太ももの付け根 湿疹 かゆくない。 痒くない湿疹がお腹や腕にできる4大原因と対処法!赤い斑点やポツポツの正体とは?

湿疹が痒くない・赤くない場合はかなり深刻な状況?

太ももの付け根 湿疹 かゆくない

化膿性汗腺炎という皮膚の病気について取り上げます。 あまり聞いたことがないかもしれませんが、発症すると激しい痛みなどで、仕事も困難になる厄介な病気です。 悪化すれば手術になりますが、それでも完全には治らないこともあります。 ですが、来年にも、治療が画期的に進化する可能性が出てきました。 そこで、11月19日(月)、松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、この化膿性汗腺炎について、虎の門病院皮膚科部長、林伸和先生に取材しましたので、ご報告します。 化膿性汗腺炎は、文字どおり、汗が出る毛穴の汗腺に炎症ができ、化膿=膿が出る病気です。 自己免疫の異常などから、脇の下やお尻、太ももの付け根、乳房などに炎症ができて、赤くはれ上がったおできのような物が次々できる慢性の疾患です。 進行すると、膿が溜まって、ふくらんで袋状になります。 さらに進行すると、その袋がどんどん広がって破裂、膿が出たり、激しい痛みが出ます。 もっと悪化すると、袋ではなく、皮膚に穴が開いてしまうケースもあります。 この病気の問題は、圧倒的に日常生活の質を下げてしまう、というところにあります。 まず、傷口が目立つので、ノースリーブなどは着られなくなる。 それで長袖などを着たとしても、悪化していると、服と傷口が擦れるので痛い。 脇の下にできたケースでは、そちらを下にして眠れないほど痛い。 運動が制限され、鼠径部にできたケースでは、痛みですわるのも辛い。 また、膿が出るので、ズボンや椅子が汚れてしまったり、匂いが気になる。 こうしたことが影響して、ある調査では、化膿性汗腺炎で仕事を休んだ人は58%、その休んだ日数は年間平均で34日、そして失業した人も10%、いたということです。 患者さんが、この化膿性汗腺炎だと正しく診断を受けるまで、平均7・2年かかっています。 また、見つかるまで、平均で4人のお医者さんを回る、というデータもあります。 7年以上、何の病気かわからず苦しみながら、病院を転々とする、というわけです。 これは、最初は、体に小さなニキビができた、くらいに考えてしまわれがちなのと、医師の間でも、病気への認知が広がっていないという問題があります。 そうこうするうちにどんどん悪化していき、手術、となってしまうケースもあります。 まずは化膿性汗腺炎という病名を覚え、お尻やわきの下、太ももの付け根など、体にニキビのようなおできが広がる、それも、半年のうちに3回以上繰り返しできるという方は、化膿性汗腺炎を疑ってください。 抗生物質の内服薬や塗り薬は、主に保存的治療として小さな病変には有効です。 手術をしたくない時に選択される治療ですが、薬への耐性が出て効かなくなる可能性があり、長期的、慢性的な炎症には向いていません。 慢性的に苦しむ場合は、切開で、おできを切り、膿を出す治療となります。 切開すれば、その後は、だいぶ楽になりますが、ただ、効果は一時的です。 また他のところにおできが出来る再発率は50%もあり、そのたびに切開が必要になります。 そうなると今度は手術、となります。 これは、おできそのものを、全て、根こそぎ切除するというものです。 おできが小さければ、そのまま縫い合わせれば済みます。 ただ、化膿性汗腺炎は、おできの範囲が手のひら以上にも広がります。 そうした場合は、おできを切除した上で、お尻や太ももの後ろ等から皮膚を移植します。 移植の場合は、定着するまで時間がかかるので入院が長引きます。 お尻のおできで移植手術をした場合は、うつぶせで1週間、その後もう1週間入院となります。 ただ、この手術のケースでも、再発率は10%もあるとされています。 特に、移植したところの端、元の皮膚が残ったところで再発するというリスクがあります。 ところが、この状況を改善する新しい薬が来年、出てきそうです。 海外では既に承認されている「ヒュミラ」という薬です。 「ヒュミラ」は、日本でも別の病気では既に使われていますが、この化膿性汗腺炎でも使えるように、現在、申請中で、来年にも許可が出る予定です。 化膿性汗腺炎が悪化し、膿が出ているような患者さんで使われるイメージで、いきなり手術するよりも、まずこの注射治療で炎症と腫れを取り、患部を小さくしてから、手術で確実に取ることで、再発率が下がるとされています。 患部が小さくなるので、手術もしやすく、成功率も上がるようです。 特殊な薬ですので、手術とセットで対応出来る大きな病院で使われる予定です。 化膿性汗腺炎は、日本では10万人に4人程度と言われていますが、海外などでは、1000人に1人と言われているので、比較的多い病気です。 化膿性汗腺炎については、「繰り返す痛いおでき、ドットコム」というサイトでも、情報発信があるので、気になる方は見てください。 「繰り返す痛いおでき、ドットコム」です。 この病気は、未解明のことも多いですが、生活習慣との関連も指摘されています。 タバコを吸っていると症状が悪化する、肥満の方のほうが症状が悪化する、という調査もあるので、禁煙と減量、そして規則正しい食生活が進められます。

次の

太ももの付け根に湿疹が!かゆいけどどうやって治すの?

