また ずれ 原因。 ワンピースの時またずれが痛い!ストッキングや素足のときの2つの対処法

またずれの予防にクリームが効果的!保護力が強いプロテクトJ1をおすすめしたい理由

また ずれ 原因

ぽっちゃりさんがファッションを楽しむうえで避けることができない悩みが「股ずれ」。 脚が太かったり、汗をかきやすいという原因があって、ズボンにダメージを与えやすくなっています。 そこで今回は、股ずれの原因と防止方法を紹介します。 正しい知識を身に着けて、愛用のズボンを長持ちさせましょう。 デブの悩み『股ずれ』 ぽっちゃりメンズのおしゃれを邪魔する「股ずれ」。 股ずれとは、ズボンの内側が擦れて、穴が開いてしまう現象のこと。 また、肌と肌が擦れて炎症を起こしてしまうことも股ずれといいます。 今回はおしゃれぽちゃメンのために、ズボンの股ズレの原因と防止策をご紹介します。 正しく原因をしって、正確に防止していきましょう! 【関連記事】 またずれの原因とは 股ずれには原因がいくつかあります。 残念なことに、その原因は「ぽっちゃりメンズ」に起きやすいのです。 ここでは、そんな「またずれの原因」を解説していきます。 あなたにも心当たりがないか見てみてください。 股ずれの原因:お肉 股ずれの一つ目の原因は、「ついてしまったお肉」です。 お肉がたくさん太ももについてしまうとヤバい。 たくさんお肉がついてしまうと、逆脚の太ももとの距離が近くなります。 よって、ズボン同士が擦れやすい状態になってしまうという悲惨なことに…。 太もものお肉には注意しないと、ズボンを股ずれの大きな原因になってしまいますよ。 塩分はズボンの生地にしみ込んで、pH値を上げてしまいます。 pH値の上昇は、ズボンの生地にダメージを与えてしまうのです…。 そのうえ、ぽっちゃりさんは汗をかきやすい…。 さらに、太ももは誰でも汗をかきやすい…。 汗は本当におしゃれなぽちゃメンの大敵です。 【関連記事】 股ずれの原因:内股 股ずれの原因の三つ目は、「内股になっている」こと。 内股になる原因は、姿勢の悪化や脚の筋肉の低下。 近年では、男性にも内股の人が増えてきていると言われています。 内股になっていれば、股が擦れてしまうことはわかりますよね。 内股になっている人は、歩き方から直していく必要がありそうです。 股ずれを防止する方法 「ぽっちゃりは股ずれを防ぐことができないの?」と思った方もいるのでは? 股ずれグセは対策をしないと絶対に治りません。 でも、しっかりと防止する方法を知っていれば大丈夫! ここでは、股ずれを防止する方法をご紹介します。 正しい知識を身に着けて、ファッションを楽しみましょう。 ジーンズローテする 股ずれといえばジーンズ。 ヘヴィーに履き続ける人も多く、股ずれしやすいズボンですよね。 ジーンズの股ずれ防止には、数本をローテーションして履くのがベター。 お気に入りのジーンズを何本か手元に置いていると〇。 ジーンズだからといって安心していると、すぐにまたずれしてしまいます。 おすすめは3,4本のジーンズを履き替えていくこと。 もちろん、他のズボンもローテーションで履きこなしましょう。 きちんと洗濯する 洗濯すると、しみ込んだ汗を洗い流すことができます。 洗剤を使わないで、水洗いだけでも効果的! 洗濯機で脱水をして、あとは干しておきましょう。 陰干しでもいいですが、雑菌のことを考えてたまには天日干しも〇。 ズボンはあまり洗わなくていいと思いがちです。 しかし、こまめに洗濯することで、長持ちさせることができるのです。 股ズレ防止スパッツを履く 「男性がスパッツを履くのはちょっと…」なんて思っていませんか? でも、股ズレ防止のスパッツや、運動用のスパッツはとても効果的。 汗をスパッツが吸収してくれるので、ズボンへのダメージを軽減してくれます。 また、着圧が強いものを選べば、太ももの肉を抑えることも! ユニクロなどで安く買うことができますので、いますぐ手に入れましょう。 早めにリペアする リペアには、絶対に早めに出しましょう。 ズボンの傷が大きくなってしまうと、修繕も難しくなります。 傷が小さいうちなら、それ以上にひどくなることも防げますからね! 「まだ大きな傷ではないから」と放置していてはダメ。 その油断が、自分の愛用のズボンを傷つけるのです。 少し危ないなと思ったら、早めにプロに見てもらいましょう。 【関連記事】 愛用ズボンを長持ちさせよう 誰にだって、愛用のズボンの1本や2本はあるでしょう。 股ずれの防止をするのはめんどくさいかもしれません。 ですが、それを「股ずれ」によって傷つけてしまいたくないですよね? 股ずれの防止には、こまめなボトムスケアが欠かせない。 大切に扱って、最高のボトムスライフを送りましょう! 【関連記事】.

