除 毛 クリーム ムーモ。 report.interreg4c.eu: moomo ムーモ 除毛クリーム 120g: ビューティー

ムーモ(Moomo)除毛クリームの使い方!お風呂でどうする?ワキ・VIO目的別注意点!|【写真暴露】ムーモ(moomo)除毛口コミ効果なし!悪い評判、買って後悔した脱毛体験談…。

除 毛 クリーム ムーモ

Moomo ムーモ でVIOの除毛脱毛は、公式サイトでは推奨されていません。 ただ、他の除毛クリームと違って保湿成分もたっぷり入っているので、実際に MoomoでVIO脱毛、やってみました!感想レビューと利用の際の注意点を本文中に記載しています。 結論:VIOはVゾーンは利用OK!Iゾーンは太もも側だけならOK!Oゾーンはオススメしない。 昨年大きな話題を呼んだ、 除毛スプレーの Joomoを 元にして作られたムーモ moomo。 密着力の高いクリームタイプの除毛剤であり、 サロン級の高い脱毛力が期待できるとして注目されています。 ただやはりセルフで除毛をするとなると、 デリケートな VIOライン にも使えるのかというのは気になりますよね。 そこで今回は他の部位と比べてちょっと 処理に悩みやすいVIOラインは、ムーモでも処理できるのか?ということを解明するためにも、口コミや成分などからムーモの安全性について調査していきたいと思います! Moomoで VIOも除毛できました。 でも 注意が必要! こういう感じ。 その場合、キレイに脱毛するには、当たり前ですが、毛の生え際にMoomoのクリームを塗る必要があります。 ただ、VIOラインの脱毛は、、、どこまでご自身が脱毛したいかにもよりますが、もしすべての毛を脱毛したい!って思われている方でしたら、あそこの毛は長いので、 ある程度事前にハサミでカットしてから使った方がいいです。 毛が長い状態でMoomoを塗ると、毛の生え際にクリームがいきわたらない場合がありますので、そうすると、中途半端な感じに除毛されてしまいます。 特にVIOラインの毛ってふとももの付け根部分にも謎の1本だけ太いムダ毛が生えてるなんてこともよくありますよね…。 そういった場合には、Moomoは非常に簡単に除毛できます。 カミソリはさすがに剃りにくい角度になりますし、けがをすると危ないので、除毛材はオススメですよ。 Vゾーン・Iゾーン・OゾーンのMoomo利用比較表 感想 注意点 Vゾーン キレイに除毛可 腕や脚などでOKだったらVゾーンも行う Iゾーン キレイに除毛可 毛が長いので最初にカットするなど下準備をするとキレイにできる Oゾーン 除毛できるが粘膜部分に触れるのはあまりよくないので、個人的にはおすすめしない。 見えないので、実際には使いにくい。 毛を剃りたい部分、ふとももの付け根部分に沿ってクリームを塗る。 (ある程度見える範囲で事前に毛をカットしておくとクリームが塗りやすい)• できるだけ毛の生え際に塗るようにする• 5分~10分待つ(この時、お風呂場ですると思いますが、股を閉じるとクリームが他の場所などにつくことがあるので、ある程度開いたままにて待つのがポイント)• ふき取りは、ボディウォッシュタオルなどで毛をこすり取っていくと効率的。 シャワーのみでもちゃんと落ちることは落ちる。 (その際に、クリームを流すお湯があそこの中に入らないように丁寧にすること。 なので、最初にふき取った方がいいです。 ) 慣れれば、夏に関しては、それなりに毎日の作業の中でできそうな感じです。 但し、何回もお伝えしていますが、公式な使い方ではVIO利用目的ではないと言っているので、 自己責任でお願いいたします。 ムーモ moomo でVIO脱毛を体験した方の口コミ体験談 それでは早速、ムーモ体験者さん達の口コミでVIO脱毛の声についてご紹介していきたいと思います。 今までVIOラインはカミソリやシェーバーなどで処理していましたが、私の毛が濃いせいか なかなか綺麗な仕上がりにはならず。 何日か経つとまた目立ってくるし、長い毛だと引っかかって痛いしで大変でした。 