そら豆 の 塩ゆで。 そら豆のゆで方 塩加減と茹で時間のコツ。お酒は何のために?

【そら豆ゆで方】決定版「蒸しゆで・2分」が一番美味しい!

そら豆 の 塩ゆで

はじめに この前、居酒屋で食べた、塩ゆでそら豆が究極に美味しかったんです! 柔らかくて、苦味がなくて、程よい塩加減で。 実際、子供の頃にも何度か食べたことはあります。 その頃は、まだまだ子供だったため、その独特の風味に翻弄され、 その奥に隠れ持つ神秘の味を感じることができなかったかもしれません。 でも、大人になってからも、ここまで美味しかったイメージはありませんでした。 なんでだろう? その週末、私は大きな使命を持って、 市内の大きな図書館へ向かいました。 そして、分かりました。 そら豆の選び方やゆで方で、味の差が出るんですね。 では、その理由を見ていきましょう。 「味も栄養も3日間」 そら豆は、「味も栄養も3日間」と言われるほど 鮮度が重要です。 これが美味しさを左右します。 鮮度が落ちると、少し苦味がでます。 また、空気に触れるとすぐに固くなってしまいます。 固くなっても、味自体はより濃厚になるので大きな問題ではありませんが、 こうなると塩ゆでよりも、スープなどの方が美味しく食べられます。 という理由から、塩ゆでそら豆にとって、重要なのは鮮度ということが分かりました。 スーパーでの選び方 鮮度の良いものを食べるためには、もちろん選び方です。 スーパーで並んでいるそら豆を見て、鮮度の善し悪しをどう判断すればよいでしょうか? 答えは、 見た目が良いものを選ぶこと です。 具体的には、色とつやと弾力です。 さやの色が濃い緑色で、つやがあって、ふっくらとしているものを選ぶ。 また、さやの表面にもうっすらうぶ毛が見えるものは、かなり新鮮です。 ふっくらとしているというのは、さやの中のある白いうぶ毛に弾力がある ということですね。 弾力があれば、新鮮で元気な証拠です。 また、色ですが、変色などしているものは、鮮度が落ちますね。 食材によっては、愚直な感じのものが良いとか、変色しているものがいいとか いろいろありますが、そら豆は見た目で良いようです。 言わずもがなですが、さやが付いていないそら豆は、茹でて食べるには不向きですね。 美味しくなる調理方法 調理で、気を付けるのは、 「いかに早く、固くせず、味を浸透させるか。 」 これが勝負でしょう。 そのポイントを抑えた動画がありました。 注意したい4つのポイントは、 1. さやから取り出すのは、調理の直前に 2. 茹でる前に切れ目を 3. 塩は味見するとじっかり味が感じられる程度まで入れる 4. お歯黒があったら、スープや揚げ物に 4の補足です。 動画の中では、お歯黒のあるそら豆もバリバリ使っていましたが、 柔らかい食感を追求するなら、これです。 「お歯黒」の説明は動画の中にありましたが、これが緑色の豆は若くみずみずしい味わいです。 これが黒色の豆は熟した状態です。 黒の場合は熟した状態なので、味が濃いです。 よって、揚げ物、スープ、煮物にすると美味しいです。 その際は、お歯黒を取り除いてから茹でると、火の通りも早く味もよく染みるようです。 居酒屋でよく出る理由 理由は、そら豆に含まれる成分が優れているからです。 見れば見るほど、食べたくなるような健康効果の表われる成分が含まれています。 豊富なタンパク質・・・肝臓の負担を和らげる 2. ビタミンB1・・・アルコールを分解する 3. レシチン、ビタミンB、C、E・・・コレステロール値を下げる 4. カリウム、鉄分などミネラル類・・・疲労回復、貧血予防 3ですが、これ故、 「コレステロール値を下げる豆の王様」と呼ばれています。 *注意点 一つだけ注意点を。 ソラマメに含まれる毒性物質によって起こる食中毒である。 Wikipedia抜粋 現象としては、地中海沿岸、北アフリカ、中央アジアなどでよく見られる疾患で、 日本ではあまり報告はありません。 理由としては、 ・発症が多い地域では、そら豆が日常生活で多食されている。 ・遺伝的要素が高い。 があるようです。 日本人が発症することは、少ないようですが、 多食は良くないので、ほどほどに。 おわりに 今じゃ、居酒屋に行けば、最初にそら豆を探すぐらい、大好物です! 幸いなことに、我が千葉は、全国でも上位に入るそら豆生産県ですので、 そら豆に出会える率も高く、嬉しいかぎりです。 しかも、肝機能の保護、疲労回復、貧血防止のオプション付きで、 本当にいい食べ物に30代にして出会えることができました。 これまでは、性格上、新しい食材を食べてみるってことは少なかったんですが、 今では、どんどんチャレンジしてます! そういえば、この前食べた、ジーマミー豆腐美味しかった~.

