業務用洗剤 洗濯用。 業務用洗剤のおすすめ人気ランキング13選【水垢から油汚れまで】

おすすめで人気の業務用洗濯洗剤ランキング|コスパが良いか徹底比較

業務用洗剤 洗濯用

便器の尿石や石けんカスなどの汚れへの洗浄力が高いです。 そのかわり、材質に与えるダメージが大きい洗剤でもあります。 特に天然石タイルや金属を痛めてしまいます。 目や皮膚なども刺激するため、強い酸性の洗剤を使う場合は、手袋・マスク・眼鏡を着けて取り扱いましょう。 酸性・アルカリ性よりも安全性が比較的高いですが、洗浄力が劣ります。 付着後から長時間経過していない汚れや毎日のお手入れ用に適した洗剤です。 素材へのダメージも少なく、手肌にも優しい洗剤です。 皮脂汚れや油汚れへの洗浄力が高いです。 酸性洗剤と同様に、材質へのダメージが大きい洗剤です。 使用時には手袋・マスク・眼鏡を着けて取り扱いましょう。

次の

業務用洗剤の選び方・売れ筋一覧表 / 相談できる通販ジャンブレ

業務用洗剤 洗濯用

業務用洗剤のおすすめ人気ランキング13選【水垢から油汚れまで】 飲食店やハウスクリーニング業など仕事場での清掃に欠かせないのが業務用洗剤。 毎日使用するものだからこそ、もっと簡単に汚れを落としたい、もっと時間やコストが削減できる洗剤を見つけたいなどとお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 強力で大容量であればコストや時間を簡単に削減できるかというと、そうではありません。 洗剤には酸性や中性・アルカリ性などそれぞれに様々な特性があり、それに合わせて使用しなければ効果を発揮することができません。 そこで今回はそれぞれの液性の特徴についてお伝えしつつ、業務用洗剤の選び方について詳しく解説するとともに、おすすめの人気業務用洗剤をランキング形式でご紹介していきたいと思います。 洗剤の液性と特徴 まずは洗剤の液性と特徴について解説していきたいと思います。 基本的に汚れはその汚れの性質と反対の性質をもつ洗剤で中和することで落とすことができます。 どの液性が何に対して有効なのかを把握して、効率よく簡単に汚れを落としましょう。 水垢やサビ、尿石には酸性 出典: 水垢やサビ、尿石などの汚れはアルカリ性質ですので、洗剤は酸性のものが効果的です。 すぐには効果が出にくいので、ティッシュやキッチンペーパーなどで湿布して使用するのがおすすめです。 また酸性洗剤は塩素系の漂白剤と混ざってしまうと有毒ガスが発生するのでとても危険です。 使用の際はくれぐれも塩素系洗剤と混ざることのないように注意してくださいね。 油汚れや皮脂汚れ、コゲ付きにはアルカリ性 出典: 油汚れ・皮脂汚れ・コゲ付きは酸性の汚れです。 ですので、洗剤は逆の性質になるアルカリ性のものを使用しましょう。 軽度な汚れには弱アルカリ性、頑固な油汚れなどにはアルカリ性の洗剤がおすすめです。 アルカリ性の強い洗剤は手などに触れると肌が荒れてしまうので、ゴム手袋などを使用するようにしましょう。 またアルカリ性の濃度が高いと頑固な汚れでも落ちる代わりに、塗装まで剥がしてしまうことなどがあるので注意して下さいね。 日常の軽度の汚れには中性 出典: 汚れがそれほど酷くない軽度の場合は中性洗剤を使用しましょう。 人の肌や体への影響も少なく、素材を痛めることも少ないので様々な場所や汚れに使用できます。 食器洗い用洗剤などが代表的な中性洗剤です。 基本的にはまずは中性洗剤を使ってみて、それでも落とせない頑固な汚れはそれぞれの汚れの特性に合わせてアルカリ性や酸性の洗剤を使用するのがおすすめですよ。 業務用洗剤の選び方 上記でお伝えしたそれぞれの汚れに有効な液性も踏まえつつ、ここからは業務用洗剤の具体的な選び方について用途ごとに詳しくお伝えしていきたいと思います。 洗濯用洗剤で選ぶ 洗濯用洗剤と言えば粉末洗剤や液体洗剤などがありますが、衣類汚れは皮脂汚れなどの酸性の汚れなので洗剤の液性は反対性質のアルカリ性が主です。 アルカリ成分が強い粉末洗剤に対して、液体洗剤はその成分が弱いものが多く、中には中性の洗剤もあります。 粉末・液体洗剤それぞれの使用するメリットとデメリット、またおすすめの使用用途について詳しくみていきたいと思います。 ドラム式洗濯機、油汚れには液体洗剤 出典: 液体洗剤は上記でもお伝えしたように、アルカリ成分が弱いので粉末洗剤に比べると洗浄力が落ちます。 ですがその分、衣服へのダメージが弱く、また水に溶けやすく混ざりやすいのが最大のメリットです。 少ない水量で洗濯をするドラム式洗濯機でも洗剤が残ってしまうことがなく、すすぎも1回で済むので節水に繋がります。 それほど汚れが強くない日々の洗濯物や、衣服のダメージを抑えたい場合や皮脂汚れなどの油汚れには液体洗剤がおすすめですよ。 ひどい汚れには粉末洗剤 出典: 汚れを落とす洗浄力が強いのが粉末洗剤の最大のメリットです。 食べこぼしやひどい油汚れなどを洗濯する場合は粉末洗剤がおすすめです。 ただし、洗浄力が強い分、衣服へのダメージは避けられないので注意が必要です。 また粉末が溶けきらずに残ってしまうとカビの原因などにもなります。 粉末洗剤を使用する場合はたっぷりの水で洗濯しましょう。 節水には向きませんが、洗剤自体のコスパは高いのでひどい汚れを洗う頻度が多い方には粉末洗剤がおすすめですよ。 食器用洗剤で選ぶ 食器や調理器具についている生ゴミや油なども酸性の汚れなので、洗剤は弱アルカリ性のものが向いていると言えます。 飲食店など毎日大量の洗い物をする場合に気になるのが食器用洗剤の洗浄力と肌荒れの問題ですよね。 高い洗浄力を求めるのかそれとも肌への影響を求めるのかでおすすめの洗剤は変わります。 求めるものに応じてどのような食器用洗剤を選べばいいのかお伝えします。 洗浄力を求めるなら弱アルカリか界面活性剤が多いもの 出典: 洗浄力を求める場合は、弱アルカリ性のものを選ぶのが1番のおすすめです。 また中性洗剤でも界面活性剤が多いものは洗浄力が高いのでおすすめです。 ただし洗浄力が高いということは肌へのダメージも高いので、その点は要注意です。 肌荒れが気になるなら弱酸性のものを 出典: 肌が弱い方や肌が強くても洗剤の使用頻度が高い場合などは、肌が荒れてしまう可能性があります。 その場合は弱酸性のものや界面活性剤の配合率が低いものを選ぶようにしましょう。 また天然成分使用のものや無添加のものを選ぶと、さらに肌への負担を軽減できます。 ただしどうしても洗浄力は落ちてしまいますので、一長一短と言えます。 