時候 の 挨拶 7 月。 7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

時候の挨拶 7月(文月:ふみづき)

時候 の 挨拶 7 月

時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文 7月上旬の時期にぴったりな時候の挨拶は? さて、7月上旬は 「7月1日~7月10日」なわけですが この時期は二十四節気の観点から見てみますと どこに重なっているんでしょうか。 「夏至(げし)(6月21日~7月6日頃)」 「小暑(しょうしょ)(7月7日~7月21日」 と、この2つに 重なっている形になっていますね。 そして次に 「小暑」について ちょうど七夕の時期から始まる節気で このあたりを境に徐々に 夏本番の暑さへと向かっていくという 時期でもあります。 梅雨明けも間近で局地的に 大雨が降りやすいのも このあたりでしょうか。 梅雨明け前は雨によって 気温が抑えられているものの 梅雨が明けたら一気に気温が 上がっていくので 体調を崩しやすくなるのもこの時期。 なので手紙を書く際は そのあたり気遣いの言葉を 入れるといいでしょう。 では、7月上旬にピッタリな 時候の挨拶の書き出しは どんなものがあるでしょうか。 「夏至の候」 6月下旬から7月上旬にかけて 重なっているので 「夏至の候」はまだ十分 使えるかと思います。 「小暑の候」 こちらも時期的に7月上旬の時期に 重なっていますので 書き出しの候補に入るでしょう。 ただ、梅雨明けが微妙に遅れて なんとなく肌寒いと感じる場合は 他の書き出しにした方がいいですかね。 「梅雨明けの候」 梅雨明けが間近の時期には こちらの「梅雨明けの候」を 書き出しに使うのもありでしょう。 あらかじめニュースなどで 梅雨明けの時期はどのあたりなのか 確認しておくと 書き出しに使っておかしくないのか どうか分かるかと思います。 「七夕の候」 7月7日は七夕ですからその時期に合わせて 「七夕の候」と書き出すのも 風流を感じていいですね。 もしくは七夕の季節に合わせて 「星祭りの候」と書くのも 文章がきらびやかになって いいでしょう。 「盛夏の候」 「猛暑の候」 「酷暑の候」 「炎暑の候」 「炎夏の候」 「小夏の候」 はい、見るからに暑さを感じる 書き出しになりますと このあたりもありますね。 梅雨明けが早く7月上旬の時期なのに かなり暑さを感じる・・・ そういった場合はこのあたりの 書き出しを使うのもピッタリです。 ではこのあたりの書き出しの候を使って いくつか時候の挨拶の例文を 見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶・ビジネス上での例文について 拝啓 星祭りの候 貴社ますますご発展の こととお慶び申し上げます。 (中略) 七夕の季節を迎え 梅雨明けの暑さも ひとしおでございます。 どうかご自愛専一にて お過ごしください。 敬具 拝啓 梅雨明けの候 貴社いっそうご隆昌のことと 慶賀の至りに存じます。 (中略) 梅雨明け前の季節柄 雨の多い日が続きますので 夏風邪など召されぬよう どうぞご自愛ください。 (中略) 暑さ厳しき折柄 酷暑にお身体を崩されませぬよう ご自愛専一にてお過ごしください。 謹白 ひとまずビジネス上で 書いていくとしたらこんなところでしょう。 梅雨から夏へと切り替わる時期なので 相手を気遣う文章はしっかりと 入れておきたいところです。 あと基本的な書き出しと締めの部分は 「拝啓」と 「敬具」で問題ないかと思いますが 送り先の相手が著名の先生や大学教授など 偉い方などの場合は 「謹啓」「謹白」の書き出し、締めとした方が 文章が引き締まるかと思います。 「Sponsored link」 お中元への送り状に添える手紙の例文として 「得意先など改まる必要がある場合」 拝啓 炎暑の候 皆様におかれましては 益々ご健勝のことと お慶び申し上げます。 平素は大変 お世話になっております。 改めて厚く御礼申し上げます。 さて早速ではございますが 日頃のお礼の印として 本日心ばかりの品を 別便にて送らせて頂きました。 何卒ご笑納下さいますよう お願い申し上げます。 今後共引き続き ご支援ご厚情賜りますよう 宜しくお願い申し上げます 略儀ながら、書中をもちまして お中元の挨拶を申し上げます。 本日は日頃お世話に なっております感謝の印として お中元の品をお送りいたしました。 お口に合うか分かりませんが どうぞご賞味いただければ幸いです これから寝苦しい 熱帯夜も続くかと思いますので 夏バテや夏風邪などには 十分お気をつけください。 まずは書中にて、ご挨拶まで。 親しい相手に送る場合は 少し砕けた内容にして どちらも相手への気遣いの一文などを 入れておくといいかなと思います。 今回のまとめ はい、そんな感じで今回は 時候の挨拶の7月上旬の候や結び ビジネスや梅雨明け前の例文や お中元の手紙などについて まとめていきました。 梅雨明けまであともう少しか もしくは梅雨が明けて 本格的な夏の到来となりますので そのあたり時候の挨拶の 手紙として盛り込みつつ 夏の季節感溢れる手紙として 日ごろの感謝など書いてみるのも いいかなと感じます。 7月上旬は七夕もありますから そのあたりに合わせて手紙を書くと 話題性もあって 書きやすいのではないでしょうか。 「Sponsored link」.

