プジョー リフター ロング。 フレンチMPVの仁義なき戦い始まる! 「ルノー・カングー」と「プジョー・リフター」「シトロエン・ベルランゴ」を比較する 2ページ目

創業記念キャンペーン|プジョー リフター ロングボディ 7人乗りを特価販売します(新古車・中古車)

プジョー リフター ロング

全長x全幅x全高 4,405 x 1,850 x 1,890 mm ホイールベース 2,785 mm 最低地上高 180 mm) 乗車定員 5名 エンジン 1. 具体的な納車日につきましては、時期が近づきましたら担当ディーラーよりご予約いただいたお客様へご案内させていただきます。 予めご了承ください。 オンライン予約注文申込みのご利用について詳細は、こちらのをご覧ください。 本サイト上の申込みフォームにて予約注文申込みが完了した段階では、車両の予約はまだ完了しておりません。 本サイトでお申込みいただくと、順次コンタクトセンターよりお客様にお電話にて連絡し、お申込み内容を確認させていただきます。 その後、ご指定いただいたプジョーディーラーよりお客様にコンタクトさせていただき、お客様とディーラーの間で売買契約書の取り交わしをしていただくことで、車両の予約注文が確定いたします。 予約注文申込み後、3営業日以内にお客様と連絡を取ることができなかった場合、またお客様と担当ディーラーとの間でご予約注文申込みから14日以内に売買契約が締結されない場合は、お客様が予約注文申込みをキャンセルされたものと取り扱わせていただきます。 予めご了承ください。 予約注文申込みすると、売買契約になりますか?.

次の

【Peugeot RIFTER】リフター日本上陸予定!!2020年アウトドア・車中泊界に最強の車が投入!

プジョー リフター ロング

リフターとカングーを徹底比較 リフターは日本のミニバン的なスタイルとパッケージングを備えているが、それ以上にルノー・カングーにソックリというのが、読者も含めた正直な印象ではないだろうか。 ボディー全体のデザインだけでなく、空間効率や後席側のドアがスライド式になるレイアウトまで、ほとんど同じだ。 リフターとカングーを比べると、全長はリフターが120mmほど長く、ホイールベースも85mm上回るが、全幅は同程度だ。 全高はリフターが30mmほど高い。 カングーを長く、そして(少し)高くしたのがリフターということになる。 車内の造りも似ているが、インパネの周辺はやはり設計が新しいほうが洗練されている。 リフターでは最新のプジョー車と同じ「i-Cockpit」を採用し、ベルランゴは機構こそオーソドックスだが、シトロエンの名に恥じない個性的なダッシュボードの造形が持ち味だ。 一方のカングーは、やはり質実剛健という表現が適切だ。 飾り気はないものの、かといって足りないものも何もない。 荷室の容量はリフターが5人乗車時で597リッター、リアシートを倒した状態で2126リッターなので、同660~2866リッターのカングーに分がある。 最大積載容量で700リッター以上の差があるため、レジャーの種類によってはリフターでは用具を積み込めないというケースがあるかもしれない。 とはいえ、どちらも十分すぎるほどの広さがあるうえ、天井まわりなどの収納スペースも豊富だ。 リアゲートはカングーが観音開きタイプでリフターがハッチタイプとなるが、リフターの場合はガラス部分だけを開閉することもできる。 運転支援装備ではリフターが勝る。 歩行者を検知できる衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)や車間距離を自動制御できるアクティブクルーズコントロール、車線維持をサポートするレーンキープアシストといった装備が潤沢だ。 この種の機能でカングーに備わるのは緊急時ブレーキアシストのみとなる。 パワートレインはリフターが前述した1. 5リッターディーゼルターボエンジン+8段ATに対し、カングーは最高出力115PS/最大トルク190N・mの1. 2リッターガソリンターボエンジンに6段のデュアルクラッチ式AT、または6段MTの組み合わせ。 スペック的にはリフターに分があるようだが、カングーでは6段MTが選べるところがポイントだ。

