メルル。 なちゅふわに盛れるプリ機『Melulu(メルル)』が、フリューから新登場♥ぜったい可愛くなれる次世代プリ機を早速試してみたよ!

メルルに涙する。『ウォーキング・デッド』の嫌われ者を紹介【ネタバレあり】

メルル

この項目には性的な表現や記述が含まれます。 もお読みください。 はアダルトゲーム雑誌『』にて(5年)からにかけて執筆された。 1995年とには原作に準じたかたちで化、にはのかたちで化されている。 ()では、" Magic Woman M " のタイトルでリリースされた。 しかし、若さや大雑把な性格が災いし、実戦では散々な目に遭ってしまう。 作品には、・魔物によるを中心とした漫画版と、それを原作とした版、および、版が存在する。 作風は、、、触手、的()などの要素を一部に含む。 漫画版 [ ] 漫画版の特徴として、表題の中の「百年にひとりの」の部分は、ときに「百 人にひとりの」と表記が変えられており、固定されたものではない。 『-百年にひとりの- 魔法少女メルル 〜オーガの山〜』 [ ] 本作は、ねこしたPONG名義での最初の著作物である。 『ファンタジェンヌ』誌創刊の際の読み切り漫画として(平成5年)に執筆された。 化はされていない。 初出では「オーガの山」というは付いていない。 ストーリー 修業の旅を続ける見習い魔術師の少女メルルは、近道をしようと危険な山越えの道を選ぶ。 途中で呑気に食事などしていると、山の奥から悲鳴のような声がする。 メルルが水を飲み、パンを頬張っているのと同じ頃、山の奥では怖ろしい怪物が犯した女の血をすすり、肉を貪り食っていた。 引き返せばいいものを、メルルは空元気を搾り出して再出発し、案の定、峠の頂近くで怪物と遭遇してしまう。 必死に逃げるも谷に落ち、追い詰められたメルルは呪文を唱え始める。 しかし、意に反して何故か魔術は少しも効果を顕わさない。 怒り狂ったオーガの攻撃は辛辣だった。 メルルの小さな身体は木の葉のように宙を舞い、巨大な手で人形さながらに扱われる。 『-百年にひとりの- 魔法少女メルル 〜サハギンの河〜』 [ ] 前作の続編として1993年(平成5年)12月から(平成7年)6月にかけて執筆・連載されたが、執筆は半ばで止まっている。 こちらも単行本化はされていない。 ストーリー して橋の落ちた暴れ河がメルルの往く手を塞いでいた。 どうしたものかと思案に暮れていると、河の中から1匹の(オス)が現れる。 以前より上達した魔術に自信を持っていたメルルは、よせばいいのにサハギンの口車に乗って河の渡しを頼み、案の定、河の中へ引き摺り込まれてしまう。 水の中では呪文の詠唱は叶わず、メルルはサハギンが営巣する洞窟へと連れ去られてしまう。 そこには怖ろしい雌サハギンが産卵しようと待ち構えていた。 人間の女性の体を利用しての繁殖がサハギン達の目的であり、それが彼らの生き物としての習性だった。 メスが人間のへ産卵した上で、オスがそこへ放精()することにより、サハギンのは初めてすることができるのである。 魔法による反撃を試みるメルルだったが、その手には常に頼みとしてきた師の(シャルル・ロッド)は握られていなかった。 抗う術を無くしたメルルは子宮に異種産卵させられサハギンの仔を宿す。 孕ませられた後もサハギンのオスたちの陵辱は続き、抵抗する意思さえ失ったメルルにサハギン出産の時間が刻々と迫る。 14歳。 大魔導師シャルル・ドゥ・フィーユの養女であり、弟子である。 名職人級女魔術師(クラフツマン ・ウィザーディス。 アダルトアニメ版では一階級下のプロフィシャンティス)。 製の術棒を手にし、青いを身に纏い、紋章飾りの付いた魔法帽子を被った、緑眼でハニーブロンド(最も金色に近い金髪)の少女。 生誕年はジオット暦。 身長は160cm(設定は「小柄な女の子」だが、白人社会に合わせた補正ありとのこと)。 設定上の衣裳コンセプトは、魔術師衣裳と服に(その、ジョンベラ)、その他を加味したもの。 