ギターコード初心者。 ギター初心者の入門講座!挫折しないギターの始め方

ギター初心者さんがまずやるべきこと、考えるべきこと順番にまとめました!

ギターコード初心者

の作者のNと申します。 この連載セミナーでは、ギターを始めたばかりの人や、ギターは弾くけどコードにはまったく弱いという人を対象に、ギター・コードに関するごく初歩的なことや、その効率的な覚え方を説明していきます。 この講座を読み終える頃には、コードに関して悩むことが、ほとんどなくなるでしょう。 また、ギターの教則本や音楽理論書に書かれていることも、ずっと理解しやすくなっているはずです。 【本講座の目標】 1. コード名の意味がわかる 2. 簡単なコードならすぐに押さえ方がわかる 3. 複雑なコードでも自分で作れるようになる 要所要所に、次のような音の鳴る指板図を入れます。 音符ボタンをクリックしてみてください。 コードのサウンドはこれで確認できますので、手元にギターがなくても読み進められます。 ご了承ください。 用語解説:コード、コード進行、コード名 ではまず、コード、コード進行、コード名という用語について説明しましょう。 コード(chord)とは、日本語でいえば「和音」です。 高さの異なる音を3つ以上同時に鳴らすと、それはコードになります(この言い方はあまり厳密ではありませんが、より詳しい事はこの連載の中で説明します)。 ギターの場合は、左手の指で何本かの弦を押さえ、右手で複数の弦を弾くことによって、コードを鳴らします。 またコードをいくつか並べると、それは コード進行(chord progression)と呼ばれるものになります。 コード進行の例を、さっそくひとつ見てみましょう。 次の5つの指板図を、左から順に一定の間隔で鳴らしてみてください。 曲の伴奏をしているような気分になれればOKです。 コード名についてはいずれまとめて説明しますので、今覚える必要はないのですが、とりあえず読めないと気持ちが悪い人もいるかと思いますので、読み方を紹介しておきます。 指板図の見方 ここで指板図の見方を詳しく説明しておきます。 まず左方向がギターのヘッド側、右方向がボディ側になります。 格子状の線のうち、横線はギターの弦で、上から1弦、2弦、3弦、4弦、5弦、6弦になります。 縦線はフレットで、その下に付けられた0、1、2、3といった数字は、フレット番号です。 なお、「2フレットを押さえる」という表現を使っていますが、実際のギターでは、2フレットの真上ではなく、2フレットと1フレットの間の、なるべく2フレットに近い位置で弦を押さえるようにしてください。 鳴らさない方法には、その弦を弾かない方法と、消音する方法とがありますが、具体的なやり方はいずれ説明します。 写真は、ギターを弾いている人の手元を対面から撮影しているので、右方向がヘッド、左方向がボディで、弦は一番上が6弦、一番下が1弦となります。 しかし指板図は、写真とは上下左右が逆転しています。 なぜ指板図は上下左右が逆なのかというと、それはギターを弾く人が、自分の左手を上から覗き込んだ状態と同じにするためです。 初心者はここで混乱してしまうこともあるようですが、心配は無用! すぐに慣れます。 またフレット番号を表す数字は、フレット(を表す縦線)の真下に描かれていることもあれば、中間に書かれていることもあります。 指板図の表記法は、出版社や筆者によって微妙に違うことが多いので、初心者の方は一応ご注意ください。 コードが簡単にわかるアプリケーション「ギターコード指板図くん」 今回は、4つのコードの組み合わせでできたコード進行をひとつだけ紹介しましたが、もっといろいろな種類のコードを今すぐ知りたいと思った人は、ギターコード指板図くんの「かんたんコードブック」を見てみてください。 コード名を指定するためのボタンをクリックするだけで、さまざまなコードが表示され 、サウンドの確認もできます。 また、さらなる好奇心が湧いた方は、「作ろう! マイコードブック」を使ってみてください。 こちらには、自分独自の指板図を作ったり、指板図を並べてコード進行を作る機能があります。 本連載と「かんたん コードブック」、「作ろう! マイコードブック」を併用することにより、かなり短い日数で、ギター・コードの基礎を知ることができると思います。 今日はここまでです。 次回のテーマは「Cの構成音と、いろいろな押さえ方」です。

