下村 早苗。 report.interreg4c.eu(朝日新聞社):「母だから強くないと」 離婚で生活暗転 大阪2児遺棄

梯沙希と下村早苗。どちらも1〜3歳の我が子をネグレクトの結果死なせてし...

下村 早苗

大阪市内のマンションで我が子を虐待死させた下村早苗被告(24)は最終意見陳述で、涙を流した。 「もう一度2人を抱きしめたい。 こんなひどい母親ですが、私はこれからも2人の母親でいます。 一生2人を背負って、罪を償って生きていきます」 弁護側は、当時の下村被告が離婚間もなく、特殊な心理状態にあって殺意はなく「保護責任者遺棄致死罪に留まる」と主張した。 だが、3月16日に下された判決は懲役30年。 下村被告の殺意が全面的に認められた形だ。 ネグレクト(育児放棄)として前歴なき量刑を負うことになった下村被告の背後に横たわる「社会の闇」を杉山春氏(ノンフィクションライター)がルポルタージュする。 * * * 名古屋でキャバクラ嬢として勤めながらの子育ては大変だったという。 子どもたちは次々に熱を出し、医者には「お母さんと離れたくないイヤイヤ病ではないか」と言われた。 仕事を休めば収入が下がる。 2009年10月に早苗さんは新型インフルエンザに罹患する。 幼い子どもが命を落とすというニュースが流れていた。 元夫と実父にそれぞれ子どもを預かって欲しいと助けを求めたが、どちらからも仕事があると断わられた。 同じ頃、第二子の楓ちゃんの1歳の誕生日を祝いたいと元夫を動物園に誘ったが、これも断わられる。 しかも、当日は誰からもお祝いのメールや電話がなかった。 「私や桜子(長女)や楓のことは、なかったことにしたいのかなと思いました」 それまで子育てを頑張って来た早苗さんが新しく恋人を作るのは、それから約1週間後だ。 月末には職場を変わった。 借金が返せなくなり、子どもを見てくれた友人とも疎遠になる。 早苗さんの中で何かが壊れた。 2010年1月18日、早苗さんは2歳8か月になった桜子ちゃんの手を引き、1歳3か月の楓ちゃんをベビーカーに乗せて、大きな荷物を持って、大阪ミナミの老舗風俗店に面接に行った。 桜子ちゃんは笑顔で早苗さんに甘え、楓ちゃんはぷくぷく太っていた。 対応した同店主任のMは「子どもたちのために学資保険に入りたい」と応募動機を語る早苗さんを「まじめな人だと尊敬した」と事件後供述している。 Mは店から徒歩10分ほどのところにある単身者向けマンションを寮として提供し、子どもたちのために託児所を探した。 Mはこの日、早苗さんとセックスをした。 待遇を決め、生活全般を管理する彼を早苗さんは拒否できない。 それに中学時代に性暴力を体験しており、男性の性的な働きかけを断わりにくい。 レイプされる恐怖より、無抵抗を選んでしまう。 そのまま、新人女性として仕事に入った。 同店は、全身を重ねあわせて客を愛撫するマットプレーを売り物にしていた。 風俗のなかでもハードな職場だ。 深夜12時に仕事が終わり、託児所まで迎えにいった。 桜子ちゃんが泣きながら駆け寄ってくる。 泣いている子を放置している職員の働き方が腑に落ちない。 二度と子どもたちを預けなかった。 仕事中、レイプされたこともあったようだ。 若い女性が次々参入し、風俗嬢同士の競争は厳しい。 仕事そのものが激しいストレスだ。 3月に入って、客としてきたホストと恋仲になった。 マンションに戻らない時間が長くなる。 「家に帰ると、桜子と楓がいるのが嫌だった。 桜子と楓が嫌いなのではなくて、(二人の周囲に)誰もいない。 その時の状況全てが嫌だった」 早苗さんは桜子ちゃんに自分を重ねていた。 桜子ちゃんは、幼い時、母に置いていかれた自分自身だ。 自分の姿を直視できない。 弁護士が聞く。 「6月9日に2食分を残して部屋を出ましたね」 「戻らないつもりは全然ありませんでした」 「一般的には、食事と水がないと死んでしまうことはわかりますね」 泣きながらうなずく。 「それが50日間続きますが、頭に浮かびませんでしたか」 「考えないようにしていました」 「今思うと、どんな感じですか」 「考えが浮かばないわけではないので、上から塗りつぶすような感じでした」 「子どもたちがいなくなって欲しいという考えは?」 「ありません」 早苗さんの罪とは何か。 それは自分に向けられたあらゆる攻撃や暴力、拒否に反撃せず、逃げ続けたことだ。 感覚を塗りつぶし、全てを受け入れた。 今、SOSのサインを出せない母親は、早苗さんだけではない。