次の

股ずれ防止方法、原因と対処方法もご紹介!パンツも肌も摩擦を回避するのがコツ!

また ずれ 原因

目次 またずれの原因は「摩擦」。 とにかく皮膚と皮膚とを触れあわさないことが大切 股ずれの原因といわれているのが「摩擦」です。 両足のもも同士が触れあうことで摩擦が起き、それがまたずれの原因となってしまうのです。 またずれを回避するには、とにかくこの摩擦を減らすことが大切です。 ワンピースのまたずれ対処法1:ショーツをはく 1つ目の対処法は、ストッキングや素足の上からショーツをはく方法です。 ストッキングをはいていても、薄いので素足のときと変わらずまたずれが起きる可能性が高いです。 ですので、内もも同士がふれあわないようにショーツをはきます。 ワンピースのまたずれ対処法2:クリームで保護する 2つ目の股ずれ対処法は「できれば何もはきたくない!」という人におすすめの「 プロテクトJ1」というクリームで保護する方法です。 プロテクトJ1は、またずれを起こしてしまう競技のアスリートの方にもおすすめのクリームで、皮膚にバリアをして強力に保護し、皮膚同士の摩擦を抑えてくれます。 もともとマラソンや登山用に開発されたもので、手や指にも使えるし、胸などのデリケートな部分にも使える成分でできています。 またずれ以外にも活躍してくれて、悩ましい手荒れもしっかりと皮膚をバリアしてくれるので、さまざまな用途で重宝するクリームです。