次の

日本発売決定 プジョー リフター(Rifter) 2020 写真・動画情報

プジョー リフター ロング

プジョー リフターはどんなクルマ? 日本で人気のルノー・カングーと同じ、 小型商用車をベースとしたMPVです。 2020年に 正規輸入が始まり、日本でも発売されました。 欧州仕様については、の記事でどこよりも詳しく解説しています。 ぜひご覧ください。 全長約4. 4mの標準ボディの 5人乗りで、 1. 5Lのディーゼルエンジンを搭載した、8速AT仕様のみとなっています。 また、2020年2月時点で予約が 予定台数に達したため、 デビューエディションの販売は終了しています。 リフターの並行輸入をおすすめする4つの理由(ワケ) 正規輸入が始まった今、 あえて並行輸入をおすすめするワケを解説します。 欧州仕様なら「7人乗り」を選択できる 欧州仕様のリフターは7人乗りが選べます。 しかも、 3列目シートはフロアに収納できるタイプなので、普段は荷室の広い5人乗りとして使えます。 正規輸入される 「デビューエディション」に7人乗りを期待していた方も多いはず。 日本の環境では 7人乗りが何かと重宝しますよね。 欧州仕様なら軽量なガソリンエンジンが選べる 欧州仕様はガソリンエンジンが選べます。 ラインナップはシンプルで、 1. 2Lの3気筒ターボエンジン「ピュアテック(PureTech)」の1機種です。 それだけ 鼻先が軽くなれば、回頭性に良い影響が見込めるのは、皆様ご存知の通りです。 欧州仕様なら利便性の高いロングボディが選べる 欧州仕様は 全長約4. 75mのロングボディが選べます。 さらに、5人乗りと7人乗りの両方が用意されています。 荷室の広い5人乗りならバン的に使えますし、7人乗りならミニバンの代わりにもなります。 ロングといってもセレナやステップワゴンより5cm長い程度なので、 日本の環境でも乗りやすいと考えられます。 人気のカングーとのサイズ比較をしてみました。 全長 全福 全高 リフター 標準ボディ 4,403mm 1,848mm 1,882mm リフター ロングボディ 4,753mm 1,848mm 1,882mm ルノー カングー2 4,280mm 1,830mm 1,810mm ルノー グランカングー 4,688mm 1,830mm 1,802mm 結論:リフターを並行輸入するなら「ガソリン・ロングボディ・7人乗り」がおすすめ 通常、 日本で手に入らないクルマに乗るのが並行輸入の醍醐味です。 ここはぜひ、 「利便性が高くハンドリングも良い」 1. 2L ガソリン・ロングボディ・7人乗りのリフターを並行輸入しませんか。 せっかくならボディカラーも、 日本に導入されていない色にしたいですね。 With Carsが見つけた リフターの極上中古車 With Carsが見つけた『プジョー リフター 7人乗りロングボディ』の中古車を紹介します。 程度のよさにこだわって、 ディーラーの試乗車と、新古車だけを選びました。 どの個体も 程度は抜群です。 プジョー リフター Active 130 L2 (7人乗り ロングボディ) このページに 掲載の価格は『創業記念キャンペーン』の特別価格です。 欧州で販売中の中古車のため在庫状況や価格は変動します) 日本でもプジョー リフター 7人乗りに乗れます 海外で中古販売されているリフターを日本で乗るための方法を説明します。 With Carsは欧州からクルマを輸入・販売しています この記事で紹介した『プジョー リフター 7人乗り』の中古車に興味をお持ちになられたら、どうぞWith Carsにご相談ください。 安心の保証と、全国提携整備工場との連携でフォロー With Carsでクルマを購入してくださった方には、欧州車の整備、診断が得意な 信頼できる提携工場をご案内します。 また、 保証制度もあるので、乗り始めてからも安心です。 また、欧州各国の仕入れ先はディーラーとの価格交渉も頑張っております。 これらのディスカウントも当然、皆様へのご提案価格へ反映させていただきます。 現地との綿密な相談による「正確さと速さ」をモットーにしています 海外では仕様・オプション等の位置づけが日本の慣習と異なることも多く、並行輸入では注意が必要です。 新車・中古車共にご納得のできる仕様を確実にご納車出来るように、時差を考慮しつつ、仕入れ先とは何度も仕様確認や質問事項をやり取りしており、正確さと速さをモットーに務めております。

次の