次の

下村(中村)早苗の生い立ちや現在は?大阪二児餓死事件の全貌を解説

下村 早苗

下村早苗の元夫とは?? 下村早苗には元夫の羽根直樹との間に二人の子供がいました。 で、2010年に育児放棄の疑いで二人の子供は衰弱して亡くなっているところを発見されて事件となっていました。 本当に悲惨な事件だったと思います。 今でも覚えていますが、その時の育児放棄をネグレクトと呼んでひどく話題になっていまいた。 では、そんな悲惨な育児放棄をした下村早苗ですが、 元夫の羽根直樹とはどのような人物なのでしょうか? 下村早苗と元夫の羽根直樹が出会ったのは 2006年のことでした。 なんでも当時、羽根直樹は大学生ということでしたが 出会って7ヵ月ほどで結婚をしています。 そして半年後に長女である桜子ちゃんが生れたということは できちゃった婚ということになりますね。 で、その次の年には楓くんが生れています。 元夫の羽根直樹はその当時、 「株式会社デンソー」の契約社員として働いていますが その後、正社員にまでなっています。 きっと仕事は真面目にやっていたんだと思います。 しかし、家庭の環境は悪かったようで、 楓くんが7ヵ月の時に離婚してしまいます。 離婚した原因は下村早苗の不倫だったり 羽根直樹も不倫していたりと。 そのような噂がありますね。 それにしてもどうしてそんな時期に。 もっと、夫婦の関係が継続できなかったものかと思ってしまいますね。 だって、7か月でめちゃくちゃ大変な時ですからね。 そんなときに離婚してしまい、 二人の子供は下村早苗が育てることになると。 事件があった当時は実家で両親と暮らしていたという元夫の羽根直樹。 事件のことは一切、マスコミに話すこともなく 返事もしなかったといいます。 まあ、羽根直樹が悪いワケではないですが、 育児放棄のきっかけがここにあるといっても過言ではありません。 やはり、夫婦といのは責任をもって二人で子供を育てていかないといけませんね。 そのように感じてしまいます。 事件があった下村早苗のマンションは現在どうなっている?? 事件があった下村早苗が住んでいたマンションというのは 大阪市の西区にあったといいます。 事件が起こってから、部屋からはかなりの異臭もしていたといいます。 また、かなり注目された事件になりますので 同じマンションに住む住民もかなりマスコミに追っかけまわされる日々を送ったのでしょうね。 事件後、すべての部屋から住人が引っ越してしまいました。 現在のマンションの詳しい情報がいまはわかっていませんが、 そんな状況があってそのまま今もマンションがあるとはちょっと考えにくいですね。 私の勝手な予想になりますが、 きっと今では当時のマンションは取り壊されているんだと思います。 下村早苗の事件とは?? ここで、下村早苗の子供が衰弱して亡くなったという事件について紹介していこうと思います。 先ほど軽く触れましたが、 下村早苗が元夫の羽根直樹と結婚したのが 2006年になります。 で、子供の桜子ちゃんが2007年に生まれて、 2008年には楓くんが生れています。 さすがに生まれた当初は一生懸命に育児もしていたようです。 幸せな様子が下村早苗のブログでも書かれていました。 しかし、羽根直樹と離婚することになったのが2008年。 それからは下村早苗が母子家庭として育てることになります。 