ポケモンgo 個体値 見方。 【ポケモンGO】個体値とはなに??個体値の見方と調べ方等を説明してみる!

ポケモンGoでの個体値の見方について教えて下さい例えばです...

ポケモンgo 個体値 見方

【ポケモン GO 】個体値と技が一目で分かるおすすめの名前の付け方整理術! ポケモン GO では、個体値と技が非常に重要になりますが、どのポケモンが個体値が良くて、どんな技を覚えているか一目で判別することは難しく、なかなか上手く整理できていない方も多いと思います。 そこで本記事では、そんなお悩みの方のために、 おすすめのポケモンの名前の付け方をお教えします。 本方法によって、 ポケモンの個体値や覚えている技が一目で分かるようになり、かなり効率的にポケモンを整理することができますので、おすすめです。 細かい説明をするよりも、まずは見てもらった方が早いと思いますので、下記表を見てみて下さい。 10 進数 16 進数 0 0 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6 7 7 8 8 9 9 10 A 11 B 12 C 13 D 14 E 15 F 16 10 私達が日常で数える方法は 10 進数といい、 0 〜 9 までは 1 桁で、その次は桁上がりして 10 となります。 これに対し 16 進数は、 0 〜 9 までは 1 桁の数字で、次からはアルファベットの A 〜 F の 6 文字を使い、 15 までの数字を一桁で表し、 16 から桁上がりして 10 となります。 勘のいい方ならもうお分かりでしょうが、ポケモンの個体値はマックスで 15 までなので、 16 進数を使用することで、ポケモンの個体値を必ず一桁で表記することができるんです。 一例を挙げると、あるポケモンの個体値が 「攻撃 15 ・防御 14 ・ HP8 」なら、そのままの数字を使って 10 進数で名前を付けたなら、「 15148 」となって 5 文字も使用してしまうのに対し、 16 進数なら 「 FE8 」とたった 3 文字で表すことができます。 個体値を記載する順番は? 16進数で表記するのは分かりましたが、個体値を記載する順番はどうしたら良いのでしょうか? 基本的には、 「攻撃・防御・ HP 」の順番に並べている方が多いです。 しかし、リーダーにポケモンを調べてもらう時に評価を教えてもらう順番通り、「 HP ・攻撃・防御」にするのがやりやすいのであれば、そちらでも問題ないです。 自分で決めたルールを途中で変更するとややこしくなりますので、最初にどちらの順番にするかきちんと決めておきましょう。 覚えている技の表記方法 こだわりのある方は、技名をギュッと縮めて記載していますが、略し方が難しく、かえってややこしくなってしまう可能性がありますので、 シンプルにタイプで表記することをおすすめします。 例えば、ノーマル技がみずタイプ、スペシャル技がこおりタイプなら、「水氷」と名前につけましょう。 タイプ毎の略し方については、下記の通り記載下さい。 技ゲージは1~3段階までありますので、名前に技ゲージ数を入れるようにしましょう。 名前の付け方の例としては、 みずタイプのノーマルアタックと、2ゲージのフェアリータイプのスペシャルアタックを持ち、攻撃 14 ・防御 9 ・ HP13 の個体値を持つポケモンの場合は、 「水2妖 E9D 」という名前を付けましょう。 このように名前を付ける事で、 何度も同じポケモンの個体値を調べるといった二度手間三度手間を防止することができますし、レイドバトルやジム戦用にパーティーを組む場合に相手の弱点を突ける技を持っているかどうかをすぐに識別することができます。 非常に便利ですので、ぜひやってみて下さい。 ただ実用性のみを考慮しているため、愛着の湧くような名前ではありませんので(笑)、可愛かったりカッコ良い名前をつけたいというこだわりがある方は、自分の好きなように名前をつけましょう。

