癒しの波動 上限。 【ドラクエウォーク】癒しの風は上限あるのか?

【ドラクエウォーク】いやしのかぜの効果と回復量の上げ方【全体回復スキル】

癒しの波動 上限

聖女の恵み vs 癒しの波動 スキルの書を使い【聖女の恵み】の検証。 下限回復魔力15で回復量20 上限回復魔力650で回復量130と判明。 早い話が・・・混乱解除以外は【いやしの波動】と全く同じ、です。 さとりの杖持ってないなら普通に全力で「引き」と私は思いますね。 (実測間違ってるのはよろしくないので再ツイ — みるきぃ MilkyResMys まず聖女の恵みの回復量についてですが、癒しの波動と全く同じのようです。 単純に「たまに混乱を治す」効果が追加されただけですね。 混乱が致命傷になる戦闘では守りの盾で事前に防ぐべきですし、その余裕がなく急いで解除したい場合は確実なアイテムを使いたいところです。 逆に余裕のあるメガモン戦などでは放置しておけば良いだけです。 これが役立つ場面として考えられるのは、全体のHPが減っていて混乱しているキャラがいる状況で• 全体回復で立て直し• 後続のキャラで天使の鈴使用 このようなプランで行動中に、1の段階で混乱が解けたらラッキーという程度です。 また、混乱を使ってこない敵との戦いではこの効果は不要になりますので、僅かに消費MPが増えるのはデメリットにもなり得ます。 (癒しの波動36、聖女の恵み38) 棍であるメリットが薄い 悟りの杖とは武器の種類が杖か棍であるかの差もあります。 棍はパラディンの得意武器であることにまずは目が行くかと思いますが、このゲームにおいて得意武器を装備するメリットは、職業の得意武器ボーナスが乗るかどうかの差でしかありません。 杖が得意な上級職は賢者と魔法戦士、棍が得意なのは賢者とパラディンとなっています。 細かいポイントですが、杖ならではの特性として 通常攻撃でMPが回復するというものがあります。 地味ですが長期戦で魔法の聖水を節約したい場面で使うことがあり、私としてはこのメリットが棍を上回ると思います。 サブスキルの差 悟りの杖はキアリク・ザオラル、聖女の棍はマヌーサ・ルカナンとなっています。 これはどちらもそれなりに使えますが、明確にどちらが優れているとも言えません。 ルカナンも1体ずつルカニをかけて倒したほうが良いケースも多いので、この中に際立って有用なものはありません。 以上の理由から大きな差ではないものの、わずかに悟りの杖のほうが上という結論になりました。 筆者が悟りの杖だけ持っているからという理由ではなく、一応客観的に考えたつもりです(笑) タクトとの比較は? ただ悟りの杖は今は引けませんので、この機会にタクトからのアップグレードを考えている方も多いでしょう。 癒しの風との比較では、基礎回復量が少し高いのと、回復魔力のキャップが500から650に上がるという違いになります。 具体的な数値は上記のみるきぃさんのツイートや詳しく調査しているサイトを参考にしていただくとして、回復量が増えるので回復を1人でまかなえる戦闘では構成の幅が広がります。 これが最大のメリットです。 しかしそれでもメガモンや強敵で効率が上がるというレベルで、あればクリアできるコンテンツが増えるほどの差では無いと考えています。 消費MPが大きく増えるというのもあり、単純な上位互換とも言えません。 更に回復装備は回復量を増やすかサブスキルを変えるかでしか差をつけられないので、遠くない未来に上位版が登場するのも見えています。 というわけで今どうしても欲しい、という方以外は無理して引かなくても大丈夫です。

