レスター c 対 リ ヴァプール。 アルトゥール、カンプノウに現れるも入場できず

FAカップ3回戦ウルヴスvsマン・Uはスコアレスで再試合…マン・C、レスターは順当に勝ち上がり

レスター c 対 リ ヴァプール

【サッカー】レスターの所属選手3人にウイルス感染の兆候。 全試合中止に繋がる恐れも 日本経済新聞 電子版. ロブ・ケリー 2006. -- 2018-12-08 土 19:49:48• 2016-17シーズン [ ] 昨シーズンの快進撃を受け、その立役者となったヴァーディやマフレズ、などに移籍報道が相次いだが、最終的にはのチェルシー移籍のみに留まり、やらを補強した。 続く1979-80シーズンも再びリーグ連覇を達成。 「私はレスターの監督だ。 23 トットナム 2-2 ウェスト・ブロムウィッチ (ト)パヴリュチェンコ(27分)、デフォー(66分) (W)オデムウィンギー(5分)、コックス(81分) PL 2011. 28 トットナム 2-1 スウォンジー (ト)シャドリ(70分)、ローズ(77分) (ス)パロスキ(19分) vs スティーヴニッジ(通算成績 0勝0敗0分け 0得点0失点) 大会 Date Home Score Away Scorer FA 2012. スペイン [6月26日 21:24]• 68 オカレズ不在なんで負けるのはまあ予想通りではあったが、気の抜けた戦いしてたのはいただけないな こういうところに岡崎の不在を感じる 後半になっても闘志を感じたのはディディくらいだ 引用元:. 得点王を欠いたチームは失速してしまい、リーグ戦で、で、ではにアンフィールドで2012年10月以来の3連敗。 CF フェリックス(A. 10月8日に、ので一時代を築いたを新監督に招聘した。 4-2004. ゴール!!!オウンゴールで得点 前半22分 前半26分 ゴール!!!ララナ(20)がゴールを決める。 リヴァプールFC 2015-2016 FW [ ]• また決勝でPK戦の末、を破り4度目となる制覇した。 ブンデス [6月21日 7:56]• 1954年に2部に降格し、数年にわたり2部で低迷していたが、1959年にが監督として就任。 ユキカゼイベ後に始めたものにとっては唯一無二なんだよなぁw -- 2019-01-03 木 08:41:45• 96 ID:tpVRR39S0. 強烈なミドルシュートがゴールマウスを捉えたが、GKケパが冷静なセービングを見せて得点を許さない。 2020. プレミア [6月26日 18:00]• (英語)• 18 トットナム 1-2 ウェストハム (ト)アデバヨール(67分) (ウ)ジャーヴィス(80分)、マイガ(85分) PL 2014. Liverpool F. は当該シーズンはレンタル移籍の契約だが、その後2019年7月に完全移籍に切り替わる契約でへ移籍した。 その後もサポーターからは毎試合流して欲しいと強いリクエストありアンセムとして定着するに至っている。 25rem;margin-right:1. 5 ウェスト・ブロムウィッチ 1-1 トットナム (W)マクレーン(39分) (ト)アリ(15分) PL 2016. 2015年12月20日閲覧。 リバァプール17連勝 ケイ就任後の12試合は3勝4分という成績で、最初の1936-37シーズンは18位でリーグを終える。 このシーズン限りでクラブのエースだったは退団したが、ペイズリーはキーガンの後釜にからを獲得した。 さらに54分、56分にが2点を追加し、トータルスコアで追いついた。 8 アーセナル 1-1 トットナム (ア)ギブス(77分) (ト)ケイン(32分) PL 2016. 28 ID:CFmx7bSS0. 2005年5月25日 ,2008年9月18日閲覧• レイドではSPD重要ではないけどその分DEFが重要になってくるのでそこんところもイベユキとの比較部分に書いた方がいいんじゃないかなぁ -- 2018-11-14 水 09:33:08• 19 トットナム 3-1 フルハム (ト)パウリーニョ(35分)、ケイン(48分)、カブル(62分) (フ)シドウェル(37分) vs ボーンマス(通算成績 2勝0敗0分け 8得点1失点) 大会 Date Home Score Away Scorer PL 2015. 2 トットナム 1-0 カーディフ (ト)R・ソルダード(28分) vs カーライル(通算成績 0勝0敗0分け 0得点0失点) 大会 Date Home Score Away Scorer COC 2012. 1972-73, 1975-76, 2000-01• らを抑えグループ首位通過したにおいてはをベスト16で下し、さらにクロップ監督の古巣であるとのベスト8の対戦では、後半12分ににゴールを許し2戦合計1-3とされるもそこからコウチーニョ、サコー、さらにミルナーのアシストからロヴレンが決勝ゴールを挙げて、2戦合計4-3で逆転勝利を飾った。 またUEFAチャンピオンズカップ決勝戦ではリヴァプールサポーターにより「 」 が起き、これによりイングランドのクラブは国際試合から無期限に締め出され(後にリヴァプールは7年、他クラブは5年となる)、リーグの力の相対的な地盤沈下をもたらした。 【サッカー】レスターの所属選手3人にウイルス感染の兆候。 全試合中止に繋がる恐れも 選手名 16 24 47 53 54 No. ここまで11勝4分け2敗で4位につけるチェルシーと、同6勝4分け7敗で12位に位置するレスターが相まみえた。 19 トットナム 1-0 サンダーランド (ト)ベイル(89分) PL 2013. 2012年夏から15年10月までレッズを指揮し、13-14シーズンには悲願のプレミア制覇まであと一歩というところまで迫った。 レスターのプレミアリーグ復帰は2003-04シーズン以来、10年ぶりである。 3 トットナム 1-0 ウェスト・ブロムウィッチ (ト)デフォー(63分) PL 2012. 11-2015• net NBAも選手が感染で全試合中止になったし、欧米は危機感凄いね。 KODANSHA LTD. net,2008年9月13日閲覧• 2019-20シーズン 詳細は「」を参照 例年通り、、に参加する他に、前年優勝のに加え、大会覇者として8月にはEL覇者と対決する、12月にはに、さらに8月には に出場する。 15 トットナム 2-2 ストーク (ト)ダイアー(19分)、シャドリ(45+2分) (ス)アルナウトヴィッチ(PK)(78分)、ディウフ(83分) PL 2016. 2015-16シーズンにリーグ優勝をした際には、記念パレードにサプライズ・ゲストとして登場、ライブを敢行した。 22 トットナム 2-2 ウェストハム (ト)ローズ(81分)、ケイン(90+6分) (ウ)クヤテ(22分)、サコ(62分) PL 2015. マドリー)…仮想マティップ。 レスター、マンチェスターCに5失点大敗…岡崎は怪我で欠場 2001-2005 MF [ ]• 22 レスター 1-1 トットナム (レ)マフレズ(82分) (ト)アリ(81分) FA 2016. LFChistory. 