レッド アイズ デッキ。 真紅眼(レッドアイズ)デッキについて色々と!新規でどう変わった?

LotDでレッドアイズデッキを作ってみた。使いやすくて、強いテーマなので初心者にもオススメ!|ヒトウレビト|note

レッド アイズ デッキ

以下の効果記述はより。 2 :自分フェに発動できる。 相手の1体を選んで破壊し、 その元々の攻撃分のを相手に与える。 この効果は1中に、こののとしたの数まで使用できる。 3 :1に1度、・・の効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。 その発動を効にして破壊し、このの攻撃をする。 超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズとは、に登場するある。 概要 発売の「Y BOX」にて登場。 自体は「」と「」がした夢の。 また、「」は族の効果で代用できる。 その内容は対に取られず、効果破壊されないという強固な耐性を持ちながら、相手のを対取らずに最大2回の破壊を行え、を与えることが出来、手札1枚をに相手の効果を効にして更に攻撃を出来るという、強な効果が詰め合わされたである。 一度を許した場合、等によるをするか、1回効を掻い潜って効果を使って対を取らない破壊以外の除去を行うか、上がっているの攻撃である00よりも高いで破壊を行うか、の効果を不可の「結界波」で効にしてから処理をする等の決して低くない要をするである。 これだけ強でありながら、名称1も生の制限もついておらず、自分の効果も効にすることが出来る。 1体は較的処理が行えるものの、2体の存在が級に近いためか、訂により制限化。 説明のために以降は「」とする。 真紅眼融合(レッドアイズ・フュージョン) 基本的にはこのでから「」と「」で出来る。 先攻初手で発動した場合、「」や「限泡」はこのがなために効果がなく、「浮」でから追い出す前にが出来てしまうため、「」でしか止めることができない。 召喚・特殊召喚に対する制限は(が出る前は 「」をして「炎弾」の効果を2回発動する、先攻1でも成立る1を成立させることくらいでしか「」1枚で止められるに合わなかったで)非常に厳しいが、この1枚で生み出されるテージは破格で、に妨を伏せることで強固な盤面が成立する。 なの方法の場合は「」扱いとなるが、自分の効果でも対にとれないため「炎弾」は発動できない。 むしろ 「」で相手ののになる原因となる。 訂により、このは制限となり、上記のか「」が制限となった。 先攻1を崩壊させるために構成を何かしら禁止にしたがるにしてはでにしなかったのが不思議でならない 円融魔術(マジカライズ・フュージョン) このはどちらかと言うとに特化しやすいで、2枚以降のを降臨させる。 自体が族なので利用できる。 ・の「」と「」を除外することでを行う。 また、「」をに「杯イムドゥーク」をしてからこのを使ったり、「」をサーチするためにに送った「」とにした「」をにこのを使うことでものを行える。 この場合、選んで破壊してを与える効果の使用回数は1回となる。 捕食植物 ヴェルテ・アナコンダ 効果2体という緩い定でされるで、の「」、「」の効果をするというもので、このに対しては逆に「」が効かず、その他の誘発が有効。 このの場合、「眼」をから引いていなくてもを行えるため、に使うことが出来るという強みと、を行うまで召喚・特殊召喚に制限がつかないこともあり、他の強なと共に並べたいという用途でもされた。 