次の

【エレキ・アコギ別】ギター初心者向け練習曲おすすめ5選

ギターコード初心者

「簡単に弾ける曲を知りたい」「楽しくギターの練習をしたい」「歌いながら弾きたい」というギター初心者の方はいませんか? ギターを始めたばかりで難しい曲を弾こうとすると、難しいコードばかりでうまく押さえられずキレイな音が鳴らず途中で弾くのを諦めてしまう方もいます。 簡単に弾ける曲を選べば楽しく練習ができ、ギターのレベルアップにも繋がりますよ。 私もギターの練習を始めたばかりの頃は、簡単なコードの曲を何度も練習していました。 最初はコードの少ない曲から練習を始めて、慣れてきたらコードの多い曲を弾いていくと徐々にステップアップができていいでしょう。 本記事では、ギター初心者でも弾きやすい曲を選ぶポイント4つや、邦楽と洋楽別におすすめの曲を25種類紹介します! 目次• 弾きやすい曲を選ぶポイント 弾きやすい曲を選ぶときに確認しておきたいポイントは、 「簡単なコードで弾ける」「テンポが速すぎない」「1小節間にコードの切り替えが多くない」「好きなアーティストの楽曲」の4つです。 弾きやすい曲を見つけて、ギターを楽しく弾きましょう! 簡単なコードで弾ける曲を選ぶ ギター初心者でも弾きやすい曲を選ぶときに最も重要なポイントは、使用するコードの確認です。 6弦全て指1本で押さえるバレーコードなど、 弦の押さえ方が難しいコードが多く含まれている曲を選んでしまうと、コードの切り替えに手間取ってしまいます。 また、正しく押さえられないため、キレイに音が鳴らず途中で挫折してしまう方もいます。 CやGやAなど、 なるべく弦を簡単に押さえられるコード進行の曲を選べば、初心者でも弾きやすいですよ。 さらに、ネックとフレットを挟むように装着して使う カポタストを上手く利用すれば、バレーコードが多い曲でも簡単コードで弾けるようになるのでおすすめです。 コード譜サイトの場合、「転調」や「キー」などの項目からカポタストをどのフレットに装着すればいいのか判断できます。 ギターコードが見放題のサイト『』なら、コードを簡単にして弾きたい方のために「簡単弾き」と記載されているので、それに合わせてカポタストを使うようにしてください。 より多くの曲をギターで弾けるようになりたい、初心者にとても便利なアイテムなので1つ持っているといいでしょう。 テンポが速すぎない曲を選ぶ ギター初心者なら初めはテンポが遅いバラードなどで、ゆっくりと練習をしていくといいでしょう。 選ぶ曲のテンポが速すぎると、コードを変えるのに手間取ったりリズムを刻む手が追いつかないということもあります。 ゆっくりなテンポの曲であれば、コードの押さえ方やストロークなどの乱れも自分で把握できるのでじっくり練習できますよ。 馴れてきたらコードが簡単でもテンポが速い曲に挑戦していけば、徐々にギターで弾ける曲の幅が広がるので焦らずに頑張りましょう。 1小節間のコードの切り替えが多くない曲を選ぶ ギター初心者の場合、1小節間にコードの切り替えが多くないかも、曲を選ぶときに確認しておきたいポイントの1つです。 コードの切り替えがあまり多くない曲を選べば、初心者でもスムーズに気持ちよく弾くことができますよ。 1小節間に2つ以上のコードが使われていると、コードを変えることばかりに気を取られてつまずきやすくなってしまいます。 なるべく1小節間に1〜2つのコードで弾けるような曲を選ぶといいでしょう。 最初のうちはコードからコードへ指をフォームをチェンジするのも迷ってしまいますが、 練習を積み重ねていけば指が覚えていてスムーズに弾けるようになるので根気強く弾き続けることが大切です。 好きなアーティストの曲を選ぶ 好きなアーティストの曲を選べば、少し難しいと思っても「弾きたい!」というヤル気が出ます。 ヤル気は練習を継続することに繋がるので、ギターの腕をレベルアップさせるためにとても重要です。 なるべく普段から聞いているアーティストや同じジャンルの曲や、それらに近い曲を選んで楽しくギターを弾くといいでしょう。 ギター初心者におすすめの曲 15選【邦楽】 上記ではギター初心者も弾ける曲を選ぶポイントを紹介してきました。 ここからはギター歴10年の私が、ギター初心者の方におすすめな邦楽の曲を紹介していきます。 ぜひ試しにギターで弾いてみてください。 「元気がでる曲を弾きたい」という方におすすめです。 カポタストを1フレットに装着すれば、 Em・Bm・C・Dなどで弾くことができます。 アコースティックギターでもエレキギターでも楽しく弾ける1曲なので、弾けるようになったらギターに合わせて友達と歌うのも楽しいですよ。 カポタストは不要ですが、 D・G・A・D7などの比較的簡単に押さえられるコードも多くなっています。 パンク好きの方にもぴったりで、テンポが速く勢いのある曲なので、楽しく練習ができます。 カポタストを1フレットに装着すれば F・C・G・Am・E7などの初心者でも弾きやすい簡単なコードで弾けます。 バレーコードもありますがFのみなので慣れてしまえばスムーズに弾けるようになりますよ。 テンポよく進んでいく曲なので、初心者の方にはコードの切り替えが難しいと感じる部分もあります。 しかし、 口ずさみながら弾くことでメロディーと合わせやすくなるので、米津玄師の大ファンという方はぜひチャレンジしてみてください。 Children】ミスチル好きは必見! おすすめ度: かっこいいロックサウンドで憧れていた方も多いELLEGARDENの「Missng」は、コード数も少なくギター初心者でも弾きやすくなっています。 G・D・Aの簡単なコードだけでなく、BmやBm7などのバレーコードも出てくるので難しいと感じる方もいます。 しかし、テンポが速すぎないので、コードの切り替えがしやすいですよ。 また、 ELLEGARDENの曲の中でも日本語の歌詞なので、英語詞が苦手という方にも向いています。 ギター初心者におすすめの曲 10選【洋楽】 次は、ギター初心者におすすめな洋楽の曲を紹介していきます。 カポタストを4フレットに装着すれば G・D・Em・C・AでAメロからサビまで弾くことができます。 テンポがよくノリがいいので、弾いていても楽しめます。 コードは簡単ですがストロークにカッティングを入れたりと、ギターの腕がレベルアップしたら遊ぶことができます。 弾き語りをする場合は流暢な英語が必要になりますが、英語が得意という方は海や屋外で弾き語ってみたら気持ちいいですよ。 A・D・Gの3コードで全部弾けるのでとても簡単です。 