次の

7月の季節の挨拶文例!手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文も!

時候 の 挨拶 7 月

社会人になると、取引先など日ごろお世話になっている人に、暑中見舞いを出す機会が増えます。 暑中見舞いには、書き方などのマナーがあるため、しっかり把握することが肝心です。 社会人として恥ずかしくない暑中見舞いの書き方や例文を紹介します。 どうして暑中見舞いを送るようになったの? 暑中見舞いを出すのは、社交辞令だと思っている人もいるかもしれません。 しかし、暑中見舞いには、きちんと目的があります。 また、暑中見舞いを送る時期についても決まりがあるため、しっかり把握しておくことが大切です。 暑中見舞いの目的と成り立ち 暑中とは、例年7月下旬から8月上旬にかけての暑さが最も厳しくなる時期を指します。 暑さによる夏バテなど、体調を崩しやすくなる時期でもあります。 そのため、暑中見舞いには、日ごろお世話になっている人や普段なかなか会えない人の健康を気遣うという趣旨があります。 暑中見舞いの由来は、『お盆』にあります。 お盆は先祖の霊を供養する行事ですが、かつては先祖の霊にお供え物を持参する風習がありました。 江戸時代には、この風習が普段お世話になっている人に贈り物をする風習に変わっていったのです。 さらに、明治時代に郵便制度が発達したことで、贈り物を贈る風習が次第に簡素化され、手紙やはがきを送る習わしに変化しました。 そして、現在の暑中見舞いとして定着したとされています。 梅雨明けから立秋までに出すのが一般的 暑中見舞いを出す時期は諸説ありますが、その一つは、二十四節気の『小暑』から『立秋』までに出すというものです。 小暑と立秋の日にちは毎年変わりますが、それぞれ 7月7日前後と8月7日前後になります。 ただし、小暑の時期に、まだ梅雨が明けていない地域もあります。 暑中見舞いは、猛暑の時期に送り、相手の健康を気遣うためのものです。 そのため、相手の住んでいる地域が梅雨明けをし、本格的な夏を迎えてから立秋までの間に送るのが一般的です。 立秋以降は残暑見舞いにしよう 日々忙しく、「暑中見舞いを出すつもりでいたのに、うっかり忘れてしまった…」ということも起こり得ます。 立秋の前であれば暑中見舞いを送れますが、過ぎてしまった場合は、残暑見舞いを送りましょう。 残暑見舞いは、立秋を過ぎても夏の暑さが続く時期に、相手の健康を気遣うという目的があります。 そのため、暑中見舞いの『立秋まで』というように具体的な終わりの日が決められていません。 しかし、8月末までに出すのが一般的です。 なお、立秋前に暑中見舞いを出しても、配送日数によっては、相手に届くときに立秋を過ぎてしまうことも考えられます。 ぎりぎりの場合は、残暑見舞いを出すのが無難でしょう。 暑中見舞いにはどんなこと書くべき? 初めて取引先に暑中見舞いを送るときは、どんなことを書けばよいのか、悩む人も少なくありません。 しかし、暑中見舞いには、ある程度決まった構成があるため、一度しっかり把握すれば戸惑うこともなくなるでしょう。 お見舞い・時候の挨拶 冒頭には、『暑中お見舞い申し上げます』といったお見舞いの挨拶を書きます。 お見舞いの挨拶には、句点を付けないのがポイントです。 このルールを知らずに、句点を付けている人も少なくないため、注意しましょう。 また、お見舞いの挨拶は、本文の文字よりも少し大きめに書きます。 そうすることで、全体的なバランスが整い、見栄えが良くなります。 お見舞いの挨拶の後には、時候の挨拶が続きます。 時候の挨拶は、そのときの気候に関することを書くのが基本です。 例えばビジネスシーンでは、『盛夏の折、お変わりなくご活躍のことと拝察いたします』というような定型文が使われることが多いです。 相手への気遣いと近況報告 主文には、相手への気遣いと近況報告を書きますが、まず相手への気遣いを先に書きます。 これは、相手を立てるという心遣いが大切だと考えられているためです。 また、自分に関することが相手よりも先になるのは、失礼に当たる場合もあります。 