九州 電力 ホームページ。 九州電力 ホーム

九州電力 「九電グループ サステナビリティ報告書2020」を発行します -「持続可能な社会の実現」に向けた九電グループの取組みを紹介します-

九州 電力 ホームページ

九州電力ホームページ(キレイライフプラス・らくらくネット・qピコ・電気代引き落とし・太陽光発電・問い合わせ・お客様番号) 九州電力は、日本の電力会社の一つです。 主に広島県や九州地方に電力を供給しています。 また、海外事業も展開しています。 子会社に「九電みらいエナジー」があります。 九州電力では、会員限定のサイト「キレイライフプラス」を提供しています。 キレイライフプラスでは、電気料金や使用料の確認、web版検針票が確認できます。 さらに、九州各地の穴場スポットやイベントなど、お出かけに役立つ情報も満載です。 九州のとっておきのスポットを紹介するとともに、さらにお客さんが経済的で、快適で、安心な生活ができるようにサポートしています。 今回は、九州電力のホームページやキレイライフプラスについて、らくらくネットとは何か、qピコ、電気代引き落とし、太陽光発電、問い合わせ、お客様番号についてご紹介していきます。 キレイライフプラスって何? 九州電力では、キレイライフプラスというサービスも提供しています。 キレイライフプラスは会員用のサービスなので、利用する場合は会員登録が必要です。 上記のページの上部に「今すぐ登録する」というボタンがあるため、まだ会員ではないお客さんはこちらをクリックしましょう。 登録料は無料です。 画面の指示に従って進んでいけば、webで会員登録が済みます。 キレイライフプラスでわかること• もっと安全で快適に暮らすためのサービス• キャンペーン情報• お得な電気料金のプラン• 子育てや料理などママ向けの情報• 九州の魅力的な観光スポット キレイライフプラスの会員になれば、キレイライフプラスのサイトからいつでも毎月の電気料金や使用料、料金実績が分かります。 グラフで料金を見える化するサービスもあるため、使い過ぎているかどうかも確かめられ、 節電につながるでしょう。 あなたのご家庭にとって何が一番最適な料金プランなのかも、シミュレーションしてくれます。 月々の検針結果のお知らせも、紙ではなくキレイライフプラスで確認できます。 キレイライフプラスはスマートフォンやiphoneにアプリを導入して利用することも可能です。 Googleプレイやアップルストアからインストールしましょう。 電気の使用量が確定した時点で、プッシュ通知でお知らせしてくれます。 九州電力のらくらくネットとは? らくらくネットは、インターネットからお申し込みが簡単にできます。 これまで九州電力の営業所でわざわざ申し込んでいた電気の契約や新設、内容の変更や名義変更、住所変更などの手続きも、らくらくネットならインターネットで手続きができるサービスです。 まずは電力使用申込書に必要な項目を入力し、資料を添付して申請しましょう。

