手が震える原因。 手の震えがとまらない右手と左手だと違う病気(原因)?動悸や頭痛の症状も伴う頭痛,吐き気,めまい

ストレスが原因で起こる手の震えの病気は?何科で受診?対処法は?

手が震える原因

Sponsored Links 初対面の人と会話したり、大勢の人の前で発表(発言)したりするときに、緊張するのはごく自然なことです。 とくに、普段 初対面の人と話す機会が少ない人は、このような場面に慣れていないので緊張しても仕方がありません。 そうはいっても、セミナー講師や営業マンなど、人と会話するときに全く緊張しないような人もいますよね。 「堂々と話していて凄いな」と感じることがあると思いますが、場数をこなすことで徐々に慣れていき自然と緊張しなくなるものです。 しかし、誰でも経験するような緊張とは異なり、 緊張や不安から身体症状が強く現れることがあります。 今回は、身体症状の中でも手が震えるときに考えられる理由とその対処法について話します。 また、人前で話すのが苦手な人、緊張してしまう人が、実践すると効果がある対策も紹介します。 緊張すると手が震える理由とその対処法 手が震える場合、緊張するときに限って症状が現れるのかどうか?振り返ってみてください。 単純に手が震える場合には、パーキンソン病やアルコール依存症、脳疾患など緊張に関係しない病気が考えられます。 もし単純に手が震えるのではなく、緊張するときに限って手が震えるようであれば、これから話す「社交不安障害(SAD)」と「本態性振戦」の二つの原因が考えられます。 社交不安障害(SAD) 社会生活の中で、 極度に緊張したり不安に感じたりすることで、様々な身体症状が出現し生活に支障をきたす場合、社交不安障害が疑われます。 手の震え• めまい• 硬直 例えば、「人前で極度に緊張し手が震えたり言葉が出なくなる」「電話対応中にも関わらず赤面や発汗してしまう」といったケースでは、社交不安障害が疑われます。 「性格の問題なのでは?」と思うかもしれませんが、単純にそう言い切れないところが社交不安障害の難しいところです。 また、「性格だから仕方がない」と自分自身を納得させSADを放置するケースが多々あり、他の不安障害を合併し重症化することもあります。 逆に他の不安障害から「社交不安障害」を合併することもある SAD発症の原因 緊張や不安によってストレスを感じると「ノルアドレナリン」「アドレナリン」という二種類のホルモンが分泌されます。 SADになると、この二種類のホルモンが過剰に分泌されるようになり、自律神経(交感神経)に強く作用することで、手の震えや動悸、赤面などの様々な身体症状が現れます。 交感神経と副交感神経から成り立つ アドレナリン、格闘技やスポーツなど肉体的ストレスにさらされている場合に多く分泌されます。 一方、ノルアドレナリンは、精神的なストレス(緊張や不安)にさらされている場合多く分泌されます。 SADは、緊張や不安などのストレス以外にも、栄養不足による脳のストレスと体調不良(寝不足など)による身体的ストレスによって、二つのホルモンが過剰に分泌され発症すると言われています。 