痛いニュース。 タモリがゲスト出演! 生駒里奈、磯山さやか、三四郎小宮が「地味に痛い事件」を熱演 『ザ!世界仰天ニュース』SP

ハチに刺されて最も痛い部位はどこか 米大学院生が自分の体で実験

痛いニュース

「同点」となったかと思われたが... 初回、いきなり守備の乱れが出た。 2つの内野ゴロで2アウトを取った桜井は、3番・青木宣親外野手(38)を四球で歩かせた。 2死1塁の場面で打席に立った村上の打球は、レフトとセンターの間に上がった。 レフト亀井善行(37)とセンター丸佳浩(31)ともに捕球可能な位置にいたが、2人が「お見合い」する形で打球はグランドに落ちた。 この間に1塁走者の青木がホームをおとしいれ1点を先制。 巨人は守備のミスで1点を献上した。 6回の攻撃では、ヘラルド・パーラ外野手(33)の「積極走塁」が裏目に出た。 1死1、3塁、一打同点のチャンスに炭谷銀仁朗捕手(32)がショートゴロを放ち、ヤクルトはゲッツーの態勢に。 セカンドの山田哲人(27)がベースカバーに入ったところ、1塁走者パーラが果敢にスライディング。 山田がジャンプ一番、パーラのスライディングをかわしたが背中から崩れ落ち、1塁に送球出来なかった。 併殺崩れの間、3塁走者の亀井がホームイン。 3-3の同点になったと思われたが、高津臣吾監督(51)がベンチから飛び出しこのプレーに対してリクエストを要求した。 検証の結果、パーラのスライディングは危険なスライディングと判定され、守備妨害としてパーラがアウトとなり、打者の炭谷もアウトとなった。 パーラのスライディングがなくても1塁は微妙なタイミングだっただけに悔やまれるプレーとなった。 新守護神・沢村に原監督も渋い顔 開幕から18試合を消化し、少しずつほころびが見え始めた原巨人。 この日は新守護神・沢村拓一投手(32)も不安を露呈した。 左脇腹の肉離れで登録を抹消されたルビー・デラロサ投手(31)に代わって新守護神に指名された沢村は9回のマウンドを任されたが、制球が安定せず四球と死球を1つずつ与えランナーを背負う投球に。 結果的にはこの回をゼロで抑えたものの、相変わらずの制球力の悪さに指揮官の表情も渋かった。 チームの要である坂本勇人内野手(31)の調子も気がかりとなる。 左脇腹違和感のため、7月9日の阪神戦でスタメンから外れ、スタメン復帰後はプレーに精彩を欠く場面がみられる。 守備ではスローイングが手投げとなり、11日のヤクルト戦では平凡なショートゴロを捕球した後、一塁への送球がハーフバウンド。 今シーズン初失策を記録した。 打撃も3試合連続無安打と元気がなく、体調が不安視される。 ヤクルトと0. 5ゲーム差で2位につける巨人は14日の広島戦(マツダスタジアム)から12試合連続でロードが続く。 本拠地・東京ドームに戻ってくるのは7月28日のDeNA戦から。 投手陣では先発・田口麗斗(24)と守護神デラロサを故障で欠き、チームリーダー坂本も本調子ではない。 14日からは5年連続で負け越している広島との3連戦。 今シーズン初の4連敗で首位から陥落した巨人の勝負どころとなりそうだ。