キャラクター・イメージカラーは、の色(・カラー)、プラス・アルファ。 火と風の「フレイムウィンド Flame-wind (火焱?? 術)」、地と風の「レヴィテート Levitate (浮揚術)」、風の「スフェリクス Spherics (空霆術)」、水と地と風の「マジック・ウェッブ Magic Web (蛛網術)」など、主として魔術を操る。 但し、師の(シャルル・ロッド)が無いと魔術が使えない。 メルルの育ての親であり、師匠でもある。 )に複数の領地を持つであり、、万霊学者(:あるを学問する者)、大学教授。 自称、生誕年は嘘か真かジオット暦。 190cmの長身で英雄体形、白眉白髭、足元に達するほどに長い白髪が特徴の謎多き老人。 を通じてメルルを見守り、主に飾り枠とで登場する人。 「ドゥ・フィーユ」は貴族としてのであり、家名は「シェクル」(フルネームは長大)。 陵辱されてるメルルを覗くのが趣味。 女騎士 原作第1話に登場。 山中でオーガと闘うも敗れて、犯されながら食われることに。 吟遊詩人の少女 原作第2話に登場する、バルド()の少女。 河サハギンに浚われた被害者で、胎内に産卵・放精される。 サハギンの仔の宿主・苗床として巣に囚われてしまう。 赤い鎧を纏った黒髪の女の子。 (魔物に襲われ)木に縛られているところをメルルに助けられる。 オレンジ色の鎧を纏った赤髪の女剣士であり、ルナの姉。 村を襲うオーガに立ち向かう。 北欧の呪符使いであるの少女であり、秘境に建ち古文書の宝庫となっているラニーニ修道院を目指すフレニ隊の主人。 神官位。 ウェルウァ(ヴォルヴァ、)として性儀を経験済み。 クリーム色の衣裳を纏った青い髪色の少女(原作設定では陰が青みがかったプラチナブロンド)。 設定上のキャラクター・イメージカラーは、の色。 触手怪物シュリーカーに犯られているところをメルルに助けられて以降、フレニ隊とメルルは行動を共にすることとなる。 フレニの魔術はメルルの魔術に比して威力こそ弱いものの、呪符使用の性質上、呪文は短く、奇蹟の発現は速い。 (えびいろ)のを纏った女戦僧(ノン、女モンク)であり、フレニ隊の一員。 戦僧術を操る。 バトラクス(戦斧)の使い手。 メルルと同門の少年魔術師。 メルルとは幼馴染みの関係。 富裕な領主にして。 そして、カバラ系魔術の名人級大魔導師(エキスパート・ウィザード)であり、錬金術師である。 幼馴染みでもあるシャルルをライバルとして意識し続けているが、財力と専門分野以外で彼が上に立ったことはない。 ポントーニ領の統治者であり、エルマンノとよしみを通じる。 gi Czaba アダルトゲーム版に登場。 古いの流れを汲む、系の呪術師。 身長85cm。 人であることを止めたかのような醜さは見た目だけではない。 様々な種類がいる族のうちの温厚な一種族の一個体であり、フレニの召使いである。 なりは大きいが、まだ子供。 山に巣窟を持ち、浚った人間を閉じ込めてもいる。 強靭な肉体を誇るが、知性は高くない。 身長 4m強。 原作設定での説によるオーガの正体は、地獄生まれの悪しき巨人、ほか。 万霊学説による正体は、かつて繁栄していた恐猿(造語: Dinopithecus、別進化系統の肉食性人類)の現存種である。 原作版のオーガは峠道で旅人を襲う。 アダルトアニメ版 1作目に登場するオーガは麓の村を頻繁に襲い、抵抗を試みた村の男達はほぼ壊滅状態にある。 テレパシーを使ってメルルやティアと会話している。 原作と同様に山に巣窟を持ち、浚った女性を監禁し、強姦した後、食らっている。 原作設定での神学説によるサハギンの正体は、海の怪物、ほか。 万霊学説による正体は、類人魚(人に類似する魚型知的生物)の一種。 河サハギンは原作にのみ登場。 サハギナの龍に生息。 原作とアダルトアニメ版に登場し、後者では「サハギン」と称。 アニメ版では好戦的な性格。 漫画版のサハギンは人間の成人男性より大きい雌は頑丈で強く、性格は獰猛。 雄は人間の成人女性より小さくて脆弱、性格は姑息。 