SADへの対処法 SADは、ストレスや栄養不足、体調不良によって発症しますので、まずはご自身の日常生活を振り返ってみてください。 もし、偏った食生活であれば、野菜でビタミンを摂取したり、肉類でタンパク質をしっかりと採るなどバランスの良い食生活に切り替えてください。 どうしても仕事が忙しく不規則な食生活になってしまう方は、補助的にマルチサプリメントで栄養補給するとよいです。 また、「寝つきが悪い」「熟睡できない」といった症状がある場合には、病院を受診して睡眠薬や精神安定剤を処方してもらいましょう。 ただし、薬に頼るのは対処療法に過ぎないので、根本的な体質改善が重要です。 栄養をしっかり補給し、良質な睡眠がとれるような環境づくりを心掛けてください。 本態性振戦 本態性振戦は、原因不明の過度の精神的緊張によって手の震えが強くでる疾患です。 お客様へ食事を運ぶ手が震える• お酒を注いでもらう手が震える• 結婚式で記帳する手が震える• 本態性振戦への対処 本態性振戦は、過度の緊張状態によって症状が引き起こされるので、日常生活の中で精神を安静させることが大切です。 SADと同じように睡眠を充分とるように心がけましょう。 また、「相手に震えを指摘されるのでは?」という不安から症状が悪化することがあるので、自分から震えの症状のことを相手に伝えることも大切です。 Sponsored Links 人前で話すのが苦手な人に効果的な対策 人前で話すのが苦手な人、緊張しやすい人は、交感神経が興奮しやすい体質です。 このような人は、副交感神経を優位にすることで、リラックスして人前で話すことができます。 充分な睡眠(風呂あがりの30~60分後)• 有酸素運動• 腹式呼吸• 呼吸ストレッチ(腹式呼吸をしながら)• バランスの良い食事(ゆっくり噛んで食べる)• アロマオイル• 腹式呼吸 私たちは、普段 無意識的に「胸式呼吸」をしており、交感神経が優位に働いています。 胸式呼吸では、不安や緊張によってストレスにさらされると呼吸が浅くなりやすく、交感神経が興奮しやすくなります。 腹部には副交感神経が集中しており、横隔膜を大きく動かす深い呼吸(腹式呼吸)をすることで、副交感神経を刺激することができます。 副交感神経が刺激されるとセロトニンが分泌され、心拍数や呼吸数が下がり落ち着いた状態になります。 鼻からゆっくり吸って、口からゆっくり吐く(吸う時間の倍の時間をかけて吐く) 人前で話すのが苦手、緊張するという人は是非試してみてください。 ツボマッサージ 手の爪の付け根を片方の手(親指と人差し指)で、一本ずつつまむようにして15秒間ずつ刺激します。 人前で話す直前にマッサージしておくと効果的なので実践してください。 また、爪の付け根には動脈と静脈の吻合部があり、刺激することで血流も促進されます。 他にも以下のような場合で有効と言われています。 親指:呼吸器系疾患(咳、喘息)、リュウマチ、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症• 人差し指:消化器系疾患(胃潰瘍、クローン病、十二指腸潰瘍、腫瘍性大腸炎)• 中指:耳鳴り、難聴など耳の症状• 小指:糖尿病、高血圧、腎臓病、脳梗塞、肩こり、腰痛、更年期障害、 SADなど.