試合終盤になっても衰えないからディフェンスの選手にとっては脅威でしかないだろう。 1981-82シーズン、リヴァプールは、を獲得し、リーグ戦優勝、リーグカップ連覇を達成。 9-1926• Liverpoolfc. 5年ぶりに参戦したは前回王者のに2連敗を喫する等、初戦のルドゴレツ戦(アンフィールド)以外は勝ち点3を取れず、グループリーグを3位で終え敗退し、続くもと対戦し、1st legこそバロテッリのPKを守りきり勝利したものの、2nd legを0-1で落とし結局PK戦で敗れ、ベスト32で姿を消した。 就任初年度での昇格は逃したものの、翌シーズン(1960-61)にも、を獲得しチーム力の強化を図った。 net,2008年9月13日閲覧• 27 トットナム 1-0 ハル (ト)R・ソルダード(PK)(80分) COC 2013. 12 ウェスト・ブロムウィッチ 3-3 トットナム (W)ヴィドラ(1分)、ブラント(4分)、セセニョン(31分) (ト)オウンゴール(オルソン)(34分)、ケイン(70分)、エリクセン(90+4分) PL 2014. Inglis 2005• 22 ID:FQGqYwPl0. 5625rem! ベリリクの倍率を追記しました。 プレミアリーグスコア速報 レスター対リバプール : video1. ilmeteo. it 現在の監督は2015年10月に就任したである。 すると77分、バックパスを受けたシュマイケルのパスをアグエロが奪い、そのままループシュートを沈めてハットトリック達成。 共に歩もう)という曲を歌う。 :6回• そのため、来週木曜日のFP選手が気になる人は今週土日に活躍した選手を確認しておくと良いでしょう。 6 アストン・ヴィラ 1-1 トットナム (ア)クラーク(35分) (ト)アデバヨール(PK)(61分) PL 2012. 2020. ベルギー、オランダ、スイスの選手による激しいトップ争いへと展開する。 2011年5月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 リバァプール17連勝 06 ID:W1JkLaCm0. 縦に素早く仕掛けると、バイタルエリアのマディソンがラストパス。 フランク・マクリントック 1977-1978• 2017年2月25日閲覧。 13 サンダーランド 2-2 トットナム (サ)ジョンソン(4分)、オウンゴール(ケイン)(82分) (ト)シャドリ(2分)、エリクセン(48分) PL 2015. 4 トットナム 1-0 サウサンプトン (ト)ベイル(86分) PL 2013. 前半21分 後半1分 選手交代、セセニョン(3)がアウト、アイテ(11)がイン 後半6分 ゴール!!!アイテ(11)がゴールを決める。 獲得時• 11 トットナム 3-0 アストン・ヴィラ (ト)パウリーニョ(14分)、オウンゴール(ベイカー)(35分)、アデバヨール(PK)(38分) PL 2014. 2013-14シーズン [ ] 2014年4月、 2-1でに勝利し、さらにとが敗れたため、その時点で2位以上が確定し、プレミアリーグ復帰を4月の段階で決定させた。 38 ID:abKNrVy70. 05 ID:kY06azQ30. 1964-65, 1973-74, 1985-86, 1988-89, 1991-92, 2000-01, 2005-06• Pos. tv - LFC Story,2008年9月17日閲覧• クレイグ・リベイン 2004. リバプールにとって、最悪のシナリオになりつつある。 2012-13シーズン 夏の移籍市場ではを、を、を、を、を、をへと完全移籍で放出し、をウェストハム・ユナイテッドへとローンで放出した。 トットナム チーム別 対戦成績 Goal. ウィリアム・オア 1926-1932. 18 ニューカッスル 2-1 トットナム (ニ)バ(54分)、ベン・アルファ(PK)(80分) (ト)デフォー(76分) PL 2013. 同一クラブの選手2人が得点王となるのはイングランド史上初で、またサラーは2年連続での得点王の快挙を達成した。 875rem 2. 女子U23結果 1 マリオン・ノルベルトリベロール(フランス) 2 ブランカ・ヴァスケータ(ハンガリー) 3 アナ・ケイ(イギリス) 最強マチューが今年も圧勝 世界選手権2日目の最後のレースとなるのが男子エリート。 後続に30秒ほどのリードを作ることに成功し、ネイスが自身初めての世界チャンピオンへと輝いた。 89 ID:V7r4kle90. プレミア [6月25日 13:11]• 10-2011. 4月22日、アウェイでに1-0で勝利し、2013-2014シーズンのチャンピオンシップでの優勝が決定した。 自分はなんか艦これの方の雪風に見える……リスっぽいというかw -- 2019-06-01 土 07:34:32• net アメリカは「英国以外の全欧州」を入国禁止にしたばかりなのに。 ベンテケやアレン、アイブの移籍金が高かったこともあり売却額が補強額を上回った。 ゲキサカ 2017年10月4日. スペイン レアル戦の久保「10代の容姿信じるな」現地紙絶賛 []• 98 ID:c0ZB0reI0. 07 ID:AYVpNz0x0. 1995. 縦へのスピード。

次の

レスター c 対 リ ヴァプール

レスター c 対 リ ヴァプール

リバプールにとって、最悪のシナリオになりつつある。 現地時間5月1日、敵地カンプ・ノウに乗り込んだチャンピオンズ・リーグ準決勝の第1レグで、バルセロナに0-3と完敗。 7日にホームでの第2レグが残っているとはいえ、バルサ相手に4点差の勝利という勝ち抜け条件が、極めて難しいミッションであるのは間違いない。 敵失を期待するしかない状況だが、リーグ戦12連勝中の王者にその気配は見られない。 シティは、6日にホームで8位のレスターと、12日にアウェーで17位のブライトンと対戦。 連勝すれば無条件でクラブ史上初の連覇が決まる。 リバプール・ファンが期待しているのが、前節にアーセナルを3-0で叩きのめすなど上り調子のレスターだ。 しかも、率いるのはリパプールの元指揮官ブレンダン・ロジャース。 2012年夏から15年10月までレッズを指揮し、13-14シーズンには悲願のプレミア制覇まであと一歩というところまで迫った。 奇しくも、そのシーズンに優勝をさらったのがシティだった。 その時のリベンジを、ロジャースが晴らしてくれるのではないか。 現地ウェブサイト『LONDON FOOTBALL』が紹介したのは、そんな期待を寄せているリパプール・サポーターのツイートだ。 リバプール地元紙『Liverpool Echo』によると、北アイルランド出身の指揮官は、「シーズン終盤でエキサイティングな試合になる。 ベストを尽くしたい」と意気込みを語ったものの、「シティを破れば、リパプールを助けることになるが?」という問いには、こう答えた。 「私はレスターの監督だ。 このクラブのことに集中している」 ロジャース率いるレスターは、シティを破ってリバプールの29年ぶりのリーグタイトル獲得をアシストするのか。

次の

リ ヴァプール 対 シェフィールド u

