地震予知ミッシェル。 ミッヒー 地震 twitterやめた訳

【重要】大分県のミシェルさんがM6体感+茨城県の郁代さんが火山噴火の夢+宮城県の美弥さん

地震予知ミッシェル

未来予知占いとは? 未来予知占いにはいくつか種類がありますが、自分でできる簡単な未来予知としては「正夢」が挙げられます。 夢の中で見たことが、現実に起こることは予知能力の一つと言えます。 夢には、普段心の奥底に隠している願望や欲望が投影されていることがあります。 この場合、その願望や欲望をどうにかして現実化したいと、無意識に行動した結果、夢が現実化した可能性もあります。 どちらにしても正夢は人間にとって最も身近にある予知能力と言えます。 他にも身近な未来予知としては「宏観異常現象」が上げられます。 宏観異常現象は、地震などの自然災害発生する前触れとして、動物の異常行動や異常な自然現象のことを言います。 有名なものとしては、地震の前に「太陽・月」の色や大きさが異常に変化したり(赤い月・巨大な月)、ナマズ・ニワトリ・カラスが異常に飛び跳ねたり、騒いだりする行動が知られています。 また、地震前に地下水が枯れたり、逆に吹き出したり、または地鳴りがしたりする報告もあります。 未来予知の能力を使って未来を知る方法は、占い師の得意な占術によって異なります。 水晶やタロットカードを使って占う者、守護霊やオーラを見ることで占う者、手相や人相で占う者など、千差万別です。 未来予知は、占い師の能力によってどれくらい先の未来まで知ることができるか変わってきます。 「数時間〜数日先」の未来を見ることが得意な占い師もいれば、「数年〜数十年先」の未来を見ることが得意な占い師もいます。 相談者の知りたい「未来の時期」によって、どのタイプの占い師に予知してもらうかを慎重に選ぶことが大切です。 注意が必要なのは、未来予知によってあなたが知った未来は、「確定した未来ではない」と言うことです。 たとえ予知された未来が残念ながら暗い未来であったとしても、その未来はそのあなたの日々の考えや行動で修正することができるのです。 宿命は変えることができませんが、運命は変えることができるのです。 未来予知占いと科学 未来予知は決してオカルト的な話ではなく、これまでの経験や事実に基づいて、未来を予想するという科学的なものです。 決して未来予知と科学は対立する概念ではないのです。 例えば、科学の実験では、実験前と実験後の変化を比較することしかできません。 しかし、実験中の途中経過をシュミレーションしてみることで、本来は見ることのできない「途中経過」をある程度予測することができます。 未来予知占いは、このような考えを人間に応用した考えに基づいていると考えられます。 未来予測では、実験器具やコンピューターに代わりに、占い師が人の未来をシュミレーションしているのです。 もし、私たちが未来予知を正確にできる時がやってくれば、自分たちの運命・未来を自由に選ぶことができるようになるでしょう。 天気予報や噴火予測なども、ほんの少し前であれば占いに近い存在でしたが、今では非常に高い確率でその予測は当たります。 そしてその予測を信じて1日のスケジュールを立てるほどです。 未来予測占いは決して、根拠のないものではなく、データに基づいた予測なのです。 占いで未来予知ができるの? 「占いで未来予知ができる」と聞くと驚かれる方も多いと思います。 もちろん、100パーセントの精度で未来を予知することは残念ながらできません。 しかし占いは、これまでの人類の歴史の中で蓄積された膨大なデータベースを使うことで、高い精度で未来を予知することができます。 占いの多くは、膨大な「運命」に関するデータを統計的に処理することで、相談者の未来を予測するという、統計学の考えをベースにしています。 例えば「四柱推命」は、陰陽五行説の考え方を基本に、相談者の生まれた生年月日や時間を干支に置き換えて考えることで、相談者の性格や未来を推察していく占いです。 また、「占星術」は宇宙の星々、星座、地球の位置情報などの要因から、相談者の未来を予測していきます。 易学も同じように、手相や人相に現れる特徴的な部分をデータ化することで、人の性格や運命の傾向を予測していきます。 もちろん、同じ生年月日の人間であっても、全く同じ運命を辿る訳ではありません。 しかし、ある程度共通した傾向を持つことが統計上把握されています。 その似た部分を理解した上で、相談者が今抱えている悩みへの解決の糸口を見つけてくれるのが、占い師の役割の一つです。 経済学者やアナリストは、世界情勢や世界中の株式市場、原油などの取引価格など膨大な経済データをもとに将来の経済情勢を予測しますが、占い師の役割もこれに非常に近いと言えます。 未来予知占いの有名人 未来予知占いをしていたと言われている有名人は数多くいます。 これからは、未来予知で有名な人々を紹介して行きたいと思います。 ノストラダムス(ミッシェル・ド・ノートルダム) 日本では『ノストラダムスの大予言』で有名なノストラダムスの本名は「ミッシェル・ド・ノートルダム」と言います。 ノストラダムスは、16世期に活躍したフランスの医師であり占星術師であり、かつ詩人でもありました。 