雌上位の一妻多夫制で、赤いのが雌、青いのが雄。 サハギン類は、雌は産卵管を、雄は放精管を持っており、これを人間の女性器に差し込んで産卵・放精する。 原作に登場する2匹、アダルトアニメ版に登場する3匹は共に夫婦。 前者は浚ってきたメルルの、後者はメルルとフレニの胎内に受精卵を植え付けようとする。 アニメ版では雌サハギンの名前はゲリーとよばれていた。 海サハギンの仔 宿主とされた女性の胎内で数か月掛けて育ったのち、孵化して生まれ出てくる。 叫ぶ凶兆。 「かん高い叫び声、悲鳴、金切り声」との語義に違わず、音も無く背後から忍び寄っては金切り声を挙げながら襲ってくる怪物であり、触手を持った有毒・這いずり型の生き物である。 毒霧を吐いて敵を目潰しをする。 沼沢地とその周辺環境にて夥しい数の棲息が認められる。 アダルトアニメ版では繁殖期にあってフレニ達を襲った。 同作品の導入部であるロッテ湿原の入り口では、石標がシュリーカーの出現を警告していた(「シュリク シュリク 戻らずの小径」)。 一般的に同一視されているものとしてスクリーマー Screamer を挙げられるが、実際は全くの別ものである。 なお、シュリーカー自体は作者のオリジナルではなく、その起源は昔から言われるところの「背後に感じる悪い予感」であり、「悪寒」である cf. 湿原を飛び交う怖ろしい飛翔性吸血サソリだが、フレニがルーン魔術「の炎のルーン」によって素早く一掃している。 呪文詠唱に手間取るメルルのウィザードリーはこのような敵を不得手としており、あらかじめの防御魔術が必須となっている。 造形の雛形は、、陸棲類。 狂い火。 (火球精霊)と同類のものを、南欧ではそのように呼ぶ。 追ってはいけない、触れてはいけない。 巨大アリ。 2メートル以上はある。 主として女戦僧リーアォが戦僧術をもって数匹を叩き潰した。 巨大カマキリ。 屍肉あさり。 湿原の地中に潜む、にもにも似た巨大生物。 メルルが凍気系魔術「ジェリド・ブラスティング Gelid Blasting」で仕留めている。 身長5m以上。 呪術師チャバが召喚する、古のに起源する強力な悪霊。 正体が判明しない状態の怪物を「ビースト」と呼ぶことがあるが、自然には存在しがたい異常極まりない生物が「オッド・ビースト」である。 物語では、強力な暗黒系魔術によって周辺環境の広範にあった動物の生体と死体がし、それは出現した。 魔法 [ ] メルルの呪文 [ ] イヴォーク! テッラエ・エト・イグニス! アークレ・ファメース! アダルトアニメ版 1作目にて、オーガに向けて放った飢餓の呪文。 ACRE FAMES/Level-7。 地の力。 エ・ウォーカ! イグニス! ファイヤーボール! アダルトアニメ版 2作目にて、サハギンに向けて放った炎の呪文。 FIREBALL/Level-3。 火の力。 フレニの呪文 [ ] この節のが望まれています。 アダルトアニメ版 [ ] 本作は、ねこしたPONG原作による初の派生作品である。 第1巻『 魔法少女メルル 〜オーガの山〜』が(平成9年)1月21日(発売元:波素館)に、第2巻『 魔法少女メルル2 〜サハギンの河〜』が(平成10年)4月25日(発売元:あかとんぼ)に発売された。 ストーリー [ ] 第1巻 時はジオット暦 青の2の月半ば。 見習い魔術師の少女メルルは修業の旅を続ける中、怪物オーガの襲撃を受けた村に行き当たる。 村人に代わってオーガを退治しようとするメルルだったが、意に反して何故か魔術は効果を顕わさない。 彼女の小さな身体は長大な腕に捕らわれ、翻弄され始める。 しかし、師シャルルはこれを、性的昂揚を魔法として活かすための、弟子メルルに欠かせない試練と知っていた。 そうして、男(雄)を知らないメルルは巨大な暴漢に組み敷かれる。 第2巻 1414年、赤の1の月上旬。 次の目的地としている秘境のを目指してひとり危険なに足を踏み入れたメルルは、怪物に襲われているフレニ一行を助け、目的地が同じと知って旅を共にすることに決める。 