最初は一生懸命に飲食店で働いていましたが、 それから風俗店で働くことになります。 勤務態度というか、仕事を無断で休むことも多くて まじめには働いていなかったようです。 その頃からだったのでしょうか?下村早苗はホストにはまり 複数のホストの男と交際していたこともわかっています。 ホストに通うようになったら、育児も面倒に感じてきたと。 きっとどうして私だけ??といった感情もあったのかもしれません。 子供がひどい泣き方をするような虐待をしていたようで 同じマンションに住む住人があまりにひどい状況なので 虐待相談所に電話をしています。 で、そこの職員が何度か電話や訪問をしていますが、 一切出ることもなかったそうな。 そんなことであと一歩踏み出すことができなかった職員。 結局下村早苗と会うことすらなかったそうな。 この当時の職員の対応もかなり問題視されていましたね。 まあ、それは仕方のないことです。 職員がもっと強引に捜査をしていればこんな悲惨な事件が起こらなかったかもしれないのですから。 そんなこともあり、育児が面倒になった下村早苗は 2010年の6月から7月末まで家を監禁状態にして 食べ物や水もない部屋に子供を残して家を出ることになります。 実はその前からもホストにハマっていた下村早苗は 2日くらい家をあけることがあったそうな。 そのころからもう、ひどい状態になっていたんですね。 事件が発覚したのは下村早苗が働く店の店員に 下村早苗が育児を放棄して部屋に子供を監禁していることを話したことからでした 店員の2人が下村早苗のマンションに行き、 亡くなっている二人の子供を発見。 警察も確認して逮捕となっています 当時の部屋は異臭がかなりして 子供は腐敗し、白骨化していたといいます。 ひどい状態ですよね。 それから下村早苗は裁判で懲役30年の懲役が決定しています。 下村早苗の家庭環境がヒドい 今回の下村早苗の育児放棄は 子供の頃の下村早苗の家庭環境も大きく影響しています。 というのも下村早苗の父親は高校の教師であったそうです。 ラグビー部を花園にまで出場させるようなかなりの熱血教師であったそうです。 教育にはかなり熱血でしたが 自分の家庭は妻に任せッきりだったようです。 実は下村早苗の父は三度の結婚をしていおり、 下村早苗は一人目に妻の子供になります。 どの妻も自分に教え子であったようで なんと三人目の妻は下村早苗よりも年下であったようですね。 妻に対するDVもあったそうで、 下村早苗の母は娘を育児放棄するようになったそうです。 そんな家庭環境なので下村早苗は中学の頃から不良の道を進むようになったり 学校でヒドイいじめがあったりと。 このころから家出をするようになり、 お金もないので援交をしてお金を稼いでいたようです。 そんな家庭環境もかなり影響しているのでしょう。 ちなみに最後まで家庭に関心のなかった父親は 事件で捕まっている下村早苗の身元引受人も拒否していたといいます。 なんともヒドイ話です。 現在、この父親はどのような生活を送っているのでしょうか? その辺りも気になるところであります。 今回の事件はいろんなことが複雑に絡まって起こった 残酷な事件なんだと思います。 今回、金曜サプライズで改めてこのような事件を思い出すことで 同じような事件を再び起こさないという意味もあるものだと思います。