例えば『こちらは元気にしておりますが、貴殿はいかがお過ごしでしょうか?』などです。 近況報告は、送る相手との関係により異なります。 一般的に、ビジネスの場合は『おかげさまで当社の業績も安定し、社員一同心より感謝しております』『平素は大変お世話になり心より感謝申し上げます』といった日ごろの感謝の気持ちを述べることが多いです。 また、状況に合わせて、お中元のお礼や夏季休暇のお知らせ、移転の報告などを記載することもあります。 結びの挨拶 結びの挨拶には、先方の健康を気遣う言葉や活躍を祈る言葉で締めくくるのが一般的です。 相手の健康を気遣う結びの挨拶は、『炎暑厳しき折、なお一層のご自愛のほどお祈り申し上げます』『酷暑の折、皆様方のご無事息災を心よりお祈りいたしております』といった内容です。 また、『御社の益々のご活躍をお祈り申し上げます』『貴社のさらなる繁栄を祈念いたしております』など、相手の活躍や繁栄を願う結びの挨拶もよいでしょう。 時候の挨拶の選び方ポイント 暑中見舞いを書くときに悩む人が多いのが、普段使うことのない『時候の挨拶』です。 気を付けるポイントや、暑中見舞いにおすすめの時候の挨拶文を紹介します。 その年の気候や相手の居住地域に合わせる 時候の挨拶は、『二十四節気』に基づいた季節の挨拶です。 冒頭に時候の挨拶を書くのは、四季や季節の移り変わりを大切にする日本の伝統的な習慣の一つなのです。 暑中見舞いは、毎年同じ時期に出しますが、気候はその年により異なります。 猛暑のときもあれば、冷夏のときもあります。 そのため、その年の気候に合う言葉を選ぶのが基本です。 また、住んでいる地域によっても、気候が異なることもあります。 従って、送る相手の居住地域に合わせることも大切です。 相手の状況を踏まえた上で健康を気遣うというのが、マナーでもあるためです。 暑中見舞いに使える時候の挨拶 暑中見舞いには、『猛暑』『酷暑』『炎暑』『烈暑』『極暑』『盛暑』といった季節を表す言葉が、頻繁に使われます。 これらに『~の折』『~の候』などを付けて使うのが一般的です。 例えば、『猛暑の折、貴社におかれましては益々のご栄盛のことと心よりお慶び申し上げます』『酷暑の候、皆様ご健勝でお過ごしのこととお慶び申し上げます』という具合です。 堅苦し過ぎると感じる場合は、『厳しい暑さが続いておりますが…』『本格的な夏を迎えましたが…』といった書き出しに変えることも可能です。 また、冷夏の場合は『例年にない冷夏ですが…』などにしましょう。 暑中見舞いと残暑見舞いの文例 取引先と友人に送る暑中見舞いの基本的な構成は同じですが、書く内容が異なります。 それぞれの文例を紹介します。 また、残暑見舞いの文例も紹介するので参考にしましょう。 取引先へ送る暑中見舞いの例文 暑中お見舞い申し上げます 猛暑の折、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。 今後も一層の努力を重ねていく所存です。 さて、誠に勝手ながら当社では以下の予定で夏季休暇を実施させて頂きます。 ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 夏季休暇:8月10日~8月15日 御社のさらなる繁栄をお祈り申し上げます。 日中は外に出る気が起きないけれど、子どもたちに催促されて、週に数回はプールに連れて行っています。 紫外線対策をしていますが、日焼けが心配です… また近いうちにみんなで集まって、暑気払いパーティーでもできたらいいですね。 ただし、日付の後に続く言葉が『盛夏』から『晩夏』『立秋』『葉月』などに変わるため、注意が必要です。 残暑お見舞い申し上げます 残暑厳しき折、皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 また、この度は、大変ご丁寧な暑中見舞いを頂き、恐れ入ります。 暑さがしばらく続きますので、くれぐれもご自愛ください。 皆様のさらなるご躍進をお祈りいたしております。