往く手を遮る湿原には数多くの困難が待ち受けていたが、彼女達はよく戦った。 しかし、渡河を図っているところをサハギンの番(つがい)に襲われ、川の中へ引き摺り込まれる。 水中では呪文の詠唱も叶わず、二人はサハギンが営巣する洞窟へと連れ去られてしまう。 魔法による反撃を試みるメルルだったが、頼みとしていた師の術棒は失われていた。 異種産卵の悪夢から逃れる手立てを2人の少女は見出せない。 スタッフ [ ]• 製作総指揮 - 武田義輝• 企画 - 大八木八大(第1巻)• 原作 - ねこしたPONG• 監督 - 桃幻庵(第1巻)、小池あひる(第2巻)• 脚本 - 石井博士(第1巻)、ねこしたPONG(第2巻)• キャラクターデザイン - (第1巻)• 美術監督 - 花札骸子(第2巻)• 色彩設定 - 免野ぽん太(第1巻)• 編集 - 関一彦(第1巻)、伊東裕(第1巻)、(第1巻)、花岡英二(第2巻)• 音響監督 - 新開一(第1巻)• 音楽 - K・T(第1巻)• スーパーバイザー - 大八木八大(第1巻)• プロデューサー - 美津信海人(第1巻)、大白幸雄(第2巻)• 制作協力 - XMAC(第2巻)• アニメーション制作 - スタジオ海人(第1巻)• 製作 - 波素館(第1巻)、あかとんぼ(第2巻) 各巻リスト [ ] 話数 サブタイトル 絵コンテ 作画監督 1 オーガの山 破仁悠 平出峰一 2 サハギンの河 池田邦光 おおつかじろう アダルトゲーム版 [ ] 派生作品である『 魔法少女メルル 〜神々の至宝を求めて〜』が(平成11年)4月2日に発売。 発売元はあかとんぼ。 原作の世界観を基にした異伝、スピンオフの形で製作された。 プレイヤーはメルルと同門の少年魔術師として行動をともにする。 戦闘はで攻撃を決定するシステム。 物語の流れに沿っていくつかのミニゲームがある。 スタッフ• 原案・キャラクターデザイン:ねこしたPONG• 制作総指揮:武田義輝• 監督・脚本:鈴木重守• 制作:あかとんぼ 脚注 [ ] [].

次の

メルル (MERLE)

メルル

この項目には性的な表現や記述が含まれます。 もお読みください。 はアダルトゲーム雑誌『』にて(5年)からにかけて執筆された。 1995年とには原作に準じたかたちで化、にはのかたちで化されている。 ()では、" Magic Woman M " のタイトルでリリースされた。 しかし、若さや大雑把な性格が災いし、実戦では散々な目に遭ってしまう。 作品には、・魔物によるを中心とした漫画版と、それを原作とした版、および、版が存在する。 作風は、、、触手、的()などの要素を一部に含む。 漫画版 [ ] 漫画版の特徴として、表題の中の「百年にひとりの」の部分は、ときに「百 人にひとりの」と表記が変えられており、固定されたものではない。 『-百年にひとりの- 魔法少女メルル 〜オーガの山〜』 [ ] 本作は、ねこしたPONG名義での最初の著作物である。 『ファンタジェンヌ』誌創刊の際の読み切り漫画として(平成5年)に執筆された。 化はされていない。 初出では「オーガの山」というは付いていない。 ストーリー 修業の旅を続ける見習い魔術師の少女メルルは、近道をしようと危険な山越えの道を選ぶ。 途中で呑気に食事などしていると、山の奥から悲鳴のような声がする。 メルルが水を飲み、パンを頬張っているのと同じ頃、山の奥では怖ろしい怪物が犯した女の血をすすり、肉を貪り食っていた。 引き返せばいいものを、メルルは空元気を搾り出して再出発し、案の定、峠の頂近くで怪物と遭遇してしまう。 必死に逃げるも谷に落ち、追い詰められたメルルは呪文を唱え始める。 しかし、意に反して何故か魔術は少しも効果を顕わさない。 怒り狂ったオーガの攻撃は辛辣だった。 メルルの小さな身体は木の葉のように宙を舞い、巨大な手で人形さながらに扱われる。 