次の

おいしいそら豆のゆで方/ゆで時間:白ごはん.com

そら豆 の 塩ゆで

そら豆のおいしいゆで方、ゆで時間は? 少しずつ暑くなる季節、 5月6月が旬のそら豆は夏の始まりを知らせてくれます。 そんなそら豆のおいしい時期、そら豆をゆでる時にさやから出して茹でるのか、それともさやごと茹でていいのかといろいろ悩みませんか?結論としては、実はどちらでもちゃんと茹でることができます。 大きなお鍋を使って茹でるなら、さやごと、小さなお鍋を使うなら豆だけ取り出してといったふうに使い分けてもいいですし、それぞれの利点を把握して、やりやすい湯がき方で調理するといいですよ。 栄養価が高いそら豆にはさまざまな効果効能も期待できます。 そして 豆にしわがよりやすくなるという心配もあります。 ですが、さやが無い分小さなお鍋で調理することができて、食べるときも手間がかかりませんね。 このとき、 水にはさらしません。 ザルにあげた後、 うちわでパタパタと仰ぐと早く冷め、豆の色が 綺麗な緑色に仕上がりますよ。 さやごと茹でる方法 皮ごと茹でるには大きなお鍋にたっぷりのお湯が必要になり、豆だけ茹でるよりも 時間がかかるのがちょっとした難点です。 でも、さやごと茹でると 豆にしわがよりにくく、味も豆本来の甘味や香りが逃げずに 美味しさが凝縮されるので、さやごと茹でるのも実はおすすめです。 何より、さやごと茹でる場合の最大の利点は 鮮度を保ったまま調理できるということ。 豆はさやから出すとどんどん 鮮度が失われていきます。 そのためさやから出して茹でる際は、調理の 直前に豆を取り出す必要があるのですが、さやごと調理はその必要がありませんね。 茹で時間は、豆だけで茹でるときと同じですが、 鍋の中に5分置いておくのがポイントです。 あとは、食べる直前にさやから出せばきれいなそら豆のできあがりです。 好みでお塩をつけて食べると、そら豆本来の味が楽しめますよ。 そら豆のおいしい食べ方は、茹でる以外に焼くのもおすすめです。 グリルやフライパン、トースターを使った焼き方や下処理の方法については、こちらもぜひ参考にしてみてください。 ぜひ、試してみて下さいね。 茹でたそら豆は冷凍保存できる? 生のそら豆は非常に鮮度が落ちやすく、新鮮なのは 収穫してから3日以内と言われています。 すぐに調理して食べるのであればいいのですが、食べる予定がなければ 冷凍保存が便利です。 茹でたそら豆も、もちろん 冷凍保存が可能です。 ただ、ゆでてから保存すると、どうしても 水っぽくなってしまうので、できれば 生のまま冷凍するのが望ましいです。 ゆでたそら豆の冷凍の仕方は、先ほどの方法でさやごと茹でますが、ゆで時間は短く 固ゆでにします。 さやごと、あるいはさやから豆を取り出して、包丁で少し切り込みを入れるところまで下処理をしてから、フリーザーバッグに入れて冷凍するのがおすすめです。 使い方は 自然解凍すると、てんぷらや煮物に使えますよ。 保存期間は1ヶ月ほどです。 そら豆の保存方法、冷蔵や冷凍の方法、保存期間についてはこちらをご覧ください。 このにおいは、そら豆特有のにおいで完全に 取ることができないのですが、ゆでるよりも焼いた食べる方が臭いも少しやわらぐので、できれば、皮ごと焼いて食べるといいかもしれません。 どうしても臭いが気になる場合は、比較してみてくださいね。 おいしいそら豆のレシピ そら豆はそのまま食べてももちろんおいしいのですが、味も食感もいいので、いろんなレシピにアレンジするのもおすすめです。 ここでは、簡単な人気のレシピ2品をご紹介します。 後をひく美味しさでお酒も進みます。 こちらは茹でずにそのまま炒めるレシピです。 このとき、にんにくが焦げないように注意しましょう。 玉ねぎとにんにくはスライスします。 シンプルに茹でたそら豆を存分に味わったなら今度はちょっと一工夫したレシピも試してみて下さい。 茹でたそら豆には無かった味わいに出会えるかもしれませんよ。 スポンサーリンク•

次の

そら豆の冷凍の保存方法・仕方は?賞味期限や期間、解凍方法も!