欠点としては、「眼」よりも誘発で止まりやすいことと、この自身の攻撃がと低いことである。 訂により、制限となった。 ドロドロゴン 汎用的なで出来る6の。 には限定されているものの、「眼」関係なしにが行え、この自身にも1体の代わりに出来る効果を持っている。 この場合、族の効果と「」として扱うこのですることになるため、選んで破壊してを与える効果は利用できない。 2020年1月環境で作られた主な使用デッキ(遊戯王OCG) ドラグーンビート 「眼」、「・」と妨が多く積まれている、特化の。 いちくを降臨させ、を多く敷くことで強固な盤面を作るというのがの。 また、処理を行われても、もう1度発動させたり、「円融」によるが可であった。 この場合、「テ・ダ」はどちらかと言うと的な意味合いのが強くなる。 ドラグーン出張1 「 テ・ダ」と「眼」と「」と「」を限の1枚ずつ採用する。 基本的に「眼」を引かないで戦いたいというに持ち込みやすく、登場初期は後述のものよりこちらのがになっていた。 ドラグーン出張2 前述のものに加えて、「眼」を2~3枚採用する。 が進むたびに関してはこちらのが流になっていた。 「眼」1枚から作られるテージが前述のものより重視されており、【】に寄せた形となる。 特にこの形となると、採用していないと採用を行うの2つに分かれ、どちらかの対策を強くするともう片方の対策が疎かになる可性がある。 こちらの場合でも「テ・ダ」は的な意味合いのが強くなってくるも存在している。 リリーサードラグーン 「テ・ダ」や「ドロドン」がに至るまでの特殊召喚・召喚の制限がついていないことを利用して、その横に「サー」をとした「スの」のを行い、と共に並べる。 これにより効果1回効の実質00のと共に相手の特殊召喚を封じる守備0のという強固な盤面を築くことが出来る。 この場合、手始めに特殊召喚を行わず、の効効果を掻い潜りながら「スの」を処理をしなければならない。 また、テ・ダを利用した場合、闇にする効果を使ってスを闇にしようとしたところを効果を効にすることで攻撃のテ・ダをから追い出して3体を耐性を視してする「-球体形」による除去を防ぎ、さらにを実質0のにすることが出来る。 ちなみに似たような盤面はでなくても成立するもあるためか、このの台頭により、「サー」が訂により入りを果たした。 2020年4月環境で作られた主なデッキ ので多くの大会にはてはいなかったものの、一部行われていた大会やで行われていた大会に基づき記述する。 ドラグーン出張1 の「1」と同じもの。 「眼」の制限により、前とべてこののも増加した。 また展開しきれなかった場合にテ・ダからのに生することでをかけているような構築も増加。 ドラグーン出張2 「・」を投入し、「」を2枚積んでいる。 「眼」1枚のテージを重視したで、の「2」を訂に合わせてされたもの。 前にも存在していた、【】がこのにされ、現でも引き続き続投している。 このはの部分に「」を採用しているような感覚にほぼ近い構築となり、「・」、「眼」でにを溜めることが出来る。 遊戯王TCG そんなこの。 発売の缶により、《- 》として登場することになっていたが、《- rk 》に名称が変更されることになった。 おそらく名称の見たに「」の要素を追加したかったためと思われる。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