でもムーモでケアするようになってからは、 そんな悩みを抱えていたことを忘れるくらい快適にムダ毛処理ができています。 こんなに 簡単で綺麗に 処理できるなら、 もっと早く出会いたかったですね。 30代 どうやらムーモの口コミを見た限りでは、実際に VIOラインに使用している方も多くなっているようです。 また先ほどのお二方は、いずれも ムーモの手軽さや高い除毛力を十分に実感することができているようでした。 VIOラインのようなデリケートゾーンは綺麗に処理するのが難しくトラブルが起きる可能性も比較的高いですが、ムーモならカミソリなどと比べても、簡単かつ綺麗に処理することができそうですね。 ムーモ moomo とは?大まかな特徴をご紹介 そもそもムーモとは、除毛クリームにありがちな ツンとしたにおいを抑えた、 ラベンダーの香り の除毛クリームのこと。 除毛剤の中ではトップクラスの人気を誇る Joomoの成分をベースに、より ムダ毛を包み込みやすいクリームタイプで生まれ変わった注目の商品です。 また一般的に除毛ケアはカミソリなどを使用した場合、十分な保湿を行わないと肌も傷付きやすくなってしまいますが、ムーモなら 特別な保湿ケアをする手間は一切ナシ! 1本のクリームに除毛有効成分だけでなく 保湿効果の高い 高級シアバターが配合されているので、 ムダ毛処理と保湿ケアを同時に行うことができるのです。 ムーモ moomo はVIOラインにも使えるの?成分の安全性を調査 口コミではムーモをVIOラインに使用している方も多く見られましたが、果たして本当にムーモはデリケートゾーンにも安全に使用することができるのでしょうか?配合されている主な成分の安全性を、詳しく調査してみました。 チオグリコール酸カルシウム そもそも除毛クリームでムダ毛の処理ができる理由は、クリームに配合されている 除毛有効成分がムダ毛のタンパク質 ケラチン を根元から溶かすから。 毛を溶かすというとなんとなく肌が傷ついてしまいそうで怖いと思ってしまうかもしれませんが、ムーモに含まれる「チオグリコール酸カルシウム」という除毛有効成分の場合は、 厚生労働省も認めた医薬部外品成分 なので安心。 肌表面のムダ毛だけをゴッソリ処理してくれます。 高級シアバター ボディクリームやヘアオイルなどに使用されることも多いシアバターは、シアの木の種から採れる 植物性の油脂。 主に 保湿効果や抗炎症効果などが期待できるため、 肌にとっても優しい成分となっています。 VIOラインの処理にもOK? 安全性の高い成分を配合することにこだわったムーモは、デリケートなVIOラインのムダ毛処理にも使えるほどの品質を備えています。 ただいくら安全性が高いといっても、やはりVIOラインは他の部位と比べれば危険性もありますから、使用する際は 十分な注意 が必要です!特に 粘膜性の Iライン は失敗も多いので、安全に使うのなら Vラインを整えるくらいにしておくのが良いでしょう。 Moomoで他の体の部分も除毛したレビュー! 私も実際に、Moomoムーモで除毛をしています。 で、 実際にVIO(ビキニライン)にも使ってみました。 場所が場所だけに、写真画像がないことをお許しください…。 Moomoは除毛クリームで、塗った部分の毛を溶かすことで除毛することができます。 ですので、 普段カミソリなどが使えない部分の除毛には、除毛クリームが最適です。 医薬部外品で効果も厚生労働省のお墨付き。 お肌へのパッチテストや日本での製造などの 安心性もばっちりです。 まとめ 成分や口コミを調査した結果、ムーモは VIOラインにも使用できるほどの安全性を備えていることがわかりました。 エステサロンなどでは施術者の方に見られる恥ずかしさや多少の痛みが伴いますが、ムーモなら 自分ひとりで手軽に処理できるのが嬉しいですね! またムーモには高い除毛力を発揮する成分だけでなく、美肌に効果的な保湿成分も配合されているため、 肌を傷付けずにムダ毛処理がしたいという女性にもおすすめできます。 現在ムーモは 公式サイトから初回 980円で試すことができますので、ぜひこの機会に一度お試しくださいね。