レスター c 対 リ ヴァプール

概要 [ ] 1892年に創立。 ホームスタジアムはの(収容人数54,074)。 とライバルクラブのとの関係から創設され、(当時はFAプレミアリーグ)発足時に参加した22クラブの内の一つである。 1960年代半ばから80年代にかけて、3連覇(1981-82、1982-83、1983-84)達成を含む優勝13回、(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)優勝6回など、40以上のタイトルを獲得したイングランドの古豪である。 2005年にはと呼ばれる勝利でを下し、通算5回目となる(旧を含む)制覇を果たす。 これによってで唯一のの永久保持が認められた。 旧において最多となる18回の優勝を誇る。 イングランドのトップリーグにおける最多優勝回数記録を長年にわたり保持していたが、2010-11シーズンのリーグを制したに抜かれ、現在はそれに次ぐ優勝回数となっている。 なお、国内タイトルでは唯一優勝の経験がなかったが、2020年6月25日に19-20シーズンの優勝が決まり、30年ぶり、プレミアリーグとしては初の優勝を成し遂げた。 2012年に創設120周年を迎えた。 クラブ史上、監督を務めたのは18人。 現在の監督は2015年10月に就任したである。 世界中のサッカークラブのサポーター達に歌われ、人気を得ているサポーターソング「」を最初に合唱したクラブでもある。 2014年1月、世界最大のである『』の調査によると、2012-13シーズンのクラブ収入は2億4060万ユーロであり、世界のサッカークラブの中で第12位である。 歴史 [ ] 黎明期 [ ] 1891年、のオーナーであった ()は、当時アンフィールドを本拠地として使用していたに対して施設使用料の値上げを要求したが、エヴァートンはこれを拒否し、現在のへの移転を決定した。 そこでホールディングはアンフィールドに新たなサッカークラブを設立することを決め 、当初は新たなクラブの名前を「エヴァートンFC・アンド・アスレティック・グラウンズ・リミテッド」(Everton F. and Athletic Grounds Ltd. 、略称: エヴァートン・アスレティック Everton Athletic)と定めたが、後に考えを改め、1892年3月15日に「リヴァプールFC」という全く新しい名前のクラブを創立した。 同年9月1日に行われた () との親善試合が、リヴァプールとしての初めての試合となった。 1936年6月、に代わってが監督に就任。 からの就任であった。 ケイ就任後の12試合は3勝4分という成績で、最初の1936-37シーズンは18位でリーグを終える。 翌1937-38シーズンは開幕戦の相手の本拠地での戦に1-6で敗れると、11位でリーグを終えた。 1938-39シーズン前に、ケイはをから移籍金をかけずに獲得。 またも獲得した。 しかしリーグはへと突入し、活動の停止を余儀なくされる。 第二次世界大戦後 [ ] 第二次世界大戦後、リヴァプールはとへの遠征を計画。 この計画はジョージ・ケイによるもので、気候などが全く異なるでプレーすることは選手に有益であるという考えに沿ったものであった。 1946-47シーズンに10試合の北米遠征が行われた。 1949-50シーズンにFAカップで決勝に進出したが、に敗れ 、初のFAカップ制覇を逃す。 その後ケイは1951年に引退し、監督の座はに引き継がれた。 シャンクリーによる改革 [ ] アンフィールド前に建つの像 クラブが大きな変革の時を迎えたのは1950年代に入ってからになる。 1954年に2部に降格し、数年にわたり2部で低迷していたが、1959年にが監督として就任。 シャンクリーは監督に就任すると、低迷した空気を払拭すべく大きな改革に乗り出した。 まず、やという後にクラブ史を背負って立つことになる若手選手をデビューさせたほか 、ブートルームの改修などを行った。 就任初年度での昇格は逃したものの、翌シーズン(1960-61)にも、を獲得しチーム力の強化を図った。 中でもルイスはシーズン32得点を挙げる活躍を見せたが、このシーズンでも昇格を逃してしまう。 1961-62シーズン、シャンクリーは当時のクラブ史上最高額の移籍金でとを獲得。 就任3年目にしてようやく2部リーグを制し、昇格を決めた。 久々の1部リーグとなった1962-63シーズンは出だしこそつまづいたものの、シーズン途中は13戦無敗などを記録し 、最終的には8位でシーズンを終えた。 クラブはシーズン途中にを獲得したほか、翌シーズンに向けて夏にプレストン・ノース・エンドからを獲得した。 迎えた1963-64シーズンは、序盤は取りこぼしが目立ったが、10月頃から成績が安定し始め、1964年3月20日のボルトン戦から7連勝を飾ると、本拠地にて1946-47シーズン以来となるトップリーグ優勝を果たし、クラブ史上初となるへの出場権を手にした。 ヨーロピアンカップでもクラブの躍進は止まらず、準決勝まで進んだ。 準決勝では前年度覇者のに敗れたものの、では決勝でリーズを破ってクラブ史上初のFAカップ優勝を果たした。 続く1965-66シーズンでは、前年度のFAカップ優勝で出場権を得たへ出場し、準優勝。 さらに再び国内リーグを制覇した。 そこから数シーズンはタイトルから離れるものの、その間に、、、、、、らを獲得し、チームの世代交代を果たす。 それが実り、1972-73シーズンにはリーグ戦との2冠を達成。 翌1973-74シーズンもリーグ戦こそ2位止まりとなったが、再びを優勝した。 このように低迷していたリヴァプールを立て直し、数多くのタイトルを獲得するまでに成長させたは、1973-74シーズンを持ってクラブの監督を勇退した。 絶頂期と2つの悲劇 [ ] 1974年にシャンクリーが辞任すると、後任の監督にはアシスタントコーチを務めていたが就任する。 シャンクリーからチームを引き継いだペイズリーの下で、リヴァプールは国内・ヨーロッパを席巻し、絶頂期を迎える。 ペイズリー体制下に初めて迎えた1974-75シーズン、クラブはとを獲得したが、国内リーグは2位、は2回戦敗退と無冠に終わる。 しかし翌1975-76シーズンはリーグ戦との2冠を達成、さらに1976-77シーズンも国内リーグ戦を連覇したほか、クラブ史上初となる制覇を達成。 このシーズン限りでクラブのエースだったは退団したが、ペイズリーはキーガンの後釜にからを獲得した。 は1978年のUEFAチャンピオンズカップ決勝戦にて決勝ゴールを挙げるなど選手として活躍したほか、後に監督としても活躍した。 1977-78シーズンはリーグ戦は2位止まりも、連覇を達成。 また、1978年1月にを獲得している。 1978-79シーズンはを獲得し、再びリーグを優勝した。 続く1979-80シーズンも再びリーグ連覇を達成。 オフシーズンにを獲得し、迎えた1980-81シーズンには決勝でレアル・マドリードをのゴールで1-0と破り 、3度目となる制覇を達成したほか、も優勝し、カップ戦の2冠を達成した。 また、シーズン中にを獲得している。 