次の

股ずれ防止クリームって効果あるの?不信の股ずれスタッフが調べた件

また ずれ 原因

なぜ股ずれで臭いが発生する? 股ずれでくさい臭いが出るのは、そこが汗で蒸れやすい場所だからです。 汗をかいて湿った肌には雑菌が繁殖しますが、雑菌が汗を分解する時、あの独特の臭いが発生します。 放置すればするほど雑菌の数が増え、汗も分解されていくので、臭いはどんどん強くなるばかり。 股ずれしやすい人は、デオドラント対策にも気を使うようにしましょう。 股ずれによる臭いを防止するための方法 <ズボンや下着に消臭スプレーをかけておく> 汗をかきやすい人はできればこまめに着替えたり、シャワーを浴びたりできると良いのですが、外出先では難しいですよね。 そこで役立つのが、衣類用の消臭スプレー。 身に着ける前にシュッとかけておくだけなので、忙しい朝も手軽に使えます。 また、繊維そのものに消臭機能のある物質を練り込んだ衣類を着るのもおすすめ。 嫌な臭いを吸着・分解してくれるので、こまめに着替えなくても股ずれによる臭いを長時間防止できます。 <肌に制汗剤を塗っておく> 汗をかく前の肌に制汗剤を塗っておくと、雑菌の繁殖を防いで臭いを抑えてくれます。 「汗の臭いを消す道具」というイメージが強いせいか、汗をかいてから制汗剤を使う人も多いのですが、雑菌が繁殖してしまってから使っても、実はあまり意味がありません。 汗をかいてしまった時は、デオドラントシートなどで雑菌ごと拭き取ってから塗るようにしましょう。 <デリケートゾーンにみょうばんスプレーを吹きかけておく> 股ずれによる臭いの発生源は、太もも部分だけではありません。 デリケートゾーンが蒸れたり、擦れたりすることによっても臭いが出やすくなるので、ここも忘れずにケアしておきましょう。 基本は、お風呂で毎日キレイに洗うこと。 低刺激の石鹸を使い、上からなでるように優しく洗ってあげてください。 女性の中にはデリケートゾーンの内部まで丁寧に洗う人がいますが、これを続けると体に必要な常在菌がいなくなり、かえって悪臭が出やすくなるので要注意! ひだの部分に汚れが残らないよう気を付けながら、外側だけをしっかり洗いましょう。 次に、汗で雑菌を繁殖させないための対策……となるわけですが、デリケートゾーンに制汗剤を使うのはちょっと刺激が強すぎます。 そこでおすすめなのが、手作りのみょうばんスプレー。 肌に余分な刺激を与えることなく、皮膚の表面を雑菌が苦手とする酸性に変えてくれます。 材料は焼きみょうばんと水だけなので、コストが安いのも嬉しいですね。 みょうばんが溶けるまでにはある程度の時間がかかるので、そのまま冷蔵庫に入れて一晩置きます。 みょうばんが溶けて水が透明になっていれば、原液の出来上がりです。 使う時は、原液を約10倍に薄めてからスプレーしてください。 生理期間中の股ずれと臭い対策 生理期間中は、ナプキンや経血で陰部が蒸れ、いつもよりさらに雑菌が繁殖しやすくなります。 締め付けると余計に臭いやすくなるので、ボトムスはズボンよりスカートのほうがおすすめ。 ナプキンが摩擦で擦れるのを防ぐため、できれば自転車に乗るのも控えたほうが良いでしょう。 通勤などでどうしても自転車に乗る必要がある人は、シリコンでできた鈴型のカップを膣内に挿入して経血を受け止める「月経カップ」を使うと、臭いが外に漏れにくいですよ。 臭いが染み付いてしまった衣類の洗濯方法 股ずれをしやすい人の衣類には、蓄積された臭いが染み付いてとれなくなることがあります。 普通に洗濯しても落ちない場合は、次の方法を試してみてください。 <漂白剤でつけ置きをする> たらいに50度ぐらいのお湯を張り、洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を適量入れて溶かします。 その中へ臭いのとれない衣類を浸け込み、軽く揉み洗いしたら20分ぐらい放置しましょう。 全体をざっとすすぎ、洗濯機に入れていつものように洗濯したら完了です。 <煮洗いをする> 大きめの鍋にお湯を沸かし、適量の洗濯用洗剤を入れて溶かします。 その中へ衣類を入れ、時々全体をかき混ぜながら約10~20分煮沸消毒しましょう。 その後、たらいの水にとってざっとすすぎ、洗濯機で通常通りに洗ってください。 その中へ衣類を浸け込み、約30分放置してから軽くすすいで洗濯機で洗いましょう。 普段の洗濯に重曹を加える方法もありますが、粒子が溶け残ると洗濯機のホースが詰まる可能性があるので、水ではなくお湯を使ってください。 万が一詰まった場合は、上からお湯を流し入れると詰まりが解消されますよ。 股ずれの臭いを防止するポイントは雑菌の繁殖を抑えること! 股ずれによる臭いの原因や対策について、いかがでしたか? あの独特の臭いは雑菌が汗を分解することによって発生するので、デオドラントに気を配ることが大切です。 消臭下着やみょうばん水などの便利アイテムも上手に使いながら、清潔な皮膚を保ちましょう。 衣類の臭いが気になったら、漂白剤や重曹を使った洗濯方法も試してみてくださいね。

次の