次の

一般財団法人 九州電気保安協会

九州 電力 ホームページ

略称 九電 本店所在地 〒810-8720 二丁目1番82号 設立 (26年) 事業内容 電力生産・供給 代表者 ( (代表取締役兼) (代表取締役兼執行役員) (代表取締役兼副社長執行役員) (代表取締役兼副社長執行役員) 資本金 2373億400万円(2017年3月31日現在) 発行済株式総数 474,184,951株 売上高 連結 1兆8275億2400万円 単体 1兆6967億3100万円 営業利益 連結 1226億40万円 単体 995億3500万円 純利益 連結 792億7000万円 単体 610億5700万円 純資産 連結 5745億7700万円 単体 4364億6400万円 総資産 連結 4兆5875億4100万円 単体 4兆1415億5600万円 従業員数 連結 20889人、単体 11073人 (2017年3月31日現在) 決算期 主要株主 4. 九州電力株式会社(きゅうしゅう でんりょく、: KYUSHU ELECTRIC POWER CO. , INC. )は、。 九州地方やの一部 に電力を販売しているほか、海外事業も展開している。 また子会社の「九電みらいエナジー」は九州以外に、での電力販売 や、 や、 などでの発電プロジェクトを展開している。 概要 [ ] 略称は 九電(きゅうでん)で、グループにも社名に「九電」がつく企業が多い。 にある本社ビルは地元では通称「 電気ビル」と呼ばれている。 九電はも手掛けている。 佐賀県の3号機での計画に向けて、(17年)のによる原子炉設置変更許可、(18年)の佐賀県及び・佐賀県の事前了解を経て、(21年)より日本初の利用を実施した。 沿革 [ ]• (24年) - 開業。 九州地方における電気事業の始まり。 (17年) - に基づく配電会社の一つとして設立。 翌年にかけて九州地方の配電事業をすべて統合。 (昭和26年) - に伴い・配電会社解体。 九州では日本発送電・九州配電を再編し九州電力株式会社設立。 (昭和27年) - 九州電力初の新設、1号機が運転開始。 (昭和30年)5月 - 大規模としては日本初のが運転を開始。 (昭和31年) - 、1号機が運転開始。 (昭和32年) - 石炭火力発電所、1号機が運転開始(のちに石油に転換)。 (昭和35年) - 石炭火力発電所、1号機が運転開始(のちに石油を経て石炭に再転換)。 (昭和36年)10月10日 - 石炭火力発電所、1号機が運転開始(のちに石油を経てに転換)。 (昭和42年)8月 - 九州電力初の、が運転開始。 1967年(昭和42年)9月3日 - 石炭火力発電所、1号機が運転開始(のちに石油に転換)。 (昭和44年)7月31日 - 九州電力初の石油火力発電所、1号機が運転開始。 (昭和47年)4月- 西日本共同火力株式会社を吸収合併、同社所有の火力発電所を新1号機へ名称変更。 (昭和48年)3月 - を管轄エリアとしていたを合併。 1973年(昭和48年)4月28日 - 石油火力発電所、1号機が運転開始。 (昭和49年)7月2日 - 石油火力発電所、1号機が運転開始。 1974年(昭和49年)10月15日 - 九州電力初の、1号機が運転開始。 (昭和52年) - 、九州電力初のLNG火力に転換。 (石炭火力)廃止。 1977年(昭和52年)12月9日 - 石油火力発電所、1号機が運転開始。 (昭和56年)3月30日 - 玄海原子力発電所2号機が運転開始。 (昭和57年)- 社歌制定。 (昭和59年)7月4日 - 1号機が運転開始。 (昭和60年)11月28日 - 川内原子力発電所2号機が運転開始。 (昭和63年)10月1日 - CI()を導入。 九州の地形と7県をデザインした、現在のマークへ変更(従来のものは稲妻と「九」の字をイメージしていた)。 (元年)6月30日 - 九州電力初の輸入炭を使用した石炭火力発電所、1号機が運転開始。 (平成2年)3月 - 九州電力初の、が運転開始。 (平成3年)6月 - 九州電力初の方式を採用した1号系列が運転開始。 1994年(平成6年)3月18日 - 玄海原子力発電所3号機が運転開始。 (平成7年)12月14日 - 石炭火力発電所、1号機が運転開始。 (平成9年)7月25日 - 玄海原子力発電所4号機が運転開始。 (平成13年)7月3日 - 九州電力初の PFBC 方式を採用した新1号機(3代目)が運転開始。 (平成16年)3月31日 - (石炭火力)廃止。 2004年(平成16年)4月1日 - (石炭火力)廃止。 (平成17年)11月 - 広島県のに国内初の電力区域外供給を始める。 (平成22年)11月 - 九州電力初の、が運転開始。 港発電所跡地の一部に建設された。 (平成23年)7月 - の全発電設備が運転開始。 九州電力最大のとなる。 が発覚。 2011年(平成23年) - やらせメール事件の責任を取り、付けで会長(当時)のと社長(当時)のが辞任し、翌付けで(当時副社長)が2段階昇格の会長に就任、(当時副社長)が社長に昇格することが発表された。 2013年(平成25年)3月31日 - (石油火力)廃止。 