1981-82シーズン、リヴァプールは、を獲得し、リーグ戦優勝、リーグカップ連覇を達成。 なお、1978年から1981年までの3年間、本拠地におけるすべてのリーグ戦・カップ戦は85試合連続で無敗だった。 85試合中63試合はリーグ戦であり、63試合連続リーグ戦ホーム無敗記録も樹立している(このリーグ戦ホーム無敗記録は2007年にに破られた)。 しかしインターコンチネンタルカップではに0-3と敗れた。 1982-83シーズンにもリーグとリーグカップを連覇したが、これを置き土産には監督を辞任することを発表した。 後任にはアシスタントコーチを務めていたが就任。 リーグ連覇中のチームを引き継いだフェイガンだったが、フェイガン体制でもリヴァプールの強さが揺らぐことはなく、1983-84シーズンもリーグ戦とリーグカップの連覇を達成。 リーグ戦はクラブ史上初となる3連覇、リーグカップは4連覇となった。 また決勝でPK戦の末、を破り4度目となる制覇した。 1984-85シーズン、インターコンチネンタルカップではに0-1で敗れた。 またUEFAチャンピオンズカップ決勝戦ではリヴァプールサポーターにより「 」 が起き、これによりイングランドのクラブは国際試合から無期限に締め出され(後にリヴァプールは7年、他クラブは5年となる)、リーグの力の相対的な地盤沈下をもたらした。 この事件の責任を感じたフェイガンは監督を辞任、後任には選手兼任監督としてが後を引き継いだ。 ダルグリッシュ体制でも3度のリーグ優勝、2度のFAカップ優勝を果たしたとはいえ、1988-89シーズンに起きた「 」によってリヴァプールの勢いは大きく落ち込むこととなった。 90年代に入るとやや低迷し、処分が解けた後も国際タイトルには手が届かずリーグでは依然として上位の常連であり続けたが、優勝からは遠ざかった。 現在に至るまで1989-90シーズンのディヴィジョン1制覇が最後のリーグ制覇であり、移行後は優勝経験がない。 2000年代 [ ] 新世紀以降は、国際試合での活躍が目立ち、「ヘイゼルの悲劇」の後遺症は完全に過去のものとなった。 しかし、依然としてプレミアリーグでは優勝できていない。 2000-01シーズンには、、を制して3冠を達成した。 なお、1983-84シーズンにも、、の組み合わせで3冠を達成している。 2004-05シーズン シーズン開幕前にが監督に就任すると、、などの選手を獲得し、積極的に登用し始める。 一方、エースのをへ放出した。 では決勝トーナメント進出がかったオリンピアコス戦でリバウドに先制点を許す苦しい展開の中、ジェラードのミドルとメラーのゴールで勝利し決勝トーナメント進出すると、ベスト16でレヴァークーゼン(H3-1,A3-1)、準々決勝ではユヴェントス(H2-1,A0-0)、準決勝のチェルシー戦ではガルシアのゴール(A0-0,H1-0)で勝利、決勝進出を果たす。 決勝の戦において、前半終了時0-3のビハインドから、後半の6分間に、、が立て続けに得点し、同点に持ち込んだ。 そして、PK戦でACミランを下し、21年ぶりの欧州一の称号を手にした。 この試合はと呼ばれるようになる。 また、UEFAチャンピオンズカップとUEFAチャンピオンズリーグの合計優勝回数が5回となり、5チーム目となる優勝カップの永久保持が認められたクラブとなった。 2005-06シーズン 2005-06シーズンの夏、前シーズンが5位であったため 、の出場権は逃していたが、タイトル防衛の機会が与えられるべきという意見から特例で予備予選1回戦からの出場が認められた。 2006-07シーズン以降は、前大会優勝チームはグループリーグにシード出場できるというルールが設けられた。 2005年12月、新設された出場のため来日。 12月15日に行われた準決勝で北中米・カリブ海王者に3-0で勝利し決勝戦進出。 の決勝戦では、南米王者と戦い、接戦の末0-1で敗れ準優勝。 2006年の決勝戦では、と対戦。 三度先攻を許すも、後半終了間際のの2本ミドルシュートが決まるなど、三度追いついた。 その後の延長戦でも決着がつかず、PK戦の末、同大会で5年ぶりの優勝を決めた。 2006-07シーズン 2006-07シーズンはで決勝進出を果たした。 対戦相手は2004-05シーズンと同じACミランであったが、2005年の雪辱を果たそうと意気込むミランにインザーギの2ゴールで1-2と敗れた。 2007-08シーズン 2007-08シーズンは夏期移籍期間にを獲得。 シーズン開幕前には懐疑的な意見も聞かれたが、が保持していたプレミアリーグ初年度の得点記録を塗り替えた。 はここ数シーズンと同様に、準決勝まで進出した。 準決勝でチェルシーに2戦合計3-4で敗れ、敗退した。 2008-09シーズン 夏の移籍市場ではから2030万ポンド 約41億円 でを獲得。 また、在籍年数の長かったや、、などを放出し 、チームの顔ぶれを刷新した。 マンチェスター・ユナイテッドと熾烈な優勝争いを演じるも、2位に終わった。 2009-10シーズン 中心選手であったシャビ・アロンソ、を放出した。 中盤で攻撃を組み立てていたアロンソを放出したため、中盤の展開力不足、とフェルナンド・トーレスへの依存度が更に高まるなどチームが機能せず最終的に7位で終了した。 この結果BIG4時代が終焉した。 シーズン終了後、成績不振を理由に双方の合意の元監督との契約を解除した。 後任は同シーズンを準優勝に導いたとなった。 イングランド人監督が就任したことやプレミアリーグの規定変更などもあり、チームはイングランド化が進んだ。 2010年代 [ ] 2010年4月16日(現地日時)、共にで共同オーナーを務めるとは新会長の就任発表と同時にクラブを売りに出したことを発表した。 ジレットとヒックスは2007年にクラブを買収したが経営に失敗し資金繰りが悪化、英メディアによれば負債は売却発表時点で2億3700ポンド(発表時点で約335億円)に上る。 これまでも中東の富豪との売却交渉などが報じられていたが、売却に向けての初めての正式発表となった。 発表によれば、新会長(会長)がの支援を受け売却交渉を主導する。 なかなか売却交渉に進展がなかったが、10月15日の負債返済期限を前にしてヒックス、ジレットの両人による反発に遭い裁判にもつれながらもNESV ニューイングランド・スポーツ・ベンチャーズ によって約3億ポンドで買収された。 11月にはフロント改革の一環としてトッテナム元SDのダミアン・コモリをFD フットボールディレクター として招聘した。 2010-11シーズン や、、らを放出したが、資金不足により や 、 、 、 、 、 、 などの獲得に留まり満足な補強ができず一時は降格圏にまで転落するなど低迷、上記買収後も調子が上がらずホジソンは解任された。 後任には暫定監督としてクラブのレジェンド、が就任。 フェルナンド・トーレスをチェルシーに英国史上最高額推定5000万ポンドで放出し、をトーレスの移籍金に次ぐ3500万ポンド、を2280万ポンドで獲得するなどチームを立て直し、最終的に6位で終えた。 しかし、他のリーグであれば6位の場合はの出場権が与えられるが、5位のと共に出場権を獲得したのが決勝に進み準優勝だった 、プレミアリーグがフェアプレーランキングで上位に入った事による恩恵を受けた。 