『-百年にひとりの- 魔法少女メルル 〜サハギンの河〜』 [ ] 前作の続編として1993年(平成5年)12月から(平成7年)6月にかけて執筆・連載されたが、執筆は半ばで止まっている。 こちらも単行本化はされていない。 ストーリー して橋の落ちた暴れ河がメルルの往く手を塞いでいた。 どうしたものかと思案に暮れていると、河の中から1匹の(オス)が現れる。 以前より上達した魔術に自信を持っていたメルルは、よせばいいのにサハギンの口車に乗って河の渡しを頼み、案の定、河の中へ引き摺り込まれてしまう。 水の中では呪文の詠唱は叶わず、メルルはサハギンが営巣する洞窟へと連れ去られてしまう。 そこには怖ろしい雌サハギンが産卵しようと待ち構えていた。 人間の女性の体を利用しての繁殖がサハギン達の目的であり、それが彼らの生き物としての習性だった。 メスが人間のへ産卵した上で、オスがそこへ放精()することにより、サハギンのは初めてすることができるのである。 魔法による反撃を試みるメルルだったが、その手には常に頼みとしてきた師の(シャルル・ロッド)は握られていなかった。 抗う術を無くしたメルルは子宮に異種産卵させられサハギンの仔を宿す。 孕ませられた後もサハギンのオスたちの陵辱は続き、抵抗する意思さえ失ったメルルにサハギン出産の時間が刻々と迫る。 14歳。 大魔導師シャルル・ドゥ・フィーユの養女であり、弟子である。 名職人級女魔術師(クラフツマン ・ウィザーディス。 アダルトアニメ版では一階級下のプロフィシャンティス)。 製の術棒を手にし、青いを身に纏い、紋章飾りの付いた魔法帽子を被った、緑眼でハニーブロンド(最も金色に近い金髪)の少女。 生誕年はジオット暦。 身長は160cm(設定は「小柄な女の子」だが、白人社会に合わせた補正ありとのこと)。 設定上の衣裳コンセプトは、魔術師衣裳と服に(その、ジョンベラ)、その他を加味したもの。 キャラクター・イメージカラーは、の色(・カラー)、プラス・アルファ。 火と風の「フレイムウィンド Flame-wind (火焱?? 術)」、地と風の「レヴィテート Levitate (浮揚術)」、風の「スフェリクス Spherics (空霆術)」、水と地と風の「マジック・ウェッブ Magic Web (蛛網術)」など、主として魔術を操る。 但し、師の(シャルル・ロッド)が無いと魔術が使えない。 メルルの育ての親であり、師匠でもある。 )に複数の領地を持つであり、、万霊学者(:あるを学問する者)、大学教授。 自称、生誕年は嘘か真かジオット暦。 190cmの長身で英雄体形、白眉白髭、足元に達するほどに長い白髪が特徴の謎多き老人。 を通じてメルルを見守り、主に飾り枠とで登場する人。 「ドゥ・フィーユ」は貴族としてのであり、家名は「シェクル」(フルネームは長大)。 陵辱されてるメルルを覗くのが趣味。 女騎士 原作第1話に登場。 山中でオーガと闘うも敗れて、犯されながら食われることに。 吟遊詩人の少女 原作第2話に登場する、バルド()の少女。 河サハギンに浚われた被害者で、胎内に産卵・放精される。 サハギンの仔の宿主・苗床として巣に囚われてしまう。 赤い鎧を纏った黒髪の女の子。 (魔物に襲われ)木に縛られているところをメルルに助けられる。 オレンジ色の鎧を纏った赤髪の女剣士であり、ルナの姉。 村を襲うオーガに立ち向かう。 北欧の呪符使いであるの少女であり、秘境に建ち古文書の宝庫となっているラニーニ修道院を目指すフレニ隊の主人。 神官位。 ウェルウァ(ヴォルヴァ、)として性儀を経験済み。 クリーム色の衣裳を纏った青い髪色の少女(原作設定では陰が青みがかったプラチナブロンド)。 設定上のキャラクター・イメージカラーは、の色。 触手怪物シュリーカーに犯られているところをメルルに助けられて以降、フレニ隊とメルルは行動を共にすることとなる。 フレニの魔術はメルルの魔術に比して威力こそ弱いものの、呪符使用の性質上、呪文は短く、奇蹟の発現は速い。 (えびいろ)のを纏った女戦僧(ノン、女モンク)であり、フレニ隊の一員。 