和田アキ子の病気。 和田アキ子が慢性閉塞性肺疾患(COPD)になっていることが発覚!?治療間に合わず紅白出場断念か!?

和田アキ子の目が変なのはいつから?眼瞼下垂手術前後の変遷を画像比較!

和田アキ子の病気

プロフィール 名前:和田アキ子(わだあきこ) 本名:飯塚現子 いいづかあきこ 出身地:大阪府大阪市天王寺区舟橋町 生年月日:1950年4月10日 血液型:O型 所属事務所:ホリプロ 和田アキ子さんは、済州島出身者の父と、朝鮮半島出身者の母を持つ 在日韓国人2世として生まれ、その後日本へ帰化しています。 そんな和田アキ子さんは、小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始めます。 174cmの長身から発せられるパワフルな歌声が評判を呼び、ホリプロ社長にスカウトされ、1968年にデビューします。 そして1969年、2枚目のレコード「どしゃぶりの雨の中で」が17万枚のスマッシュヒットを記録し、人気歌手の仲間入りを果たします。 がん宣告の心境を告白した和田アキ子さん 再婚2か月で幸せの絶頂だった和田アキ子さん。 和田アキ子さんは子供がほしくて検診に行ったところ、 最初は子宮筋腫と言われたそうです。 そして細胞を採取したりし、1か月様子見ましょうと言われたが、その後もう一度来てくださいと病院へ行ったところ。。。 「今度はがんって言われた」とがんが発覚した経緯を説明。 さらに「36年前ですから、がんイコール聞いたら死ぬってイメージがあった。 死ぬのかって、お医者さんに聞いたら『 全摘すれば、転移しないからそれは大丈夫です』って『全摘ってどういうことですか?』ってきいたら『全部とっちゃうから、そのかわり赤ちゃんは一生出来ません』まー本当人生でこれだけ泣けるのかって思うぐらい泣いたね」と当時の心境を話した。 hochi. 和田アキ子さんが受けたショックは計り知れないものだったでしょう。 『1周回って知らない話 強い女の真実を直撃SP』 和田アキ子さんは、2017年10月18日に放送されたバラエティ番組『1周回って知らない話 強い女の真実を直撃SP』でも子宮がん発覚から当時の想いまで語っています。 和田は、1981年に当時テレビカメラマンだった飯塚さんと再婚。 その2カ月後に子宮がんと判明した。 和田は、夫から「手術しないと命に関わる。 ただ、子供が産めない体になる」と告げられると「そんなん嫌や! 」「もう別れてもええで、こうちゃんの子供産んであげられへんし。 もう死にたい」と号泣。 そんな和田に、飯塚さんは「俺は子供のために結婚したわけじゃない。 俺はアコが好きなんだ」と伝えたという。 excite. 和田アキ子さんの知られざる壮絶なエピソードに、インターネット上でもかなりの反響がありました。 和田アキ子のエピソードを見て号泣。 強そうに見える人ほどたくさん抱えてて、それでも全然表面には出さず頑張ってるのがすごい。 まだまだ頑張れるな〜と勇気をもらった。 — かんちゃん choro3ngm 和田アキ子さん…。 泣いてしまった。 ご本人も旦那様も愛ですね。 こんな相手とめぐり逢いたい。 旦那さんも、本当に素敵。 素敵な夫婦。 テレビで見ただけのことだけど、だけど、和田アキ子が旦那さんを褒めて、旦那さんが和田アキ子を愛している感じが、素敵過ぎて、涙が出そうになった。 — kamome IkuMokko …自分は子供を欲しいと思ったコトがないのだけど、「子宮がんで産めない体」になった和田アキ子さんのエピソードを見て泣いてしまった。 100%本能で流した涙。 2016年10月22日に放送されたラジオ番組『ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回』の中で和田アキ子さんが シェーグレン症候群という難病を患っていることを告白しました。 osaka. med. 涙腺と唾液腺に異常をきたし、関節リウマチや線維筋痛症などを併発することもあるようです。 そして主に30代から50代の女性に起こりやすいそうです。 主な症状としては ・目の乾燥(ドライアイ) ・口腔乾燥(ドライマウス) ・鼻腔の乾燥(ドライノーズ) などが現れると言われています。 口腔乾燥(ドライマウス) ドライアイの次に主要な症状として口内乾燥(ドライマウス)があげられるそうです。 ドライマウスも自己免疫疾患により、唾液腺が破壊されて、唾液の量が減ることによる症状と言われているそうです。 唾液には、口内の食べ物のカスを洗い流す作用や、口内を清潔に保つ抗菌効果もあります。 また、歯を守るフッ素などの成分も入っているようで、唾液が減少すると虫歯が増える可能性が高くなるそうです。 他にも、味覚がなくなったり、唇が切れたり、口内炎が出来やすくなったりするようです。 和田アキ子さんの症状として、テレビで水がないと生きていけないと話していましたので、ドライマウスの症状があるようです。 アッコさん、同じ病気かー! シェーグレンだけで済んでるのかな? アッコ、難病「シェーグレン症候群」の苦しみ明かす「常に水がないと生きていけない」 — Yahoo! ニュース — まきぷ ドレミ音楽教室 makiponkyu タバコをやめた原因は肺気腫 和田アキ子さんは2008年、肺気腫と診断され1日2箱吸っていたタバコをやめたそうです。 和田さんも、ちょっとウオーキングしただけで、ぜいぜいすることがあったそうですが、年のせいかな、とやりすごしてきました。 しかし、2008年、 医師から「このまま、たばこを吸い続けると、歌うことができなくなる」と言われ、スパッとやめたそうです。 その後は、息切れを起こすことがなくなるなど体調が良く、肌もきれいになったと言います。 yomiuri. 慢性閉塞性肺疾患)」と呼びます。 ・和田アキ子さんは、子宮がんになっていることを2017年に告白している ・2016年10月には番組内で、和田アキ子さんはシェーグレン症候群という病気になっていることを告白している ・シェーグレン症候群とは、免疫が自分の体の一部を敵として認識し攻撃してしまう難病指定されている病気。 原因は分かっていない ・和田アキ子さんは、2008年に肺気腫も患っていた いかがでしたでしょうか。 芸能界のご意見番・和田アキ子さんの病気についてまとめました。 子供が大好きな和田アキ子さんに子供がいなかったのは、子宮がんのせいだったとは驚きました。 他にも肺気腫を患い禁煙、そしてシェーグレン症候群も患っていたようです。 テレビでは、常にパワフルで元気な和田アキ子さん。 これからも病気に負けず、元気な和田アキ子さんでいてください。 今後の活躍も期待しています。