の決勝に進んだアーセナルが4位でフィニッシュしており、アーセナルが優勝すればヨーロッパリーグの出場権を獲得出来たが、そのアーセナルがに敗れ、18位で降格したにも関わらずバーミンガム・シティがヨーロッパリーグの出場権を獲得し、1999-2000シーズン以来12年ぶりにヨーロッパカップ戦の出場を逃した。 2011-12シーズン を、を、を、を、を、を、を、をへと完全移籍で放出し、を、を、をへレンタルで放出するなどした。 夏の移籍市場では積極的な投資が行われ、、、を獲得しただけでなく、、、、といった英国人も多く獲得し、総額5500万ポンドを投じた。 では準決勝でを下し決勝進出。 決勝ではをPK戦の末に破り2005-06の以来となるタイトル獲得となった。 FAカップでも決勝進出を果たすなど、カップ戦では結果を残したが、リーグ戦ではアンフィールドでクラブ史上2番目に悪い6勝止まり と(9分4敗)得意である筈のホームで勝てず、8位と大規模投資(1億ポンド)にあった結果とは言えず、シーズン終了後にダルグリッシュは契約解消という形で退任した。 2012年6月、監督のの就任を発表。 2012-13シーズン 夏の移籍市場ではを、を、を、を、を、をへと完全移籍で放出し、をウェストハム・ユナイテッドへとローンで放出した。 補強面ではからをローンで獲得し、から、から、からロジャースのかつての教え子であるらを獲得するも、カップ戦で無冠、前年のリーグカップ優勝によって出場したもにアウェーゴール差で敗れベスト32で姿を消した。 リーグでは冬にはをへ完全移籍で放出し、チェルシーからや、からを獲得し、31節から最終節まで8戦連続無敗で巻き返したものの、上位6チーム(マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、トッテナム、エヴァートン)相手に1勝しか挙げられず 、7位に終わった。 がこのシーズンを持っての引退を表明した。 2013-14シーズン 2011-12以来となるヨーロッパカップ戦出場を逃したシーズン。 移籍市場ではとを、を、を、を、をへと放出し、、、、らをレンタルで放出した一方、から、から、から、から、から、から、から、からを獲得。 リーグ戦では31ゴールを決めた得点王スアレスとそれに次ぐ21ゴールをあげたスターリッジの2トップ( SASコンビ)が2人だけで52ゴールを奪い、ジェラードがロジャースによってアンカーのポジションにコンバートされ、アレンとヘンダーソンとの3ボランチコンビを形成した。 2014年4月13日のマンチェスター・シティをホームで破った試合も含めて11連勝を飾り、終盤戦まで優勝争いをしたが12連勝目を目指したチェルシー戦を落とし、クリスタルパレス戦では後半10分までに3-0としながらも34分から9分間で3失点を喫し、引き分けに持ち込まれドロー。 結局最後の3試合は勝ち点4しか稼げず惜しくも2位に終わった。 2009-10シーズン以来4シーズンぶりにチャンピオンズリーグ出場権を獲得したが、トップ4(シティ、チェルシー、アーセナル)の中では最も多い50失点を喫し、最少失点だったチェルシー(27失点)より倍近く失点を喫したり、トップ4に入った3チームのアウェーゲームを全て落とす等詰めの甘さも露呈した。 FAカップは優勝したアーセナルに5回戦で、キャピタル・ワン・カップはマンチェスター・ユナイテッドに3回戦で敗退。 無冠でシーズンを終えた。 2014-15シーズン 17年間チームの中心選手であったが退団した。 昨シーズンの得点王であったがに移籍した。 他にも、、、ら余剰戦力をレンタルで移籍させ、を、を、をへと完全移籍で放出した。 、はレンタルバックした。 それらの移籍金も使い、からと、、から、から、から、から、からと計8人を獲得し合計1億1700万ポンドを投じたが、スアレスの穴を埋めることはできず、リーグ戦では前年21ゴールを挙げたスターリッジの故障で攻撃陣が振るわず前半戦は8位で折り返した。 冬の移籍市場ではとを放出した。 2015年1月2日、これまでリヴァプール一筋でプレーし、2003年からキャプテンも務めて数々のタイトルを獲得してきたが、2014-15シーズン終了後に退団する事を発表。 17節のアーセナル戦から29節のスウォンジー戦まで13戦無敗を記録するも、30節以降の9試合は勝ち点を8しか稼げず、18勝8分12敗の6位でシーズンを終えた。 5年ぶりに参戦したは前回王者のに2連敗を喫する等、初戦のルドゴレツ戦(アンフィールド)以外は勝ち点3を取れず、グループリーグを3位で終え敗退し、続くもと対戦し、1st legこそバロテッリのPKを守りきり勝利したものの、2nd legを0-1で落とし結局PK戦で敗れ、ベスト32で姿を消した。 と2つのカップ戦で準決勝に進むが、共に決勝進出はならなかった。 2015-16シーズン にを当時の英国人の移籍金史上2位となる4900万ポンドで売却した。 他にもを 、を 、を 、を 、をに完全移籍で放出し 、やをローンで放出した。 その移籍金も使いながら補強面ではから 、から 、から 、から 、から 、から 、から 、そして前年度にすでに加入が決まっていたをから獲得する など計8人を補強。 しかし、第8節を終えた時点で3勝3敗2分の10位と苦戦し、10月3日に2012年から指揮を執っていた監督を解任。 10月8日に、ので一時代を築いたを新監督に招聘した。 クロップ監督の戦術の代名詞とも言える「ゲーゲンプレス」がチームに染み渡ったこともあり、初陣となった戦ではスプリント回数614回、走行距離116kmとらしさを発揮した。 リーグカップの戦で新体制初勝利を飾り、リーグ戦第11節のチェルシー戦ではの2ゴールもありリーグ戦初勝利を飾った。 その後もマンチェスター・シティやなどの上位チームには勝利を挙げるものの、クリスタル・パレスやニューカッスルなど下位のチームに敗戦し苦しめられた。 冬の移籍市場では既存DFの身長の低さに不満を訴えていたクロップ監督の意向によりを獲得。 らを抑えグループ首位通過したにおいてはをベスト16で下し、さらにクロップ監督の古巣であるとのベスト8の対戦では、後半12分ににゴールを許し2戦合計1-3とされるもそこからコウチーニョ、サコー、さらにミルナーのアシストからロヴレンが決勝ゴールを挙げて、2戦合計4-3で逆転勝利を飾った。 ベスト4でもを2戦合計3-1で下し決勝へ駒を進めた。 決勝ではが先制ゴールを挙げるも、後半に3点を奪われ1-3でに敗れ準優勝に終わった。 においてもに敗れ準優勝に終わった。 リーグ戦では8位でシーズンを終え、ヨーロッパカップ戦への出場を逃した。 2016-17シーズン クロップ体制2年目。 を、を、を、を、を、を、を、をへと放出し、クロップ監督の元で出場機会をあまり得られなかった選手およびローン生活を繰り返していた選手達を整理した他、やや、といったアカデミーの選手も完全移籍で放出した。 またや、らをローンで放出している。 補強面ではからである、からの、から、から、からとを獲得。 