荒野 録画 声。 【対策】iPhone画面録画音声が入らない!アイフォン画面録画内部音声のみを収録方法を紹介!

iOS11画面収録(録画)で音ズレを回避する方法

荒野 録画 声

iPhone 単体で画面の録画をできるようになった「iOS11」の画面収録機能(録画機能)ですが、ときおり映像と音声が合わない、ずれてしまう音ズレが起きてしまうことがあるようです。 これでは困るので、なんとか音ズレをしない回避できる方法は無いのか調べてみました。 僕も「iOS11」にアップデートしてから画面録画を何度か試してきたのですが、何度か音ズレを起こした動画が保存されました。 その幾つかの動画を見てみると、画面収録を使用している最中にアプリの起動をしたり、アプリの切り替えを何度もしている動画が音ズレを起こしている感じでした。 その為、音ズレを起こさないためにはやはり、CPUやメモリに負担をかけない使用が望まれるのではないかと思います。 音ズレ対策方法を考えてみました。 録画中にアプリを起動しない アプリの起動というのはCPUに負担のかかる動作なので、録画中はアプリを新たに起動しないほうが良いでしょう。 アプリの動画を収録したければ、起動直後は避けて、できるだけアプリを起動して動作が落ち着いてから収録を始めると良いと思います。 録画中にアプリを切り替えない これも上の1番目の対策と同様ですが、やはりCPUに負担のかかるアプリの起動や、アプリの切り替えはしないほうが良いでしょう。 ゲームのアプリを切り替えた時はたいてい音ズレが起きていました。 起動中のアプリを全て終了する そんなに効果がないかもしれませんが、起動中のアプリを全て終了させると効果があるかもしれません。 ホームボタンを2回押しして託す選択画面でスワイプしてアプリを終了します。 iPhone を再起動する iPhone の再起動です。 電源を切ってから、もう一度電源を入れます。 自動アップロードをオフにする iCloud や ドロップボックスなどファイルを自動アップロードするアプリを使っていると録画中に通信をする可能性があります。 できるだけオフにするのが良いでしょう。 自動ダウンロードもオフにする アプリやミュージック、ブック等の自動ダウンロードを有効にしていると、これも音ズレの原因になると思います。 これもオフにしておきましょう。 省電力モードをオフにする iPhone が省電力モードになっていると、バッテリー消費を抑えようとして、iPhone のスピードが遅くなります。 バッテリーが少ない場合は十分充電してから録画するといいでしょう。 まとめ iPhone の画面録画で音ズレが起きるのは、大抵CPUやメモリに負担がかかっているときです。 対策としては使わないアプリを全て終了する。 iPhone を再起動する。 録画中に並行してアップロードやダウンロードをしない。 省電力モードなどをオフにすることで音ズレを回避できると思います。

次の

【荒野行動】重い人必見!基本設定と動作を軽くするおすすめ設定!

荒野 録画 声

Contents• マイクの設定 まずは、ホーム画面の歯車をタップします。 この設定画面の左にある「サウンド設定」をタップすれば、音声関係の設定が表示されます。 そして、 サウンド設定のタブを開き、ここで、マイマイクにチェックを入れます。 こうすれば、戦闘中の会話が可能になります。 ボイスチャットの設定 ボイスチャットの設定をミスすると、付近の敵に、自分達の声が聞こえてしまう設定になってしまいます。 相手に声が聞こえると、間違いなく自分たちの場所がバレてしまうので、要注意です。 そうしないようにするためにも、必ず、 「付近のチャンネル」からチェックを外しておきましょう。 戦闘中に会話する方法 戦闘中はマップ横のマイクをタップします。 戦闘中にマイクを利用するには、マップ横のマイクボタンをタップすれば、会話ができます。 先程も注意しましたが、 デフォルトの設定のマイクボタンを利用すると、付近の的に声が届き、相手に自分の場所がバレてしまうので、ちゃんと 設定しておきましょう。 ボイスチャットが使えない場合 全く反応しない場合 ボイスチャットのマイク機能をいくら利用しても何も変化しない場合、アプリを再起動するしかないですね。 何度か再起動をすると、ボイスチャットが正常に機能することもあるので、根気よく試してみましょう。 アプリの再起動が面倒な方へ アプリを再起動するのが面倒な方は、 マイマイクのボタンを何度か入り切りしてみてください。 これで、復帰することもあります。 また、 自分だけがやっても改善されない場合、相手のマイマイクを入り切りしてもらうのもいいでしょう。 それでもダメな場合は、諦めてアプリの再起動を行ってみてください。 スポンサードリンク ボイスチャットの音量が小さい場合の対処方法 ボイスチャットはできたけど、音量が小さい!もしくはうるさい!!って場合ありますよね?? この場合は、 ボイスチャットのサウンド設定で音量を調節してみましょう。 まずは設定画面を開いて、サウンド設定画面を表示します。 それから、ボイス機能の下部にある、「マイクイヤホン」で通話の音量を調整することができます。 通話の音量が小さ場合は、右にスワイプして、通話の音量が多い場合は、左にスワイプしてみてください。 まとめ いかがでしたか?? 今回は、ボイスチャットの使い方と注意点、そしてうまく使えない場合の対処方法についてご紹介させていただきました!! 特にですが、初めて使用した方は、ボイスチャットの声が他の敵に聞こえている可能性があります。 ですから、初めて利用した人は、必ずこの設定に気をつけてくださいね。

