アルメリア 育て方。 アルストロメリアの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(花の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

アルメリアとは

アルメリア 育て方

多くの種類がありますが、よく育てられているのはマリティマ(A. maritima)という草丈が15cmぐらいと低くピンクや白花を咲かせるタイプです。 北ヨーロッパからシベリア、北カリフォルニアなど海岸の崖などの沿岸地域に自生して、塩分に耐性がある事でも知られています。 葉は緑色ですが、中には斑入りをした品種があります。 他に草丈が50cmぐらいと高く切り花に向いているプシューダルメリア(A. pseudarmeria)も売らている事があり、花色はピンクと白以外に赤もあります。 両方とも細い葉が沢山茂り高さ5cmから10cmぐらいと低く、そこから花茎を長く伸ばして花を咲かせます。 作業カレンダー(暖地基準) 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 開花時期 開花 場所 日向 種まき 種まき 種まき 植え付け 苗の植え付け 苗の植え付け 株分け 株分け 肥料 肥料 肥料 鉢の水やり 鉢土の表面が乾いてから与える 過湿に注意 鉢土の表面が乾いてから与える マリティマ プシューダルメリア プシューダルメリアの赤花 マリティマの斑入り アルメリアの育て方 ポット苗の植え付け 鉢植え 春や秋に苗が売られている事があります。 鉢植えの用土は、水はけがとてもよい土を好むので、市販されている花の培養土にパーライトを2割ぐらい混ぜたり、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土)3、パーライト2などを利用するとよいです。 ポット苗 鉢に定植 庭植え 庭では日当たりが良く夏の西日を避けた所に植えるとよいです。 石灰土壌を好むので苦土石灰、水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜて耕します。 間隔は25cmぐらいあけて植えるとよいです。 岩のある水はけのよい所に自生しているのでロックガーデンに向いています。 鉢植えの置き場所 日当たりと風通しのよい所を好みます。 夏の高温多湿を嫌うので、梅雨など夏に雨が続く日は日当たりの良い軒下などに置いて、夏は西日を避けた所に置くと良いです。 冬の寒さに強いので、暖地では戸外に置いて越冬します。 水やり 鉢土の表面が白く乾いてから与えます。 高温多湿を嫌うので、夏の気温が高い時期に水を与え過ぎると根腐れしやすいので注意してください。 乾燥にはとても強いので、夏でも少しぐらい乾かし過ぎても大丈夫です。 庭では乾燥に強いので特に必要ないです。 肥料 痩せ地で花を咲かすので肥料は多く必要ないです。 春の3月から4月頃、秋の10月から11月頃に緩効性化成肥料を控えめに置き肥するぐらいです。 庭では春の3月頃に化成肥料などを少し与えるぐらいでよいです。 その他はを参考にしてください。 花茎切り 花が咲き終わると実が出来て養分を奪うので、早めに切り取って次もよい花を咲かせます。 種を採りたい場合は残しておきます。 植え替え 日本の高温多湿を嫌い大きく育つと夏に枯れやすいです。 秋の10月頃に株分けをして植え替えるとよいです。 1本の太いゴボウのような根が下に伸びているので、それを裂いて植え替えます。 鉢植えの用土は植え付け用土と同じです。 花壇でも株分けをして植えなおした方が良いです。 増やし方 株分けや種まきで増やす事ができます。 大きく育つと夏に枯れる短命植物なので、毎年苗から作りなおしてもよいです。 株分け、挿し芽 1本の太いゴボウのような根が下に伸びています。 この根を裂いて3、4芽ずつに分け、ポットに植えて苗が作れます。 時期は秋の涼しくなった9月下旬から10月頃に行うとよいです。 また芽を挿し芽して増やす事もできます。 半月ぐらい日が長く当たる所に置かないようにします。 種まきする 種を採って蒔いたり、売られている事もあります。 時期は春の4月頃から5月頃か秋の9月中旬から10月頃に行えます。 春に蒔いた場合は来シーズンの開花、秋に蒔いた場合は翌年に咲きます。 種がとても小さいので覆土は種が隠れるぐらいとごく薄く、水やりを上からすると流れやすいので、して受け皿に水を貯めて与えるとよいです。 本葉が2、3枚になったら根を切らないよう丁寧にポットに仮植えします。 仮植えの土は赤玉土(小粒)6、腐葉土3、パーライト2など水はけのよい土を利用します。 仮植え前 ポットに仮植え 関連リンク.

次の

アルメリア(ハマカンザシ)の花言葉と育て方!株分けの時期と方法は?