Aメロのコードを切り替えるのに最初は手間取るかもしれませんが、押さえ方の簡単なコード進行なので指の練習になりますよ。 メロディーラインがスピーディなので英語が苦手な方には難しいですが、リズムがいいのでバンド演奏をしたいという方にもおすすめです。 また、口ずさみやすいメロディーラインというのも魅力です。 初心者でもいくつか楽曲が弾けるようになってから弾いてみると、レベルアップにも繋がりますよ。 日本人でも馴染みの深い曲で練習しやすいので、洋楽を1曲弾けるようになりたいという方は試してみてください。 ギターのコードを上手く鳴らすコツ ギターを弾いていて、 「キレイな音が鳴らない」「詰まったような音になってしまう」という方も少なくないでしょう。 以下では、ギターのコードを上手く鳴らすコツを3つ紹介します。 ギターのチューニングは忘れずに! チューニングがずれていると、正しい音が鳴らないので弾いていても気持ち悪く感じてしまいます。 ギターは開放弦を弾いて6弦(E)、5弦(A)、4弦(D)、3弦(G)、2弦(B)、1弦(E)になるようにペグを回して調整します。 ペグを閉めると音が高くなり、ゆるめると音が低くなるのでギターを弾くときはチューニングを忘れないようにしましょう。 チューナーにつなげると、より正確にチューニングができるので活用するのがおすすめですよ。 コードの押さえ方に注意する しっかり指で弦が押さえられていないと、こもった音が鳴ったり響きが悪くなります。 ギターを弾くときはコードの押さえ方にも注意する必要があります。 指の平で抑えるとズレやすいので、ネックに向かって立てるように弦をしっかり押さえます。 また、 フレットに近い部分を押さえ、ネックをしっかり持つことで支えられて安定するのでコードを押さえやすくなりますよ。 最初のうちは弦を押さえていると指が痛くなることがありますが、練習をしているうちに徐々に慣れていくので頑張って継続していきましょう。 キレイな音が鳴らないと悩んでいる方は、素早くしっかりコードを押さえられるように練習をしてみてください。 ピックの持ち方を安定させる ギター初心者の場合、コードを押さえる指を意識し過ぎてピックを持つ手を忘れがちです。 しかし、ピックの持ち方もキレイな音を鳴らすために重要なポイントです。 人差し指の側面に指の先と同じ方向に弦と触れる角が揃うように置き、親指の腹で軽く押さえるようにピックを持つと安定感が出ます。 ピックを浅く持ちすぎると不安定になり、キレイな音を出しにくくなるので注意をしてください。 ピックの使い方を把握する 実際にギターを弾くときは ピックを弦に対しして斜めにして弾くようにして、程よい深さで鳴らすようにしましょう。 ピックを弦に対して深く入れ過ぎると力が入ってしまいスムーズな音が鳴りにくく、浅く入れ過ぎると小さく弱い音がなってしまいます。 上記で説明した ピックの持ち方と合わせて、ピックの使い方も把握してキレイな音を鳴らせるように意識してみてください。 覚えておきたい!定番のストロークパターン 最後に、 ギターを始めたら押さえておきたいストロークパターンを4種類紹介していきます。 いくつか使い分けることができれば、ギター初心者でも弾ける曲の幅が広がりますよ。 バラードで使える「2分音符のストローク」 バラードなどでよく使るのが「2分音符」のストロークです。 1小節間の 「イチ・サン」のタイミングで、ジャーンと鳴らします。 イントロやAメロなどに使うことが多く、上から下に向かって弾くダウンピッキングなので初心者でも比較的弾きやすいストロークです。 基本的なストローク「4分音符のストローク」 「4分音符のストローク」は、基本的なストロークなのでしっかり覚えておきましょう。 1小節間の 「イチ・ニ・サン・シ」のタイミングで、テンポよくジャン・ジャンと鳴らしていきます。 「2分音符のストローク」同様に全てダウンピッキングで弾けるので、初心者でも弾きやすいですよ。 アコースティックギターやエレキギターなどで使い勝手がいい「8分音符のストローク」 早い曲を弾くときに役立つのが「8分音符のストローク」です。 1小節の間に8個の音符が入っているので、 「イ(チ)・ニ(イ)・サ(ン)シ(イ)」のタイミングでギターを弾きます。 「ジャ(カ)・ジャ(カ)・ジャ(カ)・ジャ(カ)」の(カ)の部分は下から上に向かって弾くアップピッキングになります。 ダウンピッキングとアップピッキングを使用するので、最初は難しいと感じることもありますが、マスターすればあらゆる曲で役立ちますよ。 これができればバンドの曲もバッチリ「16分音符のストローク」 「8分音符のストローク」の倍の音符が詰まっているのが「16分音符のストローク」です。 ダウンピッキングとアップピッキングを使用して全ての音を鳴らすので、弦を弾く手のスピードが必要になります。 速いテンポの曲を弾くときに役立つので、弾けるようになるといいでしょう。 覚えておくと便利「4分+8分音符のストローク」 あらゆる曲でよく使われているのが「4分+8分音符のストローク」です。 1小節間に4分音符と8分音符が入っていて、 「イチ・ニ(イ)・サン・シ(イ)」のタイムングでギターを鳴らします。 「ジャン・ジャ(カ)・ジャン・ジャ(カ)」の(カ)の部分はアップストロークで弾きます。 バラードからバンド曲まで使えるストロークなので、覚えておくようにしましょう。 ギター初心者でも楽しく弾ける曲を見つけて、腕前をレベルアップさせよう! 本記事ではギター初心者が弾きやすい曲を選ぶポイントや、おすすめの曲を紹介してきました。 ギター初心者でも弾ける曲を見つけられれば、練習が楽しくできてレベルアップに繋がりますよ。 上記で紹介した 「コード進行」や「曲の速さ」などをチェックして曲選びをし、ギターを気持ちよく弾きましょう! 地域別ギター教室• 北海道・東北地方• 北海道• 青森県• 秋田県• 岩手県• 山形県• 宮城県• 福島県• 関東地方• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 中部地方• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 岐阜県• 山梨県• 長野県• 静岡県• 愛知県• 近畿地方• 滋賀県• 三重県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 中国地方• 島根県• 鳥取県• 岡山県• 広島県• 山口県• 四国地方• 徳島県• 香川県• 高知県• 愛媛県• 九州・沖縄地方• 福岡県• 長崎県• 大分県• 熊本県• 鹿児島• 沖縄県•