次の

ムーモ脱毛の悪い口コミだけ掲載※公式サイトで読めない情報※

除 毛 クリーム ムーモ

この記事のもくじ• 除毛クリームと脱毛クリームの違いとは? 除毛クリームと脱毛クリームの違いは具体的に何が違うのでしょうか? 除毛クリームと脱毛クリームの疑問についてみていきましょう。 除毛クリームと脱毛クリームは呼び方が違うだけで同じもの! 自宅で行える手軽なムダ毛ケアアイテムとして人気の除毛クリームと脱毛クリームの違いは何だかわかりますか? 何となく脱毛クリームの方が効果が高そうなイメージですよね。 実は除毛クリームと脱毛クリームは呼び方が違うだけで同じものなんです。 どちらも見える範囲のムダ毛を溶かしてツルツル肌にしてくれるケアアイテムなんですよ。 商品によって• 毛穴が広がりにくい• 炎症を起こしにくい というメリットがあるのでムダ毛ケア後は毛穴が目立たず触り心地の良いスベスベした状態になりますよ。 除毛クリームと脱毛クリームには脱毛効果が期待できない? 脱毛クリームというネーミングを聞くと毛根からスッキリムダ毛が抜けるのではと期待しますよね。 ですが、残念ながらそのような効果は期待できないんですよ。 脱毛クリームの成分は皮膚の表面のすぐ内側までしか浸透しないので毛根付近のムダ毛は残ったままです。 見た目や触り心地はムダ毛がゼロになったように感じますが、実際は肌の内側にムダ毛があるんです。 脱毛というのは毛根からムダ毛を抜くことにプラスして、生えにくくする意味が含まれることが多いので脱毛クリームの効果とは違うと言えますね。 脱毛をしたい場合は他のケアアイテムを試してくださいね。 除毛クリームと脱毛クリームは一般的に肌への刺激が強い 除毛クリームも脱毛クリームも主成分はムダ毛を溶かす成分。 この成分はいろいろな種類があるので商品ごとに配合されているものは違いますが、どの成分でも共通して言えるのは肌刺激が強いということなんですね。 ムダ毛を溶かすときに肌の表面も一緒に溶かしてしまうので肌が弱い方はかゆみや痛みを感じることもあります。 皮膚が大人よりも薄い子どもが使う場合は、• 肌トラブルを起こしやすいので注意して使わせる• 子供でも使用可能と書かれている除毛クリームや脱毛クリームを使う というようにしてくださいね。 除毛クリームと脱毛クリームは効果や肌への影響は同じ? 除毛クリームと脱毛クリームは効果や肌への影響は同じなのでしょうか? 除毛クリームも脱毛クリームも再びムダ毛が生えてくる 脱毛クリームや除毛クリームは何回使ってもムダ毛は生えてきます。 ただ、使い続けるたびにムダ毛が細くやわらかくなってきたと感じるケースは多いですね。 これは除毛クリームや脱毛クリームの特徴であるムダ毛を溶かすということが関係しています。 溶かすことで毛先がなだらかな形になるのでムダ毛が細くやわらかく変化したと感じるんですよ。 抑毛成分がプラスされている除毛クリームや脱毛クリームはムダ毛が生えるスピードが遅くなる 除毛クリームと脱毛クリームは見える範囲のムダ毛を溶かしてとるというケアアイテムです。 ツルツルの状態がキープできる日数は除毛クリームも脱毛クリームも使用後2日程度が一般的ですね。 もっと長期間キープしたいというときは抑毛成分がプラスされているものを選ぶといいですよ。 個人差はありますが、1週間程度キレイな状態のままという方もいるので試す価値はありますよ。 さらに、抑毛成分は使えば使うほど毛根に浸透して効果がアップしていくという特徴もあります。 ムダ毛ケアの回数をできるだけ減らしたいというときは頼りになるケアアイテムですよ。 除毛クリームにも脱毛クリームにも抑毛成分がプラスされているのものが、今人気の強力除毛クリームmoomo(ムーモ)です。 除毛クリームと脱毛クリームで口コミでも評判のmoomo(ムーモ)。 moomo(ムーモ)は抑毛効果も期待できる除毛クリームです。 肌が弱いなら保湿成分がプラスされている除毛クリームと脱毛クリームがおすすめ! 