パンゲア 大陸。 アトランティス以上の謎!?超大陸パンゲアとは??

大陸の進化・・・超大陸

パンゲア 大陸

パンゲア大陸という超大陸から分裂した大陸同士が離れていく様子。 ところが、2008年9月に発表された研究によると、この説ではパンゲア大陸が形成された過程に説明がつかないという。 この研究では、地殻の深部で過熱状態になったマントルが対流を起こして古代の大陸間にわき上がり、その力で大陸同士が押し付けられて、パンゲア大陸になったという説が提唱された。 超大陸の形成や分裂の原動力はこれまで明らかにされていなかったが、地球の奥底で巨大な対流(プルーム)を起こした高温の岩(マントル)が、大陸プレート間にわき上がって超大陸を大陸に押し分け、分離した大陸は再び衝突して超大陸を再形成するというサイクルが繰り返されているとする新しい説が提唱された。 新たに発表された研究では、大陸と超大陸の形成が繰り返されるこのプロセスの中で、3億年前にパンゲア大陸が形成されたとしている。 パンゲア大陸とは、現在の諸大陸がひとつであったときの超大陸であり、この大陸が徐々に分裂して現在の大陸が形成されたと考えられている。 しかし今回の研究では、カナダの聖フランシスコ・ザビエル大学のJ. 沈み込んだ部分は過熱状態となって再びわき上り、スーパープルーム(巨大対流)を作り出す。 そして、古代の大陸を吸い寄せるのではなく、押し付けて再結合させた結果、パンゲア大陸が誕生したというのだ。 地球は約45億年前に誕生したとされているが、以後10億年以上にわたって繰り返されてきた超大陸の形成と分裂のサイクルは、岩の種類や化石の比較、地磁気の変動の調査で追跡することができる。 パンゲア大陸の前には、ロディニア大陸とゴンドワナ大陸という2つの超大陸が存在し、数億年前に形成されて分裂したことが解明されている。 「パンゲア大陸がゴンドワナ大陸の断片から形成された過程には2つの段階があったことが地質調査から明らかで、この点が問題だ」と前出のマーフィ氏は語る。 この過程の最初の段階では、ゴンドワナ大陸が割れてその中心部に新しい海洋ができ、その海洋が徐々に広がっていった。 これは現在、パンゲア大陸から分離した大陸が大西洋で分割されているのと同様の現象である。 しかしその後の段階では、なんらかの変化が生じて海洋は拡大を止め、収縮を始めた。 そして、ゴンドワナ大陸の断片同士は来た道を戻るかのように激突した結果、パンゲア大陸が形成された。 拡大を続けずに伸縮しているという説はウィルソン・サイクルと呼ばれ、40年以上前から指摘されていたが、その原動力は明らかにされていなかった。 さらに現在、この動きの原因として唱えられているモデルを5億年前の地球に当てはめてみても、パンゲア大陸は正しい配置に収まらないのだ。 今回、大陸を引き寄せるプロセスにスーパープルームが干渉しているという説が出されたことで、この矛盾が解決することになるかもしれない。 それにはこの説をさらに裏付けるデータが必要になるが、「この説に基づけば、地球の長期的未来の姿も明らかになるかもしれない」とマーフィ氏は述べている。 Lovett.