超魔導竜騎士

レッド アイズ デッキ

はいどうも、2号機です。 前回の記事、見ていただけました? 今回の記事はこの記事の後編の記事になります。 まだ見てない方は画像クリックで記事に飛べるので是非是非そちらもご覧下さい。 はい、前回お知らせした通り、今回は【真紅眼】を使った2つ目のデッキ紹介とそちらの解説についての記事です。 早速デッキレシピから行ってみましょう 【融合派兵型】 融合を主軸においているのは前回のデッキと変わらないのですが、【融合派兵】を投入することで事故率を下げた構築になります。 そんなこのデッキのキーとなるのが、 この2枚。 まず【ブラック・デーモンズ・ドラゴン】。 【悪魔竜】じゃアカンのか?って思う方もいるかと思いますが、【悪魔竜】じゃダメなんです。 理由は【融合派兵】。 このカードの効果で【デーモンの召喚】をデッキから引っ張れば事故率を低減出来るって寸法です。 デッキレシピを見て、この解説を読んだならもうお気づきでしょう。 悪魔竜くん、出せます!!! てか悪魔竜でビートします! 前回紹介したデッキと根本的な動きは変わりませんが、大まかに変わったのがココ。 明確な勝ち筋に【悪魔竜】を加えられるようになった所。 レベル6「デーモン」通常モンスター+「レッドアイズ」通常モンスター 自分は「悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。 墓地のそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 その後、そのモンスターをデッキに戻す。 そこで【ブラック・デーモンズ・ドラゴン】なんですね。 言っちゃえば【融合派兵】で指定する為に入れてるカードなんでエクストラ枠1個潰しちゃうんですよね…。 しかし悪い事ばかりではなくて、勝ち筋としてカウントしていい程度のポテンシャルはあります。 間違いなくレッドアイズ一族の中で最もライフカットを専門としているモンスターと言えるでしょう。 まぁでも、やはり目の上のタンコブとなり得るのが【ドラグーン】でしょう。 奴は自己防衛効果と妨害効果、そして悪魔竜が得意なバーンを戦闘を介さずに放つ事が出来ます。 ここをどう差別化していくかで悪魔竜の明暗が分かれます。 で、結局どっちが良いの? 身も蓋も無い事言うとそりゃもちろん【ドラグーン】に軍配が挙がります。 互いにカード単体と【レッドアイズ】と言うテーマで価値をつけなおすと、 デッキにデッドウェイトを仕込まなければならないという点で欠点が合致します。 そうなるとカード単体で比べる事になりますが、当然後発のカードの方がパワーは上な訳で… 【ブラック・マジシャン】と【デーモンの召喚】と言うデッドウェイトを除いて考えるとどうしても【悪魔竜】に【ドラグーン】に無い強みと言うのがなくなってしまいます。 強いて言うなら種族の違いで差別化出来なくもないですが、それも誤差の範囲。 種族間でも【流星竜】や【黒刃竜】に展開補助や出しやすさと言う点でお株を取られがちです。 ここまで来ると2つを分ける差と言うのはもう 愛しかありません。 愛を優先するか勝ちを優先するか、そんな所も悩みながらデッキを組んでみると良いかもしれません。 いかがだったでしょう。 前後編でお送りした【レッドアイズ】についての記事。 手放しに誉められた様な利点のあるデッキではありませんが、フリーで握るには良いデッキだと思いますし、私自身愛着を持って所持しています。 やはり【レッドアイズ】9期に貰った強化の方向がみんなバラバラだったのが相対的に強化にならなかったというのがとても大きいです。 しかし、選択肢が広がったという意味ではいい強化だったともとれるので、ビルドの考え応えがあって面白いです。 「赤き竜がもたらすは勝利にあらず、可能性なり」とはよく言ったもんですね。 では、次回の記事もお楽しみに。 お相手は2号機でした。 ご拝読お疲れ様でした。

