治療薬とサプリを同時に摂取すると、治療薬とサプリメントの相乗効果で、セロトニンの脳内での濃度が増えすぎて、『』という症状が発症することが懸念されますので、必ず主治医に事前に相談すること、通院していない人はまずは医師の診断を受けることを強くお勧めします。 どうしてもお困りの人にお勧めのサプリ 通院するほどではないけれど、強いストレスを感じる、疲れが溜まっている、気分の落ち込みや不眠傾向などの症状が現れる場合は、セロトニンの材料である『 トリプトファン』が不足している可能性があります。 そうした人が気軽に安心して摂取できる、私がおススメするトリプトファンサプリをひとつご紹介します。 それは、 という植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリメントです。 は、植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリメントなため、安心して口にすることが出来ます。 配合成分もセロトニンの合成に必要なトリプトファンやビタミンB6以外にも、抗ストレス作用のあるや葉エキス、さらに『ラクティウム』という抗ストレス作用に優れた特許成分と、夜間の良質な睡眠をサポートする『テアニン』という成分が豊富に配合されており、ダイエットなどで様々な栄養素が不足しがちな人や、ストレスが溜まりやすい現代人には効果が期待できるサプリメントです。

次の