除毛クリームも脱毛クリームも肌刺激が強いケアアイテムなので肌が弱い方は使うことをあきらめているかもしれませんね。 ですが、最近は肌刺激を減らす目的で保湿効果がプラスされている除毛クリームや脱毛クリームが増えてきているんですよ。 保湿成分にはいろいろ種類がありますが、肌が乾燥しやすい人や敏感肌の人におすすめなのはシアバター配合のもの。 シアバターの保湿効果はとても高くて肌の水分や油分をしっかり守ってくれる優れものなんですよ。 ムダ毛ケア後は肌の保湿ケアが必須ですが、シアバター配合のものを使えば保湿ケアは必要ないと感じるほどしっとりした状態になりますよ。

次の

ムーモ【評判チェック】

除 毛 クリーム ムーモ

Contents• 【除毛クリーム】moomo ムーモ を実際に使ってみた体験レビュー 販売元の自然派研究所は、 きれいな二重が作れる美容液「~ナイトエッセンス~」で有名なメーカー。 とはいえ、美容液と除毛クリームは別物。 本当に「5分でツルツル」になるのでしょうか? すぐに使ってみようと思いましたが、効果をきちんと実感したいので、 1週間ほど、ムダ毛を伸ばしてから使ってみました。 ちなみに放置状態のムダ毛は、 1本1本が硬くてしっかりしている感じ…。 (…恥ずかしいですが写真載せます!) 「ちゃんと除毛されるかな・・・」 と、ちょっと不安になっていました。 今回、除毛クリームを塗ってみたのは、 両わき、ひざ下、太股の3箇所です。 両わきが一番びっしり生えているので、効果を期待できそう。 ひざ周辺は、カミソリでケアしづらい場所で、どうしても剃り残しができてしまうエリア。 でも クリームなら、ひざのお皿やひざの裏など、自分から見えづらいところもまんべんなくケアできるかな 、と期待も高まります。 【除毛クリーム】moomo ムーモ 使用前は… 除毛前は、こんな状態でした。 塗って分かったのですが、 クリームが意外と柔らかいんです! もっと固いテクスチャーかと思っていたので驚きました。 柔らかいのでクリームを伸ばしやすいのですが、わきに塗っていると、手を挙げている状態なので、 時間が経つと クリームが垂れてきてしまいます。 ですので、塗る前に、 だいたいこれくらい塗ろうと分量を決め、パパっと塗っていくことが大事です。 使用量の目安としては、剃った わき毛が見えないくらい厚塗りした方がいいです。 あまり量をケチって少なくすると、綺麗に除毛できないみたいです。 せっかく使うなら綺麗にしたいなと思い、私はこれくらい使いました。 ただ、ゆっくり塗っていると除毛しなくても良い部分にまで垂れてしまい、クリームがもったいないな…と思いました。 分量に関しては、一度使ってみると、 「この部分にはこれくらい必要だな」と分かってくるので、2回目からは感覚をつかめると思います。 次に、ひざ下からスネにかけて塗っていきました。 ここもしっかり生えている上に、 ひざが乾燥している・・・。 保湿効果も期待したいところ!全体にパーっとなるべく厚塗りで塗っていきます。 最後に太ももです。 太もも、全然ムダ毛が薄くないです・・・。 そのまま10分弱置いたあと、タオルでクリームをさっと拭き、シャワーで流してみました。 「 保湿効果がある」と公式サイトに書かれていた通り、 流していくと、きれいさっぱり!というよりも、 肌の潤いがとれない感じです。 これが保湿効果につながるんだな、と思いました。 【除毛クリーム】moomo ムーモ 使用後!効果はいかに… そして、除毛後の結果です! まずは、両わきです。 びっしりと生えていた ムダ毛がキレイさっぱりなくなって、仕上がりは大満足でした! 次に、ひざ下。 太ももです。 この2箇所は、 ちょこちょこムダ毛が残ってしまっています・・・。 「うーん、おかしいなあ、クリーム塗っていたし、効果があるはずなんだけど・・・」と思い、 何気なくムダ毛を爪で引っかいたところ、簡単にポロポロと取れていきました。 「あれ、取れるじゃん!」と思って、残っているムダ毛を少しつかんだり、爪で抜いたりしていくと、 どんどん取れていきました。 