次の

和田アキ子が痩せた?病気が原因?アッコさんの激やせ理由を調査!

和田アキ子の病気

> > 和田アキ子さんの目の病気 お知らせ• 2019. 11 網膜の病気 和田アキ子さんの目の病気 和田アキ子さんが、加齢黄斑変性をわずらい注射治療を受けられたことをテレビで告白されていました。 加齢黄斑変性は、中高年の方で急増している、目の病気です。 黄斑とは、眼底、網膜の中心にあり、見える力のほとんどが集中している重要な組織的になります。 年齢や生活習慣、食事内容などを原因として、黄斑の下の脈絡膜から、悪い血管がはえてきて、出血や水ぶくれをおこし、黄斑を障害する病気です。 推定で、50万人をこえる患者様がおられるとされています。 依然は有効な治療法がありませんでしたが、和田さんが受けられた硝子体注射、坑VEGF療法が導入されて以来、治療成績が大きく向上しています。 初期症状は、 視力低下、ゆがんで見える、中心が暗く見える、見えないなどです。 このような症状を感じられる方は、一度眼科受診されることをおすすめいたします。 こいけ眼科では、 硝子体注射に安芸区で唯一対応し、積極的に治療をおこなっています。 原則予約不要です。 (手術、まったくはじめてのコンタクトレンズ処方は予約が必要です。 また月1回臨時休診がございます。 電話でご確認ください。