戦僧術を操る。 バトラクス(戦斧)の使い手。 メルルと同門の少年魔術師。 メルルとは幼馴染みの関係。 富裕な領主にして。 そして、カバラ系魔術の名人級大魔導師(エキスパート・ウィザード)であり、錬金術師である。 幼馴染みでもあるシャルルをライバルとして意識し続けているが、財力と専門分野以外で彼が上に立ったことはない。 ポントーニ領の統治者であり、エルマンノとよしみを通じる。 gi Czaba アダルトゲーム版に登場。 古いの流れを汲む、系の呪術師。 身長85cm。 人であることを止めたかのような醜さは見た目だけではない。 様々な種類がいる族のうちの温厚な一種族の一個体であり、フレニの召使いである。 なりは大きいが、まだ子供。 山に巣窟を持ち、浚った人間を閉じ込めてもいる。 強靭な肉体を誇るが、知性は高くない。 身長 4m強。 原作設定での説によるオーガの正体は、地獄生まれの悪しき巨人、ほか。 万霊学説による正体は、かつて繁栄していた恐猿(造語: Dinopithecus、別進化系統の肉食性人類)の現存種である。 原作版のオーガは峠道で旅人を襲う。 アダルトアニメ版 1作目に登場するオーガは麓の村を頻繁に襲い、抵抗を試みた村の男達はほぼ壊滅状態にある。 テレパシーを使ってメルルやティアと会話している。 原作と同様に山に巣窟を持ち、浚った女性を監禁し、強姦した後、食らっている。 原作設定での神学説によるサハギンの正体は、海の怪物、ほか。 万霊学説による正体は、類人魚(人に類似する魚型知的生物)の一種。 河サハギンは原作にのみ登場。 サハギナの龍に生息。 原作とアダルトアニメ版に登場し、後者では「サハギン」と称。 アニメ版では好戦的な性格。 漫画版のサハギンは人間の成人男性より大きい雌は頑丈で強く、性格は獰猛。 雄は人間の成人女性より小さくて脆弱、性格は姑息。 雌上位の一妻多夫制で、赤いのが雌、青いのが雄。 サハギン類は、雌は産卵管を、雄は放精管を持っており、これを人間の女性器に差し込んで産卵・放精する。 原作に登場する2匹、アダルトアニメ版に登場する3匹は共に夫婦。 前者は浚ってきたメルルの、後者はメルルとフレニの胎内に受精卵を植え付けようとする。 アニメ版では雌サハギンの名前はゲリーとよばれていた。 海サハギンの仔 宿主とされた女性の胎内で数か月掛けて育ったのち、孵化して生まれ出てくる。 叫ぶ凶兆。 「かん高い叫び声、悲鳴、金切り声」との語義に違わず、音も無く背後から忍び寄っては金切り声を挙げながら襲ってくる怪物であり、触手を持った有毒・這いずり型の生き物である。 毒霧を吐いて敵を目潰しをする。 沼沢地とその周辺環境にて夥しい数の棲息が認められる。 アダルトアニメ版では繁殖期にあってフレニ達を襲った。 同作品の導入部であるロッテ湿原の入り口では、石標がシュリーカーの出現を警告していた(「シュリク シュリク 戻らずの小径」)。 一般的に同一視されているものとしてスクリーマー Screamer を挙げられるが、実際は全くの別ものである。 なお、シュリーカー自体は作者のオリジナルではなく、その起源は昔から言われるところの「背後に感じる悪い予感」であり、「悪寒」である cf. 湿原を飛び交う怖ろしい飛翔性吸血サソリだが、フレニがルーン魔術「の炎のルーン」によって素早く一掃している。 呪文詠唱に手間取るメルルのウィザードリーはこのような敵を不得手としており、あらかじめの防御魔術が必須となっている。 造形の雛形は、、陸棲類。 狂い火。 (火球精霊)と同類のものを、南欧ではそのように呼ぶ。 追ってはいけない、触れてはいけない。 巨大アリ。 2メートル以上はある。 主として女戦僧リーアォが戦僧術をもって数匹を叩き潰した。 巨大カマキリ。 屍肉あさり。 湿原の地中に潜む、にもにも似た巨大生物。 メルルが凍気系魔術「ジェリド・ブラスティング Gelid Blasting」で仕留めている。 身長5m以上。 