2015年(平成27年)4月27日 - 玄海原子力発電所1号機廃止。 2015年(平成27年)6月30日 - (石油火力)廃止。 2015年(平成27年)8月11日 - 川内原発1号機再稼働。 2015年(平成27年)10月15日 - 川内原発2号機再稼働。 2016年(平成28年)• 5月 - を設立。 (平成30年)7月 - IoTサービス事業『QUUN(キューン)』サービス開始。 (2年)• 4月1日 - 同社の送配電事業部門が、の法的措置により「株式会社」に分社化。 同時に、発電・小売事業を継承したとしての「(新)九州電力株式会社」が発足。 同日 - IoTサービス事業『QUUN(キューン)』の運営会社をQTnetに移管。 5月31日 - IoTサービス事業『QUUN(キューン)』サービス提供終了。 キャッチフレーズ [ ]• まごころ24時間(旧ロゴ時代)• 人をむすぶ、街をつなぐ (CI導入時の(63年)から(19年)末まで)• ずっと先まで、明るくしたい。 ((19年)から) 発電施設 [ ] 合計 196箇所、1,882万3000kW(7月現在)• 総出力には長期計画停止中、定期点検中の号機を含む。 廃止された号機、建設中の号機は含まない。 水力発電所 [ ] 143箇所、約358万kW• 主な水力発電所(5万kW以上の発電所) 発電所名 水系名 方式 総出力 所在地 備考 ダム水路式() 60万kW ダム水路式 6. 38万kW ダム式 5. 06万kW ダム水路式(揚水式) 50万kW ダム水路式 9万kW ダム水路式 5. 11万kW ダム水路式 6. 309万kW 宮崎県東臼杵郡 ダム水路式 5万kW ダム水路式(揚水式) 120万kW 宮崎県 九州最大の水力発電所。 ダム水路式 18万kW 宮崎県 ダム式 5. 55万kW 宮崎県 ダム水路式 7. 13万kW 宮崎県• その他の水力発電所 発電所名 水系名 方式 総出力 所在地 備考 水路式 0. 02万kW 宮崎県宮崎市 (40年)運転開始。 九州最古。 水路式 0. 5万kW (9年)運転開始。 他の水力発電所については、 を、管理する発電用ダム一覧については を参照のこと。 火力発電所 [ ] 42箇所、1,035万1,010kW(関連会社経営の発電所除く) 発電所名 使用燃料 総出力 号機 出力 運転開始 所在地 備考 180万kW 3号機 4号機 5号機 60万kW 60万kW 60万kW 1978年9月 1979年6月 1983年7月 1、2号機は廃止。 4号機は2020年度から計画停止の予定。 36万kW 新1号機 36万kW 2001年7月 福岡県 旧1~旧3、旧新1号機、新2号機は廃止。 新1号機は PFBC 方式。 、 50万kW 2号機 50万kW 1980年6月 福岡県 1号機は廃止、2号機は2018年度から計画停止。 石炭 170万kW 1号機 2号機 70万kW 100万kW 1989年6月 2019年12月 LNG 282. 5万kW 1号系列 6基 2号系列 4基 3-1号系列 3基 3-2号系列 1基 69万kW 92万kW 73. 5万kW 48万kW 1991年6月 1995年2月 1998年7月 2016年6月 大分県 方式。 重油、原油 87. 5万kW 1号機 2号機 37. 5万kW 50万kW 1973年4月 1976年10月 長崎県 2019年4月に廃止予定。 石炭 140万kW 1号機 2号機 70万kW 70万kW 1995年12月 2003年6月 熊本県 重油 100万kW 1号機 2号機 50万kW 50万kW 1974年7月 1985年9月 鹿児島県 2018年度から計画停止。 他に内燃力発電所(ガスタービン発電方式を含む)が34箇所存在する。 合計出力は39万1,010kW。 いずれも重油使用。 1万kW 2号機 15. 6万kW 1971年6月 福岡県北九州市 1号機は廃止。 LNG、副生ガス 3号機 4号機 25万kW 37. 5万kW 1号機 2号機 25. 5万kW 25. 5万kW 1972年4月 1973年4月 大分県大分市 副生ガス 3号機 14. 原子力発電所 [ ] 2箇所、414万kW 発電所名 原子炉型式 総出力 号機 出力 運転開始 所在地 備考 236万kW 3号機 4号機 118万kW 118万kW 1994年3月18日 1997年7月25日 佐賀県 1号機は2015年4月27日をもって廃炉。 2号機は2019年2月13日をもって廃炉。 3号機は2018年3月23日再稼働。 4号機は2018年6月16日再稼働。 加圧水型軽水炉 178万kW 1号機 2号機 89万kW 89万kW 1984年7月4日 1985年11月28日 鹿児島県薩摩川内市 3号機(159万kW)計画中。 1号機は2015年8月11日午前10時30分に再稼働。 2号機は2015年10月15日に再稼働。 新エネルギー [ ] 7箇所、21万5,250kW(関連会社経営の発電所除く) 発電所名 方式 総出力 運転開始 所在地 備考 12,500kW 1967年8月 大分県 地熱発電 112,000kW 1号:1977年6月 2号:1990年6月 バイナリ:2006年4月 日本最大の地熱発電所。 