アルメリア 育て方

みなさんこんにちは。 今回は、 アルメリアについてまとめていきたいと思います。 アルメリアは「 イソマツ科」「 ハマカンザシ属」「 多年草」に分類される「 山野草」です。 学名はそのまま「 Armeria」と言います。 和名は属名にもあるように「 ハマカンザシ」「 オオハマカンザシ」と呼ばれています。 「 アルメリア」はケルト語で「 海に近い」という意味です。 その名のとおり、もともとは海に近い場所で自生していた植物です。 アルメリアは 寒さや夏の日差しにも強く、丈夫で育てやすいです。 まずは アルメリアの育て方からお伝えします! アルメリアの育て方!環境はどうする?日陰でも育つの? アルメリアは日当たりを好みます。 日陰で育てると成長が悪くなってしまうため注意しましょう。 夏場は半日陰で育てます。 アルメリアは 強い日差しや寒さ、潮風にも強いため、痩せている土地や海の近くにある砂地といった環境でも十分に育ちます。 しかしながら、 蒸れには弱いため、梅雨時は雨が直接当たらない、風通しのよい場所で管理しましょう。 次は、 アルメリアに適した用土についてお伝えします! アルメリアを育てる際の適した用土は何? アルメリアは水はけの良い土を好みます。 また、アルメリアは土壌の酸性を嫌います。 そのため、「 赤玉土」「 腐葉土」「 苦土石灰」などを混ぜてください! それぞれの割合は 赤玉土:2 腐葉土:1くらいがよいです。 苦土石灰は土20Lに対して大さじ1くらいを混ぜましょう。 次は、 アルメリアに必要な肥料についてお伝えします! アルメリアの育て方!肥料はどうする? アルメリアは元肥に少量の「 緩効性肥料」を与えます。 また、追肥には 1000倍に希釈した液肥を与えましょう。 では次は、 アルメリアの水やりポイントについてお伝えします! アルメリアを育てる際の水の量はどうする? アルメリアは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。 地植えの場合は、植え付け直後には水やりを行いますが、根付いてからはあまり必要ありません。 鉢植えの場合には、 春と開花中は土を乾燥させないように注意しましょう。 開花後は、過湿にならないように土が乾燥してからあげましょう。 以上で基本的なアルメリアの育て方については終わりです。 したがって、季節は 春です。 アルメリアは 土の酸性を嫌うため、地植えの場合にはあらかじめ 苦土石灰で中和しておきましょう。 それでは次に、 アルメリアの鉢植えや地植え 花壇 で育てる際のポイントをお伝えします! アルメリアの鉢植えや地植え 花壇 で育てる際のポイントは? アルメリアは寒さと乾燥にはとても強い丈夫な花ですが、蒸れには弱いため、鉢植えの場合には梅雨時は雨が直接当たらない、風通しの良い場所で管理しましょう。 また、梅雨時には混み合ってきたところを刈り込んで、風通しをよくします。 アルメリアは 寒さにとても強いため、冬は屋外でも十分に越せます。 次は、 アルメリアの植え替えのポイントをお伝えします! アルメリアの植え替えのポイントは? アルメリアは株分けと合わせて2年に1度は植え替えをするとよいです。 植え替えの際には新しく用意した土で育ててあげましょう。 次に、 アルメリアの寄せ植えの仕方をお伝えします! アルメリアの寄せ植えの仕方! アルメリアはその性質上、寄せ植えでは使いにくい植物ではありますが、乾燥に強いものと一緒に植えてあげるとよいです。 具体的な例としては、アルメリアを邪魔しない「」「」「」などがおすすめです。 それでは次に、 アルメリアの増やし方をお伝えします! アルメリアの増やし方! アルメリアは「 種」のほかにも「 株分け」をすることでも増やすことができます。 植え替えの際に合わせてできる株分けがおすすめです。 花後に種を採取したら、春もしくは秋にまくことで翌春に開花します。 自分で種を入手する場合には、雨に当たらない場所でまとめていくつか異なる株を植えてあげることで、自家受粉しやすい環境を整えてあげましょう。 