富川 アナ。 富川悠太アナが報ステ復帰で新型コロナ感染経路や経緯、問題点を語る。視聴率上昇で番組降板は回避へ? 画像あり

富川悠太アナの自宅に警察と児相が出動か 妻の怒鳴り声が激しく

富川 アナ

4月上旬、新型コロナウィルスに感染していることが判明して以来、メインキャスターを務めるテレビ朝日『報道ステーション』の出演を見合わせている富川悠太アナ。 すでに完治していることから、いつ番組に戻ってきてもおかしくないはずなのですが、なぜか一向に番組復帰のアナウンスがされずに中途半端な状態が続いています。 スムーズに復帰できない理由は、いくつか思い当たります。 まず、体調不良なのにもかかわらず4日間も出勤し、あろうことか生放送までこなしていたというのが一つ。 「会社に体調がよくないことを伝えそびれ、熱があることも隠して仕事をしていた」という噂が一気に広まり、ネットを中心に誹謗中傷が殺到しました。 しかし、テレビ朝日関係者によると、『隠し通すことなんてまず無理ですし、直属の上司や番組プロデューサーにはしっかり報告していたと聞いてます。 しかし、コロナであると決めつけるのは状況証拠も不十分かつ短絡的で、代役の問題など急に調整するのは難しいから様子を見ながらやってくれないか…というやりとりはあったそうです。 つまり、富川アナにとっては出演するも地獄、休むも地獄という訳です。 ですから彼だけを責めるのはお門違いですし、むしろネットで集中砲火を浴びてる彼をほとんど擁護しない番組及び局の上層部こそ、現実から目を背けていて卑怯だと思いますけどね」(テレビ局関係者) たしかに富川アナだけが悪者になっていて、コロナという未知の感染症より人間の思惑の方が怖い印象があります。 県をまたいでどこかへ旅行に行ったわけでもなく、不可抗力で感染し、つらい闘病生活を送っていたのです。 そんな彼をテレビ朝日は労うどころかまるで全責任を押しつけるようとしている。 まさにスケープゴート。 関係者は続けます。 「彼は以前から社内で孤立していたなんて記事をどこかの媒体が書いてましたけど、しょっちゅう同期と食事へ出かけてることは知らないようですね。 人懐こいキャラクター なのでアナウンス室でも人気者ですよ。 ただ、一部の先輩アナからは妬まれているという話を聞いてます。 そりゃそうですよね、報ステのMCはテレ朝にとって花形ですから、彼のポジションを羨ましく思ってるアナがいるのも当然でしょう。 富川アナは今回のコロナ騒動を猛省し、一日でも早い復帰を望んでいるそうです。 ですが、彼の復帰を阻む勢力が局内に……」(同上) 反富川派の妨害や世間からのバッシングが残っていても本来ならば、すでに復帰できていたのかもしれません。 しかし、これは誰もが予想していないことでした。 コロナの次に襲いかかったのは、家庭内でのゴタゴタ。 参考記事: PR.

次の

富川悠太

富川 アナ

テレビ朝日は15日、ニュース番組「報道ステーション」の中で、新型コロナウイルス感染が判明した富川悠太アナウンサー(43)が陽性と確認されるまでの詳細な経緯を明らかにした。 番組によると、富川アナは3日の起床後に38度の発熱、4日も起床直後に発熱があったため、家族が東京都の相談窓口に電話。 「それだけではコロナの症状とはいえない。 様子をみるように」と言われ、チーフプロデューサーにラインで「明日様子を見て受診を考える」などと連絡したという。 しかし、翌5日は体調に問題はなく受診はしなかった。 再び体調に異変があったのは7日の放送中。 たんがからむ症状が出て、8日の放送後には階段を上る際に息切れを感じるようになった。 9日昼には再度、チーフプロデューサーにラインで「体温は平熱で倦怠感や味覚嗅覚の異常等もなくどう判断してよいものか」「きょうの放送を乗り越えれば休むことができる」などと連絡していた。 9日夜の放送中にも息切れの症状があったため、10日に都内の病院を受診し、肺炎と診断された。 11日にPCR検査が行われ、同日夜に陽性と確認された。 富川アナは番組にコメントを寄せ、「すぐに平熱になったことから発熱を軽視してしまい、上司や会社に的確に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」などと謝罪。 「3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」と説明した。 なお、15日の報道ステーションでは、富川アナがラインで報告をしたチーフプロデューサーと番組スタッフの2人が新型コロナウイルスに感染したことも公表された。

次の

『報ステ』富川アナはスケープゴートか 関係者、テレ朝への怒りの証言 擁護しない局と家庭のイザコザの板挟みで復帰は…? (1/3ページ)

富川 アナ

新型コロナウイルスに感染し、療養を続けていたテレビ朝日の富川悠太アナウンサーが、6月4日放送『報道ステーション』(テレビ朝日系)で約2カ月ぶりに復帰した。 番組冒頭、富川アナは「新型コロナウイルスに感染しまして、およそ2ヶ月間、お休みをしていましたが、本日より番組に復帰することになりました」と挨拶。 「感染拡大の防止を呼びかけていたにもかかわらず、番組内に私を含めて5人の感染者が出てしまいました改めてお詫び申し上げます」 と謝罪した。 感染の経緯についても説明。 それによると、在宅勤務だった4月3日と休日だった翌4日の朝に検温したところ38度の発熱があったが、すぐに回復。 7日には番組本番中に痰が絡む症状があり、8日ごろから息切れなどの症状が続き、11日にPCR検査を受けたところ陽性とわかった。 富川アナは、 「すぐに平熱になったことから、発熱を軽視してしまい、上司や会社に的確に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」 とコメント。 感染経路については、発症前の行動を示した上で「どこで感染したのか思い当たる所がありません」とした。 今後については、当面の間、月~水曜日は徳永有美アナと小木逸平アナ、木・金曜日が富川アナと森川夕貴アナが出演する。 番組ツイッターでは「引き続き新型コロナウイルス感染防止対策に努めながら放送いたします」としている。 「富川を復帰させたのは、視聴者に対する説明責任が問われていたため。 本人の口から感染の経緯を話さないことには、先に進めない」(番組関係者) ただし、これで一件落着というわけにはいかない。 局側がとんなに否定しても、業界では「改編期の10月に降板」という話が根強い。 テレビ局関係者は、 「休養する富川の代役を務めた小木アナの評判が予想以上に良い。 視聴率も安定している。 本気で富川アナを戻す気があるのなら、これまで通り月~金曜を担当させてもいいはず。 それが木・金曜の限定出演なのだから、富川アナへの微妙な風当たりが感じられる。 報道によると、A子さんが我が子に「どこまで頭悪いんだよ!」「だからお前は脳みそが腐ってんだよ!」などと罵声を浴びせ、通報を受けた警察と児童相談所のスタッフが自宅に駆け付けた…というものだ。 「結局、妻の疑惑については4日放送の報ステでは触れずじまい。 実はこれには裏話があって、報道に納得がいかない富川本人が、発売直後に文春編集部宛てに抗議文を送るというようなことを息巻いていたそうなんです。 つまり本人としては『事実無根だ』というスタンスだった。 しかし、DV疑惑報道を重く見ている一部の局幹部もいるようですよ」(テレビ朝日関係者) 富川アナはキャスターとして出演しない月~水曜日は主に現場取材を行うという。 FRIDAYデジタル.

次の