コンシード 意味。 カーリングの精神を示す大切な言葉。「コンシード」を定着させた中継陣。

ゴルフ競技「マッチプレー」の間違いやすいコンシードのルール

コンシード 意味

コンシードとは ホールの勝数を競うマッチプレーでは、相手の次のショットがカップインしたものとみなし、ホールアウトすることが出来るというルールがあります。 自分の負けが確定する前に、自分の負けを認めてしまうということです。 これを「コンシード」と言います。 マッチプレーでは打数は関係なく、ホールの勝ち負けで競います。 そのため、そのホールで自分が負けることが確実である場合には、スロープレーを防止するために、コンシードをするというのがよくあります。 コンシードは、プレーが始まる前であっても、ボールさえ止まっていればいつでもすることが出来ます。 打数で競うストロークプレーでは、コンシードは認められていません。 ですが、同士のコンペや接待ゴルフでは、「」という名でコンシードが使われることが多いです。 OKは正式なルールではないので正確な決まりはありませんが、多くの場合、までワングリップ以内の長さまで近づいた時に、OKが認められることが多いようです。 ただし、これはあくまでも仲間内でのルールですので、会などでは適用しないようにしましょう。

次の

コンシードとは

コンシード 意味

カーリング中継は、天井からのカメラで定点観測することが基本だが、今回はシート横の移動カメラの映像を多用したため、ストーンの位置が見づらくて困ってしまった。 ただし、これは日本のテレビ局が作った映像ではないので、お間違えなく。 カーリングの国際映像を作ったチームの責任です。 ただしオリンピックの映像でも、シートAだけは天井からの映像が多く、やはりディレクター次第だと思った。 アナウンサーが定着させたコンシード。 日本の中継のファインプレーは、中継アナウンサー陣が「コンシード」という言葉を定着させたことだ。 コンシード。 これは、カーリングにおいて終盤で点差がついてしまった時に、負けを認めて相手に握手を求めることを指す。 これまでカーリングの中継では、「ギブアップ」と「コンシード」が混在していたが、今回の中継でコンシードに統一されたことを大いに評価したい。 コンシードconcedeを英和辞典でひいてみると、こういった意味が出てくる。 1 譲歩する。 2 《主に米国で用いられる》 選挙などで 敗北を認める。

次の

コンシードの精神

コンシード 意味

規則を杓子定規に厳格に適用すると、質問されているように競技失格となります。 おそらく、明らかに両サイドが(「お先に」が)規則違反であることを知っていたのに、敢えて「お先に」を強行したといったケースに対しては両者を競技失格とせざるを得ないといった程度の線引きが現実的なルール運用なのではないでしょうか。 この裁定が今でも生きているとすれば、マッチプレーでの「お先に」を両者で合意する行為は競技失格となります。 Aの方がホールから僅かに遠いのでAが先にプレーすることにしたが、その際、AがスタンスをとるとBの球のあった位置を踏むことになってしまう。 この場合、打順を変えてBが先にプレーすることに両者で合意することは認められるか。 したがって、順番のとおりAが先にプレーし、結果としてBのリプレースするライが変えられた場合には規則20-3bを適用することとなる。 現状のゴルフ規則裁定集では、質問のケースに最も近いのは次の裁定です。 5番ティーに行く途中で、Aは4番のパッティンググリーンに置き忘れたクラブを取り戻すために戻るので時間節約のためにBに先にプレーするように提案し、Bは先にプレーした。 規則10-1aを考慮すると、プレーヤーたちは規則1-3に違反して規則を無視することに合意したことになるか。 回答: ならない。 ホールのプレーをスタートするとき、オナーのプレーヤーは時間節約のために相手に先にプレーするように勧めることができるが、相手がそのようにした場合、プレーヤーは違った順番でプレーされたストロークを撤回するための規則10-1cに基づく権利を放棄したことになる。 相手は最初にティーオフして欲しいとの申し出を受け入れる義務はない。 回答: 認められます。 ただし、ホールのプレー中に打順を変えることに合意した場合は規則1-3 の違反となります。

次の