彼は卓越した先進的な医術と未来予知の力を使うことで、当時フランスで大流行したペストを革新的な治療法で鎮静化させることに成功したと言われています。 また、その功績が認められたことで、フランス国王の顧問にも就任しています。 彼が著した『諸世紀』には、彼の死後から数百年後に発生する「第二次世界大戦」や「地球の環境汚染」についての記述が、非常に克明に予知されています。 その高い未来予知の能力から、当時からすでに信奉者が数多く存在したようです。 ノストラダムスは、占星術を主に使って未来予知を行っていたと言われています。 美輪明宏 美輪明宏さんは、シンガーソングライターや演出家など、多彩な才能をお持ちです。 その才能の一つとしてスピリチュアルな能力も有名です。 美輪明宏さんがお持ちの未来予知の能力は非常に高く、例えば、作家の「三島由紀夫の死」を予言したと言われています。 美輪明宏さんの能力の高さは、占いを本業としている方にも高く評価されています。 聖徳太子 日本人なら誰でも知っている聖徳太子は、飛鳥時代の皇族であり政治家でした。 国際的な緊張が高まる中、日本の存亡をかけ、積極的に中国の文化・制度を取り入れ「冠位十二階」や「17条の憲法」など、当時としては最先端の政治制度を導入したことで高い評価を受けています。 聖徳太子は、「10人の話を同時に聞くことができた」と言われるほどの超人的な能力を有していました。 そして、彼にも未来予知の能力があったと言われており、非常に多くの書物を残しています。 その中の一つとして未来について書かれた『未来記』と呼ばれる書物があります。 その書物の中には、聖徳太子の死後の出来事である、「鎌倉幕府の成立」や、「蒙古襲来」、「南北朝の争乱」だけでなく、はるか後の「豊臣秀吉や徳川家康による天下統一」や「第二次世界大戦の勃発」など、についても記述されています。 未来予知占いのまとめ それでは未来予知占いについて、まとめてみましょう。 ・未来予知占いとは、あなたや、身の回りの人にこれから起こる出来事を知ることのできる能力です。 未来予知で未来を知る方法は、占い師が得意とする占術により様々です。 ・未来予知占いでは、占い師の持つ能力によって、知ることのできる未来の範囲が変わってきます。 「数時間〜数日先」までの短期間の未来を見ることが得意な占い師、「数年〜数十年先」の長期の未来が得意な占い師がいます。 ・未来予知によって知った未来は、確定した未来ではありません。 もし予知してもらった未来が暗い未来であったとしても悲観してはいけません。 未来は、あなたの日々の考え方や行動により修正できます。 ・未来予知占いは、これまでの「経験」と「事実」を元にして未来を予想しています。 この考え方は科学とも共通しています。 科学が実験器具やコンピューターを使った予測しますが、未来予知占いはその役割を占い師が担当しています。 ・未来予知占いは、膨大な人の運命のデータに基づいたものです。 経済学者やアナリストが、世界情勢などの経済データを元に、未来の経済状況を予測するのと同じく、占い師は膨大な人の運命に関するデータを元にして、相談者の未来の状況を予測しています。 ・未来予知をしたと言われている有名人として、ノストラダムス・美輪明宏・聖徳太子がいます。 ノストラダムスは、占星術を使った未来予知が得意で、16世期に20世期の出来事を予知しています。 美輪明宏さんは、霊視などのスピリチュアルな能力を使うことで三島由紀夫の死を早くから予知していました。 聖徳太子は、その超人的な能力を持ち、書物の中で「平安京」や「黒船」など、死後数百年経った後に起こる出来事を書き残していました。 未来予知占いは、私たちの身近に存在することを知って頂けたかと思います。 未来について少しでも知りたいと思ったときは、ぜひお近くの占い師に相談してみてください。 自分の予想した未来とは少し違う鑑定結果が出るかもしれません。 しかし、あなたの運命は自分の力で変えることができます。 ぜひ未来予知占いを上手に使って、自分の思い描く未来を手に入れて欲しいと思います。 また24時間対応で対応している会社もあるため、すぐに相談したい不安なことがあった際にすぐに問い合わせをすることが可能なので便利です。 電話占いサービスは特にすでに数十以上のサービスがあるので、複数利用をしてみて、自分にあったサービスを見つけていくといいと思います。 初回は無料で対応してくれるところもあるため気軽に試してみるといいと思います。 占いを受けるメリットを編集部でご紹介 ここでは占いを受けたいかも、、と思うあなたに占いを受けて見るメリットをご紹介します。 占い師は相談を受けるプロなので、あなたのお悩みについて、見抜き、根本的な解決策を提供してもらえるので気づかなかったことに気づけて安心できるでしょう。 自分の意思決定に悩んだ時には相談をすることをおすすめします。 占いの結果が自分の思っていたものと違ったとしても誰かに話を聞いてもらうことで悩みが軽くなることも多くあると思いますので、まずは相談をしてみることで動きやすくなると思います。 また占い方法自体もユニークなものが多いので、それを体験してみるだけでも楽しいと感じる人は多いと言われていますので、興味本位でもぜひ経験してみましょう。