次の

ポケモンGOの個体値の見方や確認方法!アップデート後の変更点も解説

ポケモンgo 個体値 見方

個体値ランクとは? 相手に勝つ力の順位 一般的に個体値ランクとは、その個体値のポケモンを最大レベル又はCP上限(スーパーリーグならCP1500など)まで育てたときの ステータスの相手に勝つ力(=SCP)を順位づけしたものを指します。 とくにトレーナーバトル(PvP)では相手に勝つ力が重要となることから、個体値の PvPランクとも言われています。 優位になりやすさ 基本的に順位が高いほど、 1対1で相手に勝つ力が高くなります。 以下同じ)では、 1位の個体値が全ての相手に対し最善なわけではありません。 CP制限環境では個体値によって様々なステータスバランスをとり、 全てのステータスが同時に最大となる個体値がないためです。 ここが、ジムやレイドにおける個体値100%とは大きく違うところです。 1位だからといってどんな相手にも最善の結果になるはずということではなく、 数字の噛み合わせによって、 ランク上位の個体値でないと勝てない相手と、上位だと勝てないけれど他の個体値だと勝てるという相手は必ず両方存在します。 ただし、 あらゆる条件を総合したとき優位となる可能性が高い順となっており、 優位になりやすさの順位と言うことができます。 あらゆる相手がいる環境を想定したとき、 順位が低い個体値が優位となる相手の数よりも、順位が高い個体値が優位となる相手の数の方が多くなります。 ランクの数 伝説などの一部のポケモンを除いては、個体値は攻撃・防御・HPがそれぞれ0~15の計4096通りが実在します。 したがって個体値順位も 1位から4096位まであります (同着の場合を除く。 以下同じ)。 伝説などの、 野生で出現せず特別な交換となるポケモンについては、個体値0が存在しないので、個体値順位は 1位から3375位までとなります。 ミュウやデオキシスなどの 交換ができないポケモンの個体値順位は 1位から216位までとなります。 しかし CPという評価値は攻撃力を強く評価しており、攻撃力・防御力・HPの価値が等しいPvPにおける強さを適切に表していません。 (詳しくは) 攻撃力が高いとCPが大きく上がってしまうので、CP制限の中で相手に勝つ力(SCP)を高くするには、種族値が攻撃寄りのポケモンや、同じポケモンの中でも攻撃の個体値が高いものは 不利となっています。 そのため、 基本的に攻撃の個体値が0に近く防御とHPの個体値が15に近い方が相手に勝つ力(SCP)が高くなります。 個体値バランスが悪くても、ぴったりCP1500やCP2500にできる個体値はそれなりに上位となることがあります。 2位以下は、個体値が欠けていくごとに下がりますが(HP実数値が変わらない場合は同着もあり)、 種族値が低いステータスほど個体値の価値が高く、種族値が高いステータスほど個体値の価値が低いので、それを反映した順となります。 CPとは基準が違うので、 2位以下はCP順とは異なる順となります。 個体値ランクのほか、 最適レベル、 最適レベル時のCP、 進化前の上限CPも確認でき、現在のCPを入力すれば 現在のレベルや 育成コストも確認できるなど、欲しい情報が詰まっています。 使い方 基本的に ポケモンと個体値を選択するだけです。 その個体値の各進化先・リーグの順位が一覧表示されます。 できるだけ同じポケモンをまとめてチェックすると効率的でしょう。 現在のCPが上限CPを越えてしまっていると、進化後に各リーグのCPを超えてしまい使うことができないので、合わせて見るよう注意して下さい。 また、 CPを入れることで現在のレベルと育成コストを確認できます。 その際上限レベルを超えてしまっているときはコストの代わりに 上限超えと表示されます。 個体値ランクチェッカー(研究用) 様々な条件を設定できる 研究性に優れたランクチェッカーで、このツールに入力することでも判定ができます。 このツールでは 条件に合わせて個体値をランク順に一覧表示し、 その中で何位にあたるかを調べることができます。 最低個体値を変えたときの順位表示や、ステータスや受けるダメージ・与えるダメージでの絞り込みができ、 上位にはどんな個体値があるか、 他の条件では何番目にいいか、 特定のポケモンに強い個体値があるかなどを調べることができます。 とくに、 ダメージ分岐点を考慮した個体値絞り込みは、トッププレイヤーの研究に役立つことでしょう。 ただしリーグや進化先を絞る必要があるので、手持ちのポケモンの 一般的なランク判定だけならばの方が便利です。 条件にあてはまる個体値を 個体値順に並べ替えて表示します。 リーグ(複数選択可)、順位(~位以内)を指定できます。 使い方 ボックスの対象ポケモンの個体値をみながら、 表に当てはまるものがあるかどうかを探します。 その際、 捕獲時のCPが上限CPを越えていると進化後に上限を超えてしまうので、 個体値が該当したら上限CPのチェックも忘れずして下さい。 選別が早くなる 目当ての個体値を個体値順に並べて見ることで、例えば「攻撃4で当たりの個体値はこれだけ、攻撃5以上はない」など、 欲しい順位にはどんな数字の並びがあるかのポイントを把握できます。 これにより厳選をスムーズに行えるようになります。 そのため、新・個体値ランクチェッカーを使った厳選をする際にも、同じポケモンを沢山チェックするときには、 欲しい個体値を一度個体値順に並べてみてポイントをつかむことで余計な個体のチェックを減らせます。 画像ランク表 この表は、スクロールなく全体を表示できるとより便利となります。 そこで、コミュニティデイに合わせて、 スーパーリーグ・ハイパーリーグ各50位内に設定した 画像ランク表も用意しています。 両リーグ50位以内という条件でよければ、 この画像をプリントアウトするか、別端末で表示しながら見比べることで入力の手間もなく高速厳選ができます。