掘り出して、株元を縦に切り裂くようにして株を分けましょう。 それでは次に、 アルメリアの花が咲かない原因をお伝えします! アルメリアの花が咲かない原因は? アルメリアの花が咲かない原因には、日当たりが悪いことが考えられます。 アルメリアは日当たりを好むため、日当たりが悪い環境だと生育が悪くなってしまいます。 あらためて、栽培環境を見直してみましょう。 次は、 アルメリアの花言葉をお伝えします! アルメリアの花言葉はなに? アルメリアの花言葉は「 同情」「 思いやり」「 共感」です。 花言葉の由来はアルメリアの英名が「 Thrift」と呼ばれており、この名前は「 倹約」「 節約」という意味を有しているため、それに「 共感」するという意味だと言われています。 アルメリアの花言葉は品と優しさに満ちていますね! 最後に、 アルメリアの種類をお伝えします! アルメリアの種類や品種は何があるの? アルメリアの品種には「 アルメリア・マリチマ」「 アルメリア・シュードアルメリア」「 アルメリア・ジュニペリフォリア」「 エンゼル・ボール」などがあります。 「アルメリア・マリチマ」は多くの系統があり、花色の濃淡や大きさの違いがあるものや、白花種、斑入り葉、銅葉などのバリエーション豊富に販売されています。 「アルメリア・シュードアルメリア」は葉の幅が大きい、大型の品種です。 花色などの個体差が大きいのが特徴です。 「アルメリア・ジュニペリフォリア」は小さく針の形状をした葉が密集して生えています。 この品種は山野草として育てられる場合が多いです。 「エンゼル・ボール」は交配種であり、花色は濃い桃色です。 中型種で、 草丈は30cmくらいになります。 それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。 アルメリアのまとめ! いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは 13個ありました。 日陰で育てると成長が悪くなってしまうため注意しましょう。 夏場は半日陰で育てます。 アルメリアは水はけの良い土を好みます。 また、アルメリアは土壌の酸性を嫌います。 そのため、「 赤玉土」「 腐葉土」「 苦土石灰」などを混ぜてください! アルメリアは元肥に少量の「 緩効性肥料」を与えます。 また、追肥には 1000倍に希釈した液肥を与えましょう。 アルメリアは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。 地植えの場合は、植え付け直後には水やりを行いますが、根付いてからはあまり必要ありません。 鉢植えの場合には、 春と開花中は土を乾燥させないように注意しましょう。 開花後は、過湿にならないように土が乾燥してからあげましょう。 したがって、季節は 春です。 アルメリアは 土の酸性を嫌うため、地植えの場合にはあらかじめ 苦土石灰で中和しておきましょう。 また、梅雨時には混み合ってきたところを刈り込んで、風通しをよくします。 アルメリアは 寒さにとても強いため、冬は屋外でも十分に越せます。 植え替えの際には新しく用意した土で育ててあげましょう。 具体的な例としては、アルメリアを邪魔しない「 ミニミニハボタン」「 黒龍」「 初雪カズラ」などがおすすめです。 花後に種を採取したら、春もしくは秋にまくことで翌春に開花します。 自分で種を入手する場合には、雨に当たらない場所でまとめていくつか異なる株を植えてあげることで、自家受粉しやすい環境を整えてあげましょう。 掘り出して、株元を縦に切り裂くようにして株を分けましょう。 アルメリアは日当たりを好むため、日当たりが悪い環境だと生育が悪くなってしまいます。 あらためて、栽培環境を見直してみましょう。 それでは今回はこれで失礼します。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