次の

ギター初心者におすすめの練習曲10選!

ギターコード初心者

HINT! 「5、8、3」の数字の意味は? 上の「5、8、3」という数字はコードを作る音の順番を表しています。 例えば、Aコードは基本的に「A音(ラ)」を最も低い音と考えます。 8番目の「ラ」は、1番目と同じ「ラ」の1オクターブ上の音です。 音楽理論ではこの数字のことを「度数」と呼びます。 少し難しいですか? でも大丈夫! この本では数字の意味はそれほど重要ではありません。 ベーシックなコードは「 5、8、3 」と覚えておけばOK。 それより「 5、8、3 」の場所を指板上で押さえて、体で覚えていきましょう。 (下の画像はクリックで拡大します) BPMとは? 「M7」は「メジャー・セブン」と呼びます。 「何で?」と思われるかもしれませんが、いつの間にかいくつかの書き方が混在してしまったんですね。 いかがでしたか? ここまでに紹介した 「Aコード」「Amコード」「AM7コード」を順番に弾いてみてください。 これに慣れてきたら、「Eコード」のズラしや「Dコード」のズラしもやってみましょう。 これで 9個のコードを覚えたことになります。 こんな風に、どこかの音をずらすだけで、簡単に別のコードになるんです。 これが丸暗記せずにコードを覚える「1つめのルール」。 簡単ですよね。 こんな風に、この本には全部で7つのルールが解説されています。

次の