呪術師チャバが召喚する、古のに起源する強力な悪霊。 正体が判明しない状態の怪物を「ビースト」と呼ぶことがあるが、自然には存在しがたい異常極まりない生物が「オッド・ビースト」である。 物語では、強力な暗黒系魔術によって周辺環境の広範にあった動物の生体と死体がし、それは出現した。 魔法 [ ] メルルの呪文 [ ] イヴォーク! テッラエ・エト・イグニス! アークレ・ファメース! アダルトアニメ版 1作目にて、オーガに向けて放った飢餓の呪文。 ACRE FAMES/Level-7。 地の力。 エ・ウォーカ! イグニス! ファイヤーボール! アダルトアニメ版 2作目にて、サハギンに向けて放った炎の呪文。 FIREBALL/Level-3。 火の力。 フレニの呪文 [ ] この節のが望まれています。 アダルトアニメ版 [ ] 本作は、ねこしたPONG原作による初の派生作品である。 第1巻『 魔法少女メルル 〜オーガの山〜』が(平成9年)1月21日(発売元:波素館)に、第2巻『 魔法少女メルル2 〜サハギンの河〜』が(平成10年)4月25日(発売元:あかとんぼ)に発売された。 ストーリー [ ] 第1巻 時はジオット暦 青の2の月半ば。 見習い魔術師の少女メルルは修業の旅を続ける中、怪物オーガの襲撃を受けた村に行き当たる。 村人に代わってオーガを退治しようとするメルルだったが、意に反して何故か魔術は効果を顕わさない。 彼女の小さな身体は長大な腕に捕らわれ、翻弄され始める。 しかし、師シャルルはこれを、性的昂揚を魔法として活かすための、弟子メルルに欠かせない試練と知っていた。 そうして、男(雄)を知らないメルルは巨大な暴漢に組み敷かれる。 第2巻 1414年、赤の1の月上旬。 次の目的地としている秘境のを目指してひとり危険なに足を踏み入れたメルルは、怪物に襲われているフレニ一行を助け、目的地が同じと知って旅を共にすることに決める。 往く手を遮る湿原には数多くの困難が待ち受けていたが、彼女達はよく戦った。 しかし、渡河を図っているところをサハギンの番(つがい)に襲われ、川の中へ引き摺り込まれる。 水中では呪文の詠唱も叶わず、二人はサハギンが営巣する洞窟へと連れ去られてしまう。 魔法による反撃を試みるメルルだったが、頼みとしていた師の術棒は失われていた。 異種産卵の悪夢から逃れる手立てを2人の少女は見出せない。 スタッフ [ ]• 製作総指揮 - 武田義輝• 企画 - 大八木八大(第1巻)• 原作 - ねこしたPONG• 監督 - 桃幻庵(第1巻)、小池あひる(第2巻)• 脚本 - 石井博士(第1巻)、ねこしたPONG(第2巻)• キャラクターデザイン - (第1巻)• 美術監督 - 花札骸子(第2巻)• 色彩設定 - 免野ぽん太(第1巻)• 編集 - 関一彦(第1巻)、伊東裕(第1巻)、(第1巻)、花岡英二(第2巻)• 音響監督 - 新開一(第1巻)• 音楽 - K・T(第1巻)• スーパーバイザー - 大八木八大(第1巻)• プロデューサー - 美津信海人(第1巻)、大白幸雄(第2巻)• 制作協力 - XMAC(第2巻)• アニメーション制作 - スタジオ海人(第1巻)• 製作 - 波素館(第1巻)、あかとんぼ(第2巻) 各巻リスト [ ] 話数 サブタイトル 絵コンテ 作画監督 1 オーガの山 破仁悠 平出峰一 2 サハギンの河 池田邦光 おおつかじろう アダルトゲーム版 [ ] 派生作品である『 魔法少女メルル 〜神々の至宝を求めて〜』が(平成11年)4月2日に発売。 発売元はあかとんぼ。 原作の世界観を基にした異伝、スピンオフの形で製作された。 プレイヤーはメルルと同門の少年魔術師として行動をともにする。 戦闘はで攻撃を決定するシステム。 物語の流れに沿っていくつかのミニゲームがある。 スタッフ• 原案・キャラクターデザイン:ねこしたPONG• 制作総指揮:武田義輝• 監督・脚本:鈴木重守• 制作:あかとんぼ 脚注 [ ] [].