ベンテケやアレン、アイブの移籍金が高かったこともあり売却額が補強額を上回った。 開幕戦でアーセナルをアウェイで下すと、第5節にはチェルシーもアウェイで撃破。 第11節終了時には首位に躍り出る。 その後も好調を継続し、前半戦を13勝4分2敗の2位で終える。 しかし、1月にの影響でマネが離脱。 得点王を欠いたチームは失速してしまい、リーグ戦で、で、ではにアンフィールドで2012年10月以来の3連敗。 すべてのタイトルの可能性が消滅、1月を1勝4分4敗の成績で終えた。 第26節終了時には一時圏外となる5位まで順位を落とすが、第27節にアンフィールドでアーセナルを下しシーズンダブルを達成するなど3位に再浮上。 シーズン終盤にアーセナルに追い上げられるが、第37節では公式戦5試合勝ちなしと苦手にしていたをコウチーニョの2G1Aの活躍などでアウェイで勝利し、最終節の戦も3-0で勝利したことで、4位でシーズンを終え、チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 またGKであるマニンガーがこのシーズン限りでの引退を発表した。 2017-18シーズン クロップ体制3年目。 移籍市場ではチェルシーからU-20イングランド代表FWの、からFWである、からDF、からMFのを獲得。 一方で10年間チームに在籍したMFがに移籍した。 他にもを 、をに 、をにそれぞれ完全移籍で放出し 、をにレンタル移籍させた。 開幕戦を相手に3失点で引き分け、第4節戦で0-5、第9節戦で1-4で敗れるなど、守備の脆さが見られた。 冬の移籍市場でにコウチーニョを移籍金約218億円で放出し 、からをDF史上最高額の約114億円で獲得 した。 シーズン中盤からは盛り返し、23節終了時に3位まで浮上したが、シーズン終盤に勝ち点の取りこぼしが増え、最終的には4位となった。 サラーが32得点で得点王となり、1995-96シーズンにが31得点で樹立したプレミアリーグの1シーズンの得点記録を22年ぶりに更新した。 では8月に行われたプレーオフでを2戦合計6-3で破ると、本選はグループEに入り、、と対峙、第3節ではマリボルをに7-0で大勝するなどして3勝3分で危なげなく首位突破した。 チャンピオンズリーグにて決勝トーナメントに進出したのは2008-09シーズン以来9年ぶり。 その後を2戦合計5-0、マンチェスター・シティを5-1、を7-6で順に破り ASローマとのファーストレグではが大会9つ目のアシストを記録し、大会新記録を樹立した。 、2006-2007シーズン以来11年ぶりの決勝進出を果たす。 の戦では、好調だったを怪我で欠いた上にエースのサラーが前半で負傷交代、後半にはミルナーも負傷で交代を強いられの後半の2つのミスなどで1-3で敗れ準優勝となる。 は3回戦でに、は4回戦でに敗れ、シーズン無冠に終わる。 2018-19シーズン より前年に獲得が決まっていた 、からは 、2部降格のから 、から の4名を移籍金合計約250億円で獲得し、大型補強を敢行した。 更に1月にへレンタル移籍していた、同じくへのレンタル移籍からの2名が戻り、プレシーズンマッチからチームに復帰した。 一方では6月に退団後フリーでへ移籍。 をが新監督を務めるへ 、は 、は 、を へそれぞれ完全移籍で放出した。 は当該シーズンはレンタル移籍の契約だが、その後2019年7月に完全移籍に切り替わる契約でへ移籍した。 さらに前シーズン途中から正GKを務めたもへ2年間のローンで移籍した。 当該シーズン開始前後から、従来のゲーゲンプレスの戦術がと言う名でも呼ばれるようになった。 リーグ戦折り返し時点で喫した失点は僅か7とリーグ最少記録タイである。 攻撃面ではシーズン序盤こそ得点力に陰りが見られたものの、従来の4-3-3とシャチリの加入によって新たに4-2-3-1を併用するようになり、10月を過ぎるとそれがフィットし始めて息を吹き返すと43得点のリーグ2位。 16勝3分無敗という好成績でリーグ戦を折り返した。 年が明けて初戦の第21節マンチェスター・シティ戦に1-2で敗れると、そこからのリーグ6試合で4引き分けと勝ちきれない試合が続き、最大で7開いていた勝ち点差をマンチェスター・シティにひっくり返された。 その後は第30節からは9連勝するが、シティは14連勝とお互い勝ち点差1のまま一歩も譲らないデッドヒートが続き、最終的には勝ち点97の2位でリーグ戦は幕を閉じた。 わずかに1敗のみであったが優勝を逃すという史上初の結果となり、これまでの準優勝チームの最高勝ち点の89を大幅に更新した。 なお2008-09シーズンにも2敗ながら優勝を逃した初めてのチームになっていた。 サディオ・マネとモハメド・サラーが22得点を挙げて、アーセナルのと並び得点王に輝いた。 同一クラブの選手2人が得点王となるのはイングランド史上初で、またサラーは2年連続での得点王の快挙を達成した。 ではグループCで、、と同組となった。 初戦こそパリSGに辛勝するも、その後アウェイで全敗。 最終節、ホームでのナポリ戦をのアシストからサラーのゴールで1-0とナポリを撃破したことで。 、ナポリと勝ち点、直接対決の成績、総得失点差の3つで成績が並んだが総得点で上回り、僅差で決勝トーナメントへ進出した。 決勝トーナメント・ラウンド16では、準々決勝はFCポルトとそれぞれ対戦し、2戦合計3-1と6-1で勝利した。 そして、準決勝の戦1stレグではアウェイにも関わらず高いパフォーマンスを見せたが、好調なメッシを止められず、26分にに先制され、75分にはスアレスのシュートのこぼれ球からメッシに追加点を許す。 さらに82分、メッシの直接フリーキックを決められ、0-3で1stレグを落とした。 アウェーゴールを一つも奪えず、さらに2ndレグを前にしてフィルミーノとサラーの負傷欠場が決定する。 絶望的な状況の中、ホームのアンフィールドで、が7分に先制。 さらに54分、56分にが2点を追加し、トータルスコアで追いついた。 そして79分、コーナーキックでボールをセットしたがキッカーを代わるために歩き出すが、相手守備陣がボールから目を離したと見るや素早く踵を返してリスタートし、これをオリジがダイレクトで蹴り込んだ。 ついにトータルスコアで上回ったリバプールがその後も反撃を許さず、大逆転勝利で2年連続の決勝進出を果たした。 この試合は、前述のにおける大逆転劇の通称「イスタンブールの奇跡」になぞらえ、「アンフィールドの奇跡」と称される。 は同国対決となったトッテナムをサラーとオリジのゴールで2-0と破り、14年振りの優勝を決めた。 クロップ監督はリヴァプールで初のタイトル獲得となり、また自身は同大会決勝3度目で初の勝利を手にした。 は3回戦でチェルシーに、では3回戦でウルヴァーハンプトンにそれぞれ敗れている。 2019-20シーズン 詳細は「」を参照 例年通り、、に参加する他に、前年優勝のに加え、大会覇者として8月にはEL覇者と対決する、12月にはに、さらに8月には に出場する。 大型補強を敢行した前年とは打って変わり、即戦力の補強はなかったが、リーグ開幕戦でアリソン・ベッカーが負傷しGKが不足したことを受け急遽フリーでアドリアンを獲得した。 