公式サイトに、 「毛穴からするんと抜けていく」と書いてあったので、 このことかー!と納得しました。 また、「 根本から強力除毛するのでぽつぽつ毛穴に毛が残ったりしません」とありましたが、 ひざ下と太ももに関しては、確かに毛の抜けた毛穴には毛が残りませんでした。 そして、除毛残りがあったのは、 おそらく、タオルで拭き取る時にしっかり拭き取れなかったのと、 クリームの量が足りなかったことが原因だと思います。 わきは最初だったのでたくさん塗ってみたのですが、 ひざ下と太ももは、若干、クリームの量をけちってしまいました・・・。 あと、最初なので「とりあえず伸ばして全体的に様子を見てみよう」としたのが悪かったのですね。 その結果、ムダ毛が残ってしまったんだと思います。 しっかりと量を使わないと、逆に「残った毛をどうしよう」と面倒なことになります。 残った毛をカミソリで剃るのはムーモを使う意味がないし、単純に手間なので、 1回でしっかりと除毛が終わるよう、多めのクリームを使うことがオススメです。 「多めに使っちゃうと、すぐ無くならない??」 って心配になりますよね。 moomoはボリュームたっぷりなのでそんなに心配いらないと思います。 一本の容量は120グラム。 頻度にもよりますが 週2〜3回で約1ヶ月は保ちます。 そして気になる保湿効果も、シャワーで流す時から実感していたので、期待通りの仕上がりです。 ただ、高度な潤いを求める人は、除毛後に、自分に合う保湿クリームを重ねた方がより効果を実感できるかと思います。 【除毛クリーム】moomo ムーモ 抑毛効果の実際は? 大事な抑毛効果・・・。 私の場合、わきは 3日後くらいからムダ毛が生えてきてしまいました。 これは、予想よりも早くて残念・・・。 ひざ下と太ももは、5日後くらいから少し気になってきました。 まあ、私が もともと毛が濃いので、仕方ないのかなと思いました。 もともとムダ毛の少ない人や、薄い人はもっと効果がキープされるのかな、と思います。 公式サイトのQ&Aによると、 「使用頻度は3日〜1週間」を見てくださいとのこと。 なので、平均値なのかな、とも思いました。 【除毛クリーム】moomo ムーモ 使ってみての評価・感想 今回、ムーモを使ってみて感じたメリットは、 ・とにかく簡単 ・時短できる ・肌を守りながら除毛できる ・子どもと一緒にお風呂に入っている時でも安心して使える (カミソリだと危なくて1人の時しかムダ毛処理ができません) デメリットは、 ・全身しっかり除毛したい人は、クリームの量が必要なのでまとめ買い必須 ・背中など自分が届かないところは、家族や友達に塗ってもらわないといけない です。 私自身は、 カミソリのように肌を切ってしまう不安や、肌が乾燥する不安が払拭されるので、「とても良いアイテム」と思いました。 子どもと一緒にお風呂に入っても安心なので、ぜひママ友さんたちにもオススメしていきたいです。 また今回はVIOラインは使用しませんでした。 デリケートゾーンなので、かぶれたりしたら嫌だなと思ったのと、 公式サイトではあまりオススメしていないという記事が結構あったので・・・ でも、中には使っている人の口コミもあって、結構綺麗になったという記事が多かったので 使う場所に気をつけて使ってみようかなとも思いました! ・パッケージがラベンダー色で かわいい。 ・初めて除毛クリームを使ってみたけれど、 液だれしなくて簡単だった。 ・ 美容成分配合で肌ダメージが少ないからシェーバーを使うよりも肌に良さそう。 ・ムダ毛が気になるところに塗っておいて、洗顔などしているうちにあっという間に5分。 あとは洗い流すだけでツルツル。 簡単でいい。 SNSでは、このようなコメントが投稿されていました。 高評価の人が多いです。 でも、インスタグラムなどのSNSだと、初めて使ってみたという段階での投稿が多いので、 何回か使ってみたという人の口コミがあまりありません。 なので、個人のブログなどで何度か使ってみたという人たちの口コミを探してみました。 