次の

和田アキ子

和田アキ子の病気

和田アキ子が眼瞼下垂手術を受けた経緯を公表 毎週日曜に生放送している「アッコにおまかせ」の司会を務める和田アキ子さん。 手術後初登場とのことで、番組内で自ら説明をしました。 — 85chan 85chan3 番組冒頭、両目が腫れた状態で登場した和田は、手術に至った経緯と病状を説明。 「2年ぐらい前から視野が狭くなったなと思っていたんです」と眼科に出向いたところ、視力の低下が原因ではなく、「 まぶたが下がってきて、黒目にかぶさるんで視野が狭くなっている」と指摘されたという。 保険が適用されることを説明された上で手術を勧められたが、「ちょっと腫れとかが心配だった」と躊躇。 「こういう仕事するときとか雑誌の取材は目を開いてやっていたんですけど、そのせいか、ものすごく頭痛がすることがありまして、目と頭の間ぐらいがものすごく痛くて、ハリに行っても、マッサージに行っても、全然取れなくて」と両目のまぶたにメスを入れることを決断した。 同番組は先週11月25日がスポーツ生中継でお休みだったこともあり、「改善するには手術しかないと。 先週、この番組がお休みだったので手術をしました。 まだ2週間経っていないんでいつもとちょっと違いますけど、心と体は元気です」と回復ぶりをアピールしていた。 yahoo. 視野が狭くなることで瞼に負担がかかり、そのせいで頭痛を引き起こすとは知りませんでした。 眼瞼下垂(がんけんかすい)とはどんな病気? ちょっと聞きなれない名前の「眼瞼下垂」。 調べてみたら、こういうことでした。 先天的なもの :生まれつきまぶたを上げる筋肉の力が弱いため起こるもの• 後天的なもの:高齢者に多くみられるケースで、加齢によってまぶたを上げる筋力が弱くなったりするため起こるもの。 その他、 コンタクトレンズを長年使っていたり、白内障手術や緑内障手術などの内眼手術後に起こるものもあるようです。 加齢によるものだけだと思っていましたが、結構いろいろな原因があるのですね。 眼瞼下垂は目の病気ではなくまぶたの病気なので、もし受診する際は眼瞼下垂を専門とした形成外科へ相談するのが良いそうです。 和田アキ子の目の異変はいつから? アッコさんが目の異変を自覚したのは 「2年ぐらい前から視野が狭くなったなと思っていたんです」と語っていたように、ここ近年のことだったようですね。 実際にアッコさんの目の異変にネットがざわつくようになったのは、情報を追ってみると2017年12月6日に放送された『2017 FNS歌謡祭』に出演された時あたりでしょうか。 和田アキ子さんが歌手の倖田來未さんとと代表曲 『あの鐘を鳴らすのはあなた』をデュエットした時の放送で、和田アキ子さんの目が小さく腫れぼったくなっている様子に、 「目どうした」「何だか目が変」など心配の声も寄せられていました。 眼瞼下垂手術後の初出演は「アッコにおまかせ」 12月2日の生放送番組「アッコにおまかせ」で眼瞼下垂手術後に初出演した和田アキ子さん。 番組冒頭で目の状態について自身で説明されましたが、今までのアッコさんを見慣れている視聴者にとってはあまりにも違うパッチリとした目元で驚いた視聴者が多数でした。 まだ術後2週間という事でまぶたにちょっと不自然な腫れがありましたが、徐々に腫れが引いて自然になるようです。 和田アキ子目が違くない? 芸能人の見た目が変わると様々な憶測が飛び交いますが、アッコさん本人からしっかりと説明があり 「まだ2週間経っていないんでいつもとちょっと違いますけど、心と体は元気です」と元気そうな姿で司会を進行されていたので安心しました。 そういえば和田アキ子さんのモノマネでブレイクした 「Mr. シャチホコ」さん。 彼もけっこう目が細めなので、今後は目を大きくしてモノマネするのかしら?などと想像してしまいましたがw 番組内では共演者の周りの芸人さんにも説明しながら 「お前らも年取ったらなるねんで!」とツッコんでいたアッコさん。 2019年に入ってからは、続いて宮根誠司さんも眼瞼下垂手術を受けたと報告されていましたね。 関連記事: 眼瞼下垂 がんけんかすい は加齢によるものだけかと思っていましたが、先天性やコンタクトなど他にも原因があるんですね。 和田アキ子さんの公表のおかげでまたひとつ勉強になりました。 今年デビュー50周年を迎え、68歳となった和田アキ子さん。 ずっと若々しいので年齢を知るとアッコさんもそんな年なのかと驚きますが、毎週生放送の司会や歌に、今も第一線で活躍されています。 目の不調も改善されたことで、益々パワフルな活躍が期待されそうですね。

次の