次の

時候の挨拶 7月(文月:ふみづき)

時候 の 挨拶 7 月

時候の挨拶 7月の梅雨入り前の時期 「走り梅雨(はしりづゆ)」 梅雨入り前の5月-6月ごろ、梅雨のように雨が降ることがあります。 これを走り梅雨(はしりづゆ)や迎え梅雨(むかえづゆ)と呼びます。 季語としては6月初旬の言葉ですが、5月の中旬頃から梅雨入りするまでを目安に使うことができます。 例文:雨が降って寒い日が続く、という意味で 「走り梅雨が続いておりますが、お変わりありませんか。 」 「お体を冷やさないようお気を付けください」 北海道では梅雨はありませんが、やはり5月下旬から6月上旬にかけて一時的に気温が低い時期があります。 これを、ちょうどライラック(リラ)の花が咲く時期であることから「リラ冷え」とよびます。 「リラ冷えの町」というと札幌のことを指します。 「梅雨入り」 梅雨に入った初めの頃は「梅雨入り」が使えます。 梅雨入りは気象庁がほぼ毎年発表しており、夏の始まりでもあります。 「梅雨入りとなり、しと降る雨が続いております。 」 梅雨入りすると、肌寒い日が続く時期もあります。 これを梅雨寒(つゆざむ)といいます。 「入梅(にゅうばい)」 「入梅」という字を見ると「梅雨入り」と同じ意味のように考えてしまいそうになりますね。 梅雨入りと同じ意味として使うこともありますが、6月11日ころを雑節で「入梅」とよびます。 これは田植え時期の目安の一つとなる暦上の節目です。 以上の言葉は梅雨入り以前の時期を目安に使う言葉なので、7月よりも前に使うことがおすすめです。 時候の挨拶 7月 梅雨明け前に使える言葉 梅雨入り~梅雨明けまでの、最中の挨拶です。 五月雨 梅雨そのもののことを「五月雨(さみだれ)」といいます。 旧暦で5月頃であることから「五月雨」といいます。 また、麦が実をつける頃であることから「麦雨(ばくう)」という言い方もあります。 「梅の雨」という言い方も、梅雨そのものを指します。 青梅雨 青梅雨(あおつゆ)も梅雨そのもののことです。 葉を茂らせた草木に降る雨の様子を指すことで、俳句の季語などに用いられます。 空梅雨(からつゆ) 空梅雨とは、梅雨の期間中ほとんど雨が降らない状態を表す言葉です。 梅雨の時期の雨の量が少ないと、水不足で農業や工業の水が不足したりすることもあります。 晴れた日が続くことから「照り梅雨(てりつゆ)」ともいいます。 例文:「空梅雨の青空が続いております。 いかがお過ごしでしょうか」 梅雨の中休み 梅雨の半ばの時期に、一時的に天気が回復して晴れの日が続くことがあります。 この期間のことを梅雨の中休み(つゆのなかやすみ)とよびます。 「梅雨の月(つゆのつき)」・「梅雨の星(つゆのほし)」 梅雨の時期、雨の合間の夜空に見える月や星のことを指しています。 雨雲の合間から見える程度のこともあれば、晴れた夜空に浮かぶ姿も風情があるものですね。 例文「梅雨の月が冴え冴えと見えますね。 