こちらでは、その一部をピックアップしてご紹介します。 私のように敏感肌の人は、使える部位とそうでない部位があるかも? なので、使う部位と近いところでパッチテストをしてから使ったほうが安心だと思います。 moomo(ムーモ)を体験した人の【口コミ】から分かってきたこと 口コミをチェックしてみると、やはり賛否両論でした。 良い評価の口コミが多くありましたが、中には「使ってもまた数日で生えてくる」ということに不満な人も…。 ですが、moomo ムーモ は永久脱毛ができるものではなく、 皮膚の表面にあるムダ毛を溶かして処理する除毛クリームです。 抑毛効果もあるので、使い続けることでムダ毛が少なくなる効果も期待できますが、即効性はありません。 なので、医療脱毛のような永久脱毛がしたいという人には、moomo ムーモ は向いていません。 ですが、 ・エステや医療脱毛だと費用がかかりすぎる(20万円~50万円ほど) ・自宅で簡単に自己処理したい( エステでは1年以上、moomo ムーモ なら1回最短5分) ・ なるべく肌に優しく除毛したい という人にはおススメです。 ですから、特に敏感肌の人は使用の前にパッチテストをしてから使うようにしたほうが安心です。 また、もし肌に合わないと感じた場合は使用を中止し、症状が重い場合は皮膚科など専門医を受診してください。 妊娠中や授乳中の人でも使用可能です。 ですが、この時期はいつも以上に肌が敏感になっています。 なので、パッチテストをしてから使う、赤みがないかよくチェックするなど慎重に使うようにしてください。 アレルギー体質の人は、全成分を確認し、アレルギーのある成分がないかどうか確認してから注文・使用を検討してくださいね。 【moomo ムーモ 】除毛クリームって何?本当に効果はあるの? moomo ムーモ は、ムダ毛が気になる部分に塗るだけで除毛できるクリームタイプの除毛剤。 moomo ムーモ にはラベンダー精油を配合しているので「ツン」としたイヤな臭いがなく、 天然の保湿剤であるシアバター配合で、 除毛後の肌がしっとりすべすべになるという特徴があります。 moomo ムーモ はどんな除毛クリーム? それではここで、moomo ムーモ はどのような除毛クリームなのか…ということについて詳しくご紹介します。 厚生労働省に効果効能を認められた医薬部外品なので、安心して使うことができますし、男性の剛毛でもツルスベに除毛する効果が期待できます。 強力除毛できる理由は、有効成分として「 チオグリコール酸カルシウム」が配合されているから。 チオグリコール酸カルシウムは、毛の成分であるケラチンタンパク質に作用し、ムダ毛を溶かして除去する作用があります。 しかも、しっかり塗りこめば毛穴の中に入り込むので、肌表面の外側に見えるムダ毛をキレイに処理。 moomo ムーモ は、ムダ毛を根元からしっかり除毛するので、 カミソリで処理をしたときのように毛穴にポツポツ・チクチクした毛が残りません。 ですから、しっかり保湿をしないと赤み・かゆみ・ヒリヒリ感など肌トラブルの危険が…。 しかし、moomo ムーモ には天然の保湿成分として 高級シアバターが配合されています。 このシアバターの保湿力によって除毛後の肌を保護することができるので、肌ダメージを少なく抑えることができるのです。 さらに、保湿力を高める大豆エキスやシソエキスも配合しています。 大豆エキスに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンとよく似た働きを持ち、発毛や皮脂腺の活動を抑え、肌を健康的に保つこともできます。 つまり、moomo ムーモ は除毛・抑毛のダブルの効果があるので、使い続けることで、ムダ毛が生えてくるスピードを遅く、次に生えてくるムダ毛を細く、弱弱しいものにする効果を期待することができます。 なので、最初のうちは1週間に2回を目安に使いますが、徐々に1週間に1回の使用でもOKになった!という口コミもありました。 ムダ毛の処理が徐々に楽になるというのは、とても嬉しい効果ですよね。 