のチェルシー戦では2-2からPK戦の末に勝利した。 FAコミュニティ・シールドのマンチェスター・シティ戦は1-1で引き分けたがPK戦で敗れた。 冬の移籍市場では、からを獲得した。 では決勝戦で南米王者と接戦の末延長戦でののゴールにより1-0で勝利し初のクラブ世界一に輝いた。 プレミアリーグでは開幕から好調を維持し、前半戦を19勝1分で折り返した。 連覇を目指したチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント・ラウンド16でと対戦。 敵地での1stレグをアトレティコの堅守を崩しきれずに0-1で落とすと、2ndレグでは90分を終えて1-0、2戦合計1-1となり延長戦に突入。 一時はフィルミーノのゴールで勝ち越したが、ミスから失点すると、その後もカウンターから失点を重ねて2-3で敗れ、2戦合計2-4で敗退した。 本拠地アンフィールドでの無敗記録も42でストップした。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 1900-01, 1905-06, 1921-22, 1922-23, 1946-47, 1963-64, 1965-66, 1972-73, 1975-76, 1976-77, 1978-79, 1979-80, 1981-82, 1982-83, 1983-84, 1985-86, 1987-88, 1989-90, 2019-20• :7回• 1964-65, 1973-74, 1985-86, 1988-89, 1991-92, 2000-01, 2005-06• :8回• 1980-81, 1981-82, 1982-83, 1983-84, 1994-95, 2000-01, 2002-03, 2011-12• :15回• :1回• 1986 国際タイトル [ ]• :1回• 2019• :6回• 1976-77, 1977-78, 1980-81, 1983-84, 2004-05, 2018-19• :3回• 1972-73, 1975-76, 2000-01• :4回• 1977, 2001, 2005, 2019 ダービーマッチ [ ] 同じ州リヴァプールに本拠を置くとはライバル関係にある。 両クラブの試合は「」と呼ばれ、、、などと並びイングランドでも最も盛り上がるの一つである。 また、とは昔からライバル関係にあり、両者は「(あるいはイングランド・ダービー、ナショナル・ダービー)」と呼ばれるを通じて毎回白熱した試合を繰り広げる。 イングランドサッカーを引っ張るチーム同士の対戦であるため、サポーターは試合前から相手チームを罵る歌を歌い、士気を高めている。 選手同士もこの試合に関してはとても熱く、過去にはとの乱闘寸前劇や、のリヴァプールファンへの挑発などが見られた。 また、リヴァプール出身でライバルのエヴァートンからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したへのブーイングなども見られ、毎回好ゲームが多い。 2004年にが監督に就任して以来、リーグ戦でマンチェスター・ユナイテッドに勝利を挙げたことがなかったが 、2008-2009シーズンの第4節でホームで逆転勝利を挙げると 、アウェイでも快勝した。 エンブレム [ ] リヴァプールのには、のシャンクリー・ゲートの門飾りや、サポーターのアンセムともなっている "You'll never walk alone" の文字、リヴァプール市の象徴ともなっている鳥「ライヴァー・バード(Liver Bird)」などが用いられている。 コップスタンド サポーターは、試合開始前や試合終了直前に「」(君は決して一人ではない。 チームに関わる者、サポーターの我々は決して一人ではない。 共に歩もう)という曲を歌う。 この曲は元々とがミュージカル『』のために書いた曲であるが、1960年代初頭に「」と呼ばれた一連のポップ音楽の系譜に連なるバンドであるが録音したものが、イギリスのヒットチャート1位を獲得した。 その頃リヴァプールFCのスタジアムアンフィールドでは毎週DJがその週のヒットチャートソングを流していた。 その後もサポーターからは毎試合流して欲しいと強いリクエストありアンセムとして定着するに至っている。 その後、この曲は、、、、、、、、、などのサポーターにも歌われるようになった。 また、2011年に発生したの直後に行われたリヴァプールの試合では、被災地である日本に向けて、「You'll Never Walk Alone」とスローガンを掲げて歌いメッセージが送られた。 著名人のサポーターには、のメンバーのうち、、、の3人 なお、はエヴァートンファンである 、 映画俳優、6代目役 、 テニス選手 、 格闘家 、 女優 、アダム・ウッドイヤット 俳優 、 女優 、 俳優 、 俳優 、 ラッパー/音楽プロデューサー 、 歌手 、ジョン・ビショップ コメディアン 、 女優 、 歌手 、 バスケットボール選手 、 俳優 、 歌手 、 俳優 、レベッカ・ファーガソン 歌手 、 俳優 、ボーカルの河西洋介 などがいる。 スポンサー [ ] メインスポンサー 企業名 本社所在地 使用開始シーズン 使用終了シーズン 1972-1973 1981-1982 Crown Paints 1982-1983 1987-1988 1988-1989 1991-1992 1992-1993 2009-2010 2010-2011 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 主要フォーメーション 詳細は「」を参照 No. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] out No. Pos. 選手名 16 24 47 53 54 No. Pos. 選手名 58 59 73 -- 歴代所属選手 [ ] は1919—20シーズンに主将を務めたほか、1921年に再び主将に就任し、1928年まで務めた。 スポーツ. ロイター. 2011年5月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年6月2日閲覧。 2012年6月2日12:00. スポーツ. ロイター. 2012年11月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年6月2日閲覧。 2014年9月7日, at the. 2014年1月に国際監査法人『デロイト』が公表した2012-2013シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング• Evertonfc. com,2008年8月26日閲覧• 2008年6月19日, at the. Liverpoolfc. tv - LFC Story,2008年9月17日閲覧• 後のの前身チームのひとつとなった1899年設立の同名のとは全く別のクラブである• 2008年4月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年2月18日閲覧。 