次の

癒しの波動オルゴール曲集 【第2集】 :m212:インターフェイス21

癒しの波動 上限

全体回復スキル「いやしの波動」のポテンシャルに迫る! 新武器「さとりのつえ」で覚えられるいやしの波動は、ひかりのタクトのいやしのかぜや、ロザリーのつえのエルフの慈愛を超える回復量なのか? 実際にさとりのつえをゲットできた勇者たちがその検証結果を公開しているのでまとめてご紹介します。 さとりのつえに新スキル「いやしの波動」が実装 いやしの波動はさとりのつえに初めて実装された全体回復スキルとなります。 いやしのかぜの上位互換となっており、消費MPは36と重くなっています。 比較されるのがひかりのタクトのいやしのかぜ、ロザリーのつえのエルフの慈愛となります。 それぞれの武器自体に付与されるかいふく性能がこちらとなります。 いやしの波動はさとりのつえ4凸と最適なこころで真価を発揮 さとりのつえ無凸の状態では、想像した回復量が出なくて不満な声もちらほら挙がっています…「」が、さとりのつえ4凸に理想のこころをセットした形で、実際にどのくらいの回復量になるのか検証をされています。 かいふく魔力の上限は存在する模様 グレムリンのこころからももいろ三姉妹に交換し、再びいやしの波動を唱えたところ、回復量が若干下がったようです。 いやしのかぜはかいふく魔力500が上限となっていましたが、いやしの波動は600以上に上限があると思われます。 さとりのつえは課金勢向けの杖だった? さとりのつえ無凸によるいやしの波動の回復量は、ひかりのタクトのいやしのかぜを若干越え、ロザリーの杖のエルフの慈愛とは殆ど変わらない回復量であることが判明。 しかし、完凸して理想のこころを集めることでその回復量は240近くまで上げることができます。 無課金勢が期間限定武器を完凸させることは難しいため、 ひかりのタクトやロザリーの杖を持っている場合は無理にさとりのつえを狙う必要はありません。 逆に課金勢はこの回復量に魅力を感じるかもしれませんね…! 今回は回復に特化した賢者用杖が実装されましたが、恐らく、 近いうちにイオナズンを覚えられる攻撃に特化した賢者用杖も実装されると予想されます。 さとり装備ガチャは3月26日までと長期間開放されているため、次回ガチャ更新内容を見てから引くかどうか決めるのがよさそうです! 関連記事• 2020年2月27日 15:07 - [ドラクエウォーク攻略まとめ]• 2020年2月28日 12:02 - [ドラクエウォーク攻略まとめ]• 2020年4月20日 18:02 - [ドラクエウォーク攻略まとめ]• 2020年2月25日 07:00 - [ドラクエウォーク超速報!]• 2020年6月9日 22:00 - [ドラクエウォーク無課金攻略情報まとめ]• 2020年4月22日 17:00 - [ドラクエウォーク超速報!]• 2020年2月27日 18:00 - [ドラクエウォーク超速報!]• 2020年2月27日 15:31 - [ドラクエウォーク攻略まとめ]• 2020年6月11日 16:00 - [ドラクエウォーク速報]• 2020年2月27日 15:41 - [ドラクエウォーク攻略まとめ].

次の

【ドラクエウォーク】いやしのかぜの効果と回復量の上げ方【全体回復スキル】

癒しの波動 上限

聖女の恵み vs 癒しの波動 スキルの書を使い【聖女の恵み】の検証。 下限回復魔力15で回復量20 上限回復魔力650で回復量130と判明。 早い話が・・・混乱解除以外は【いやしの波動】と全く同じ、です。 さとりの杖持ってないなら普通に全力で「引き」と私は思いますね。 (実測間違ってるのはよろしくないので再ツイ — みるきぃ MilkyResMys まず聖女の恵みの回復量についてですが、癒しの波動と全く同じのようです。 単純に「たまに混乱を治す」効果が追加されただけですね。 混乱が致命傷になる戦闘では守りの盾で事前に防ぐべきですし、その余裕がなく急いで解除したい場合は確実なアイテムを使いたいところです。 逆に余裕のあるメガモン戦などでは放置しておけば良いだけです。 これが役立つ場面として考えられるのは、全体のHPが減っていて混乱しているキャラがいる状況で• 全体回復で立て直し• 後続のキャラで天使の鈴使用 このようなプランで行動中に、1の段階で混乱が解けたらラッキーという程度です。 また、混乱を使ってこない敵との戦いではこの効果は不要になりますので、僅かに消費MPが増えるのはデメリットにもなり得ます。 (癒しの波動36、聖女の恵み38) 棍であるメリットが薄い 悟りの杖とは武器の種類が杖か棍であるかの差もあります。 棍はパラディンの得意武器であることにまずは目が行くかと思いますが、このゲームにおいて得意武器を装備するメリットは、職業の得意武器ボーナスが乗るかどうかの差でしかありません。 杖が得意な上級職は賢者と魔法戦士、棍が得意なのは賢者とパラディンとなっています。 細かいポイントですが、杖ならではの特性として 通常攻撃でMPが回復するというものがあります。 地味ですが長期戦で魔法の聖水を節約したい場面で使うことがあり、私としてはこのメリットが棍を上回ると思います。 サブスキルの差 悟りの杖はキアリク・ザオラル、聖女の棍はマヌーサ・ルカナンとなっています。 これはどちらもそれなりに使えますが、明確にどちらが優れているとも言えません。 ルカナンも1体ずつルカニをかけて倒したほうが良いケースも多いので、この中に際立って有用なものはありません。 以上の理由から大きな差ではないものの、わずかに悟りの杖のほうが上という結論になりました。 筆者が悟りの杖だけ持っているからという理由ではなく、一応客観的に考えたつもりです(笑) タクトとの比較は? ただ悟りの杖は今は引けませんので、この機会にタクトからのアップグレードを考えている方も多いでしょう。 癒しの風との比較では、基礎回復量が少し高いのと、回復魔力のキャップが500から650に上がるという違いになります。 具体的な数値は上記のみるきぃさんのツイートや詳しく調査しているサイトを参考にしていただくとして、回復量が増えるので回復を1人でまかなえる戦闘では構成の幅が広がります。 これが最大のメリットです。 しかしそれでもメガモンや強敵で効率が上がるというレベルで、あればクリアできるコンテンツが増えるほどの差では無いと考えています。 消費MPが大きく増えるというのもあり、単純な上位互換とも言えません。 更に回復装備は回復量を増やすかサブスキルを変えるかでしか差をつけられないので、遠くない未来に上位版が登場するのも見えています。 というわけで今どうしても欲しい、という方以外は無理して引かなくても大丈夫です。

次の