太ももの付け根 湿疹 かゆくない

皮膚炎の炎症している患部には水虫などと同じ、 真菌なども混在していますので、 カビのお手当だけではなく 皮膚の上で、過剰に皮脂が浮き出ることが問題です。 食事や睡眠時間、そして 胃腸が関係しますので、 皮膚表面のカビ退治だけでは、 追いつかないのが現実です。 脂漏性湿疹の大きな原因の一つとして皮脂の過剰な分泌が考えられますが、 脂分の摂り過ぎからでしょうか? 食べ過ぎ・飲み過ぎのこの時期には悪化しないように気を付けたい症状です。 【その他の原因】 ・遺伝的要素、体質 ・ホルモンバランスの乱れ ・精神病(躁鬱病)やイライラ ・ストレス ・動脈硬化 ・脂分の摂り過ぎ以外でも食事の不摂生 ・消化機能の低下、 消化機能失調 ・入浴不足 ・洗顔不足や洗髪不足 ・睡眠不足 上記のようないろんな原因で、交感神経が優位になると男性ホルモンや 副腎質ホルモンの分泌が旺盛になります。 その結果、過剰に皮脂分泌されます。 これらの原因で、肌の酸化物質が増加して、皮脂腺が刺激されると 皮脂の分泌亢進して 脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)になってしまいます。 漢方成分では、苦参、金銀花、地楡、紫根など配合のや瑞華露ソープなどの洗浄剤がオススメ。 石鹸でゴシゴシこするのではなく、よく泡立てて、その泡でトリートメントする気持ちで洗い流しましょう。 できれば、合成海面活性剤・着色料・香料など不使用でお肌にやさしいものを選んで下さい。 や瑞花露ソープなどでの洗顔がおすすめです。 痒みが強ければ寝る前にシベリア人参などでかゆみからのイライラを抑えましょう。 また脂漏性湿疹には真菌が繁殖しやすく、真菌によるかゆみの場合もあります。 1、顔面や頭部が赤くなる、フケがでるマユ毛や鼻や唇のクボミにフケが集まりやすいのが特徴です。 2、湿熱旺盛型頭部とくに前頭部、オデコ、マユ毛に油っぽいかさぶた、じゅくじゅくが見られたり、毛穴に沿って、かさぶたのあるブウツブツが見られる場合。 または脇の下、乳房下、陰部に黄色いカサブタをつけた皮膚炎の場合。 さらにジュクジュクを除去する利湿剤を使います。 あぶらっこい食事や濃厚な味や精製した食事の好きな場合は五行仙茶を追加し、胃腸が弱い場合は星火健脾散などを追加します。 3、血虚風燥型症状は乾燥タイプに相当。 頭部の(フケ)の増加し脱毛、めまい、疲れやすい場合。 赤みや痒みが強い場合は五味消毒飲を追加します。

次の

じんましんがかゆくない時考えられる5つの病気と対処法とは

太ももの付け根 湿疹 かゆくない

皮膚炎の炎症している患部には水虫などと同じ、 真菌なども混在していますので、 カビのお手当だけではなく 皮膚の上で、過剰に皮脂が浮き出ることが問題です。 食事や睡眠時間、そして 胃腸が関係しますので、 皮膚表面のカビ退治だけでは、 追いつかないのが現実です。 脂漏性湿疹の大きな原因の一つとして皮脂の過剰な分泌が考えられますが、 脂分の摂り過ぎからでしょうか? 食べ過ぎ・飲み過ぎのこの時期には悪化しないように気を付けたい症状です。 【その他の原因】 ・遺伝的要素、体質 ・ホルモンバランスの乱れ ・精神病(躁鬱病)やイライラ ・ストレス ・動脈硬化 ・脂分の摂り過ぎ以外でも食事の不摂生 ・消化機能の低下、 消化機能失調 ・入浴不足 ・洗顔不足や洗髪不足 ・睡眠不足 上記のようないろんな原因で、交感神経が優位になると男性ホルモンや 副腎質ホルモンの分泌が旺盛になります。 その結果、過剰に皮脂分泌されます。 これらの原因で、肌の酸化物質が増加して、皮脂腺が刺激されると 皮脂の分泌亢進して 脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)になってしまいます。 漢方成分では、苦参、金銀花、地楡、紫根など配合のや瑞華露ソープなどの洗浄剤がオススメ。 石鹸でゴシゴシこするのではなく、よく泡立てて、その泡でトリートメントする気持ちで洗い流しましょう。 できれば、合成海面活性剤・着色料・香料など不使用でお肌にやさしいものを選んで下さい。 や瑞花露ソープなどでの洗顔がおすすめです。 痒みが強ければ寝る前にシベリア人参などでかゆみからのイライラを抑えましょう。 また脂漏性湿疹には真菌が繁殖しやすく、真菌によるかゆみの場合もあります。 1、顔面や頭部が赤くなる、フケがでるマユ毛や鼻や唇のクボミにフケが集まりやすいのが特徴です。 2、湿熱旺盛型頭部とくに前頭部、オデコ、マユ毛に油っぽいかさぶた、じゅくじゅくが見られたり、毛穴に沿って、かさぶたのあるブウツブツが見られる場合。 または脇の下、乳房下、陰部に黄色いカサブタをつけた皮膚炎の場合。 さらにジュクジュクを除去する利湿剤を使います。 あぶらっこい食事や濃厚な味や精製した食事の好きな場合は五行仙茶を追加し、胃腸が弱い場合は星火健脾散などを追加します。 3、血虚風燥型症状は乾燥タイプに相当。 頭部の(フケ)の増加し脱毛、めまい、疲れやすい場合。 赤みや痒みが強い場合は五味消毒飲を追加します。

次の