次の

【痛いニュース】【auSBドコモ】 携帯ショップのメモ書きが客に流出、客を『クソ野郎』扱い

痛いニュース

「同点」となったかと思われたが... 初回、いきなり守備の乱れが出た。 2つの内野ゴロで2アウトを取った桜井は、3番・青木宣親外野手(38)を四球で歩かせた。 2死1塁の場面で打席に立った村上の打球は、レフトとセンターの間に上がった。 レフト亀井善行(37)とセンター丸佳浩(31)ともに捕球可能な位置にいたが、2人が「お見合い」する形で打球はグランドに落ちた。 この間に1塁走者の青木がホームをおとしいれ1点を先制。 巨人は守備のミスで1点を献上した。 6回の攻撃では、ヘラルド・パーラ外野手(33)の「積極走塁」が裏目に出た。 1死1、3塁、一打同点のチャンスに炭谷銀仁朗捕手(32)がショートゴロを放ち、ヤクルトはゲッツーの態勢に。 セカンドの山田哲人(27)がベースカバーに入ったところ、1塁走者パーラが果敢にスライディング。 山田がジャンプ一番、パーラのスライディングをかわしたが背中から崩れ落ち、1塁に送球出来なかった。 併殺崩れの間、3塁走者の亀井がホームイン。 3-3の同点になったと思われたが、高津臣吾監督(51)がベンチから飛び出しこのプレーに対してリクエストを要求した。 検証の結果、パーラのスライディングは危険なスライディングと判定され、守備妨害としてパーラがアウトとなり、打者の炭谷もアウトとなった。 パーラのスライディングがなくても1塁は微妙なタイミングだっただけに悔やまれるプレーとなった。 新守護神・沢村に原監督も渋い顔 開幕から18試合を消化し、少しずつほころびが見え始めた原巨人。 この日は新守護神・沢村拓一投手(32)も不安を露呈した。 左脇腹の肉離れで登録を抹消されたルビー・デラロサ投手(31)に代わって新守護神に指名された沢村は9回のマウンドを任されたが、制球が安定せず四球と死球を1つずつ与えランナーを背負う投球に。 結果的にはこの回をゼロで抑えたものの、相変わらずの制球力の悪さに指揮官の表情も渋かった。 チームの要である坂本勇人内野手(31)の調子も気がかりとなる。 左脇腹違和感のため、7月9日の阪神戦でスタメンから外れ、スタメン復帰後はプレーに精彩を欠く場面がみられる。 守備ではスローイングが手投げとなり、11日のヤクルト戦では平凡なショートゴロを捕球した後、一塁への送球がハーフバウンド。 今シーズン初失策を記録した。 打撃も3試合連続無安打と元気がなく、体調が不安視される。 ヤクルトと0. 5ゲーム差で2位につける巨人は14日の広島戦(マツダスタジアム)から12試合連続でロードが続く。 本拠地・東京ドームに戻ってくるのは7月28日のDeNA戦から。 投手陣では先発・田口麗斗(24)と守護神デラロサを故障で欠き、チームリーダー坂本も本調子ではない。 14日からは5年連続で負け越している広島との3連戦。 今シーズン初の4連敗で首位から陥落した巨人の勝負どころとなりそうだ。

次の

巨人、痛い「首位陥落」 お見合い、守備妨害、新守護神...不安抱え乗り切れるか?ロード12試合: J

痛いニュース

わざとハチに刺されるなんて無謀にも程がありますが、 「ハチに刺されて最も痛い部位」は、興味をそそられるテーマではあります。 大学院生がハチに何度も刺される実験を敢行し、その結果を発表しました。 TIL, a graduate student studying bees at Cornell University, was stung on his testicles while wearing loose pants and experienced little pain. この実験を試みたきっかけは、マイケル・スミス氏がコーネル大学でミツバチの進化について研究をしていたときのこと。 緩いショートパンツの中にミツバチが入り込み、彼の睾丸が刺されてしまったのです。 その時に「思ったより痛くない」と感じたそうで、「では、どこなら一番痛いのか?」と疑問がわいたそうです。 そこで自ら人体実験を行うことを決意。 38日間にわたり、いろいろな部位25か所を3回ずつ刺して、その痛みを1〜10段階評価で表しました。 1日の最初と最後に刺すテストも加えたそうです。 その結果、最も痛みが少なかった上位3か所は、頭、脇、足の真ん中の指の先。 最も痛みが大きかった3か所は、鼻(9. 0)上唇(8. 7)男の急所(7. 特に鼻は電気ショックのように、くしゃみをしたり、鼻を鳴らしたり、鼻が出たり、体中が反応するようです。 もちろんこのデータはかなり主観的であり、参考に留めるべきですが、これだけの回数を刺して調べたのは感服するしかありません。 ちなみに目も部位に入れる予定でしたが、失明リスクがあると注意を受けて断念したとのことです。 海外掲示板のコメントをご紹介します。 バスケットコートに行くのにフェンスをよじ登っていて(フェンスのトップに巣があったのだと思う)、足をそこにかけたとき何かが一斉に向かってきた。 いくつもの何かが、髪の毛に入ったり、友人を追いかけたりした。 そして1匹が僕の角膜に神風のように突っ込んできた。 あまりの激痛でその場で死ぬかと思った。 友人はどうしたのかと尋ねてきたが、言葉に出来なかった。 目を強く閉じて、耳は轟いていた。 なんとかマクドナルドのトイレに行き、目を水で長く流したが、長い間赤かった。 今でもコンタクトを長時間つけっぱなしにしたり、目が乾燥したりすると、刺されたところ引っかかれたように感じる。 死ぬのは針が体からちぎれてしまうとき。 ハチに時間を与えると、よじってゆっくり抜くので大丈夫。 26年間タトゥーを彫っているが敏感な場所は人によりかなり違う。 外部サイト.

次の