次の

■ ホリエモンの出所祝いに送る、第二弾。 ミッシェルポルナレフ 「ホリデイ」 Michel Polnareff

地震予知ミッシェル

今年も残すところあとわずか。 この時期になると気になるのは来年のことだ。 天皇陛下が退位され、平成という一つの時代が終わる2019年は一体どんな年になるのか、早くもインターネット上には来年に関する予言記事で溢れている。 その多くは、大地震や異常気象などの自然災害、世界大戦の勃発など不吉な未来を暗示する過去の予言者の言説を解釈したもの。 一体2019年には何が起こるのか? オカルト界の賢人たちに訊いた。 タイムトラベラーが危惧する第三次世界大戦 「現在アメリカのネットを中心に盛り上がっているのは、未来から来たタイムトラベラーが、近い将来我々が直面する事態を伝える、いわゆるタイムトラベラー予言です。 先駆けとなったのは、2000年11月にアメリカの大手掲示板に出現したジョン・タイターという人物。 2001年以降にローマ法王が変わることや、中国が有人宇宙船を周回起動に乗せるなど、いくつかの予言が的中していたことが後になって判明し注目されました。 その後、自称タイムトラベラーが雨後のタケノコのように発生してしまい、われわれでも全ては追いきれない現状ですが、なかには注目すべき存在もいます」 こう語るのは、来年創刊40年を迎えるオカルト雑誌・月刊『ムー』編集長の三上丈晴氏だ。 三上氏が、 今注目しているタイムトラベラーの一人が、マイケル・フィリップスなる人物だ。 今年2月に公開された動画に登場し、2043年イギリス生まれの軍人だと名乗ったフィリップスは、英国政府機関によってタイムマシンで過去に送られるまでの経緯や、タイムマシンのメカニズムに至るまで事細かに説明している。 「彼が2018年にやってきた目的は非常に明確で、近々勃発する第三次世界大戦を阻止するため。 なんでも、 2019年3月に北朝鮮がハワイのホノルルに向けて核ミサイルを発射し、アメリカが2発の核ミサイルを平壌に向け発射して報復。 北朝鮮は国家としての機能を失うが、この混乱に乗じて中国とロシアが同盟を締結。 2020年にはアメリカ、イギリスとその支持国との間で第三次世界大戦に発展する。 戦争は3年続き、この間に何百万人もの犠牲者が出ることになる。 幸いなことに核兵器は非常に局地的にしか使用されなかったそうですが、彼が元いた未来の世界は戦争のために荒れ果てた荒野が広がっているといいます」(三上氏) 今年6月の米朝首脳会談によって、平和構築のための歩み寄りを見せたかに見えた両国だが、北朝鮮の非核化に向けた交渉は早々に決裂してしまうということだろうか。 新元号は既に決まっている 来年4月30日をもって「平成」が終わる。 インターネットでは新元号予想が盛り上がりを見せており、やはりここにも自称未来人が新元号を「安始」と断言し注目を集めている。 しかしながら、三上氏によるといま話題になっているものではないという。 なんと三上氏はもう既に新元号を知っているというのだ。 「新元号は、一応国会で有識者会議が開かれて決めることになってますが、それは形式上。 前回の『平成』も、実際は学者の安岡正篤氏が独断で決めたと言われていますし、 次の元号も既に決まってます。 私はある筋から聞いてますが……、その元号はもちろん、誰から聞いたかも言えません。 外部に漏れたら変わってしまうので、当然ネットで囁かれてる元号ではありません。 これまでのように古典から引っ張ってきた言葉ですが、当然今まで元号に使われたことのない熟語です。 『ムー』的に読み解けば、ある方面の人たちへのメッセージ、つまりある種の暗号になっていて、正直かなりヤバい印象。 今まで隠されていた、この国の成り立ちにまつわる秘密がどんどん出てくる時代になるでしょう。 