地熱発電 27,500kW 1996年11月 蒸気設備はが運営。 地熱発電 30,000kW 1996年3月 鹿児島県、 との共同運営。 2号機計画中。 地熱発電 30,000kW 1995年3月 鹿児島県 に蒸気設備をより譲渡。 3,000kW 第1期:1998年3月 第2期:1999年3月 第3期:2003年3月 鹿児島県 第1期は2基、第2期は3基、第3期は5基。 風力発電 250kW 1990年3月15日 鹿児島県薩摩川内市 関連会社運営 [ ] 発電所名 方式 総出力 運転開始 所在地 運営会社 風力発電 50,400kW 2008年10月 長島ウインドヒル(、九州電力、の共同出資会社) 太陽光発電 1,990kW 2010年11月 九電みらいエナジー(2018年11月に九州電力から譲受) 太陽光発電 17,480kW 2013年5月13日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,990kW 2014年3月3日 九電みらいエナジー 太陽光発電 10,000kW 2014年3月13日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,000kW 2014年4月4日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,603kW 2014年5月15日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,500kW 2014年6月23日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,990kW 2014年8月19日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,040kW 2015年3月26日 九電みらいエナジー 地熱発電 5,000kW 2015年6月29日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,000kW 2015年8月20日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,000kW 2015年10月2日 九電みらいエナジー 太陽光発電 1,000kW 2017年2月18日 九電みらいエナジー 地熱発電 4,990kW 2018年2月23日 九電みらいエナジ 水力発電 1,990kW 2018年9月19日 九電みらいエナジー 過去に存在した発電施設 [ ] 火力発電所 [ ] 発電所名 使用燃料 総出力 廃止時期 所在地 石炭 14. 2万kW 2004年 長崎県 重油 50万kW 2013年3月31日 大分県大分市 重油、原油 103. また、大村発電所跡地には、大村メガソーラー発電所が建設された。 電源調達入札制度について [ ]• (平成7年)の電気事業制度改革において電源調達入札制度が創設され、卸供給事業者(IPP・)2社と供給契約を結んでいる。 3箇所、57万4,000kW 卸供給事業者 契約電力 供給開始 所在地 備考 () 13. 7万kW 1999年4月 福岡県北九州市 現: 新日本製鐵() 30万kW 2002年4月 大分県大分市 現:日本製鉄 () 13. 7万kW 1999年4月 大分県大分市 現:• 事業者名はいずれも契約当時。 配変電設備 [ ]• 九州電力ではビルやマンション等に配電する際、配電柱(トランスサービス装柱)ので減圧している。 これは、高圧のまま施設内に引き込み、を設けて減圧している他の電力会社と比べて、受電側の設備投資が少なくて済むという利点がある。 海外IPP事業 [ ]• トゥクスパン2号、5号• イリハン• フーミー3号• 内蒙古風力• 新桃電力• サルーラ地熱 関連会社 [ ] 商法および上の関係会社以外も含む。 以下の会社はまとめて「九電グループ」と呼ばれ、電気事業関連を中心に数十社を数える。 2008年4月1日、森林都市より社名変更• (3社(・・ との4社合弁)• 大学との連携 [ ] 九州の国立大学とを実施している。 下記の大学と活動している。 電力フロンティア講座• と九州電力による講座。 電力系統制御工学講座• と九州電力による講座。 電気エネルギー環境工学講座• と九州電力による講座。 九州電力による寄附講座ではとの合同シンポジウムが開催されている。 CMキャラクター [ ]• (企業イメージ、)• (オール電化システム関連、(18年)から)• CMでは彼女の「」が使用されたことがあった。 ほか(「やってみま省エネ」キャンペーン、(20年)から)• 京都議定書に基づき二酸化炭素排出量削減義務が発生したことにより制作された。 竹山は省エネ対策になかなか動き出せず娘に一本取られる父親の役である。 ((21年)から、楽曲はの「ひかり」)• CMソング [ ]• home sweet home(、元)• ひかり(相川理沙)• 青春の影()• Beyond Forever(亜希)• twinkle(亜希)• I wish(亜希) 提供番組 [ ] 九州電力は九州内のほぼすべての民放に出資しているほか、ブロック番組を中心にスポンサーとなってきた。 下記に主なものを挙げる。 (23年)に発生した()に伴い、同年4月まで全てのCM放送を自粛し、のCMに差し替えられていた。 その後、翌5月以降順次再開されたが、7月に先述のやらせメール問題が発覚し再度CM放送が自粛されたため、2012年2月現在、表示を行わず、節電のお願いを伝える社告形式のCM等を放送する形を取っている。 その後、原発全停止の影響もあって赤字に転落したことから、番組提供をすべて取り止め必要な時にスポットでCMを打つ方針に転換、2012年3月をもってほぼすべての提供番組が打ち切られることになったが、2016年4月に、「新 窓をあけて九州」のグループ単独提供 で提供番組を復活した。 テレビ [ ] 太字は番組制作局あるいは制作幹事局。 2016年9月現在• 九州電力グループ presents (2016年4月3日 - 、 ・・・・・) - 九電本体だけでなく、・・との共同によるグループ単独提供。 過去 [ ] 2012年3月終了(日付は打ち切り日) [ ]• (3月13日、)• (3月14日、 ・・・・・・)• (3月18日、 ・・・・)• (3月25日、 ・・・・・)• (サガテレビ、担当・佐賀支店) 2012年3月以前 [ ]• ( テレビ西日本・サガテレビ・テレビ長崎・テレビ熊本・テレビ大分・テレビ宮崎・鹿児島テレビ)• (、担当・本店・福岡支店・北九州支店) タイトル名から判るように、この番組はオール電化システムの売り込みを明確な目的として制作されている点が、他の番組と異なる。 さがばんた(サガテレビ、担当・佐賀支店)• ふるさとワンダフル(南日本放送、担当・鹿児島支店)• ( ・・・) ラジオ [ ] 過去 [ ]• (、担当・福岡支店)• (・・・・・・、2012年4月以降は福岡のみで継続)• (、全提供番組の中で唯一によるを実施)• (Love FM)• W(ワット)行きまショー(南日本放送、担当・鹿児島支店)• ( エフエム福岡・エフエム佐賀・エフエム長崎・エフエム熊本・エフエム大分・エフエム宮崎・エフエム鹿児島)• QuUn presents「ワンダフル キューン ストーリー」(エフエム福岡) 主な出資企業 [ ] 九州電力が出資する主な企業は以下の通り。 ここではを記載する(出資比率は2011年3月31日時点 )。 - 19. - 3. - 10. - 9. - 4. - 3. - 3. 不祥事・事件・問題 [ ]• 玄海原子力発電所の所長ら同社幹部社員が、(17年)以降に、ののに対し、毎年3万円を寄付していたことが判明している。 同社幹部らは、個人であるとしているものの、事実上、個人献金の形を取りつつ、によって禁じられている企業献金が行われているとの指摘が出ており、原発絡みの献金ではないかとの意見もある。 以降、経済産業省と電力会社の天下り問題が監督官庁である経産省の原子力発電所の安全基準のチェックを甘くさせる構造として批判が集まった。 九州電力「平成17年 当社の主な出来事」(2018年2月27日閲覧)• 九州電力(2018年2月27日閲覧)• 九電みらいエナジー(2018年2月27日閲覧)• 九電みらいエナジー(2018年2月27日閲覧)• 九電みらいエナジー(2018年2月27日閲覧)• (2018年2月27日閲覧)• 九州電力株式会社 2016年4月28日. 2016年5月8日閲覧。 長崎県庁. 2015年4月29日閲覧。 九州電力 2005年6月9日. 2015年4月29日閲覧。 参考資料: 内閣府 規制改革会議 第3回 IT・エネルギー・運輸TF(平成19年4月25日)• - 九州電力・九電工・九州通信ネットワーク・キューデンインフォコム 2016年3月17日(2016年4月24日閲覧)• 『日本民間放送年鑑2011』 - 編(2011年)• 毎日新聞 2011年7月10日• 関連項目 [ ]• (9電力設立者で事業エリア内の出身)• - ・• - 九州電力のだったが、1972年にの開設に伴い同大学へ運営を譲渡• - からまで袖のユニフォームスポンサー• -からまでユニフォームスポンサー• - 元々九州電力所有の体育館だったが、(15年)にに無償譲渡された。 - 電力会社9社・メーカー3社・産業革新機構の出資により、(22年)に設立された。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

九州電力送配電 「ホームページ」お問い合わせ入力フォーム

九州 電力 ホームページ

各種統計情報(電力関連) 電力調査統計表 過去のデータ 各年度 統計表一覧• 2018年度(平成30年度)• 2017年度(平成29年度)• 2016年度(平成28年度)• 2015年度(平成27年度)• 2014年度(平成26年度)• 2013年度(平成25年度)• 2012年度(平成24年度)• 2011年度(平成23年度)• 2010年度(平成22年度)•

次の