次の

「失われた大陸」を発見…南ヨーロッパの地下に眠っていた

パンゲア 大陸

パンゲア・ウルティマ大陸の形状。 名前は過去の超大陸であるに倣ったもので、「最後のパンゲア」「最終的なパンゲア」の意味。 パンゲア・プロクシマ大陸(パンゲア・プロクシマたいりく、Pangea Proxima、「次のパンゲア」)と呼ばれることもある。 超大陸の定義は明確ではないが、一般的に複数のが合体して一つの大きなになったものを指す。 中でも過去20億年の間に4回か5回、上の全ての(あるいはほぼ全ての)大陸が集まった超大陸が形成されたと推定されており、パンゲア・ウルティマ大陸もこの意味での超大陸である。 パンゲア・ウルティマ大陸のシナリオでは、将来の東海岸の西にができてが始まり、大西洋中央が沈み込み、その後大西洋が消滅して、大西洋が閉じることになり、現在とから離れつつある、が、再びアフリカ大陸とユーラシア大陸の方へ戻ってきて合体するだろうと考えられている。 かつてのパンゲア大陸では北アメリカと、南アメリカとアフリカが隣接していたが、アフリカ大陸はその後ずっとヨーロッパを押し上げるように北上し続けているため、北アメリカは今度はアフリカと衝突し、南アメリカはアフリカの南側に回り込んでその端が付近に達する。 とについては、東に衝突するか独立した大陸のまま残るか予想が分かれている。 将来の大陸配置がこのようになることは必ずしも確実ではない。 他のシナリオとしては、大西洋が拡大を続けてアメリカ、アジア、オーストラリアが衝突、がほとんど完全に消滅して超大陸ができるとするものがある。 この説では形成される超大陸はまたはノヴォパンゲア大陸と呼ばれている。 参考文献 [ ]• 『超大陸 : 100億年の地球史』訳、、2008年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (Christopher R. Scotese による) (英語)• (英語).

次の

【ワンピース】「パンゲア城」の意味とは…??レッドライン崩壊の伏線!?【考察】

パンゲア 大陸

パンゲア大陸という超大陸から分裂した大陸同士が離れていく様子。 ところが、2008年9月に発表された研究によると、この説ではパンゲア大陸が形成された過程に説明がつかないという。 この研究では、地殻の深部で過熱状態になったマントルが対流を起こして古代の大陸間にわき上がり、その力で大陸同士が押し付けられて、パンゲア大陸になったという説が提唱された。 超大陸の形成や分裂の原動力はこれまで明らかにされていなかったが、地球の奥底で巨大な対流(プルーム)を起こした高温の岩(マントル)が、大陸プレート間にわき上がって超大陸を大陸に押し分け、分離した大陸は再び衝突して超大陸を再形成するというサイクルが繰り返されているとする新しい説が提唱された。 新たに発表された研究では、大陸と超大陸の形成が繰り返されるこのプロセスの中で、3億年前にパンゲア大陸が形成されたとしている。 パンゲア大陸とは、現在の諸大陸がひとつであったときの超大陸であり、この大陸が徐々に分裂して現在の大陸が形成されたと考えられている。 しかし今回の研究では、カナダの聖フランシスコ・ザビエル大学のJ. 沈み込んだ部分は過熱状態となって再びわき上り、スーパープルーム(巨大対流)を作り出す。 そして、古代の大陸を吸い寄せるのではなく、押し付けて再結合させた結果、パンゲア大陸が誕生したというのだ。 地球は約45億年前に誕生したとされているが、以後10億年以上にわたって繰り返されてきた超大陸の形成と分裂のサイクルは、岩の種類や化石の比較、地磁気の変動の調査で追跡することができる。 パンゲア大陸の前には、ロディニア大陸とゴンドワナ大陸という2つの超大陸が存在し、数億年前に形成されて分裂したことが解明されている。 「パンゲア大陸がゴンドワナ大陸の断片から形成された過程には2つの段階があったことが地質調査から明らかで、この点が問題だ」と前出のマーフィ氏は語る。 この過程の最初の段階では、ゴンドワナ大陸が割れてその中心部に新しい海洋ができ、その海洋が徐々に広がっていった。 これは現在、パンゲア大陸から分離した大陸が大西洋で分割されているのと同様の現象である。 しかしその後の段階では、なんらかの変化が生じて海洋は拡大を止め、収縮を始めた。 そして、ゴンドワナ大陸の断片同士は来た道を戻るかのように激突した結果、パンゲア大陸が形成された。 拡大を続けずに伸縮しているという説はウィルソン・サイクルと呼ばれ、40年以上前から指摘されていたが、その原動力は明らかにされていなかった。 さらに現在、この動きの原因として唱えられているモデルを5億年前の地球に当てはめてみても、パンゲア大陸は正しい配置に収まらないのだ。 今回、大陸を引き寄せるプロセスにスーパープルームが干渉しているという説が出されたことで、この矛盾が解決することになるかもしれない。 それにはこの説をさらに裏付けるデータが必要になるが、「この説に基づけば、地球の長期的未来の姿も明らかになるかもしれない」とマーフィ氏は述べている。 Lovett.

次の