次の

report.interreg4c.eu(朝日新聞社):「母だから強くないと」 離婚で生活暗転 大阪2児遺棄

下村 早苗

3月30日 マンション住民から大阪市子ども相談センター虐待ホットラインに通報 3月31日 大阪市子ども相談センター職員が訪問、接触できず 4月1日 大阪市子ども相談センター職員が訪問、接触できず 4月2日 大阪市子ども相談センター職員が訪問、接触できず 4月5日 マンション管理会社に連絡するも住民の世帯構成など確認できず 5月8日 再び住民から大阪市子ども相談センターに通報 5月9日 大阪市子ども相談センター職員が再度訪問するも不在。 子供の泣き声聞こえず 5月18日 再び住民から大阪市子ども相談センターに通報。 午後に大阪市子ども相談センター職員が訪問するも不在。 物音など一切聞こえず 6月中旬 下村早苗、2人の子供を部屋に残し、家出 6月下旬 餓死したと見られる。 下村早苗、一度帰宅。 死んでいるのを見て家出 7月29日 下村早苗、再度帰宅。 腐敗しているのを見て再び家出 7月30日 下村早苗が勤務していた風俗店の同僚男性が部屋で2遺体を発見。 同日午後、下村早苗を逮捕 下村は1987年、高校教師の父と主婦の母親との間に三姉妹の長女として生まれた。 父親は不良のたまり場と呼ばれた高校で名門ラグビー部を育て上げた有名監督だった。 母親は父親の教え子の一人で、高校卒業後に結婚・出産するが、夜遊びや不倫を繰り返した。 両親の離婚後、下村ら三姉妹は父親に引き取られるが、父親やその再婚相手からはあまり手をかけられなかったらしい。 小学校では優等生だった彼女は、中学入学以降、非行グループとつるむようになる。 中学卒業後は父親の手引きで関東のとある私立高校に入学する。 そこでは父親の知り合いの教師の実家に下宿した。 当初は反発した彼女だったが、卒業の頃には落ち着き、家事や礼儀作法を身につけたという。 高校卒業後、下村は地元に戻り、割烹店に就職した。 そこで当時大学生だった男性と出会い、妊娠・結婚する。 結婚後、夫婦は夫の実家に同居し、二人の子供が生まれた。 当初、下村は夫の両親とも良好な関係を築いており、子供達は両親と祖父母に囲まれて大切に育てられた。 この時期、彼女はブログを開設し、子供への愛情や幸せな生活について書いている。 しかし、2008年に二人目の子供が生まれた直後、下村は人間関係に問題を抱えるようになった。 古い友達と連絡を取るようになり、子供を家に置いて朝帰りを繰り返した。 彼女の不倫はすぐに夫やその家族の知るところになり、夫婦は結局離婚することとなった。 子供達は下村が引き取った。 子連れの下村は実母を頼った。 しかし、その実母も精神的に不安定で、子育ての協力を期待出来る相手ではなかった。 下村は実母の元を離れ、寮付きの風俗店を転々とする生活が始まった。 元夫からの養育費などはなく、両親の援助も得られない。 当然のように、子供達は育児放棄状態になった。 彼女自身が行政に相談したこともあったし、近隣からの児童相談所への通報もあった。 しかし、結局親子を救う者はなかった。 捜査1課によると、亡くなったのは下村容疑者の長女の羽木(はぎ)桜子ちゃん(3)と、長男の羽木楓(かえで)ちゃん(1)。 下村容疑者は2人の遺体を部屋に放置した疑いが持たれている。 府警の調べに対し、下村容疑者は6月下旬ごろ、2人を残したままマンションを出たと供述し、「ご飯も水も与えなければ生きていくことはできないとわかっていた。 私自身が育児放棄したことによって殺してしまった」と話している。 遺体は腐敗や白骨化しており、一部ミイラ化していた。 司法解剖の結果、死因は不詳で、死後1~2カ月たっていた。 胃や腸に食料は残っておらず、府警は少なくとも数日間は何も食べておらず、餓死の可能性もあるとみている。 骨折や皮下出血など外傷はなかった。 遺体発見時、2人は部屋の中央付近に裸で仰向けに倒れ、布団などは敷かれていなかった。 府警に対する供述によると、下村容疑者は風俗店に勤め始めた今年1月ごろ、店が借りているこの部屋に住み始めた。 そのころから2人に食事を与えたり、風呂に入れたりするのが嫌になり、「子どもなんていなければいいのに」と思うようになった。 