次の

メルルのアトリエ攻略 Wiki*

メルル

ダイの大冒険 に登場するキャラクター。 テラン王国の高名な占い師の孫娘。 両親については作中では触れられておらず、存命かどうかも不明。 アニメでの声優は南場千絵子。 黒目がちな瞳と、どっからどう見てもDQ4のを思わせる衣装が印象的な、年齢15歳の可憐な少女。 性格は原則的に内気で大人しいが、秘めた占いの才能は祖母ナバラをも凌駕しており、日々成長するその姿を見たナバラは「ほぼ百発百中で気味が悪いくらい」と評したほど。 それはもはや、近未来予知といって差し支えない域に達しており、さらには目の届かない位置にいる者の気配を(数まで正確に)察したりと、およそ一般的な占いでわかる範囲を大きく超えている。 終盤にはテレパシーまで使えるようになり、後方支援として大活躍していた。 ただし、の扱いに関しては、まだ祖母ほどの実力は無いようだ。 他にも簡単な回復呪文も使えると本人が語っているが、具体的にどの呪文を覚えているのかは不明。 ただ、キャラクタープロフィールに「ホイミ系呪文を少々」と書かれており、は使えると思われる。 実際に、戦の終盤で戦場に現れ、の蘇生に専念するに代わり、とを再び戦える程度には回復させている。 またその内気な性格だが、ポップに関することになると完全に話は別。 普段の印象を吹き飛ばし、時に爆発的といえるぐらい感情的になったり、想像も付かないほどに行動力が一段とアップする。 最初は祖母のナバラ共々のデパートでたち一行に出会った後、彼らにについての情報を伝えるだけのただのモブキャラかと思いきや、彼女の占いによりダイの最強の武器を得るため、ポップを故郷に居る両親と再会させ、ダイ達がと出会うきっかけを作ったり、気配を察知する能力と回復呪文でダイ達をサポート、夢の中とはいえダイが母と父バランと再会させるを整えてくれ、を会得する洞窟へ自ら進んで赴き、に自分自身に向けられる愛についての先輩の1人になる等々、多岐に渡って活躍する重要キャラクターとなる。 ダイ探索時にクロコダインがメルルが居れば容易に見付けられたかもしれないと言う程、仲間達にも頼られている。 気配察知能力は人探し以外にもザボエラが化けたマァムの禍々しさに気付いたり、の影に潜んだを発見したりと、対象の放つ気配の善し悪しも判別できる様だ。 また、シャドーに攻撃する時にクルテマッカVII世の腰からナイフを瞬時に奪い、ジャンプして影にナイフを垂直に突き刺すという妙な身体能力の高さをみせた。 余談だが、ポップ関連でよくネタにされる 「天地魔闘の構えを受けるまで破損しなかった旅人の服」は、バラン戦の後に彼女が新調したものである。 性格及び略歴 黒目がちな瞳が印象的ななかなかの美人。 初対面の時からポップに思いを寄せていたが、それに気づかない彼を見て、スケベで百戦錬磨のはずのが「勿体ねえ」と評したほど。 実際に、ポップも初対面時には「結構美人だったよな」と仲間内に語っていたが、メルル本人は美人である自覚が無いのか、ポップがマァムに想いを寄せていることを知っている上に内気で自信を持ちきれない性格も相まって、中々ポップに想いを伝えられずにいた。 ミナカトールの魔法陣を巡る攻防戦の際、ミナカトールの発動のために四苦八苦しているポップをが狙っている事をその感知能力で察知する。 かすっただけでも死に至る猛毒「」の一撃から身を投げ出してポップをかばい、メルルは腹部に直撃を受けてしまう。 息も絶え絶えとなった彼女は駆け寄ってきたポップに(先にレオナにバラされる形ではあったが)自らの想いを伝える。 ポップがマァムに好意を寄せていることを知っているため、その想いが届かないことは承知の上であったが、最期の意地悪な願いとしてポップの好きな人を教えて欲しいと言う。 彼女とのやりとりでポップは己の弱さ、正直な気持ちと真に向き合い、それを言葉にしたことで自らの心の力「 勇気」を見出し、を光らせるに至る。 同時に賢者の力に目覚めたポップが放った級の回復エネルギーにより猛毒は全て解毒され、彼女は一命をとりとめた。 ダイ達がバーンと戦っている最中には、がに落とされる事を察知して目覚め、全員をその場がら離れさせている。 その後、復活が切っ掛けになったかのかは不明だが「他人とテレパシーで交信する」という新しい能力に目覚める。 対象はポップだけという効果範囲の極めて狭い能力ではあるものの、にてと戦っていたポップとこれで交信し、バーンパレスから出られないポップ達ではどうしようもなかったバーンの最終計画を挫くきっかけとなった。 そしてバーンとの最終決戦後、彼女はポップ、マァムとともにダイを探す旅に出ている模様。

次の