これ以上は言えません」(三上氏) 古代日本では、言葉には霊力(言霊)が宿っており、言葉にすることでそれを現実に実現することが可能になると考えられていた。 不吉な出来事が続くと、天皇の代替わりに関わりなく改元していたのはそのためだ。 つまり、その時代を運命付ける力が元号にはあると考えられてきたのだ。 三上氏が「ヤバい」と言う新元号によってどんな時代が到来するのだろうか。 『AKIRA』で描かれた2019年のネオ東京にヒントが 小説や映画、漫画といった創作物に描かれたストーリーがそのまま現実に起こることがある。 作中で未来の社会を描き、それが見事に現実になったのなら、作者には先を読む力があったように思える。 しかし、それらは「予言」とは少し違う。 作家たちは、誰もがアクセスできる情報や知識を元に、未来を「予想」したに過ぎないからだ。 一方で、普通の人間がどんなに考えてもたどり着けないはずの、物語上のちょっとした設定や細かな描写が未来と一致した場合、彼は予言者と呼ばれるかもしれない。 我々は「予言」という言葉に、人知を越えた神秘的な力を期待しているのだ。 『鉄腕アトム』には「9. 11同時多発テロ」を描いたかのような2棟の高層ビルが崩れ落ちるシーンが登場し、『ブラック・ジャック』に至っては、2008年6月14日に発生した「岩手・宮城内陸地震」の日時・場所まで言い当てていた。 その手塚治虫が晩年、あまりの画力に嫉妬したとの逸話が残っている大友克洋が描いた作品にも予言と見られるシーンが登場する。 若者を中心に人気のオカルトメディア『TOCANA』編集長の角由紀子氏は言う。 「1982年に連載が始まった大友克洋さんのSF漫画『AKIRA』の舞台は、失業者が増大し荒涼とした2019年のネオ東京で、翌年に東京オリンピックを控えているんです。 実際に東京オリンピックの開催が決まったときには、未来を予言していると大きな話題になりましたが、あれが現実になるのであれば、 2019年の日本はかなり荒んでいるということ。 今の経済・社会的な状況からは想像しにくいですが、実はこの『AKIRA』の予言を補填するような話があるんです。 今年9月、投資家ジョージ・ソロス氏のビジネスパートナーだったスタンリー・ドッケンミラー氏が投資家向けのメディアで、前回の金融危機を起こした原因である金融緩和を何倍もの規模で行なってしまったために、 近いうちにリーマンショックよりも大きな危機が起こることになるだろうと発言しました。 彼は来るべきバブル崩壊に備えて、空売りを開始したそうです。 他にも、ビル・ゲイツ氏、アメリカのヘッジファンドマネージャーであるケネス・グリフィン氏といった大物たちも同様に金融危機が迫っていると警鐘を鳴らしています。 さらに、『ヘッジファンドの帝王』と呼ばれているレイ・ダリオ氏は、 金融危機は2019年に始まると予測している。 ディストピア的な『AKIRA』の世界が来年現実になる可能性は大いにあると考えていいでしょう。 あくまで私の見解ですが、その結果、東京オリンピックを開催できる状況ではなくなるのではないでしょうか。 ブログ上で3. 11を言い当てた予言者・松原照子さんも『 東京オリンピックは確実に来ない』と明言していますから」(角氏) これまで数々の予言ネタを扱ってきた新旧オカルト界のご意見番に予言を分析してもらった2019年。 外れることを願わずにいられない不吉な話ばかりだが、そう悲観しすぎることはない。 三上氏が語る。 「知っておいてほしいのは、予言とはそもそも確実に当たるものではないということ。 当然、未来も変わる。 予言とは、あくまでも『このまま行ったら』という、前提条件の下で成立するパラドックスを孕んだ警告なんです。 私たちだって、何度ノストラダムスに振り回されたことか(笑)」 取材・文:今川芳郎 写真:アフロ.