」 五月晴れ(さつきばれ) もともとの意味は梅雨の合間にみられる晴れ間のことです。 この五月とは旧暦の五月のことなので、現在では6月に当たります。 ただ、最近では気象庁では「五月晴れ」は新暦(今のカレンダー)での5月の晴れた空のことを表し、もともとの旧暦5月の晴れのことは「梅雨の合間の晴れ」と呼ばれています。 男梅雨・女梅雨 弱雨がしとしとと長く続くような降り方を「女梅雨」(おんなづゆ)、 雨が降るときは短期間に大量に降り、降らないときは晴れる、という降り方を男梅雨(おとこづゆ)と呼ぶ言い方もあります。 送り梅雨 梅雨が終わりに近づくと、 この時期には雷をともなった激しい雨が降ることが多くなります。 積乱雲(入道雲)もみられ、この時期の激しい雨を送り梅雨(おくりづゆ)や荒梅雨(あらづゆ)、暴れ梅雨(あばれづゆ)と呼びます。 雷のことは「梅雨雷(つゆかみなり)」といいます。 気温も高くなり、細菌やカビなどに注意が必要な時期でもあります。 例(結びの文で)「送り梅雨が続く中、お健やかにお過ごしください。 」 時候の挨拶 7月 梅雨明け後の手紙の挨拶 梅雨が終わり、いよいよ夏を迎える時期です。 梅雨の期間の終了が発表されることを梅雨明け宣言といいます。 「梅雨明け十日」 梅雨明け後から8月上旬くらいまでは天気が安定することが多く、「梅雨明け十日」といいます。 この時期は猛暑に見舞われることもあります。 例文:「梅雨明け十日の暑さが続いております。 」 梅雨の終わり 梅雨の終わりを「梅雨明け」といいます。 梅雨明けのことを「出梅(しゅつばい)」ともいいます。 梅雨明けした後もぐずついた天気となり、雨が続いたり、晴れた後に再び雨が降ることがあります。 これを帰り梅雨(かえりづゆ)や返り梅雨、戻り梅雨(もどりづゆ)と呼びます。 梅雨とつくが7月以外の時期の言葉 菜種梅雨 菜種梅雨は、3月から4月にかけての菜の花が咲くころに降る雨のことです。 梅雨のように何日も降り続くことは少ないのですが、曇りや雨の日が続くことがあります。 すっきりしない天気が多い時期は菜種梅雨(なたねづゆ)と呼んで、春の梅雨として表すことも多いです。 近年は、暖冬傾向や温暖化の影響などもあり、2月下旬ころからこのような天気がみられる傾向もあります。 筍梅雨 筍梅雨(たけのこづゆ)は、筍が出てくる4月から5月にかけて降る雨です。 秋雨(あきさめ) おもに8月後半頃から10月頃にかけて、長雨が降り続く時期を「秋雨」といいます。 「秋霖(しゅうりん)」や、すすきの時期でもあることから「すすき梅雨」などとも呼びます。 すすき梅雨 すすき梅雨は秋雨の事を指します。 さざんか梅雨 おもに11月下旬から12月上旬にかけての、連続した雨が降る時期があり、「さざんか梅雨」といいます。 これは山茶花(さざんか)が咲くころに降ることからこう呼ばれています。 まとめ 7月の時候の挨拶や季語として、梅雨に関する表現をご紹介しました。 手紙や文書、お便りなどのご参考になれば幸いです。

次の