アルメリア(ハマカンザシ)の花言葉と育て方!株分けの時期と方法は?

アルメリア 育て方

育て方として、まず植えるためには、水はけのよい用土を用意します。 植え付けの際には少なめの肥料を均等に混ぜ込んで元肥とするとよいでしょう。 土に植える場合は、バーミキュライトなどの水はけを良くする物が必要になります。 また、植える際の場所ですが日当たりの良い場所を好む植物ではあるものの、暑さは苦手なため、庭に植える場合は西日を避けた風通しの良い場所を選ぶ必要があります。 また、鉢植えによって育てる場合は、半日陰の風通しの良い場所へと移動させる事が重要です。 育て方としてまず、水やりの頻度ですが、土の表面が乾いた時に与える事が重要です。 元々海岸が生息地域であるため、乾燥気候や塩分には強いものの高温多湿の時期には蒸れてしまい、死んでしまう事があるため、過剰な水やりは避けるべきと言えます。 また、肥料も通常の植物よりは控えめにすべきです。 ゆっくりと効く粒状の肥料を土に混ぜ込むだけでなく、花がひと通り咲き終わった段階と秋に数回液体肥料を与えるとよいでしょう。 ちなみに、真夏や真冬には肥料は与えないようにしなければなりません。 勿論栄養分が足りないと葉が黄色く枯れていきますが、多すぎると根腐れを起こすためです。 育て方一つでアルメリアは長く生きる植物となりますので気をつける最重要ポイントと言えます。 9月の中頃から、9月末頃(彼岸の時期)に種をまく事により増やす事が出来ます。 ただし、種付け自体が、高温多湿の日本の気候では少なく種ができにくい傾向にあります。 アルメリアが直根性の植物である事から、直撒き方式にするとよいでしょう。 種付けによって増やす栽培方法が難しい場合は、根鉢を崩さずに植え替える株分けによる栽培方法もあります。 その場合は、株をある程度大きくする事だけでなく、時期が本格的に寒くなる12月などの前である事が重要です。 なお、株が大きくなりすぎると、蒸れやすくなり、高温多湿の時期に中心部から枯れてしまうことなどがあります。 そのため、株分けを兼ねた植え替えが必要になるのです。 なお、生育が良い場合は毎年しても良いのですが、通常は2年から3年に一度程度で良いとされています。 株分けの方法としては、根を縦に割るようにして分け、植え付けていきます。 イメージとしては茎を分けてから土に挿していくという感じでしょうか。 根には芽が多く出ているので、5芽から10芽程度で1株となるようにして分けるとよいでしょう。 なお、細かくなりすぎて根っこがつかない茎でも土にさすことで出てくるので慌てずに分けてやるとよいでしょう。 時期の目安は種蒔きから少し後の9月から10月と、3月から4月となります。 なお、種付けによって株が弱るケースがあるので、終わった花は早めに花茎から切り取って老化させないようにする事が必要となります。 そのため、出来るだけ花殻摘みを忘れない事も大切です。 栽培方法にも注意する事で多くの花を咲かせる事が可能となります。 アルメリアは種付けの後に弱るだけでなく、季節に応じた手入れが必要です。 前述している通り、高温多湿の季節を嫌うため、その時期に株が大きすぎると株の中での風通しが悪くなって梅雨や夏の時期にかれやすくなります。 そのため、出来るだけ早めの株分けが必要と言えますので、3月から4月となっているのです。 ちなみに夏に行うと、夏の暑さに耐えられずに枯れてしまう事が多くなります。 夏でも生育旺盛のために地表に根が出てきてしまった場合は、株元に土を盛ることで根が乾燥しないようにしてから秋の季節まで待つことが必要となります。 また、太い根が地中を縦方向に伸ばす植物ですが、相対的に横には根を張りません。 そのため、冬に霜柱が発生した時には、根が持ち上げられてしまって株が浮き上がり、結果枯れてしまうケースもあります。 耐寒性は非常に高い植物であるものの、鉢でない場合はこのような事態を防ぐために腐葉土を敷くなどの防寒対策が必要になります。 なお病害虫ですが、あまり無いものの春先のアブラムシがあります。 アブラムシは茎や葉っぱに付いてしまって植物を弱らせるので、薬剤散布による駆除が必要になります。 なお、薬剤散布によって、夏の蒸れをある程度発生させないようにする事も可能ですので、夏の蒸れによる枯れる事を予防するという意味でもお勧めです。 勿論、高温多湿な環境を避ける事を最重要視する事が前提となります。 以上より、アルメリアの育て方、栽培方法としては、夏越しが一番のポイントとなるといえますが、それ以外は丈夫な植物となっていますので、比較的育てやすい植物といえるでしょう。 大株が出来てしまう前の株分け、水分の適量が他の植物よりも少ないという事、肥料を与え過ぎない事に注意して育てていくと良いのではないでしょうか。 歴史的にみてもヨーロッパでは古くから親しまれ、愛されてきた花といえます。 まず、属名がアルメリアという名前には理由があり、古い言語であるケルト語に由来しています。 ケルト語ではアルメリアはarmarからきています。 この言葉の意味は「海に」であり、この植物が海や浜辺が生息地である事から来た語源ではないかと言われています。 なおアルメニアの原産はヨーロッパですが、その中でもイギリスの海岸等で多く見られる花です。 ちなみに、ケルト語だけでなく英語でもシーピンク(sea pink)と名付けられています。 これは「海のナデシコ」という意味です。 また、和名も含めてその全てが海や浜辺などにまつわる名前となっています。 また、その美しさから別名に「レディス・クッション」という名前もつけられています。 また、日本ではマツバカンザシとも呼ばれる事があります。 これは、葉っぱが細くて固いため、松のかんざしの様であるという事からつけられた別名です。 アルメリア(Armeria maritima)とは、和名をハマカンザシと呼ぶ、イソマツ科の多年草です。 他のイソマツ科と同じく、美しい桃色、白色、赤色の花弁をつけるので、観賞用としても育てられています。 特徴としては、まっすぐに伸びる細い茎と、先端に付く丸い花です。 花は前述したとおり桃色、白色、赤色がありますが、主によく見かける物は桃色の花です。 多くは観賞用のため、花壇で栽培されています。 また、元々海辺や浜辺を生息地としている、ヨーロッパ原産の花ですので、乾燥気候や塩分に強い事も特徴の一つです。 花は一見すると一つの花が咲いているように見えますが、実は小さな花が中心から外に向かって非常に多くの数が開いていることで、くす玉のような花型に見せている特徴があります。 見た目は非常に柔らかそうな印象を持ちますが、小花が集まっている事もあり、触るとカサカサした感触を感じるかもしれません。 草丈はおよそ15センチから20センチと非常に低くなっています。 緑色をしています。 葉は濃い緑で、非常に細くなっています。 多く出回っているものには多くの種類がありますが、どれも美しい花を咲かせます。 多年草のため、一度花壇に植えると、毎年花を咲かせることでも知られています。 なお、花言葉は思いやり・同情となっており、いかに愛されてきた花であるかという事が伺えるものとなっています。

次の