6月下旬ごろ、2人を残してマンションを出た後、友人宅を転々とした。 今月29日午後6時ごろいったん部屋に戻り、2人が亡くなっているのを見つけたが、そのまま部屋を出た。 下村は店関係者に「子供をほったらかしにしているので、死んでいるかもしれない」と話していた。 「育児を放棄して殺してしまった」と容疑を認めているという。 「ご飯をあげたり、風呂に入れたりすることが嫌になった。 子どもなんかいなければいいと思うようになった」「ご飯も水もあげなければ、小さな子どもは生きていけないことは分かっていた」と供述しているという。 子供2人は昨年5月に離婚した元夫との子。 下村容疑者が1人で育てていた。 30日未明に発見された遺体は腐敗が進み、司法解剖で死因は特定できなかったが、死後1~2カ月で栄養不足が疑われ、死亡前数日は食事を取っていなかったとみられるという。 遺体発見時、室内はごみが散乱し、冷蔵庫に食べ物は入っていなかった。 マンションの住民によると、この部屋やベランダからは、ごみが腐ったような異臭がし、1~2カ月前まで、中から赤ちゃんの叫び声のような泣き声がしていた。 同市のこども相談センターには、虐待を疑う通報が3月以降3度寄せられ、職員が5月18日までに5度訪問したが応答がなく、室内に入れなかったという。 下村早苗容疑者(23)が大阪府警の調べに、「ホストクラブで遊ぶのが楽しくて育児が面倒になった。 もっと遊びたくて家を出た」と供述していることがわかった。 府警は、ホストクラブ通いにはまったことが、ネグレクト(育児放棄)の直接動機になったとみて裏付けを進める。 下村容疑者は今年1月、大阪・ミナミの風俗店で働き始めた前後から周辺のホストクラブに通い始めた。 4月頃には、複数の店をはしごするなどし、長女 3)と長男(1)を部屋に残したまま、2~3日間、外泊することもあったという。 複数のホストと交際していたといい、6月下旬に2人を置き去りにして家を出て行った後は、友人宅などを転々とし、妹宅を訪ねたり、地元の三重県に戻ったりもしていた。 2人のことは「実家に預けた」と答えていたという。 一方、府警は31日、この部屋を現場検証するとともに捜索した。 室内の居住部分と玄関までの廊下を仕切るドアの縁に、粘着テープが張られた跡があり、府警は、下村容疑者が外出している間、ドアを固定して子供たちを室内に閉じ込めようとしていたとみている。 ベランダや室内には、スナック菓子やハンバーガーの袋、おむつが散乱していた。 子どもにファストフードやお菓子ばかり与えていたとみられる。 近くのピザチェーン店の男性店員によると、今年2月、下村容疑者宅にピザ1枚と5個入りのチキンナゲット二つ、オレンジジュース1本を2回、宅配したという。 しかし、間もなく、下村容疑者はお菓子すら与えなくなった。 「子どもなんかいなければいい」。 育児を面倒だと思う気持ちが強くなったのか。 最後は食料も水もない部屋に、2人を置き去りにした。 警察が遺体を発見する数時間前の今月29日夕、下村容疑者は約1カ月ぶりに部屋に戻った。 その時の様子を、府警に「子どもの体は茶色に変色して腐っていた」と淡々と話しているという。 母親は逮捕後、約5か月間の鑑定留置期間に精神鑑定を受け、刑事責任能力には問題無いとの結果が出たため、大阪地検に殺人罪で起訴された。 なお、死体遺棄容疑は不起訴処分となった。 検察側は、母親が最後に家を出た際「冷蔵庫に食事がなかった」「子ども2人の衰弱を目の当たりにしていた」などの点を挙げ、母親に殺意があったとして、無期懲役を求刑した。 弁護側は「被告も育児放棄を受けた影響があった」とし子供に対する殺意はなく保護責任者遺棄致死罪にとどまるとした。 母親は「子供のことを今でも愛している」と話した。 2012年3月16日、大阪地裁は母親は子供に対する「未必の殺意」があったと認定し、懲役30年の実刑判決を言い渡した。 2012年12月5日、大阪高裁も「生命が危険な状況で、放置すれば死亡すると認識できた」として一審判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。 裁判は最高裁まで争われ、2013年3月に懲役30年が確定した。 その後、事件のあったマンションでは毎月一度、住人交流会が行われている。

次の