掃除用洗剤で選ぶ 掃除用洗剤には、窓ガラス用、テーブル用、フローリング用、トイレ用など使用する場所や汚れによって様々な種類の洗剤が販売されています。 それぞれの場所や汚れにあった洗剤を選ぶことが何より大切と言えます。 洗剤のダメージで破損したり傷つけてしまったりすることのないように気をつけましょう。 それぞれの場所に応じた大まかなおすすめ洗剤についてご案内します。 オフィスや部屋用には中性〜弱アルカリ性 出典: オフィスや部屋用には基本的には中性洗剤をおすすめします。 種類にもよりますが、一般的に素材への影響が少なく軽度な汚れであれば、アルカリ性の汚れも酸性の汚れも落としてくれるので掃除にはもっとも便利な洗剤と言えます。 中性洗剤でどうしても落とすことができないような頑固な汚れを落としたい場合にのみ、弱アルカリ性の洗剤を使用するのがおすすめですよ。 トイレ・水回りには酸性洗剤 出典: トイレや洗面台などの水回りには酸性の洗剤を使用するのがおすすめです。 水回りの汚れは水垢や石鹸カス、尿石など大半がアルカリ性の汚れなので、酸性洗剤が有効になります。 ただしトイレなど密閉空間を掃除する場合は特に、酸性洗剤と塩素系洗剤などの混ざると危険なガスが発生する洗剤を同時に使用することのないように十分に注意して行いましょう。 【洗濯用】業務用洗剤のおすすめ人気ランキング5選 ここからは業務用洗濯洗剤についておすすめの人気商品をランキング形式にてご紹介していきたいと思います。 ぜひ、参考にして洗濯業務に役立つ洗剤を見つけてくださいね。 この商品のいいところは洗濯洗剤として使用した後、バイオの働きで排水口や洗濯層にこびりついた匂いの素を生分解してくれるところです。 また柔軟剤の香りを消さない程度のほのかな香りがいい!とユーザーに好評です。 天然植物由来成分配合で環境にも優しく汚れに強いそれでいて匂いも気にならないので、どんな業種の方にも自信を持っておすすめできる一押しの洗濯用業務用洗剤です。 第2位 アタック消臭ストロングジェル4kg 液性:アルカリ性 容量:5リットル 用途:白物繊維(綿・麻・ポリエステル・アクリル) 優れた除菌・消臭効果と漂白力 白物漂白にはシミを綺麗に落としてくれるとユーザーからダントツの人気を誇るのこちらの商品がおすすめです。 除菌・消臭力も高くとても高い評価を得ています。 色物には使用できませんが、真っ白なコック服などの洗濯には最適な洗剤でしょう。 【食器用】業務用洗剤のおすすめ人気ランキング5選 ここからは業務用食器洗剤の人気商品ランキングをご紹介していきます。 洗浄力だけでなく肌への影響などにも注目しておすすめのポイントをお伝えしていきますので、最適なものを見つけてみてくださいね。 第1位 サラヤ食器用中性洗剤サラヤSS 液性:中性 容量:4. 5リットル 用途:食器・調理器具・野菜・果物 油汚れをしっかり落とすのに手荒れがない 食器用洗剤は洗浄力が高まると肌への刺激がも高まるのでどうしても肌荒れに繋がってしまうのですが、こちらは油汚れをしっかり落とすのにも関わらず手荒れがないと人気のある商品です。 頑固な汚れものが出るような場合には向かないですが、肌への影響を考慮しつつ洗浄力も確保したい場合はこちらがおすすめです。 【トイレ用】業務用洗剤のおすすめ人気ランキング3選 トイレ用の業務用洗剤で人気の高いおすすめ商品を3つランキング形式でご紹介します。 ぜひ、それぞれの用途や特徴などを参考にしてみてくださいね。 第1位 LIONルックきれいのミスト業務用2L 液性:中性 容量:4. 5リットル 用途:洗浄・除菌・消臭 便器、便座から床や手洗い場まで全てに使用できるマルチクリーナー こちらは何と言ってもこれ1本でトイレ周り全てを掃除でき、さらに除菌や消臭までできるというマルチに使用できる点が人気を集めている優れものです。 5リットルという大容量なのに低価格でコストパフォーマンスも高く、洗剤のランニングコストを抑えたいと考えている方にはとてもおすすめの商品です。 マルチに活躍してくれるコスパの高い洗剤をお探しならこれを選べば間違いありません。 第3位 陶器専用万能汚れ落としスプレー 液性:酸性 容量:100ミリリットル 用途:陶器及びタイル目地の洗浄・除菌・消臭 頑固な黒ずみや水垢が驚くほど綺麗になる こちらはスプレーしてしばらくの間、つけ置くことで有効成分である乳酸が驚くほど簡単に汚れを落としてくれるととても人気のある商品です。 主にホテルや旅館などで、トイレや洗面所の陶器部分の清掃をするのに使用されています。 トイレや洗面所などの陶器に染み付いてしまった黒ずんだしつこい水垢や頑固な黄ばみ汚れなどの洗浄に苦労されている方には1番のおすすめ業務用洗剤ですよ。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 1,850円 4. 47 1,386円 4. 39 1,584円 4. 62 2,628円 4. 61 702円 4. 6 1,781円 4. 2 1,832円 4. 38 1,834円 4. 57 1,833円 3. 93 1,334円 4. 31 1,075円 4. 76 1,463円 4. 52 1,650円 2. 8 業務用洗剤を使用する際の注意点 出典: 業務用洗剤と家庭用洗剤の1番の違いはその濃度です。 業務用洗剤は大容量でなお且つ、原液であったり濃度の高いものが多く使用の用途に合わせて薄めるなどして使用できるのが特徴です。 濃度が濃い分、組み合わせてしまうと家庭用以上にそれに対する反応も大きくなります。 上記でもお伝えしましたが、酸性洗剤と塩素系漂白剤が混ざると有毒ガスが発生しとても危険ですので絶対に混ざることのないように注意してください。 また酸性洗剤とアルカリ性洗剤を同時に使用してしまうと、互いに中和されて効果が薄まります。 仕事上、一度に色々な作業をしなければならないという場合でも、くれぐれも他の洗剤同士が混ざってしまうことのないように十分気をつけましょう。 まとめ ここまでは業務用洗剤について様々な特性や選び方、種類などをご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?汚れの液性など今後の洗濯や掃除などに参考になる情報や気になる商品は見つかりましたか。 ぜひ記事を参考にしてベストな業務用洗剤を選び、業務時間の短縮やランニングコストのカット、また肌への負担軽減に繋げて快適にお仕事をしてくださいね。