そら豆 の 塩ゆで

そら豆のおいしいゆで方、ゆで時間は? 少しずつ暑くなる季節、 5月6月が旬のそら豆は夏の始まりを知らせてくれます。 そんなそら豆のおいしい時期、そら豆をゆでる時にさやから出して茹でるのか、それともさやごと茹でていいのかといろいろ悩みませんか?結論としては、実はどちらでもちゃんと茹でることができます。 大きなお鍋を使って茹でるなら、さやごと、小さなお鍋を使うなら豆だけ取り出してといったふうに使い分けてもいいですし、それぞれの利点を把握して、やりやすい湯がき方で調理するといいですよ。 栄養価が高いそら豆にはさまざまな効果効能も期待できます。 そして 豆にしわがよりやすくなるという心配もあります。 ですが、さやが無い分小さなお鍋で調理することができて、食べるときも手間がかかりませんね。 このとき、 水にはさらしません。 ザルにあげた後、 うちわでパタパタと仰ぐと早く冷め、豆の色が 綺麗な緑色に仕上がりますよ。 さやごと茹でる方法 皮ごと茹でるには大きなお鍋にたっぷりのお湯が必要になり、豆だけ茹でるよりも 時間がかかるのがちょっとした難点です。 でも、さやごと茹でると 豆にしわがよりにくく、味も豆本来の甘味や香りが逃げずに 美味しさが凝縮されるので、さやごと茹でるのも実はおすすめです。 何より、さやごと茹でる場合の最大の利点は 鮮度を保ったまま調理できるということ。 豆はさやから出すとどんどん 鮮度が失われていきます。 そのためさやから出して茹でる際は、調理の 直前に豆を取り出す必要があるのですが、さやごと調理はその必要がありませんね。 茹で時間は、豆だけで茹でるときと同じですが、 鍋の中に5分置いておくのがポイントです。 あとは、食べる直前にさやから出せばきれいなそら豆のできあがりです。 好みでお塩をつけて食べると、そら豆本来の味が楽しめますよ。 そら豆のおいしい食べ方は、茹でる以外に焼くのもおすすめです。 グリルやフライパン、トースターを使った焼き方や下処理の方法については、こちらもぜひ参考にしてみてください。 ぜひ、試してみて下さいね。 茹でたそら豆は冷凍保存できる? 生のそら豆は非常に鮮度が落ちやすく、新鮮なのは 収穫してから3日以内と言われています。 すぐに調理して食べるのであればいいのですが、食べる予定がなければ 冷凍保存が便利です。 茹でたそら豆も、もちろん 冷凍保存が可能です。 ただ、ゆでてから保存すると、どうしても 水っぽくなってしまうので、できれば 生のまま冷凍するのが望ましいです。 ゆでたそら豆の冷凍の仕方は、先ほどの方法でさやごと茹でますが、ゆで時間は短く 固ゆでにします。 さやごと、あるいはさやから豆を取り出して、包丁で少し切り込みを入れるところまで下処理をしてから、フリーザーバッグに入れて冷凍するのがおすすめです。 使い方は 自然解凍すると、てんぷらや煮物に使えますよ。 保存期間は1ヶ月ほどです。 そら豆の保存方法、冷蔵や冷凍の方法、保存期間についてはこちらをご覧ください。 このにおいは、そら豆特有のにおいで完全に 取ることができないのですが、ゆでるよりも焼いた食べる方が臭いも少しやわらぐので、できれば、皮ごと焼いて食べるといいかもしれません。 どうしても臭いが気になる場合は、比較してみてくださいね。 おいしいそら豆のレシピ そら豆はそのまま食べてももちろんおいしいのですが、味も食感もいいので、いろんなレシピにアレンジするのもおすすめです。 ここでは、簡単な人気のレシピ2品をご紹介します。 後をひく美味しさでお酒も進みます。 こちらは茹でずにそのまま炒めるレシピです。 このとき、にんにくが焦げないように注意しましょう。 玉ねぎとにんにくはスライスします。 シンプルに茹でたそら豆を存分に味わったなら今度はちょっと一工夫したレシピも試してみて下さい。 茹でたそら豆には無かった味わいに出会えるかもしれませんよ。 スポンサーリンク•

次の