次の

荒野行動シングルでしてる時とか、しらん人の声聞こえるんやけど、だれ

荒野 録画 声

いちばん確実な対処法は、録画・ライブ配信用に、それ専用の新しい端末を購入することです。 iPod touchであれば購入費用を安く抑えられます。 SIMフリーのiPhone、あるいはiPadを買うのもよいかもしれません。 iPhoneの画面をPCに出力したときのイメージ• これから見ていく方法でiPhoneの画面をPCに出力すると、iPhoneの画面がPCにも映ります。 また、iPhoneの音もPCから出ます。 かりにiPhoneでゲームアプリを起動した場合、 ゲーム画面がiPhoneとPCの両方に映り、ゲーム音はPCから聞こえてくる状態になります。 iPhoneのスピーカーからは音が出なくなるので、その点は覚えておいてください。 iPhoneの画面をPCに映す方法-AirPlay ミラーリング-• では、どのようにしてiPhoneの画面をPCに出力すればよいのでしょうか。 大きく2種類のやり方があります。 まずは、AirPlay ミラーリングについて見ていきましょう。 AirPlay ミラーリングとは• AirPlay ミラーリングは、iOSが搭載している機能のひとつです。 本来は、iPhoneの画面を「TV」に映したいときに使う機能です。 つまり、PC向けの機能ではありません。 しかし、 ミラーリングソフトとよばれるものをPCにインストールすることで、iPhoneの画面を「PC」に出力できるようになります。 ケーブルは必要ありません。 Wi-Fi(無線LAN)を使うので、ワイヤレスでiPhoneとPCを接続できます。 AirPlay ミラーリングのデメリットは、 ゲーム画面とゲーム音が少しズレた状態でプレイすることになるという点です。 デレステなどの音ゲー(リズムゲーム)はプレイしづらい可能性があります。 なぜなら、PCから出ているゲーム音は、iPhoneの画面よりも一瞬遅れるからです。 また、環境にもよるのですが、 映像・音声が途切れる場合があるかもしれません。 無線でiPhoneとPCを接続するので、Wi-Fi環境がきちんと整っている必要があります。 かりに映像・音声が不安定な状態だと、録画やライブ配信に直接影響が出ます。 安定さでいうと、後述するキャプチャーボードを使った方法のほうが勝るかもしれません。 ミラーリングソフトの詳細・使い方• ミラーリングソフトの使い方は、基本的にはどれも同じです。 たとえば、Reflectorの場合は、iPhoneでコントロールセンターを開き、「画面ミラーリング」をタップします。 そうすれば、iPhoneの画面がPCに映ります。 詳細は下記ページをご覧ください。 AirServerやLonelyScreenも、ほぼ同様です。 を参照 iPhoneの画面をPCに映す方法-キャプチャーボード-• 基本的にはAirPlay ミラーリングの使用をお薦めしますが、キャプチャーボードを使った方法もあります。 キャプチャーボードとは• キャプチャーボードは、PC用の周辺機器です。 iPhoneとキャプチャーボードをHDMIケーブルで接続すると、iOSのビデオミラーリングという機能によってiPhoneの画面がPCに映ります。 iPhoneの音もPCから出ます。 AirPlay ミラーリングとは異なり、有線で接続するため、安定感がある方法といえるかもしれません。 パススルー出力のおかげで、 TVのほうは遅延しません。 そこで、iPhoneの画面を見ながらゲームをプレイし、iPhoneの音はTVから出ているものを聞きます。 遅延のほかに、 HDCPというコピーガードにも注意しましょう。 iPhoneとキャプチャーボードの接続を前提とした場合、iPhoneの画面をPCに映すことはできても、 HDCPが原因で録画ができないという製品があります(例 : )。 ただ、 近年のキャプチャーボードであれば、少なくともゲームアプリについては問題なく対応している製品が多くなってきています。 キャプチャーボードの詳細・使い方• iPhoneとキャプチャーボードを接続して使う場合の注意点や、トラブルシューティングなどについては、下記ページをご覧ください。 iPhoneに対応するキャプチャーボードの一覧表も掲載しています。 を参照 録画する方法• iPhoneの画面をPCに映したら、あとはその画面を録画するだけです。 ミラーリングソフトには、画面を録画できる機能が搭載されています。 録画自体は簡単にできることでしょう。 また、Reflectorであれば、PCに接続しているマイクの音入れてゲーム実況動画を作ることも可能です。 を参照• キャプチャーボードを使っている場合は、キャプチャーボードに付属されているソフト(キャプチャーソフト)の録画ボタンをクリックします。 ゲーム実況動画を作りたいなら、キャプチャーソフトのほうでマイクの音を動画に入れる設定をしましょう。 を参照 ライブ配信する方法• ライブ配信では、基本的に 配信ソフトというものを用意します。 配信ソフトは、ライブ配信を開始・終了できるだけではなく、 PCに映っているiPhoneの画面や、PCから出ているiPhoneの音、PCに接続しているマイクの音(自分の声)を視聴者に配信することも可能です。 定番の配信ソフトとして、とを覚えておきましょう。 どの配信サイトを利用するにせよ、配信ソフトの基本的な部分の設定は同じです。 ただ、 配信サイトごとに設定を変えなければいけない部分もあります。 詳細については、下記ページをご覧ください。 解説記事 備考 ニコニコ生放送 ツイキャス Twitch お薦め YouTube Live・YouTube Gaming お薦め OPENREC Mixer(旧Beam) 関連ページ• 質問など• ゲーム実況者、YouTuberになるための方法• お薦めは3本!AviUtl、PowerDirector、Vegas Proで決まり• あらゆる配信サイトに対応!ゲーム配信で必要なものを準備しよう• ゲーム配信用に、全6個の配信サイトを徹底比較•

次の