しかも、そのラベンダーは現地で水蒸気蒸留法という独自の技法を用いて製造しているので、自然の香りを失っていません。 ですから、除毛剤特有の「ツン」とくる嫌な臭いで不快になることなく、ムダ毛ケアの時間を癒しタイムにすることができます。 さらには、ラベンダーには癒し(リラックス)効果だけでなく、抗菌作用もあるので皮膚の炎症等のトラブルを防ぎながら安全に、そして衛生的に除毛できます。 そのような時、カミソリなどで処理をしてしまうとカミソリ負けで肌荒れしてしまったり、やわらかい皮膚が傷ついてしまったり…。 でもmoomo ムーモ なら、カミソリよりも肌に優しく使うことができるので、お母さんと一緒に使ってみても良いと思います。 とはいっても、子供の肌は成人の大人の肌よりも過敏なので、赤みが出ていないかどうか、刺激なく使えているかどうか肌の様子を確認しながら使うようにサポートしてあげてくださいね。 また、生理前や生理中は肌が敏感になるので、いつも以上に気を付けるように…など、教えてあげてると良いですね。 公式サイトのほうには「子供も使えます」とありますが、小さいお子様は肌が敏感です。 私個人の意見として、小学生以下の小さなお子さんへの使用はおススメしません。 毎日使うと肌荒れのリスクが高くなるので、連続して使わないようにしてください。 そもそも除毛って何? 「そもそも除毛クリームって何?脱毛とは違うの?」 そんな疑問を持つ人も少なくないでしょう。 ひとくちにムダ毛の処理と言っても、その方法には「除毛」だけでなく「脱毛」や「抑毛」という方法があります。 そこで、まずこの3つのムダ毛の処理方法についての違いをご説明します。 除毛の方法には、今回紹介しているmoomo ムーモ のような除毛クリームのほかに、 カミソリやシェーバーを使って剃る方法があります。 カミソリやシェーバーを使った除毛は、肌表面を刃物で削っているのと同じ状態。 カミソリ負けして肌が荒れる、 赤くなったり痒みが出るなどの肌トラブルが起こりやすいです。 一方、除毛クリームは、 化学物質によってたんぱく質を分解・除去することによってムダ毛を処理します。 やはり、肌表面に負担がかかりますが、 除毛成分と一緒に肌を守る成分を配合することで、肌への負担を軽くできます。 脱毛の方法には、自分で毛抜きなどを使って処理する方法や、エステや美容クリニックなどの施設で脱毛器を使って処理をしてもらう方法があります。 エステでの脱毛は、脱毛後もムダ毛が生えてくる可能性が高いですが、美容クリニックでの脱毛は毛乳頭(毛が生える組織)を破壊するのでエステでの脱毛に比べると永久脱毛効果が高いです。 施設で脱毛をしてもらう場合にかかる費用の相場は、エステでの脱毛には20~35万円、美容クリニックでの医療脱毛は30~50万円くらい。 また、1度脱毛すればOKということではなく、ムダ毛が生えるサイクルに合わせての処理が必要なため、年単位での期間がかかります。 また、機械を使って行う脱毛は「痛い」という人も多く、痛みに耐えられなくて通うのをやめてしまうという人もいます。 抑毛するには期間がかかり、即効性は期待できません。 また、ムダ毛の量が多い部位、太い部位にはなかなか効果が感じられないこともあります。 moomo ムーモ は本当に簡単に使える?【JOOMO ジョーモ と比較してみた】 は、本当に簡単に使えるのでしょうか? 最近、ネット上で人気沸騰中のムダ毛ケア商品の1つに「)」という除毛スプレーがあります。 このと、どちらが簡単に使えて効果が良いのか、比較してみました。 JOOMO(ジョーモ)とは? は、医薬部外品で認められた「 チオグリコール酸カルシウム」を主成分としており、毛を構成するタンパク質(ケラチン)を分解し、溶解することで簡単に除毛ができるもの。 スプレータイプなのでムラができる心配がなく、均一に除毛をすることができます。 Step2: 吹きかけた箇所を付属のスティックで静かに除毛。 Step3: しっかりすすぐ。 *顔、VIOラインといったデリケートゾーンには使用できません。 