次の

ストレスが原因で起こる手の震えの病気は?何科で受診?対処法は?

手が震える原因

Topics• 手が震える症状と原因 医療用語で、身体の震えのことを『振戦(しんせん)』といいます。 筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで起きる不随意運動の一つと言われています。 振戦は、軽いものであれば、誰にでも起こることがあるため、病気が原因とは限りません。 筆者も大勢の人の前でプレゼンをする前、極度の緊張から手が震えたという経験をしたことがあります。 ただ、このような心配のいらない手の震えがある一方、病気で起こる場合もあるので、注意が必要です。 手が震えるという症状がある場合、いくつかの病気の可能性があります。 今回は、以下の3つの病気について解説します。 本態性振戦 パーキンソン病 バセドウ病 本態性振戦 本態性振戦は、じっとしていれば症状がでないものの、食事をしたり、字を書くなどの動きをすると手が震えてきます。 また、緊張や震えを抑えようと意識をすると症状が高まり、中には、日常生活や仕事で支障になっている人もいるようです。 実は、本態性振戦の「本能性」というのは、医学用語で「原因不明」という意味があります。 まさにその名と通り、本態性振戦の原因は不明といわれています。 ただ、患者さんのご家族に震えの症状があるという方が多いので、遺伝性があるといわれており、原因遺伝子の報告もされているようです。 原因が不明ということで、効果的な対処法はありませんが、薬物治療という方法はあるようです。 その他の理由として、お酒の影響があります。 お酒をよく飲み、手が震える症状が出始めたら、医師に相談してみましょう。 お酒は身体に負担になるため、何かの反応が出ているかもしれません。 更に手の震えが日常的に起こる場合は、何かの病気のサインということも考えられます。 このような症状を起こす場合、何らかの異常が脳、又は、身体内部の神経に異常が発生している可能性があります。 手の震えなんて大したことないと考えず、一度病院にて調べてもらいましょう。 【スポンサードリンク】 パーキンソン病 メディアや映画でも取り上げられてから一度は聞いたことがある「パーキンソン病」は、高齢者の病気というイメージが強いかもしれませんが、20代前後でも発症する「若年性パーキンソン病」という病気があります。 指、手足がブルブル震え、歩きにくくなります。 また、身体がこわばり痛みが生じるということがあれば、もしかしたら「若年性パーキンソン病」の可能性があります。 精神科等の病気と誤診されるケースも少なくなく、「若年性パーキンソン病」と診断されるまで道のりが長いという話もありますが、異常な指、手足の震えやすくみ足がでたりしたら、早めに受診しましょう。 バセドウ病 バセドウ病は、「甲状腺機能亢進症」とも呼ばれており、20代から30代の女性に発症しやすい病気の一つです。 のどの甲状腺の異常により、甲状腺ホルモンが増え、自律神経が乱れます。 手の震えをはじめ、いらいらする、よく食べる、落ち着きがなくなる等の色々な症状が出てきます。 20代から30代の女性で、手の震えが気になるようになったら、バセドウ病の可能性もあります。 極度の緊張や寒さから起こる短時間の手の震えではなく、明らかに手の震えが長かったり、その他の症状が出て来たら、早めの病院へ行きましょう。 まとめ 軽い手の震えは、誰にでも起こりうる症状ですが、症状によっては、何らかの病気が原因で手が震えることもあります。 中でも本態性振戦といってじっとしていれば症状はみられないものの、食事をしたり、字を書く等の動きをすると手が震える病気があります。 症状が悪化してくると日常生活や仕事にも支障がみられてきます。 原因不明といわれる一方、遺伝からくる、又はお酒によるものなども原因の一つと言われています。 また、パーキンソン病が原因で手足が震えることがあります。 万が一、身体がこわばり痛みが生じることがあれば、『若年性パーキンソン病』の可能性があります。 その他、バセドウ病と言って別名『甲状腺機能亢進症』といわれる20~30代の女性に起こりやすい病気があります。 手の震え意外にもイライラする、よく食べる、落ち着きがなくなるなどの色々な症状が出て来たら、バセドウ病の可能性があります。 このように手の震えが頻繁に続いたり、他の部位にも症状が見られたら、早めに受診するといいでしょう。

