韓国 中国 の 反応。 「日本人の85%が中国に「否定的」。中国人の46%が日本に好感」 【韓国の反応】かいがんのはて

パンコリ

韓国 中国 の 反応

興味深いアンケート調査がある。 日経リサーチが昨年10〜11月に1673人を対象に調査した、日本人の「各国・地域への友好意識」に関するアンケート結果だ。 同調査によれば、日本人が最も好きな国はオーストラリアとイギリス。 いずれも「好き」「どちらかといえば好き」という肯定的な評価が72%に達した。 3位はフランス(肯定71%)、4位はイタリア(肯定69%)で、アメリカは5位(肯定67%)だった。 そして意外な結果かもしれない。 日本人が嫌いな国トップ1〜3位は? というのも最近、両国間の葛藤が激しい韓国が嫌いな国の1位でも2位でもなかったからだ。 日本人が最も嫌いな国1位となったのは、北朝鮮だ。 「嫌い」または「どちらかといえば嫌い」と答えた人は82%にも上った。 アンケート結果を報じた『日本経済新聞』は、その理由を「北朝鮮は米国と非核化交渉の動きをみせるが、核・ミサイル開発の脅威は消えていない」と説明している。 北朝鮮に次いで否定的な評価が多かったのは、中国(否定76%)だ。 南シナ海や尖閣諸島などの外交問題が、否定的な印象につながった可能性が高いという。 そして嫌いな国3位となったのが、お隣・韓国である。 韓国に否定的な印象を持つ人は、61%。 北朝鮮や中国に比べれば大きく否定派が落ちており、4位のロシア(否定57%)とも僅差という結果になっている。 ただ嫌いな国5位のフィリピンへの否定的評価は21%しかないため、上位4カ国が圧倒的に嫌われていることが証明されたともいえるかもしれない。 年齢が高い人ほど、嫌韓傾向があるという結果だ。 韓国の反応は? 日本人が嫌う国3位という結果に、韓国はどんな反応を示したのか。 今回のアンケート調査については、韓国メディアでも「日本人が最も嫌う国は北朝鮮…韓国は3番目」(『朝鮮日報』)などと報じられているのだが、韓国ネットユーザーのコメントには以下のようなものがあった。 (写真提供=SPORTS KOREA) いずれにしても日本人が嫌いな国ランキングで1〜3位となった北朝鮮、中国、韓国。 今後も同じ傾向が続くのか、また上位のランキングに変動はあるのか、注目してみたい。 (文=S-KOREA編集部) 外部サイト.

次の

パンコリ

韓国 中国 の 反応

中国が、自国の自動車産業が韓国を上回ったという評価を下し注目を集めた。 中国当局は、最近、自国の研究資料をもとに、「中国の自動車産業の競争力が韓国のそれを既に追い越した」と評価した。 最近公開された中国商務省の「自動車貿易質的成長発展報告書」によると、中国大陸の自動車産業は、昨年を基点に、既に韓国を超えたとの集計結果が出た。 また、ドイツ、アメリカ、日本などの自動車産業の先進国との格差も大きく縮めたという評価だ。 彼らは、「過去2013〜2018年の中国自動車の輸出総額が、既に460億ドルから、昨年の606億ドルへと大幅に増加した」とし、「同期間中に、中国の自動車産業が世界の自動車輸出額で占める割合は3. 特に中国商務省は、自国の自動車産業が、2018年の「一帯一路」戦略を通じて大きく成長したとの評価だ。 実際、2018年を基準に、中国国内の自動車のうち完成車1台当たりの輸出価格は1万5千ドルであったことが分かった。 これは、2013年の完成車1台あたり輸出価格に比べ約10. さらに、同時期、ヨーロッパ輸出用の新エネルギーバス1台あたりの価格は50万ドルに迫っていたことが分かった。 そのため、中国商務部は、自国の自動車産業の技術力が継続的に向上し、海外ブランドとの技術格差が持続的に減少したことにより、先進国を相手にした自動車の輸出規模が成長へと転じたと評している。 特に、同報告書は、「新エネルギー自動車」の開発分野が、今後の中国の自動車産業の地道な成長を促す動力になると展望した。 同報告書は、「今後数年間、中国の新エネルギー自動車の輸出規模が急成長を維持するだろう」としながら、「対外開発レベルを向上させるなど、主要外資企業の中国内での生産と輸出規模を増加させることができる法的基盤も用意されるだろう」と予想した。 実際、昨年を基準に、中国企業との技術協力形式で運営されている海外の有名自動車の現地部品工場の数は、約140カ所に達することが確認されている。 これらが運営する中国内の自動車販売所は、およそ9,000カ所に達している。 一方、中国商務部の関係者は、今回の研究報告書と関連して、「自動車産業は、国の工業化レベルと科学技術の能力などを判断する総合的な指標」であるとし、「全世界の輸出産業の中で、最も高い価格帯の単一工業製品」であるであると評価した。 それとともに、「輸出自動車市場は、長期的に好調が期待できる状況」であるとし、「中国の自動車産業の質的、量的な発展は、安定した見通しが可能である。 ただし、製品の質の向上と高級化、ブランド価値の向上、中国企業の国際化のための経営レベルの向上などを図る必要があるだろう」と展望した。 自画自賛すんだったら、こんぐらいはしなきゃ。 そこは、スマホで動画観てないな。 君らの部品工場の品質は良さそうだ。 科学技術は既に中国に後れを取ってる。 クズどもが、文句ばっか言ってないで、学ぶべきものは学ばないと発展しないぞ。 よその国から盗んだ技術を自画自賛するのではなく、反省して恥ずかしがるのが正常だ。 イライラする。 韓国の自動車産業が滅びるのは、いつ滅びるかって問題なだけであって、近いうちに滅びるだろうな。 幼ないな。 製造にかかる人件費は韓国の10分の1だから。 造船業も追い越し、半導体も追い越したって言ってたじゃん。 口だけ… 土地も人口も数十倍も小さい国超えて、よかったな。 daum.