次の

【遊戯王デュエルリンクス】レッドアイズカテゴリの紹介

レッド アイズ デッキ

特殊召喚成功時にデッキから儀式魔法カードまたは 《融合》をサーチできる【ブルーアイズ】モンスター。 そして、エンドフェイズ毎にデッキからレベル8のドラゴン族モンスターをサーチでき、デッキからキーカードを次々とサーチできるモンスター。 特殊召喚成功時に 《カオス・フォーム》をサーチし、エンドフェイズに 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》をサーチすることで、次のターン、 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》の儀式召喚を狙うことができます。 融合、シンクロ、儀式の素材として墓地へ送られたあとは、墓地から除外することで自分の『レベル8・ドラゴン族モンスター』の攻撃力を永続的に1000ポイント強化することができます。 墓地のドラゴン達の怒りを受けるがいい!《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》! 【ブルーアイズ】モンスターが戦闘・効果で破壊された際に手札から展開され、墓地のドラゴン1体につき600ポイントのダメージを与え、更に墓地のドラゴンのステータスを得ます。 少なくとも展開時点で1体のドラゴン族が墓地へ送られているため、600バーンを与えることができます。 相手に効果で除去された際には相手フィールド上のモンスターを一方的に除去できる効果も持つため、切り札の【ブルーアイズ】モンスターが除去された際の裏切り札として活躍します。 《太古の白石》と【ブルーアイズ】でシンクロ召喚しよう! 【ブルーアイズ】デッキにはレベル1のチューナーモンスター、 《太古の白石》が存在します。 そして、【ブルーアイズ】モンスターがレベル8のため、レベル9のシンクロ召喚がしやすいようデザインされています。 その発動を無効にする。 エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外のドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 この効果は相手ターンでも発動できる。 出典: 展開時に自分の場のドラゴン全体に『次のターン終了時までカードの効果の対象にならず、カード効果では破壊されない』という耐性を付与します。 このカード自身もその恩恵を受けるため 、 《青眼の精霊龍》で展開したこのカードが破壊されることはありません。 また、自分のスタンバイフェイズごとに墓地の通常モンスターを蘇生できるため、 《青眼の白龍》を蘇生できます。 また、墓地では通常モンスターとして扱われる 《白き霊龍》もこの効果で蘇生可能。 融合召喚!連続攻撃でデュエルを一気に決めよう! 【ブルーアイズ】デッキには 《青眼の白龍》を複数体を素材とすることで融合召喚できるモンスターが複数存在します。 どれも非常に高い火力を発揮し、相手のライフを一瞬で削り切るポテンシャルを持ちます。 このカードは続けて攻撃できる。 その発動を無効にし破壊する。 出典: 《青眼の亜白龍》を融合素材としていれば、攻撃を行う代わりに、最大3枚の相手のカードを破壊できる融合モンスター。 《青眼の亜白龍》を融合素材としなければ1枚しか破壊できないため、このカードを融合召喚する際には必ず 《青眼の亜白龍》も素材としましょう。 儀式召喚!降臨せよ、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》!! 【ブルーアイズ】デッキには儀式召喚ギミックも採用されており、2枚のカードを使用しなければ展開できないという手間はあるものの、その手間以上の能力を持ったエースモンスターを展開できます。 また、 《深淵の青眼龍》の効果でどちらもサーチ可能なため、今までより容易に儀式召喚を狙えるようになりました。 デッキからレベル3以下のチューナーモンスターを特殊召喚する効果が強力で、デッキから 《太古の白石》を特殊召喚できます。 特殊召喚した 《太古の白石》を 《リンクリボー》の素材として墓地へ送ることで、そのターンのエンドフェイズにデッキから【ブルーアイズ】モンスターを展開できます。 また、このカードを採用する場合、 《ライティ・ドライバー》、 《レフティ・ドライバー》を採用することで、少ない枚数でこのカードの展開まで繋げられます。 まずはそれらのカードを使用して手札、墓地の状況を整えましょう。 また、 《太古の白石》は墓地へ送るだけでデッキから【ブルーアイズ】モンスターを展開できる効果を持つため、優先的に墓地へ送りたいところ。 【ブルーアイズ】デッキの回し方〜具体例〜 ここでは実際に【ブルーアイズ】カードを使用したテーマ内のデッキの回し方の例を、実際のカードと共に紹介します。 相手ターンにシンクロ召喚する準備を整えつつ、次のターンのカオス・MAXの降臨に備えよ! 【条件】墓地に 《青眼の白龍》が存在する 【使用カード】 《ライティ・ドライバー》 【結果】 《水晶機巧-ハリファイバー》で相手ターンにシンクロ召喚する準備を整えつつ、次の自分ターンで 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》の展開を準備する• 《ライティ・ドライバー》を召喚し、効果でデッキから 《レフティ・ドライバー》を特殊召喚する• 《ライティ・ドライバー》と 《レフティ・ドライバー》で 《水晶機巧-ハリファイバー》を特殊召喚• 《水晶機巧-ハリファイバー》の効果でデッキから 《太古の白石》を特殊召喚• 《太古の白石》を素材に 《リンクリボー》をリンク召喚• エンドフェイズ、 《太古の白石》の効果でデッキから 《深淵の青眼龍》を特殊召喚• 記事に掲載させて頂きます。 おわりに カーナベルでは【ブルーアイズ】デッキを組みたい方に向けて、今回の記事内で紹介した【ブルーアイズ】カードや相性の良いカードを豊富に準備しております! まとめてデッキパーツを手に入れて、あなただけのオリジナルの【ブルーアイズ】デッキを組んでみましょう! 当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【ブルーアイズ】のデッキパーツをお届けします。

次の