次の

緊張で震えるのはなぜ? 震えが起きる理由と緊張に負けない心を作る方法

手が震える原因

このページの目次• 子供も緊張すれば、手が震える事がある 緊張で声が震えてしまう。 手が震えてしまう。 というのは、大人でも経験する事がある現象ですよね。 このような現象は大人だけではなく、子供にだって訪れる場合があります。 人前に立ったり、知らない人と接するときなどに緊張してしまい、そのことから手の震えが起きてしまう場合があるのです。 知らない人と接するというのは、例えばスーパーやコンビニの店員さん、駅員さんなども含まれます。 要するに、自分の慣れない人と関わる時に緊張してしまうことがあるのです。 また、何かに不安を感じ、怯えているという感情が含まれている可能性もありますので、その原因は何なのかを解明して不安を排除してあげることが大切でしょう。 原因を解明するには、子供の手が震えていたのはどのような時か。 どのような状況の時かを把握するというのが良いでしょう。 ストレスに敏感な子供は、手が震える 子供も大人と同じ人間ですから、ストレスを感じることがあります。 このストレスが原因で、手が震えてしまう事もあるようなのです。 しかし厄介なのは、子供は自分で「何が自分にとってストレスとなっているのか」という事に関しては鈍感なのです。 なので、自分の身をストレスから守るのは難しいのですね。 もし家でなにかストレスになるような原因が思い浮かばない場合は、保育園や学校で何か嫌な思いをしていないかどうかを気にかけてあげてみて下さい。 先生の気付いていないところで、嫌がらせやいじめにあっていないかどうか。 親から先生に気にかけて確認してもらうようにお願いしてみることで、今まで先生が気づけていなかった問題が露になる可能性もあります。 一概に保育園や学校に原因があるとは言い切れませんが、最初に行う手段として、保育園や学校での様子を確認するのが良いでしょう。 子供も発症する、てんかんによって手が震える もし、何か緊張している様子も無いし、ストレスを感じている様子も伺えない。 となった場合に疑われるのが「てんかん」という病気です。 てんかんの症状には、筋肉の痙攣が含まれていて、この筋肉の痙攣が手の震えの正体である可能性もあるのです。 このてんかんという病気になってしまう原因は、親など血のつながりのある人からの遺伝の場合もありますし、原因不明の場合もあります。 もしてんかんにかかっていて、それを放置して状態を進行させてしまうと、今後子供の成長に何かしらの障害が出てきてしまったり、脳の成長の遅れが出てきてしまう可能性があります。 ですので、迷われたら自己判断で済ませずに、すぐに病院へ行って診察してもらう事をお勧めします。 子どものてんかんは完治させることができる可能性があると言われていますので、状態が深刻化してしまう前に、早めに病院へかかりましょう。 大人の場合は主に神経内科にかかることになりますが、子供の場合は小児科にかかると良いでしょう。 応急処置としては、ボタンやベルトなど、血液を圧迫するものをなるべく外してあげるというものがありますので、参考にしてください。 ストレスによる子供手の震えを改善してあげる方法 では、このような手の震えを改善させるための方法を紹介します。 これは緊張等によるストレスが原因である場合の対処法ですが、まずはカフェインを含む飲食物の摂取を控えさせるようにします。 このカフェインは、味に刺激が無かったとしても体にとっては刺激物になってしまいますので、ストレスを軽減させたい場合にはお勧めできない成分なのです。 カフェインを含物の代表はコーヒーやエナジードリンクですが、子供が口にすくる機会は少ないでしょう。 ですので、お茶などに含まれるカフェインに気を付けるべきだと言えますね。 お茶を飲ませる時は、カフェインの少ない麦茶にすると良いでしょう。 また、子供も大好きなチョコレートにもカフェインが含まれていますので、おやつを与える際は注意しましょう。 そして、刺激物を避けるという意味で辛い物なども控えた方が良いですね。 食物意外にストレスを緩和させるために、睡眠をしっかりと取らせるようにしましょう。 寝る前のテレビやゲームは睡眠に支障をきたしますので、控えさせるようにしましょうね。 手遅れになる前に、疑問があればすぐに診察を! 今回ご紹介した子供の手が震える原因として、緊張、ストレス、てんかんという病気と言うもの挙げました。 緊張やストレスが原因であれば自宅での対処で収まることもあるかもしれませんが、もしかしたらてんかんや、何か他の病気である可能性も否めません。 何か気になる事や疑問が少しでもあれば、かならず病院で診察してもらって下さい。 もしてんかんなどの病気にかかっていれば、今回ご紹介したような様々な合併症を引き起こしてしまう可能性もあります。 何か大きな症状が出てしまってからでは、取り返しのつかない場合もあるのです。 特にてんかんであった場合は、子供の場合完治出来る可能性もあるということでしたので、早めの治療をお勧めします。 「すぐ治まるだろう…」と甘く見ずに、専門の医師に判断を任せましょう。 自己判断で解決してしまわないように、注意してくださいね。

次の