次の

業務用洗剤の選び方・売れ筋一覧表 / 相談できる通販ジャンブレ

業務用洗剤 洗濯用

レビュー: 5 【特長】パワフル洗浄成分が汚れに浸透し、作業中に付着した機械油、オイル、泥、食用油などの頑固な汚れをしっかりと落とします。 爽やかなハーブ ユーカリエキス 系香料配合。 汗や皮脂のニオイを抑えて、スッキリ洗いあがります。 蛍光増白剤無配合。 きなりの衣類も安心して洗えます。 【トラスコ品番】385-5741【使用方法】ひどい油汚れの場合は、汚れの部分に「液体ビッグ作業着洗い」を塗布して、放置せずにそのまま洗濯機に入れて下さい。 洗濯機に「液体ビッグ作業着洗い」を通常の1. 【形状】液体【シリーズ】ビック【容量 kg 】4. 汗・皮脂汚れ、食べこぼし、ドロ汚れと様々な汚れが含まれる洗濯物でも、汚れをしっかり落とします。 クリアプロテクト成分が、洗濯中、一度落とした汚れを衣類に移さないので、詰め込んで重なり合った衣類でも、汚れ移りを防いで、きちんと白く洗い上がります。 冷たい水でもさっと溶けて洗浄力を発揮。

次の