LFChistory. net,2008年9月13日閲覧• 2008年10月5日閲覧• Liverpoolfc. tv - LFC Story,2008年9月17日閲覧• Liverpool F. 2016年1月21日閲覧。 LFC History. 2015年12月20日閲覧。 LFC History. 2015年12月20日閲覧。 , p. LFC History. 2016年1月24日閲覧。 , p. Liverpool F. 2016年1月21日閲覧。 BBC. Sports 2018年3月3日. 2020年3月18日閲覧。 LFC Official. 2020年3月18日閲覧。 Liverpoolfc. tv - LFC Story,2008年8月26日閲覧• Liverpoolfc. tv - LFC Story,2008年8月26日閲覧• Liverpoolfc. tv - LFC Story,2008年9月18日閲覧• 12:08 2008年9月18日閲覧• 2005年5月25日 ,2008年9月18日閲覧• ,2008年9月30日閲覧• Liverpoolfc. tv - LFC Story,2008年8月26日閲覧• 2007年5月23日 ,2008年9月18日閲覧• 2007年7月4日 ,2008年9月18日閲覧• uefa. com トレバー・ヘイレット,2008年4月30日 ,2008年9月29日閲覧• 2007年7月28日 ,2008年9月18日閲覧• 2008年6月19日 ,2008年9月18日閲覧• 2008年9月1日 ,2008年9月18日閲覧• 2008年7月11日 ,2008年9月18日閲覧• 2008年7月5日 11:21 ,2008年9月21日閲覧• 2010年4月17日 夕刊• 優勝したのが3位のマンチェスター・シティだった為• 2011-2012 EUROPE SOCCER TODAY 完結編125頁• 2012-2013 EUROPE SOCCER TODAY 完結編41頁• 2013-2014 EUROPE SOCCER TODAY 完結編36-37頁• Goal. Qoly 2015年10月18日• [ワールドサッカーキング、フロムワン、朝日新聞出版 総力特集リヴァプール 情熱の改革]2016年2月、24、25頁• afpbb. Qoly. Goal. Goal. goal. サッカーキング 2018年4月25日 2018年4月25日閲覧• -UEFA. COM 2018年4月24日 2018年4月25日閲覧• SANSPO. COM(サンスポ). SANKEI DIGITAL INC 2019年5月13日. 2019年5月13日閲覧。 また、シーズン通して1敗のチームがタイトルを獲得できなかったことも初めてのであった。 さらに、クリスマス時点では首位に立っていたチームが優勝を逃すのは、これでプレミアリーグ3度目であり、3回ともすべてリヴァプールとなっている(2008-09、2013-14、2018-19)。 さらにリヴァプールは、2008-09シーズンは2敗ながら優勝を逃した初めてのチームになっていた(優勝はマンチェスター・ユナイテッド)。 そして2018-19シーズン、たった1敗ながら頂点に立てなかった史上初のチームとなった。 ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2019年5月13日閲覧。 今季を30勝7分1敗の勝ち点97で戦い終えた。 しかし首位のマンチェスター・シティもブライトンに4-1で快勝。 32勝2分4敗の勝ち点98とし、勝ち点1差で史上まれにみるハイレベルな優勝争いに決着をつけた。 フットボールチャンネル. kanzen Ltd. 2019年5月13日閲覧。 欧州5大リーグでも1970年にアトレティコ・マドリーのルイス・アラゴネスとホセ・エウロヒオ・ガラテが同時得点王となったのが過去唯一の例だった。 昨季の得点王でもあるサラーはリバプール加入から2年連続の得点王。 クラブ加入から2年連続得点王となった選手はプレミアリーグ時代では初であり、1968年にロン・デイビス氏がサウサンプトンで達成して以来51年ぶりとなった。 またサラー、マネ、オーバメヤンの3人はアフリカ大陸の代表選手。 得点王の3人がアフリカ大陸の代表選手で独占したのはプレミアリーグ史上初の快挙となった。 legendstadium 2018年12月17日• Goal. com. 2019年5月13日閲覧。 The Telegraph. The Telegraph. 2019年5月8日閲覧。 Soccer Digest Web. サッカーダイジェスト. 2019年5月8日閲覧。 www. goal. com. Goal. com. 2019年6月2日閲覧。 サッカーキング 2019年8月15日. 2019年9月25日閲覧。 Soccerway. 2019年12月16日閲覧。 2008年9月14日 ,2009年2月1日閲覧• 2008年9月14日 ,2008年9月15日閲覧• リヴァプールFCのエンブレム,2008年8月26日閲覧• 2005年3月22日 ,2008年9月9日閲覧• Inglis 2005• Liverweb,2008年10月7日閲覧• 2020年5月28日閲覧。 soccerking 2015年4月6日• ある時イングランド代表の試合を観ていて、スティーブン・ジェラードって選手がかっこいいなと思って。 調べたら、ビートルズが生まれた街のクラブ・リバプールに所属していることが判明してそれからファンになりました。 『SWITCH』VOL. 35NO. 2FEB. 2017p. 20より引用• 2019年9月3日閲覧。 Liverpoolfc. tv,2008年9月13日閲覧 LFChistory. net,2008年9月13日閲覧• LFChistory. net,2014年4月25日閲覧• 2008年2月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年2月22日閲覧。 LFChistory. net,2008年9月12日閲覧 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• Simon Inglis著 「Engineering Archie」 English Heritage、発行、 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (日本語)• (英語)• (英語)• - チャンネル (英語)• - (英語)• LFC - (英語) ニュース• (英語)• (英語) その他• - 各時代のユニフォーム (英語)• - 1964年から2013年のユニフォーム (英語)• - FACEBOOKの1964年から2013年のユニフォーム (英語)• - リヴァプールFCのユニフォーム大全集 (英語)• - リヴァプールFCの歴史 (英語).

次の