moomo ムーモ の使い方と使える部位 の使い方は以下の通りです。 Step1: 除毛したい部分にクリームを塗り広げる。 Step2: 5分放置し、ティッシュなどでクリームをふき取る。 Step3: シャワーできれいに洗い流す。 *クリームを伸ばす時にムラがあるとムダ毛が残ってしまうことがあります。 なので、均一に丁寧に伸ばすことが、きれいに除毛するポイントです。 *顔、VIOラインといったデリケートゾーンには使用できません。 除毛クリームmoomo ムーモ と除毛スプレーJOOMO ジョーモ の大きな違いとは? ムーモもジョーモも人気のムダ毛ケアアイテムですが、この2つには特徴に大きな違いがあります。 その違いについて上記と重複する部分もありますが、簡単にまとめてみました。 ・そのまま塗れる ・ラベンダーの香り ・スプレーなので簡単 ・シトラスの香り 【販売店まとめ】市販・公式・amazon・楽天…最安値はどこ? moomo ムーモ は、ドラッグストアや薬局などの実店舗での市販はされていません。 ドンキホーテやロフトなどでも取扱いはなく、通販限定商品です。 また、通販というと楽天やamazonなどの大手通販サイトを利用したいという人も多いと思うのですが、残念ながら取扱いはされていません(2018年3月現在)。 moomo ムーモ を通販できるのは、現時点では公式サイトのみです。 公式サイトでの販売情報 moomo ムーモ の通常価格は6600円(税別)。 moomo ムーモ は120gで、約1か月分。 ですから、定期購入で注文すると自動的に毎月お届けしてもらえます。 しかし、定期購入で注文する場合は最低でも4か月(4回)の受け取りが必要ですから注意してくださいね。 定期便の解約方法を解説!【moomo ムーモ 】 moomo ムーモ は、 定期購入のトクトクコースがお買い得。 でも、定期購入だと安いけど解約の手続きが面倒なのでは?と、思う人もいると思います。 そこで、解約方法についても調べてみました。 ただし、 発送日の7日前までに電話連絡をして下さい。 それよりも後になってしまうと手続きが間に合わなくなり、次回からの解約になってしまいます。 ですから、そろそろ解約したいなと思ったら早めに電話連絡をしてくださいね。 継続回数は4回と長い…と思ってしまいますが、肌を露出する季節は長いです。 それに、moomo ムーモ には抑毛効果があります。 抑毛効果には即効性はありませんが、長期間使うことで効果が期待できます。 なので、単品購入で無くなるたびに購入するよりも、定期購入のほうがおススメだと私は思います。 手軽に強力!除毛はmoomo(ムーモ)がおすすめ! moomo ムーモ は、自宅でエステ級の強力除毛ができる除毛クリーム。 有効成分として医薬部外品で指定されているチオグリコール酸カルシウムが配合されているので、男性の剛毛でもツルスベにケアできるほどの効果があります。 実際に使ってみた人たちの口コミでも、 ・簡単に使えてきれいに除毛できる ・ラベンダーの香りで除毛剤独特の「ツン」とした臭いが軽減されている ・高級保湿成分のシアバターが配合されているので、処理後の肌が保湿されている など、とても高評価のコメントが多いです。 しかし、稀に肌に合わないという人もいるので、使用前にはパッチテストをして、正しい使い方で使ってくださいね。 また、 moomo ムーモ は全身に使えるとはいってもデリケートゾーンや顔などの部位には使うことができません。 しかし、待ち時間が5分でOK!という手軽さもmoomo ムーモ の魅力。 女性のムダ毛処理は365日年中無休なので、moomo ムーモ のように手軽に短時間で除毛でき、しかも肌に優しく使えるムダ毛ケアアイテムは人気が出ること間違いなし!だと思います。 実際、moomo ムーモ は、まだ販売されたばかりの新商品ですが、SNSなどでも話題になっています。 キレイに簡単にムダ毛ケアをしたい!という人は、お試ししてみてはいかがでしょうか。

次の