次の

韓国人だけど西洋人は韓国人と中国人を同じだと思ってるの?なぜ西洋人は中国人をそんなに嫌うの?海外の反応

韓国 中国 の 反応

news. naver. 武漢で現場の実態を告発してきた市民記者2人が行方不明になったのに続き、習近平中国国家主席を批判した著名教授も連絡が途絶えた。 これに対し、韓国人は独裁への恐れや韓国も似たようなものだ、等の反応を見せた。 以下韓国の反応だ。 これがムンジェインの夢見る中国の実態だ! 共産党が武漢肺炎ウイルスみたいだね…. 子供の頃、学校で中国は共産主義と社会主義の似た国だと学んだ。 歳をとってみると、単純な独裁国家だっただけ。 私たちも発言に気を付けなければ。 いつ、どのように消えるか… 共産主義は、人間の本性に反するシステムであるため、強力な制御力が必要であり、その牽制を受けない強力な制御力は必然的に独裁に向かう。 これは必然。 NO CHINA! 中国不買が必要な時のようだね。 今コロナよりも怖いのが、中国政府。 左派も右派も独裁はどうしようもない。 韓国も憂鬱な朴正煕、全斗煥のとき考えてみろ。 民主主義というのは一日でできるのではないが、中国は経済成長率に政治が全く追いついていない。 ベトナムでもそこまでじゃない。 そのうち追い抜かれるよ。 独裁ってこういうことだよ… ムン・ジェインは拉致さえしなかったものの事実上目を閉じ耳を塞ぎ、何が違うのか。 中国のようにしたくて夢を見ているということだよ。 税金ばらまき政策に、不動産規制で、中間層殺しあれこれ国民が自立して生きられないようにしている。 民主党ムン・ジェインたちの行動と別段変わらないね 私たちもいつ地球上から消えるかわからない。 米国と固く団結した姿を見せなければ。 これ以上不安なムン・ジェインとやっていけない。 中国が共産党ってこと忘れちゃいけない。 地獄だ地獄。 うわあ…あの人たちが何の罪なの?(涙) 中国にああいう人達がいてそれなりに維持ができてるような気がするのに、皆捕まえてしまったら残ったのは抜け殻だけ。 ムン・ジェインが望む韓国の未来… 中国は政治体制が北朝鮮とよく似た国だと見ればよい。 韓国もかなり論評者たちは閉じ込められてしまい、 ますます中国に似ていく。 中国は失踪し、韓国は告訴され。 中国夢見るムン・ジェインを好きな人が多い国だから、そろそろ韓国も行方不明になるのかな(笑) 韓国だからって安全だと思ってる?今韓国も中国と似たような感じになってきてる。 共産党は本当に嫌い。 正しい事言えば無条件に消される。 ありえる?21世紀にこういうことが起こるということが信じられない。 これを機に、中国も韓国のように民主化運動再度挑戦してみろ。 勇気を出して勝ち取って。 民主主義は、被なく得ることができない。 隠蔽と独裁の国を抜け出そう、中国人民! I have to voice my affection for your kind-heartedness in support of visitors who absolutely need help with this important field. Your real dedication to getting the message around ended up being unbelievably advantageous and has always encouraged those like me to reach their ambitions. Your own warm and friendly useful information entails a great deal to me and much more to my office workers. Regards; from all of us.

次の