次の

ミカエル・ミシェル

地震予知ミッシェル

この記事の目次• 2019年地震予知の前に絶対知っておくべきは気象庁の地震速報 誰もが見たことがあるかとは思いますが、 地震が起こった後に震度を確認したり、震源地を確認したり 周辺都道府県や地域への余震具合、被害状況を確認するために 必ず知っておくべき情報源として【気象庁の地震速報】が挙げられます。 >> 各地の地震情報が出ている上方の方に 『再読込』というボタンがあるのでコチラをクリックすれば いつでも最新情報をチェックすることが出来ます。 コレについては、 2019年だろうと東京オリンピックのある2020年だろうと変わらずチェックすべき最重要サイトの1つです。 地震を事前に察知するためにはやはり地震予知情報が必要? とは言え、 地震速報は文字とおり 地震が起こった後にいち早く情報を教えてくれる存在です。 つまり、 地震が起こる前にはあまり役に立ちません。 確かに、 津波などの二次災害を防ぐ意味では 非常に重要になりますが、マグニチュードの大きな地震が発生するのかどうか? 事前に察知する方法としては活用することができません。 緊急地震速報という国の取り組みもありますが、 これは1分以内のアラートなどであり、どこまで対応出来るか?という課題もあります。 ということで、 2019年現在の状況から言えば 個人法人問わず地震予知情報というのは 多少なりとも参考にすべき情報なのではないでしょうか? ということで、 2019年も注目されている地震予知/予言情報発信者の 情報発信源 ブログやTwitterなど をまとめてみたいと思います。 ミシェルさんの最新情報が得られるブログは グラグラさん 東日本大震災発生以後、何か出来ることはないか?と データ予測を基本とした地震予知情報をブログとTwitterで発信してくださっています。 地震科学探査機構JESEAの顧問を務めています。 JESEAのWebサイトは 村井俊治さんのTwitterは リシルさん 一時期地震体感情報発信をやめていたが再開。 東京都に在住の女性。 リシルさんのブログは 2062年未来人 2016年熊本地震で脚光を浴びた2062年未来人。 懐疑的な人も多いが公式サイトも立ち上がり2chなどでは引き続き注目されている。 さん 従姉が福島県で東日本大震災の被災に遭い、そこから体感情報を発信してくださっています。 さんのブログは SOE 多方面から寄せられた地震予報情報をまとめた掲示板 SOEの地震予報掲示板は 龍さん 掲示板にて情報発信してくださっている方。 硫酸の情報はから 麒麟地震研究所 NPO法人国際地震予知研究会 IAEP のメンバーの方が情報発信してくださっています。 麒麟地震研究所のウェブサイトは 松原照子さん 書籍なども複数出版しスピリチュアルな世界では有名な方。 地震予知や世界情勢についても予知しています。 松原照子さんの公式サイト『幸福への近道』は ということで、 2019年も世界が平和で幸せに包まれることを願うばかりですが 足元でもM4. 0レベルの地震が頻発している日本ですから、 いつ南海トラフ地震や関東大震災が起こっても不思議ではありません。 皆さんが一人ひとり 出来る限りの対策をして日々を過ごしましょう! やまたさんを除いて、予言者はいかがわしい人ばかりだとおもいます。 例えばイギリスのEU離脱について予言するなら、イギリスのニュースをみていたら分かりますし、当てずっぽうでも的中率は2分の1あります。 また抽象的な予言はなんとでも解釈できます。 私はほとんどの予言者はにせ者のようにかんじます。 松原さん、ミシェルさん、リシルさん、グレイクさんも調べれば全く完璧にノーマークなものを予言しているものはないとおもいます。 またその予言は抽象的です。 その中でやまたさんは新潟の地震を的中させています。 それも場所、地域にいたるまで、震度も、次におこる震度6の地震と限定してなど、またそのときは新潟には地震は起こっていなく、全くノーマークな地帯を正確に地震がおこる10日くらい前に事前予知していたから驚きです。 それも、ミクルで自分の力に悩んでいて、それを相談しているなかで嘘吐き予言者などのバッシングを受け、なら占ってやるよ、証明してやるよって売り言葉に買い言葉で予言にいたるという経緯をたどります。 からかった人は罰を当てないでとか、ごめんなさいって謝っていました。 ムーとか占いや予知に詳しい友人に聞くと、確実に事前に的中させた人は記憶にないということですが、このやまたという方はどうして有名にならないのでしょうか?私が知らないだけで有名なんでしょうか? また、やまたさんはそれが本当の名字で他に違う名前などで活動されているのでしょうか?プログなどがあれば教えてください。 事前にこのように告知して全く予見できないノーマークな出来事を見事に予言的中した方は、やまたさん以外にいますか? また、占い好きや予言好きな方で、いかがわしい予言者や占師などを、おかしいんじゃないって?抽象的ですよ。 ってツイッターなどで呟いて、世間に広めて、それを伝えてください。 また、やまたさんのような事前に予知してそれがどうして適中したのか理由がわからない人をツイッターなどで広めてください。 私はそういう力のある人に占ってもらったり、予言してもらいたいです。 私は抽象的な予言、占いをしている方は、信用できません。 どうおもいますか?.

次の