次の

【ポケモンGO】新・個体値ランクチェッカー

ポケモンgo 個体値 見方

CP(Combat Power)とは? CPは強さを測る指標 CPはポケモンの戦闘力のこと。 ポケモンGOでは攻撃や防御などの具体的なステータスが表示されていない。 そのため1つの基準として、CPの数値が高ければ高いほど、そのポケモンの総合的な能力が高いことを示す。 攻撃力と防御力、HPが存在する ゲーム内には表示されていないが、攻撃力と防御力、HPの3種類それぞれに種族値と個体値が存在し、その数値の高さでCPが決定する。 同じCPであっても、攻撃力と防御力のバランスが良いポケモンや、極端に防御力の高いポケモンが存在する。 合わせて読みたい記事• ポケモンごとに最大CPは異なる 種族値の高いポケモンが最大CPが高くなる傾向にあるので、伝説ポケモンなどがCPが高く人気がある。 最大CPは以下の記事で確認できる。 捕獲時、進化時のCP変化を解説 トレーナーレベルを上げると最大CPも上がる ポケモンには「ポケモンレベル PL 」が設定されていて、強化でPLを上げるとCPも上がる。 5なので、トレーナーレベルを上げないとCPの高いポケモンを育てることができない。 また、PLの上限は40となっている。 ポケモンレベルはメーターで判断できる ポケモンの上にあるメーターは、ポケモンの上限レベルに対して、現在のレベルがどのくらいか表している。 実際に数値やメモリが書いていないので、見た目での判断は難しいが、おおよその数値を予測することはできる。 捕獲時のCPはランダム 野生のポケモンはポケモンレベル PL がランダムになって出現する。 PLの上限はトレーナーレベル TL によって変化するので、TLを上げることで、野生で出現するポケモンのPLも高くなる。 捕獲時にCPが高いポケモンは育てるために必要なアメや砂は少ないが、それよりも個体値の高いポケモンを育てるほうがおすすめ。 進化時はポケモンレベル PL は変わらないが、進化によって種族値が上昇することでCPが上昇する。 トレーナーレベルに必要なXPは、ポケモンを捕まえたり、ポケストップ、ジム戦を行うことで獲得できる。 ポケモンのアメを集める.

次の