紫陽花 の 植え 替え 時期。 アジサイ(紫陽花)を元気に育てるには、適した土作りと植え替え(定植)が必要です

【アジサイ(紫陽花)の挿し木や剪定】時期や方法、増やし方のコツは?

紫陽花 の 植え 替え 時期

「スポンサーリンク」 紫陽花の鉢植えでの育て方 紫陽花は明るい日陰で育てるのが一番です。 適度に湿度が必要で、乾燥と強い日照りを嫌います。 北側の玄関などで鑑賞したい時は、花を観賞するシーズンだけその場に置いて、そのほかのシーズンは明るい場所へ出してあげましょう。 ベランダなどで育てる際は、西日が当たらないようにします。 また、ベランダの熱が直に鉢へ伝わるため、すぐに土がカラカラに乾いてしまうことがあるので、鉢の下へレンガブロックなどをおいて通気を確保し、ベランダの熱が直に鉢へ伝わるのを緩和させます。 それでも土が乾きやすい場合は、土の表面に藁などを敷いてあげましょう。 アジサイの花と剪定 花が咲き終わったらすぐ、剪定をします。 失敗が少ないのは花後と秋の2段階の剪定。 花後、花から1〜2段下の葉まで切り詰めます。 そのまま秋になったら、先ほど切ったところから両脇に芽が出ていると思うので、そのまた一段下(花から3段目)の葉を残して思い切ってはさみで落としてあげます。 切り戻しと言って、この3段目の葉の付け根から来年の芽が出てくるように誘導します。 こうして9月頃に出る芽は花芽といって、翌年の花になるものですので、大切に育てましょう。 毎年これを繰り返すと花が小さくなってくるので、3年に一度、強剪定をします。 元株から生えた緑の枝だけを残し、木質化した枝は全て切ってしまいます。 翌年の花はつきませんが、その次の年からまた大きな花をつけてくれます。 「スポンサーリンク」 アジサイの鉢植えで冬越し アジサイは寒さに強く、ある程度寒さに当たらないと春の成長に影響する場合があります。 そのため心配せずに、外へ出しておきましょう。 ただし、乾いた寒い風がよく当たると芽が傷んでしまうので、あまり厳しい環境には置かないこと。 落葉したら、休眠期に入るので雨水以外の水やりは不要です。 野ざらしにして放置しておきましょう。 春になり芽が出てきたら、水やりを再開します。 場所がなければ玄関など暖かくない場所でも大丈夫です。 アジサイの鉢を植え替えよう さて、紫陽花は成長の早い植物で、根詰まりを起こしてしまうため、1年に1度、ひとまわり大きな鉢へ植え替えが必要です。 植え替えの時期は花が終わり、剪定をした後の7月下旬か、休眠期間に入り落葉した冬が良いです。 寒冷地では寒すぎるシーズンを避けて3月頃が良いでしょう。 鉢をひっくり返してスポッと抜き、そのまま 根と土を崩さないように注意して新しい鉢へ入れます。 新しい鉢は、あらかじめ鉢底石を敷いておきます。 周りに土を入れたら根を傷つけないように割り箸などつつきで土がきちんと奥へ隙間なく入るようにします。 こうすることで水やりをした時の根崩れで枯れてしまうのを防ぎましょう。 アジサイの鉢の選び方 植え替え時はあまり大きな鉢に植え替えると、根腐れ・根崩れの原因にもなるので、気をつけます。 1号大きいものに変えるくらいがベスト。 毎年少しずつ大きくしていきます。 鉢の種類は素焼きでもプラスチックでも大丈夫ですが、素焼きは水分の蒸発が早く、蒸れにくい特徴がある一方、プラスチックは多少蒸れやすいです。 その代わり、プラスチックは軽くて毎年の植え替え時に扱いやすいこともありますので、私はプラスチック製の鉢をお勧めします。 受け皿の水はこまめに捨てて、根腐れしないようにします。 紫陽花の鉢植えでの育て方、まとめ アジサイの鉢植えのいいところは、環境に合わせて移動ができること、お庭がなくても大きな木と花を楽しめること、育てやすいことです。 ポイントさえ抑えればシンプルな育て方で、お花も種類が多く見栄えが良いので、たくさんの方に愛されると思います。 ぜひ長く愛でて、美しい梅雨時の花を楽しんでくださいね。

次の

紫陽花の鉢植えでの育て方。鉢の植え替えと鉢の選び方

紫陽花 の 植え 替え 時期

ヤマアジサイとは• 基本情報• 特徴 ヤマアジサイは、主に太平洋側の福島県から四国・九州に分布しています。 半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育しています。 このことから別名のサワアジサイの名前がつきました。 周辺の自然によくなじんでいる樹木です。 中央から花の外側に向かって咲き、縁に沿って装飾花をつけてガクアジサイ Hydrangea macrophylla f. nomalis と同じようにガク咲きとなります。 装飾花 中性花 の萼片は、白色または白青色で少し反り返りますが、紅色を帯びることもあります。 ガクアジサイよりも花序が小型なので、コガクと呼ばれることもあります。 に比べて葉は、薄くて細長く小型です。 野趣に富んだ樹形で、花色や花形は地域による変異が多く、愛好家の間で人気の高い花木です。 近似した種が中国にある。 草丈/樹高 1~2m 開花期 6月~7月 花色 白,青,ピンク,赤 栽培難易度 1~5 耐寒性 やや弱い 耐暑性 普通 特性・用途 落葉性,日陰でも育つ,初心者でも育てやすい.

次の

アジサイ(紫陽花)の育て方。コツとお手入れ、植え替えなどを一挙公開します

紫陽花 の 植え 替え 時期

アルと酸性について 酸性の土だと青。 アルカリだと赤になります。 といっても、 やなら露骨に影響が出ますが、ボール上に咲く「西洋アジサイ」では、さほど変化がありません。 酸性の土が花色の及ぼす影響 例えば、ピンクの西洋アジサイを庭植えしたとします。 「雨」というものがそもそも「弱酸性」なので徐々に土が酸性になります。 でもピンクの花が青になるかというと、そういうわけではなくピンクのままです。 ただし若干青みがかって、くすんで見えます。 なので鮮やかなピンクを維持するためには、石灰を混ぜるなどして酸性化を防がなくちゃいけません。 ひっくり返すと、 酸性・アルカリ性というのは、その程度の影響しかないということです。 花が咲かないならチェック! 「うちのアジサイ、枯れてないのに咲かないんですけど~」といわれるお客さんが居ます。 原因は枯れた花を切る時期にあります。 アジサイの花は枯れてしまっても、それなりの形をしてキレイなものですから、切り落とすのは忍びないもの。 だもんだから、そのままにしておき、いよいよ花が完全にしおれてしまった秋口にバッサリと切り落とします。 すると、そのとき、翌年の花芽も一緒に切り落としてしまうことになり、翌年に花が咲かないわけです。 そういう場合は一年おきに咲くことになります。 8月以降に翌年の花芽が出来ます。 パッと見には花芽は分かりません。 花を毎年咲かせるために出来れば7月中。 遅くても8月上旬までに花を切り落とすようにしましょう。 寒さに当たると落葉し、冬は枝だけになります。 店頭には「アジサイ・七変化」という名前で販売してあることがありますが、七変化は別名で七変化という品種があるわけではありません(は品種名です)。 時間と共に色合いが変化する様子から七変化と呼ばれるようになったようです。

次の